ナイキ ズーム ライズ。 ナイキ ズーム フライ。ズーム フライ 3が登場。. Nike 日本

「ナイキ ズーム フライ 3」を履きこなせ!「ナイキ エア ズーム ペガサス 36」を味方につけろ! Alpen Group Magazine

ナイキ ズーム ライズ

カーボンファイバー製プレートのパワーにより、何キロでも走り続けられます。 抜群に滑らかな履き心地を提供します。 インナースリーブとローカットの履き口が足にぴったりフィットしてレースに最適。 カーボンファイバー製プレートのパワーにより、何キロでも走り続けられます。 抜群に滑らかな履き心地を提供します。 インナースリーブとローカットの履き口が足にぴったりフィットしてレースに最適。 交換商品が売り切れの場合は返金対応となりますのでご了承ください。 商品到着後1週間以内に電話又はメールでご連絡をお願いします。 商品ご使用後の交換・返品はお受け致しかねますので、予めご了承ください。 返金が発生する場合の振り込み手数料はお客様のご負担となりますので、ご了承ください。 商品到着後1週間以内に電話又はメールでご連絡をお願いします。 商品ご使用後の交換・返品はお受け致しかねますので、予めご了承ください。 詳細はをご覧ください。 6,300円 税込 以上のお買い上げで送料は無料です。 佐川急便でお届けいたします。 送料は以下の通りです。 その際はメールにてご連絡差し上げますので、必ずご確認ください。 予めご了承ください。 詳細はをご覧ください。

次の

【サイズ感レビュー】ナイキ ズームフライ3をNIKE By Youでカスタム!

ナイキ ズーム ライズ

2019年6月に発売されたナイキ 「ズームフライ3 」! 2019年の全国高校駅伝や2020箱根駅伝でも好記録を連発したナイキの厚底ランニングシューズ。 最近では市民ランナーでもナイキの厚底シューズを履いている方をかなりの確率で見かけるようになりました。 好記録を連発したのはアスリート向けのランニングシューズ「ズームエックスヴェイパーフライ ネクスト%」ですが、これの市民ランナー向けのモデルと言われているのがヴェイパフライと同じ「カーボンファイバープレート」が搭載されている「ズームフライ3」です。 「ズームエックスヴェイパーフライ ネクスト%」は値段も3万円、一流のランナーでも履きこなすのが難しいと言われております。 実際に2020年箱根駅伝6区で区間新記録を樹立した東海大学館沢選手も下記新聞記事のように述べてます。 人によっては諸刃の剣」と仰ってます。 2019全国高校駅伝や2020箱根駅伝でナイキ「ズームエックスヴェイパーフライ ネクスト%」が好記録を連発したこと、 さらにこのヴェイパーフライ が一時期のように品薄ではなく、ナイキオンラインで簡単に手に入ってしまうことで、1秒でもフルマラソンやハーフマラソンの「自己ベスト」を更新したい方にとっては魅力的に購入意欲が沸いたはずです。 しかし 「ズームエックスヴェイパーフライネクスト%」は値段も高く、履きこなすのが難しいので手が出しづらい、という市民ランナー用に開発されたのが同じような性能でヴェイパーフライ よりも安価で購入出来るのが「ズームフライ3」です。 ちなみに私の2019年のタイムは、ハーフマラソンが1時間31分、フルマラソンが3時間32分です。 ナイキ ズーム フライ 3 ライズは、ヴェイパーフライからヒントを得て、長距離ランナーに必要なレース中の快適性と耐久性を追求。 カーボンファイバー製プレートのパワーにより、何キロでも走り続けられます。 最高のクッショニング フルレングスのNike Reactミッドソールと軽量で耐久性に優れたフォームが、クッション性と反発力を両立。 抜群に滑らかな履き心地を提供します。 スピードを感じさせるデザインと履き心地 軽量のアッパーがスピード感あふれるスタイルを演出。 インナースリーブとローカットの履き口が、足にぴったりフィットしてレースにも最適です。 後押しされる感覚 ミッドソール内側のカーボンファイバー製プレートが、繊維層を収縮または膨張させることで、ストライドの柔軟性を最大限に高めます。 その他の特長• シューレースに寄り添う土踏まずのバンドが甲まわりにかかる圧力を軽減• かかと部分の履き口が後ろに広がったデザイン。 足首に接触しないので、アキレス腱への圧迫を軽減します。 前足部とヒールにラバーを配したアウトソールで耐久性を強化。 こちらにはヴェーパーフライの「ズームエックス」とは違う素材「ナイキリアクト」というものが用いられてます。 私は「ズームエックス」が搭載された「ズームペガサスターボ2」も履いておりますが、 「ナイキリアクト」は「ズームエックス」と比較したら少し硬めです。 見た目も履いた瞬間もその分厚さがお分かり頂けるかと思います! 見ての通りかかと(ヒール)は3センチのほどの高さとなっており、履いたら身長が高くなったことを実感致します(笑)そしてそのクッション性にも驚かされます。 アウトソール (靴底)は「ズームエックスヴェイパーフライネクスト%」と同様のアウトソール(靴底)になってます。 見た目は雨の日の路面で滑りそうですが、意外とグリップ力があります。 「ズームフライ3」は、シューホール(靴紐を通す穴のこと)とシュータン(ベロ)がシューズと一体化した今までにない変わったデザインとなってます。 履いた時に感じるのは「足にまるで羽が生えた感じ」「足にバネを取り付けた感じ」を受けます。 ミッドソール(靴のクッション部分)に内臓された「ナイキリアクト」が程よいクッション性を与えてくれます。 シューホール(靴紐を通す穴のこと)とシュータン(ベロ)がシューズと一体化している影響か、足首が細い私は、シューズの紐をキツく絞めないと写真の左側のように空間が出来てしまいます。 そして気になる 「ズームフライ3」の重さですが、サイズ25. 5㎝で片足239gとレースシューズとしては少し重めです。 私が2019年北海道マラソンを3時間32分で走った時の「ズームペガサスターボ2」が200gを切っておりましたので、それと比べても少し重めです。 そしてサイズ感ですが、私はナイキとアディダス、そしてニューバランスのシューズサイズは全て25. 5㎝ですが、「ズームフライ3」も25. 5㎝でジャストサイズでした! 「ズームフライ3」は、シューホール(靴紐を通す穴のこと)とシュータン(ベロ)がシューズと一体化した構造となっておりますが、25. 5㎝でも窮屈感は感じません。 「ズームフライ3」の生地はヴェイパーウェーブ採用で雨の日のレースにも対応 「ズームフライ3」はシューズの素材に「ヴェイパーウェーブ」というナイロン系の素材が採用されております。 これはナイキの最高峰ランニングシューズ「ズームエックスヴェイパーフライ ネクスト%」にも採用されております。 従来の「ヴェイパーフライ 」や「ズームフライ」では布製の生地が採用されていた為、雨の日のレースでは雨にしみたシューズが重くなってしまうという欠点がありました。 最初はシューズの重さを多少感じたものの、「ズームエックスヴェイパーフライネクスト% 」にも搭載され、「ズームフライ3」に搭載されている「カーボンファイバー製プレート」から生み出される独特の躍動感を感じました。 ジョギングなのにあっという間にペースが上がり1キロ4分23秒まで上がりました。 感覚的には4分45秒くらいで入っている感覚でしたので、グイグイ前に進む感じでした。 その後ペースを落とそうとするものの、なかなか落ちません。 一度ペースに乗ると惰性でそのまま進む感じがすごいです!多少疲労感を感じても一度走りに勢いをますと、思っていたよりも1キロ15秒以上早く走れてしまう感じが致します。 私は普段「ズームペガサスターボ2」を履いてますが、その「ズームペガサスターボ2」と比べて、アッパー(つま先)の跳ね上がりが写真のように「ズームフライ3」(左側)の方が上向いてます。 そしてシューズの硬さも圧倒的に「ズームフライ3」の方が硬い為か、前のめりに走ってしまう感じが致します。 これが推進力をもたらし、惰性で進む感じをもたらしているかもしれません。 一点注意点があります。 「ズームフライ3」はナイキ厚底シューズの中でも圧倒的にかかと(ヒール)が高く、走っている時に足を挫きそうになった時には、思いっきり足を挫く可能性が高いです。 シューズの内側を覗いてみるとメッシュ素材が用いられており、通気性もしっかりと確保されております。 ある程度の脚力と申し上げましたが、実際に上記でご紹介したペースで10キロ程度走った時に、結構ふくらはぎや膝への負担を感じたからです。 またフルマラソンサブ3. 5の知人も「ズームフライ3」を履いてぴょんぴょん跳ねるから沢山練習してしまったら、膝を痛めてしまったとも聞いております。 そして多くの市民ランナーも「自分も履いて自己記録を更新したい!」と思ったはずです。 しかし「ズームエックスヴェイパーフライ ネクスト%」は高価かつ市民ランナーにとって使いこなすのが難しい、など敷居が高いこともあり、市民ランナー向けのモデルで同じナイキの厚底シューズ「ズームフライ3」が発売されました。 走ってみた結果、レースシューズとしての性能はもちろんのこと、市民ランナーの方でも手が出やすい値段にもなってきました。

次の

ナイキ【ズームフライ3】厚底シューズの威力とは?「走行レビュー」

ナイキ ズーム ライズ

2019 ナイキ ズーム シリーズラインナップ• ナイキ エア ズーム ペガサス 36• ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2• ナイキ ズーム フライ 3• それぞれ前作よりもバージョンアップしていますので、どのような特徴があるのかを見ていきましょう。 ナイキ エア ズーム ペガサス 36 ナイキ エア ズーム ペガサス 36はすでにを書きましたが、基本的なスペックはペガサス 35のマイナーチェンジとなっています。 履き口が薄くなっていることと、アッパー素材の通気性が上がっただけです。 ただし、実際に履いてみるとペガサス 35よりも、スピードが出やすい感覚があります。 それでもキロ4分よりも遅いくらいのペースで走るのに適しているシューズですので、トップランナーのレース用にはスペック不足です。 ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2 ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2もアッパー素材に改良が加わっています。 半透明の素材と隆起のあるメッシュを活用することで、これまで以上に軽量なアッパーに仕上がっています。 前作と明らかに違うのがシューレースのパターンです。 以前のモデルはペガサス 35と同じシューレースパターンでしたが、より速いスピードでも足に追従させるために、これまでにない斬新なパターンに変更されています。 ソールには大きな変更がないようですので、走りそのものの感覚は従来のままで、より高いフィット感を得られるようになったと考えてください。 ナイキ ズーム フライ 3 ナイキ ズーム フライ 3は今回のモデルから、アーチを少し高く設定したウィメンズモデルがラインナップされました。 アッパー素材が軽量化され、より高いフィット感を得られるように改良されています。 さらに、シューズのオフセットによって、アキレス腱への負担が小さくするなどの工夫もされています。 もちろんカーボンプレートが内蔵されており、ナイキ史上屈指の速さと効率の良さを誇る1足です。 エリートアスリートの意見を取り入れて、通気性の高いアッパー素材を採用しています。 このアッパーは水を吸わないため、雨の日のレースでもシューズが重くなることもありません。 さらには雨対策としてソールのトラクションパターンが採用され、これまで以上に高いグリップ力を発揮します。 2019 ナイキ ズーム シリーズの選び方 4種類のランニングシューズのすべてに魅力があるように感じたかもしれませんが、それぞれのランニングシューズには特徴があり、ランナーごとに最適な1足が違います。 まずはシューズを2種類に分類します。 足裏全体で着地するランニングシューズ• ナイキ エア ズーム ペガサス 36• ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2 前足部で着地(フォアフット)するランニングシューズ• ナイキ ズーム フライ 3• そもそも、ナイキの思想としては「ランニングは足裏全体で着地するもの」という考え方があります。 ただしトップランナーは走るスピードが速いため、レースペースで走るときには無意識でフォアフットになります(100m走で踵をつけて走る人がいないのと同じ原理です)。 普段はペタペタ走っていても、徐々にスピードを上げていったときには、フォアフット着地でないと足の回転が間に合わなくなります。 上記のポイントを踏まえたうえで、シューズを選ぶときには下記の基準を参考にしてください。 フルマラソン2時間30分以内で走るレースシューズ ナイキ ズーム フライ 3• フルマラソン2時間30分〜3時間で走るレースシューズ• キロ3分台でのスピード練習用 ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2• フルマラソン3時間〜3時間30分で走るレースシューズ• サブ3ランナーのロング走用 ナイキ エア ズーム ペガサス 36• フルマラソン3時間30分以上で走るレースシューズ• ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2とキ エア ズーム ペガサス 36の関係が少し複雑ですが、サブ3を狙うのであればナイキ ズーム ペガサス ターボ 2、それ以外ならナイキ エア ズーム ペガサス 36を選びましょう。 この2足はサブ3ランナーのロング走やリカバリーランにも利用できます。 このように、走力ごとに最適なランニングシューズは違います。 自分の走力や目標タイムを考慮して、2019 ナイキ ズーム シリーズの中から自分に最適な1足もしくは2足の組み合わせを見つけ出しましょう。

次の