ダイソン お客様相談室。 ダイソンv10のソフトローラークリーナーヘッド裏のフェルト部分が取れてしまったのでダイソンお客様相談室に電話してみた

ダイソン掃除機がまた故障して赤く点滅!2回目の対応は?不具合対応の全貌を大公開!

ダイソン お客様相談室

Contents• 高値ですですが、機能性も高く丈夫なイメージも強いダイソンでコードレスクリーナーですが、使い方や使用頻度で故障する事もあるのを忘れてはいけません。 故障したのかな?と思う場面で一番多く聞かれるのが 「ダイソンの本体が赤点滅になっている!」という声。 赤点滅だと「故障したの!?」と一気に不安になりますよね。 ですが、焦らないで下さい! 赤点滅の原因は バッテリーのエラー、製品本体のエラー、充電エラーと原因は様々です。 もし故障していても、保証内で交換も出来るので必ず壊れた思って買い換えるのではなく、必ず相談室へ電話して下さいね。 これは清潔に、そしてダイソンを長持ちさせる為に大切な作業です。 もしも異臭がする場合はフィルターを丁寧に洗ってみましょう。 もしも洗った後でも異臭がする場合はフィルター本体に詰まった雑菌の臭いです。 こちらは残念ながら保証外となっています。 今は オキシ漬けという言葉が流行る程、オキシクリーンはお掃除の味方とも言われています。 どうしても臭いが気になる場合はオキシクリーンを使用してみるのはおすすめです。 半年前購入のダイソンさん! バッテリーが赤点滅で充電しないしモーターも回らない。 すでにバッテリーがお亡くなりになったようなのでカスタマーに電話したらバッテリーを送ってくれるそうな。 バッテリーが駄目になるのが早すぎないかい? — マルシェ marushe1970sn このように赤点滅やダイソンが動かなくなった、充電がされなくなった等ダイソン自体の故障はダイソンお客様相談室へ必ず連絡するようにしましょう。

次の

ダイソンが赤点滅!バッテリーを自分で交換しました。

ダイソン お客様相談室

Contents• 1年で掃除機が故障 話そうダイソンに依頼した結果 話そうダイソンとは? 話そうダイソンとは、ダイソンの製品に対するサポート体制のことで、話そうダイソンお客様相談室のことを指します。 製品を購入後30日以内に製品登録をすると 購入日より2年間のメーカー保証が受けられ、2年間のメーカー保証期間中は、部品の交換や修理のサービスが受けられます。 修理が必要な場合は回収から返却まで72時間以内に返却することを目指すと記載されています。 掃除機が故障した ダイソンのcyclone v10を使用していました。 コードレスクリーナーでさすがダイソン、吸引力も問題なく小さな子どもがいる我が家では食べこぼしなどが多いのですぐにササっと使用できとても重宝していました。 そのcyclone v10の調子が悪くなり始めたのはちょうど購入から1年くらい経過したときでした。 下の写真のようにつまりランプが点灯、異音がし掃除機が動いたり止まったりしながら最後は止まり、使用できなくなる症状が出てきました。 取り扱い説明書の「掃除機に何かが詰まったら」の項を読んでは隅々まで点検、フィルターの掃除をすると1日は正常に作動するのですがまたすぐに同じ症状が出て止まってしまいました。 取り扱い説明書通りに点検しても改善しないので、ダイソンのお客様相談室「話そうダイソン」に電話をしてみることにしました。 19日 話そうダイソンお客様相談室に連絡 話そうダイソンに連絡し掃除機の症状を説明しました。 男性のオペレターの方は「もうお客様ですでに点検されたと思いますが、もう一度私の言うように点検してもらえますか」と言われました。 指示された通りに点検を一通りしますがやはり異音とつまりマークの点灯は変わらず。 最後にパイプと本体を外して作動させてみてくださいと言われ作動させるもやはり同じ症状。 ということはパイプから下のつまりではなく、本体の吸引部分のサイクロン自体が故障している可能性があるとのこと。 こちらの本体の故障の可能性が高い ここまで来てやっと修理、点検のために引き取りに来てもらえる話になりました。 電話をかけ始めて15分は経過していました。 引き取りに来てもらう話をしているときに、話そうダイソンのオペレーターさんは 「お客様、製品が入る段ボールはお持ちですか?」 と聞かれました。 サイクロン掃除機の本体部分のみとはいえ結構な厚みと大きさがあります。 それを入れられるような大きな段ボールがすぐには手元にないのでないことを伝えました。 そうすると宅配業者に依頼しておくと言われました。 正直、最初から宅配業者に梱包をしてもらうほうがいいのではないかと思いました。 素人が施した梱包で万が一配送中に破損などが起こってもいけないと思います。 以前、パソコンが故障した際に保証期間内の引き取り修理を依頼した際はパソコンメーカーさんから、梱包は宅配業者がするのでパソコンをそのまま渡してもらうだけでいいと言われていたので今回の話そうダイソンの対応は正直困惑しました。 20日 掃除機を修理、点検のため引き取り回収してもらう 本体のみ修理に出すようにとのことだったのでパイプと本体を外し、翌日無事に宅配業者に掃除機を回収してもらいました。 21日 ダイソンより連絡があるが電話に出られず 翌日午後に1回ダイソンより電話連絡がありましたが運転中で電話に出られませんでした。 また再度かかってくるのかなと思い折り返し電話はせずいましたが結局その後は電話はかかってきませんでした。 22日 再度ダイソンから連絡がある 再度午後にダイソンから電話連絡がありましたが、タイミングが悪く電話に出られませんでした。 しばらくして電話をかけなおしをしましたが電話に出たオペレーターからの返答は 「担当のエンジニアが修理の件でかけたと思うのですが本日は確認がとれないため明日以降でお客様のご都合のよろしい時間に電話をかけます」 との返答でした。 電話はすぐに折り返しました。 もちろん話そうダイソンの受付時間内に電話しています。 何故先ほどかかってきた用件が確認できないのかを疑問に思いながらも翌日以降の都合のいい時間帯を聞かれたため、翌日の午後に連絡をほしいと日時を指定して電話を切りました。 23日 ダイソンから連絡来ず 午後に電話をしてほしいと前日にお願いしていましたが、結局この日は連絡がありませんでした。 しびれを切らしてこちらから連絡をしてみようと電話をかけたところまさかの 「本日の受付は終了致しました」 との自動応答のメッセージが流れてきました。 17時45分に電話しましたが受付は17時半までだったのです。 ダイソンほどの大企業がお客との約束をすっぽかすことにとても驚きました。 24日 こちらからダイソンに連絡する 待てど暮らせど連絡がないのでこの日の15時に話そうダイソンお客様相談室に電話をかけました。 怒りの感情を抑えつつ冷静に昨日電話をもらう約束だったが電話がかかってこなかったことを伝えました。 オペレーターの方は調査しますと言われ、調べたところ 「確かにお客さまに昨日の午後連絡するとなっていました。 」と謝罪されました。 今日こそはエンジニアから連絡するので都合のいい時間を教えてほしいと言われ私は15時に電話をしていましたが 「16時までにお願いします」 と1時間以内に連絡を欲しいことを伝えました。 「18時ですか?」と2回くらい聞きなおされましたが、「16時です」とお伝えしました。 そうして電話を一旦切ると、15分後くらいにダイソンから連絡がありました。 私の静かな怒りをわかっていただけたようです。 修理の費用は? さてやっとダイソンから連絡があり、掃除機の診断をお聞きするとどうやら 本体のゴミを吸引するサイクロン部分が何らかの外的圧力で破損し、吸引不良を起こしているとのこと 外的圧力??とはつまり要約すると掃除機の本体部分がパイプが倒れたり、本体を落とすなどの強い力が加わり、サイクロン部分が壊れてしまったということで、サイクロン自体を交換しないといけないということでした。 外的圧力というのが本体自体の不具合ではなく、使用している時の不注意で起こっていること、つまりざっくり言うと使い方が悪くて壊れたことなので無償メーカー保証の対象にはならない=有償修理になるとのことでした。 説明書にもしっかり書いてありますね。 不注意な操作、思い当たることはありました。 掃除機をかけていてちょっと中断するときのチョイ置きとしてそこらへんの壁に立てかけてその場を離れ、倒れて本体部分を床に強打させていたかもしれません。 サイクロンの交換費用のお値段何と 21600円!! cyclonev10が税込み76800円だったので、結構な修理の費用です。 掃除機はないと困る生活必需品なのですが21600円も払うとなると新品の掃除機も買える値段です。 ただダイソンほどの吸引力の掃除機をその値段で買えるのか。。。 悩みましたが、やっぱりまだ1年しか使っていない掃除機。 21600円でも払って修理をしてもらうことにしました。 新品と交換!? さて21600円払って修理をしてもらうことにし、ダイソンにお伝えしたところ返ってきた答えは 「部品が海外にしかなく日本に在庫がない状態です」 えっ!海外からの取り寄せ??どれだけ時間がかかるんだろう。 やっぱり修理はやめて国内メーカーの掃除機を買うしかないのか?と思ったところダイソンのエンジニアさんは 「新品なら在庫があるので一式新品と交換します」 と21600円の費用で新品と交換してくれると言いました。 1年前に76800円で買った掃除機を21600円で新品に交換、特なのか、損なのか判断が難しかったのですが、新品という言葉に魅かれ、新品に交換してもらうことにしました。 ただし、保証期間は従来の購入日が引き継がれるのでリセットされるわけではないということでした。 新品を宅配で届けられるのが翌々日の26日のなるとのことでした。 26日 新品の掃除機が到着 指定していた夕方に新品のダイソン cyclone v10が届きました。 ピカピカの新品です。 結局 修理依頼から手元に届くまで1週間かかりました。 新品のサイクロン v10で掃除してみたところ音は静かで吸引力も問題なし、1週間掃除機をかけられなかった部屋をきれいに掃除することができました。 まとめ 2年間の保証期間内の故障でしたが不注意な使い方による破損で無償保証対象外となり、新品で21600円で新品と交換してもらうことができました。 修理依頼から手元に届くまでは1週間かかり72時間以内の対応とはいかなかったです。 連絡の行き違いなどがありましたが、対応は丁寧で電話対応の方も専門知識を持ち合わせて的確な答えをいただくことができました。 海外メーカーだからアフターフォローに不安を感じる方も多いかもしれませんが対応はきっちりとされているので大丈夫だと思います。 新品の掃除機今度こそは破損させないように大切に使いたいと思います。

次の

ダイソンが故障した?正しい対応は?修理費用はどのくらい?

ダイソン お客様相談室

掃除機に限らず、どんな家電製品でも必ず故障してしまうものです。 何気なく使用していても、ある日突然壊れてしまうということはよくあります。 最近では品質がかなり向上したため、故障というのは頻繁に起こらなくなりましたが、それでも完全に起こらないということはありません。 特にダイソンの場合、海外のメーカーということもあり、国産のもの比べると故障しやすいと言われています。 特にスイッチ部分やヘッド部分の故障、さらには吸引が途切れ途切れになってしまうという症状は、ダイソンの掃除機によく起こる故障と言われています。 ではもし故障してしまったときはどうすればよいのか、今回はそんなときの正しい対応や、ダイソンの掃除機でよく起こる故障などを紹介します。 ダイソンの掃除機の故障の症状と言っても、動きが途切れ途切れになる故障や、ヘッドやスイッチなどの故障など、比較的よく起こりやすい症状であれば調べることができますが、それ以外の症状である場合は、お客様相談室に電話するというのが一番です。 登録などについてわからないことがあった場合でも、こちらに電話すると良いでしょう。 ここでオペレーターにどのような症状が起きているか説明すれば、かなり早く解決します。 そして修理に関しても、症状によって修理キットの送付か、引き取り修理かを決めることができるので、かなり安心できます。 オペレーターの対応についても、さすが世界的なメーカーということもあり、かなり良いものとなっているので、気兼ねなく相談しましょう。 先程の修理方法の部分で少しだけ触れたダイソンの掃除機の引き取り修理ですが、実際にこの方法を利用した人からは、かなり評判が良いです。 引き取り修理の場合、基本的にサービスセンターなどに送付する場合、送料については会社負担となります。 ダイソンの場合でも、送料は会社負担となりますが、その伝票には、送り先の住所はもちろん、依頼主の住所まできちんと書かれており、徹底的にお客様への負担を軽減している姿勢が出ています。 そして修理が終わって製品をお客様のもとへと送付するときにも、伝票には、最短でのお届けをお願いいたします、という文言が書かれています。 これは他のメーカーでもなかなかしていないものです。 ダイソンの人気がここまで高い要因の一つとして、このようなちょっとした気配りがあるのかもしれませんね。 ここまでダイソンの掃除機の基本的な修理の流れなどを説明したところで、多くの人が一番気になるのは、どのような故障が起きるかということです。 特に最近使い始めたという人にとっては、どのようなことが起きるのかわからないものです。 そこで、実際の口コミなどをもとに、ダイソンの掃除機でよく起こる故障についていくつか紹介します。 ダイソンの故障の中で特に多い故障というのが、スイッチ部分の故障です。 主な内容としては、スイッチを押しても動かないというのが多いです。 その場合は、まずはスイッチのオンオフを繰り返してみましょう。 それでもだめな場合は、スイッチを長押ししてみましょう。 そうすることで、ランプが緑色に光ります。 あとはベアリングをし直したり、電池を交換してみましょう。 それでもだめな場合は、故障の可能性が高いです。 最近のダイソンの掃除機というのは、ヘッドの部分も一緒に回転するようになっています。 これにより、より確実にゴミを吸い取ることができるようになっています。 しかしそのヘッド部分が回転しなくなるという症状もあります。 ヘッドの故障に関してはかなり稀なことです。 ヘッドの故障の主な原因としては、ヘッド部分に糸くずや髪の毛が絡まってしまっているということが主な要因です。 何気なく掃除機をかけていても、知らず知らずのうちに髪の毛などが絡まってきてしまいます。 そのことに気づかずに使い続けると、故障に繋がります。 もしもヘッドが故障したと感じたら、まずはヘッド部分の髪の毛などを除去しましょう。 それだけで改善されるものです。 ダイソンのコードレス掃除機によくある故障ですが、スイッチを入れているはずなのに、なぜか吸引が途切れ途切れになってしまうという症状があります。 慣れていない人の多くは、この動きが途切れ途切れになっていしまう症状は故障なのでは、と考える人も多いはずです。 一見かなり故障のように聞こえますが、実は故障ではありません。 単なるバッテリー交換のサインなのです。 ダイソンのコードレス掃除機の場合、この途切れ途切れの状態というのが、バッテリー交換の合図であり、バッテリーを交換すれば、この途切れ途切れの症状もなくなります。 バッテリーについては純正品と互換品というものがありますが、互換品に交換した場合、保証の対象外となりますので、純正品に交換するのが得策です。 ダイソンのコードレス掃除機は、基本的に充電式となっています。 そのため、使い終わったら充電するようにしましょう。 しかし場合によっては、その充電ができないという症状に見舞われるということもあります。 充電については、LEDのランプの状態を確認しましょう。 きちんと充電している場合は、充電中は青色のランプがつくようになっています。 これが点滅になっている場合は、正しく充電されていないという状態になります。 その時は再度充電器を接続し直したり、コンセントの差す場所を変えて見ましょう。 黄色の場合は、部屋の気温が適温外になっていたりなどの一時的なエラーの可能性が高いです。 もしも青点滅や黄色が改善されていなかったり、赤色になっている場合は、お客様相談室に相談しましょう。

次の