キノピオ 帽子。 【衝撃事実】スーパーマリオの誰も知らない17の秘密! | バズプラスニュース

【ポケ森】キノピオの帽子が想像以上にデカかった!?みんなのコーデが面白い♪

キノピオ 帽子

キノピオの頭は当然『身体の一部』 動画では『マリオのおへそ』の他にも、『キノピオの頭部は普通の頭なのか、それとも帽子なのか』について質問されていて、『実は頭なんですよ…』と、普通の頭である事を明かしました。 キノコ王国の住人だからそりゃそうか そもそもキノピオは『キノコ王国』の出身であり、『キノコ族』と呼ばれる種族です。 そりゃ身体がキノコでなければおかしいってものです。 また、敵キャラクターとして登場する『クリボー』も、元々はキノコ王国の兵士でありながらクッパ軍団に寝返った『シイタケ』である事が明かされています。 クリボー自身がキノコそのものなのですから、キノピオの身体もキノコそのものである方が自然だと考えられます。 Wikipediaには『帽子』と記述 公式で『キノピオの笠は頭』と明言されましたが、Wikipediaで『キノピオ』の項目を確認してみると 頭部に大きな斑点が付いた、の笠のような帽子をかぶっているのが特徴的である。 なんと帽子と書かれています。 例えば彼女は『ペーパーマリオRPG』の『リッチリッチエクスプレス』に登場するウェイトレスのキノピオですが、頭の笠の横からツインテールが出ています。 もしも頭の笠が身体の一部だとするなら、キノコの左右から髪の毛(のようなもの)が生えている事になるので、とんでもなく不自然になってしまいます。 キノコの笠は被り物であり、それに穴を開けて中から髪の毛を出しているようにも見えるので、帽子という捉え方になったのかもしれません。 最近はキノコである事を意識している じゃあ近年ではどうかと言うと…、最新の『マリオカート』などにも参戦している『キノピコ』は髪型はおさげですが、おさげの部分もキノコから連なって形成されているので、これならキノコが身体の一部であっても違和感がありません。 というか女性型のキノピオは最近ではキノピコしかほとんど出てきておらず、他のキノピオは笠の色や服装によって個性が出るようにデザインされています。 なので今ではもうキノピオに髪型などは定めず、帽子に見ないようにデザインしているのかもしれません。

次の

キノピオ 帽子 型紙から探した商品一覧【ポンパレモール】

キノピオ 帽子

2018年02月06日 14時00分 「マリオの乳首問題」や「キノピオのアレは頭なのか帽子なのか問題」について小泉プロデューサーが回答 発売前から「今回のマリオには乳首がある!」ということで Nintendo Switch向けゲームの「 」ですが、プロデューサーの小泉歓晃さんがニンテンドーアメリカのYouTubeチャンネル上で公開されたムービーの中でプレイヤーから寄せられた質問に回答しており、乳首問題などについて言及しています。 マリオ風の真っ赤な衣装に身を包んだ小泉プロデューサーが登場。 さっそく「スーパーマリオ オデッセイ」プレイヤーから寄せられた質問に答えていきます。 ひとつ目の質問は「なぜマリオには乳首があって、おへそはないの?」というもの。 「最初からこの質問?」と小泉プロデューサーは笑いながら、マリオの乳首にこれほど大きな反響があるとは考えていなかったそうで、とても驚いたとしています。 また、同時にマリオの「へそ」も話題になっていたことから、「それなら次回作おへそつけちゃお、みたいな」とも語っています。 なお、マリオの乳首がどれくらい話題になったのかは、以下の記事を読めばわかります。 続いての質問は、「キノピオの頭部は帽子なのか頭なのか?」というもの。 これは多くの人が疑問に思うことらしく、 や でも取り上げられることがあります。 数々のマリオシリーズをプロデュースしてきた小泉プロデューサーによると、キノピオの頭部にあるアレは頭とのこと。 「中に何が入ってるかな~と想像してください」と意味深な発言も。 「ゲームの中でファンが簡単に見つけると思ったのにまだ見つけられていないものはありますか?」 こういったものを見つけてもらうためにもゲームをプレイしてほしいとのことで、「ここで言っちゃったらもったいない」とコメント。 「マリオとピーチ姫およびポリーン市長の関係について説明できますか?」 これには「3人の中だけにしておいてください」と、3人のプライバシーを尊重するコメントが飛び出します。 「他のゲームの要素をスーパーマリオ オデッセイに登場させるかをどうやって決めたのですか?」 スーパーマリオ64だけでなく、過去のマリオシリーズからさまざまな要素を採用しているのが今回の「スーパーマリオ オデッセイ」です。 何のどの要素を採用するかはスタッフと議論して決めていったそうですが、スーパーマリオ64は3Dマリオの原点たる存在なので、「結構大事に扱って今回多めに使うことにしました」とのこと。 「ビーチバレーでのハイスコアはどれくらい?」 「海の国 シュワシュワーナ」のビーチで挑戦できるミニゲームの「ビーチバレーチャレンジ」ですが、小泉プロデューサーは「頑張って100回やりました。 結構ギリギリでした」と語っており、なかなかに苦戦したことがうかがえます。 「あなたのチームの誰がノコノコレースで最速ですか?」 いろいろな国でチャレンジできるミニゲームの「ノコノコレース」ですが、開発チームのプログラマーが速かったとのこと。 ただし、ゲームがリリースされてからは世界中のプレイヤーがノコノコレースに挑戦しており、「やっぱり世界で遊んでる人たちの方が全然うまいので」と語っています。 「ファンはコインを見つけることで、未知の隠された領域などに遭遇しています。 開発チームがこれらすべての領域を見つけるのは難しいのですか?それとも楽しかったですか?」 開発チームはゲームのデバッグ時に「思ってもいないところに行けてしまった」という報告を多数受けたそうで、そういった思いがけない場所まで冒険してくれるデバッガーのために、より複雑な場所にコインを置くようになっていったとのこと。 小泉プロデューサーは「 コインを 置く人は結構大変だったと思うんですけど、でも『こんなところに行けるのか』という発見があってとても良かったと思います」と、開発チームとデバッガーの連携によりゲームに奥行きが増していったことを明かしています。

次の

「マリオの乳首問題」や「キノピオのアレは頭なのか帽子なのか問題」について小泉プロデューサーが回答

キノピオ 帽子

2018年02月06日 14時00分 「マリオの乳首問題」や「キノピオのアレは頭なのか帽子なのか問題」について小泉プロデューサーが回答 発売前から「今回のマリオには乳首がある!」ということで Nintendo Switch向けゲームの「 」ですが、プロデューサーの小泉歓晃さんがニンテンドーアメリカのYouTubeチャンネル上で公開されたムービーの中でプレイヤーから寄せられた質問に回答しており、乳首問題などについて言及しています。 マリオ風の真っ赤な衣装に身を包んだ小泉プロデューサーが登場。 さっそく「スーパーマリオ オデッセイ」プレイヤーから寄せられた質問に答えていきます。 ひとつ目の質問は「なぜマリオには乳首があって、おへそはないの?」というもの。 「最初からこの質問?」と小泉プロデューサーは笑いながら、マリオの乳首にこれほど大きな反響があるとは考えていなかったそうで、とても驚いたとしています。 また、同時にマリオの「へそ」も話題になっていたことから、「それなら次回作おへそつけちゃお、みたいな」とも語っています。 なお、マリオの乳首がどれくらい話題になったのかは、以下の記事を読めばわかります。 続いての質問は、「キノピオの頭部は帽子なのか頭なのか?」というもの。 これは多くの人が疑問に思うことらしく、 や でも取り上げられることがあります。 数々のマリオシリーズをプロデュースしてきた小泉プロデューサーによると、キノピオの頭部にあるアレは頭とのこと。 「中に何が入ってるかな~と想像してください」と意味深な発言も。 「ゲームの中でファンが簡単に見つけると思ったのにまだ見つけられていないものはありますか?」 こういったものを見つけてもらうためにもゲームをプレイしてほしいとのことで、「ここで言っちゃったらもったいない」とコメント。 「マリオとピーチ姫およびポリーン市長の関係について説明できますか?」 これには「3人の中だけにしておいてください」と、3人のプライバシーを尊重するコメントが飛び出します。 「他のゲームの要素をスーパーマリオ オデッセイに登場させるかをどうやって決めたのですか?」 スーパーマリオ64だけでなく、過去のマリオシリーズからさまざまな要素を採用しているのが今回の「スーパーマリオ オデッセイ」です。 何のどの要素を採用するかはスタッフと議論して決めていったそうですが、スーパーマリオ64は3Dマリオの原点たる存在なので、「結構大事に扱って今回多めに使うことにしました」とのこと。 「ビーチバレーでのハイスコアはどれくらい?」 「海の国 シュワシュワーナ」のビーチで挑戦できるミニゲームの「ビーチバレーチャレンジ」ですが、小泉プロデューサーは「頑張って100回やりました。 結構ギリギリでした」と語っており、なかなかに苦戦したことがうかがえます。 「あなたのチームの誰がノコノコレースで最速ですか?」 いろいろな国でチャレンジできるミニゲームの「ノコノコレース」ですが、開発チームのプログラマーが速かったとのこと。 ただし、ゲームがリリースされてからは世界中のプレイヤーがノコノコレースに挑戦しており、「やっぱり世界で遊んでる人たちの方が全然うまいので」と語っています。 「ファンはコインを見つけることで、未知の隠された領域などに遭遇しています。 開発チームがこれらすべての領域を見つけるのは難しいのですか?それとも楽しかったですか?」 開発チームはゲームのデバッグ時に「思ってもいないところに行けてしまった」という報告を多数受けたそうで、そういった思いがけない場所まで冒険してくれるデバッガーのために、より複雑な場所にコインを置くようになっていったとのこと。 小泉プロデューサーは「 コインを 置く人は結構大変だったと思うんですけど、でも『こんなところに行けるのか』という発見があってとても良かったと思います」と、開発チームとデバッガーの連携によりゲームに奥行きが増していったことを明かしています。

次の