レアル 久保。 レアル・マドリーが編集した、久保建英の「神プレー動画」がこれ

久保建英、レアル・マドリードへの移籍決定! まずはBチームでプレー

レアル 久保

レンタル中のウーデゴールを呼び戻し、久保と20歳MFブラヒムを期限付き移籍か スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間7日のリーガ・エスパニョーラ第27節エイバル戦(2-1)で価値ある追加点を挙げ、今季アウェー初勝利に貢献した。 エイバル戦で右サイドに入った久保は前半41分、敵陣左サイドに抜けてドリブル突破を仕掛けると、ペナルティーエリア手前でエイバルDFアナイツ・アルビージャに倒されてファウルの判定。 FKキッカーを務めたMFダニ・ロドリゲスが直接決めて、アウェーのマジョルカが先制し、1-0で試合を折り返した。 後半もカウンターの起点になるなど、エイバル守備陣にとって危険な存在になった久保は同33分、カウンターから右サイドをMFアレハンドロ・ポソが抜けると、ペナルティーエリア手前で待ち構えた久保にパス。 ボールを受けた久保は右に持ち出し、ベティス戦と同様に右足を振り抜くと、シュートが左ポストをかすめてゴールに吸い込まれた。 今季3ゴール目を挙げ、降格圏18位に沈むチームの勝ち点3獲得に貢献した久保。 レアル・マドリード専門メディア「Defensa Central」は、「マドリードが久保のレンタル移籍をレアル・ソシエダへ提示」と見出しを打ち、レアルの現状をレポートしている。 「Defensa Centralは独自情報として、レアル・マドリードがブラヒム・ディアスと久保建英をレアル・ソシエダへレンタル移籍することを提示したことを明らかにする。 目標とするのは、チュリ・ウルディン(ソシエダの愛称)が今夏に(マルティン・)ウーデゴールを手放し、ジズーの弟子たちが上位チームで成長を続けることだ。 イマノル(・アルグアシル監督)のチームはマーケットでベストのオプション。 さらに両クラブ幹部の関係は並外れて良い。 久保はマジョルカの1部残留のために戦うが、来季はこのチームで続けないという意識がある。 レアル・マドリードは選手が活躍しているとはいえ、より条件の合うチームを探していることを選手に伝えている」 記事によれば、レアルは20歳のスペイン人MFブラヒム・ディアスと久保をソシエダに期限付き移籍させる意向だという。 よりレベルの高いチームでのプレーは久保にとってもプラスだが、果たしてシーズン終了後に去就はどのような動きを見せるのだろうか。 Football ZONE web編集部.

次の

レアルDFを翻弄した久保にジダン監督が言及「素晴らしい。だが驚くことは…」(SOCCER KING)

レアル 久保

久保は2001年6月生まれの18歳。 長らくバルセロナの下部組織でプレーしていたが、同クラブが18歳未満の外国人選手獲得に関する規定に違反したことで公式戦出場が禁止されたため、2015年3月よりFC東京U-15むさしに加入した。 2018シーズン前半はFC東京でプレーし、8月には横浜F・マリノスへ期限付き移籍した。 2019シーズンからはFC東京に復帰。 長谷川健太監督からの信頼を得ると、レギュラーとして現在首位を走るチームをけん引し、リーグ戦4得点を記録している。 6月には日本代表に初招集され、9日のエルサルバドル戦で途中出場し、日本代表史上2番目の若さとなる18歳と5日でピッチに立った。 コパ・アメリカ2019に出場する日本代表メンバーにも選出されている。 久保は18歳になったため、古巣であるバルセロナの下部組織へ戻るのではないかと噂されていたが、現地報道では年俸や契約内容の面でクラブと代理人の交渉が決裂したため、復帰は無くなったと報じられていた。 ・カスティージャはスペインの3部に相当するセグンダ・ディビシオンBに在籍。 同リーグは地域ごとにわかれて4つのリーグ、80チームで構成されている。 ・カスティージャはアトレティコ・マドリードBやセルタB、バジャドリードBなどと同リーグに在籍し、2018-19シーズンは4位で終えている。 なお、来シーズンはクラブOBのラウル・ゴンサレス氏がチームを率いる。

次の

久保建英は現地でどう評価されている?レアル・マドリー復帰の可能性は?

レアル 久保

巧みなボールタッチでセルヒオラモス(左端)も抜き去った久保(AP) 【スペイン・マドリード24日(日本時間25日)発】日本の至宝のプレーは名将にどう映ったのか。 それでもシュート3本を放つ奮闘を見せ、レアルのジネディーヌ・ジダン監督(48)に猛アピール。 来季の復帰を含め、今後の去就も慌ただしくなりそうだ。 首位を走るレアルに対し、マジョルカは降格圏の18位に低迷。 試合は圧倒的なレアルのペースで進み、前半19分、MFモドリッチからのパスを受けたFWビニシウスが先制のゴールネットを揺らした。 後半11分にはゴール前で得たFKのチャンスをDFセルヒオラモスが鮮やかに決めて追加点を奪った。 だが、2トップの一角で起用された久保も黙ってはいなかった。 17分には右サイドから4人抜きのドリブルを見せてペナルティーエリアに侵入。 その勢いのまま右足でシュートを放った。 レアルからマジョルカにレンタル移籍している久保にとって、現在注目されるのは来季の所属先。 すでに国を超えた争奪戦が始まっているが、その中で久保にラブコールを送り続けているのがフランス1部の名門パリ・サンジェルマンだ。 スペイン紙「アス」は久保を大々的に取り上げ、各国のクラブからオファーが殺到する現状を紹介する中でもパリSGは超本気モード。 かつてJ1鹿島でプレーするなど日本に精通しスポーツディレクターを務めるレオナルド氏(50)が直々に動いたとし、年俸400万ユーロ(約4億8000万円)を準備していると報じられた。 ただ、レアルは完全移籍となるオファーを受けるつもりはない。 それだけに、レンタルでの獲得を狙う強豪クラブが多いのも事実だ。 本命と言われるレアル・ソシエダードを筆頭にベティスなど同じスペインの10クラブが獲得を打診したもよう。 さらにイタリア1部ACミランやラツィオ、オランダ1部アヤックス、スコットランド1部セルティック。 欧州各国の名だたる名門クラブが久保に熱視線を注いでいる。 Rマドリードはスペイン国内で欧州カップに出場するクラブで経験を積ませたい考え。 ジダン監督は試合前日会見で久保に言及し「彼のシーズンは良いものになっている。 試合に出続けているのは彼と我々が望んでいたもの」と評価した。 久保の周辺はしばらく騒がしくなりそうだ。

次の