度々になってしまい。 「度々」の意味と使い方、敬語、類語・言い換え、「重ね重ね」との違い

姑が亡くなってから、鬱になってしまった夫 : 度々、すみません。高齢の姑、夫には母親が亡くなってか

度々になってしまい

度々こちらにお世話になっております。 主人を怒らせてしまいました。 只今里帰り中で、主人とは別々に暮らしています。 本日電話で連絡をとっていたのですが、その時に主人を怒らせてし まいました。 ネットで注文していた商品が自宅に届いたのですが、日中は主人は働きにでてますので、受けとれず不在表対応となっておりました。 平日は主人が受取無理なので、時間指定をして、いったん自宅にその時間に帰宅して受け取ろうと、不在表を写メして送って欲しいと主人に頼みました。 LINEで通話だったので、お話しながらでも写真を送れると思い、話ながら今送ってよ、と言っても、後で送るからとすぐ動いてくれませんでした。 不在表を写メして欲しいということは、前々から言っていました 主人はその時、お酒を飲んでしまっていて、布団に入った状態で、そうなるとやるやるといって結局やってくれない事が多く、私は意地になって、今送って!としつこく言ってしまいました。 すると、そんなに自分と電話したくないのか、切りたいのか。 不在表の方が大事なんだ。 と言い出してしまい・・・ LINE通話だから、お話ししながらでもできるでしょ、切りたいなんて言ってないよ。 と言ったのですが、そんなに荷物が大事ならもう電話切るから、と切られてしまいました。 すぐに不在表の写真と、おやすみ。 の一言だけLINEがきました。 その後すぐに何度か電話をかけましたが出てくれず、切られてしまいました。 ちなみに、主人は通話しながらスマホの画面をいじっていて、真剣にずっと話していたわけではありません。 私たちは昔からそうなのですが、電話でも、ずーっと話しているというよりは、只繋がっていて、隣でゴロゴロしながらお互い好きな事をしてる、という感覚で電話をしています。 LINEメールで、意地になってしまったこと、仕事で疲れてるのに連絡くれて嬉しかったこと、嫌な気持ちにさせたことを謝ったのですが、未読無視の状態です。 主人を怒らせてしまった、嫌われたらどうしよう、連絡くれなくなったらどうしよう・・・という不安で動悸がしてしまい、涙がでてしまいます。 前々から怒らせることに不安を抱いていたのですが、今、育児中のノイローゼが治りかけのところで、情緒不安定なこともあり、少しの事でおろおろしてしまいます。 主人から連絡少しないだけで、泣きそうになり、動悸がして、夜中でも何度もLINEを開いては確認してしまう始末。 もう二度と話してくれないんじゃないか、離婚されてしまうんじゃないか、じつはもう私の事なんか好きじゃないんじゃないか・・・不安でいっぱいになってしまいます。 母親になったのにこんなことではやっていけない、と思うのですが、どうしても心が強くなりません。 どうしたら心って強くなるでしょうか。 どうしたら主人は許してくれるでしょうか。 毎日毎日何かしらに不安を抱いていて疲れてしまいました。 補足主人はもともと天の邪鬼で、頼み事をして、一度でいいよーと言わないような人です。 本人いわく、信頼してるから甘えてるんだ、との事。 そんな人だとわかっていたのに、こちらが意地になってしまいました。 馬鹿な事をしました。

次の

線が度々ガタガタになってしまう

度々になってしまい

「度々」の意味と読み方 「度々」の読み方は「たびたび」が基本で、稀に「どど」「よりより」とも 「度々」の基本的な読み方は「 たびたび」です。 「たびたび」の他にも「 とど」や「 よりより」と読まれることもあります。 「 度々〈とど〉」は、「たびたび・しばしば」という意味合いで使用される言葉 「 度々〈よりより〉」は、「時々・おりおり」という副詞として使用される言葉です。 「度々」の意味は「何度同じことが繰返される様子」で、具体的な頻度の定義はなし 「度々」は、「 同じことが何度も繰り返される様子」を言い表した言葉です。 主に、相手に対して何度も同じことを繰り返してしまったということに対して申し訳ないという気持ちや、感謝の気持を伝える場面で使用され、 繰り返される頻度について具体的な定義はありません。 日常生活はもちろんのこと、ビジネスシーンなど幅広い場で使用される言葉です。 「度々」は、「度度」と表現されることもありますが、一般的には「度々」が使用されています。 「度々」の使い方と例文 「度々すいません」は「何度も繰り返し申し訳ありません」 「度々すいません」は、「 何度も繰り返し申し訳ありません」という意味で、同じ人に対して何度も迷惑をかけることを予め伝えたり、相手にお詫びをする場面でし使用されます。 例えば、「確認をしてほしい」いうお願いを一度したにもかかわらず、まだ確認をしてもらえていないという場合に、「度々すいませんが書類の確認をお願いいたします」というように使用すると、「繰り返し確認することをお願いして申し訳ないのですが」というニュアンスで謝罪の意味を込めたうえでお願いをすることができます。 つまり、「大変恐縮なのですが〜」といった クッション言葉と同じ使われ方をするということがわかります。 「すいません」は少々くだけた表現であるため、とくに目上の人に対して使用する場合など敬意を示すべき相手に対して使用する場合は、「度々申し訳ありません」というようにより丁寧な表現をするほうが適しています。 例文 「度々すいません。 もう1枚確認していただきたい資料があるのですがよろしいでしょうか」 「度々すいませんが、もう一度連絡をいただくようお願いしてもらえますか?」 「度々すいません、予算案に関する資料をもう一度見せていただけますか?」 「度々すいませんが、やはりハンドルの調子が悪いのでもう一度見てもらいたいのですが」 「度々お手数をおかけして」は「度々手間をかけさせてしまい」 「度々お手数をおけして」は「度々手間をかけさせてしまい〜…」というニアンスで使用されます。 「手数」は、「 ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 「ある物事」とは自分以外の第三者のために行う物事を指し、「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 つまり、「度々お手数をおかけして」は、 相手に何度も時間や費用・労力といった手間をかけさせてしまうことにたいするお詫びの気持ちを伝える表現です。 例文 「度々お手数をおかけしてしまいますが、新しい決定事項については郵送していただけますか?」 「度々お手数をおかけしてしまいますが、今一度お間違えがないか、ご確認いただいてよろしいでしょうか」 「度々お手数をおかけして申し訳ありません、もう一度ご希望の日程をお伝えいただけるとありがたいです。 」 「度々恐れ入ります」は「何度も迷惑をかけ申し訳ありません」 「度々恐れ入ります」は、「 何度も迷惑をかけてしまい申し訳ない」という気持ちを言い表した表現です。 「恐れ入る」には「自分の悪かったことについて申し訳なく思う」「相手の厚意にたいして恐縮する」という意味があります。 相手に対して何度も繰り返し迷惑をかけることを申し訳なく感じ、恐縮している気持ちを「度々恐れ入ります」というような言い回しで依頼やお願いごとをする場面などで使用することができます。 「度々のご連絡失礼いたします/申し訳ございません」は「何度も連絡をしてしまい申し訳ありません」 「 失礼いたします」は、自分が何かをする場合に相手に断りを入れる意味で使用される言葉で、「失礼する」の謙譲語である「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた表現です。 「 申し訳ございません」は、「相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」「大変すまない」という意味で、相手に対して詫びる際に用いる表現になります。 「度々ありがとうございます」は「何度も繰り返しありがとうございます」 「度々ありがとうございます」は、「何度もありがとうございます」 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々ありがとうございます」は、「 何度もありがとうございます」という意味合いで、 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々……〜ありがとうございます」というような使い方をすることが多く、さらに丁寧な表現をする場合は「度々……〜いただきお礼申し上げます」といった表現を使用しましょう。 「度々の質問」は、 相手に何度も繰り返し質問をする場面で使用される言葉です。 同じ質問ではなくとも、同じ人に対して何度も何度も質問をすることは、相手にとって負担をかけてしまうことですし、うっとおしいと思われてしま可能性もあります。 例えば、新しい仕事を任されたばかりでわからないことがあるけれど、何度も先輩に質問するのは申し訳ないという場面で、「度々の質問で申し訳ないのですが・・・」というように使用することができます。 「度々の質問」は「何度も繰り返し質問をすること」 「度々」の類語 「度重なる」は、「 たびかさなる」と読みます。 「度重なる」の意味は「 何度も同じようなことが続いて起こる」です。 例文 ・度重なる失言が原因で、彼に対しての批判の意見が増えた。 ・度重なる失態をどうぞお許しください。 度重なる 「しばしば」は、 ある程度の期間をおいて、同じ行動や状態が何度も繰り返される様子を表現した言葉です。 「しばしば」は「度々」と同じように頻度にこれといった定義はありませんが、毎回ではなく時としてというような頻度で繰り返され事に対して使用します。 例文 ・彼は歌唱力があり、しばしばミュージカルに出演することもあった。 ・主人は基本的に定時で帰宅することができる職業ですが、しばしば帰りが遅くなることがある。 しばしば 「幾度となく」は、「 いくどとなく」と読みます。 「幾度」とは、「どのくらいの回数・何度・いくたび」という意味でのある言葉で、「幾度となく」で「何度も」という意味の表現になります、 例文 ・彼を説得するための話し合いが幾度となく繰り返されていた。 ・彼女は幾度となく私を助けてくれた大切な友人です。 「度々」の使用上の注意点 当たり前だが一回目では使えない 「度々」は、年度も繰り返される様子を言い表した言葉であるため、当たり前ではありますが 一回目で使えません。 例えば、初対面の人に対して「度々ありがとうございます」「度々失礼します」というような表現を突然使用すると「前に何かあったのだろうか・・・?」と思わせてしまうのです。 むやみやたらに使用できる言葉ではなので注意しましょう。 重ね言葉なので結婚式・葬儀などでは使えない 「度々」は、同じ意味の言葉を重ねた「重ね言葉」という言われる表現です。 「重ね言葉」は、 同じ言葉を重ねるといったことから「再婚」や「悲しい出来事の再来」を連想させてしまうため結婚式や葬儀で使用することは避けられています。 うっかり使用してしまうと、非常識だと思われかねませんので頭に入れておきましょう。

次の

トイレが度々詰まってしまい困っています。ラバーカップを使用すると詰まりは解消されますが、大便をすると又結構な頻度で詰まります・・・。一度、クラシアンを呼んだのですが、詰まっているものはなさそうだと

度々になってしまい

4678 度々フリーズが起こるようになってしまいました。 最近、度々パソコンがフリーズしてしまいます。 フリーズって、そもそもどうして起こるのですか?知っている方、教えてくださ い。 4678「度々フリーズが起こるようになってしまいました。 ど うして?」で書きました。 4678「度々フリーズが起こるようになってしまいました。 sakura. その時スワップファイルが400MBを超えてましたので DOSで削除したら安定しました。 が心配なのでAUTOEXEC. BATでDELしてます。 」で書きました。 BATでDELしてます。 早速チェックしてみますね。 また不思議があれば投稿させて頂くので、宜しくお願いします。 どうして?.

次の