人権 作文 パクリ。 人権作文の中学生向け例文!パクリはバレる?5枚でのまとめ方は?

中学生の人権作文とは?テーマや書き方とサンプル例文を紹介|アトランダム

人権 作文 パクリ

私は、思いやりのある人になりたいといつも思っていました。 思いやりとは、人にやさしくすることだから、みんなから 「やさしいね。 」 といわれる人になりたいと思っていたからです。 だから私は、「人にやさしくする」ことを進んでやってきました。 泣いている人やこまっている人に、 「どうしたの。 だいじょうぶ。 」 と声をかけたり、転んだ人やけがをした人をほけん室につれていってなぐさめてあげたりしていました。 そして、友達や先生から 「やさしいね。 」 と言われることで、まんぞくしていました。 ところがある日、六年生がけがしてる人にやさしくしてあげている様子を見て、私とはなぐさめ方がちがうことに気づきました。 私はいつも 「だいじょうぶ。 何でけがしたの。 」 と相手がけがをしているのにもかかわらずしつ問しかしていませんでした。 でも六年生は、 「あっ、血が出ているよ。 こっちにおいで。 」 と声をかけ、ティッシュをぬらしてきず口をふき、血をおさえてあげてから、 「何でけがしたの。 転んだりしたの。 」 と声をかけてほけん室へつれていってあげていたのです。 私は、なるほど私もやってみようと思いました。 でも、けがをしている人をみるとすぐにしつ問してしまうくせがぬけません。 「もう、だめだなあ。 私には、六年生のようなことはできないのかなあ。 」 とあきらめかけました。 すると六年生が、 「何を先にすればいいのか、考えて行動すれば、しつ問するより先に行動することがぜったいできるよ。 」 とアドバイスしてくれました。 それから、ティッシュでしょちしてからしつ問するようになりました。 このことから、私は初めて本当の思いやりは何かわかったような気がしました。 思いやりとは、自分がしたいことではなくて、その人がしてもらいたいことを考えて行動してあげることだと思います。 つまり、こまっていたり、けがをしている人を見かけたら、その人を助けてあげてから相手の気持ちを聞いてあげたり、相手のいやな気持ちの元を取りのぞいたりなおしてあげたりするのが、本当の思いやりなのだと思います。 これからも六年生に教わったことをむねに持ち、本当の思いやりをみんなに伝えながら自分の心も育てていきたいです。

次の

人権作文のパクリ方必勝法!これなら絶対にバレないぜ

人権 作文 パクリ

人種差別。 人間を外観的特徴や民族、国籍などに基づいて区分し、その特定の人々に対して嫌がらせや差別をすること。 つまり、肌の色が違うから、目の色が違うからなどを理由に仲間外れにしたり暴言、暴力をしたりすることである。 時々、テレビなどで人種差別について放送されているのを見かける。 人種差別はいじめと同じで、自分は差別はしているつもりはないと思っていても相手からすればあなたのしていることは人種差別だととらえられてしまうことも少なくない。 実際に私も人種差別をしてしまったことがある。 それは小学校高学年の頃。 小学校の授業には英語の授業が中学校のように数多くあるわけではない。 あったとしても月に何回かぐらい。 英語を教えてくれる先生も担任の先生ではなく、ALTの先生が教えてくれる仕組みになっている。 そのALTの先生に私は人間としてやってはいけないことをやってしまった。 その先生はアメリカ出身。 アメリカの国民性は日本とは真逆で積極性があり、自己主張がはっきりしている。 また、とてもフレンドリーであるため、ジョークを言うなどして場を盛り上げるのが上手である。 あいさつの一つとしてハグをするのは当たり前。 日本では考えられないかもしれないがこれもアメリカの国民性の一つである。 小学生の私には国民性を尊重することもせず、何も考えずに日本語が上手ではないから、なれなれしいからを理由に陰でうざいや気持ち悪いなどと言ったり、話しかけられても嫌そうな顔をして無視したりするなど最低な行為をしてしまった。 その時はまだ自分は悪いことをしている、自分は人のことを傷つけていることなど気付いてなかった。 でも、中学校に入り、英語の授業が毎日ある中で感じたことがある。 それは、母国語ではない言葉を話すのはとても難しいということ。 母国語ではない言葉を話すのには、人一倍勉強し、人一倍努力しなくてはならないのに・・・その先生もきっとたくさん日本語を勉強し、たくさん日本語を勉強し、たくさん日本語を話してやっと身に付けた力なのに・・・なんてひどいことをしてしまったんだととても後悔している。 また、私は修学旅行の時に英語で話しかけられたことがある。 混乱してしまい、きちんと質問に答えられず、はずかしい思いをした。 この経験からも母国語ではない言葉を話すのはとても難しいことなんだと実感した。 この過ちから私は一つ一つの国に特徴があり、色々な性格や個性があるということを学んだ。 私は中学校のALTの先生と話をするのが大好き。 母国語は違うのに伝えたいことが伝わった時のうれしさはこれ以上にないってぐらいうれしい。 今思えばどうしてこんなに楽しいことに気が付かなかったのだろうと思う。 でも今までの過ちや経験があったからこそ、外国人の方と話す楽しさに気付くことができたのだと思う。 しかし、この世の中には人種差別をしている人、されている人がまだまだいると思う。 している人には人それぞれ違って当たり前なんだから、自分がされたらどう思うか考えてほしいということを伝えたい。 されている人には、そのままの自分で人種差別をされる理由なんかないんだということを分かってもらいたい。 人種差別をなくすには、人種差別について理解する、その人の個性やその国の国民性、特徴を知る。 この二つが最も重要だと思う。 この二つを上手く尊重していけば自然と人種差別はなくなっていくと思う。 例えばハグをするのがあいさつだったら少し抵抗があったとしても思いきってハグをしてみる。 そうすると意外といい感じだなあと思うかもしれない。 私はそれぞれの人、それぞれの国の個性一人一人、一つ一つが尊重される世界になってほしい、人種差別はいけないことなんだと一人でも多くの人に知ってもらいたいと思う。 この世界が今よりもっともっと幸せに成りますように。 私はこれからももっとたくさんの人とコミュニケーションをとっていきたいと思っている。

次の

「コピーOK」でも作文パクリは要注意!有効な活用方法とは?

人権 作文 パクリ

子どもが 小学校の4年生になり、親はいろいろと子育てに悩んでいるのではないでしょうか。 それもそのはず、世間では子どもたちは 『9歳の壁』とか『魔の4年生』とかいわれている悩ましい時期に入っているのです。 なかなか言うことを聞かなくなった・口答えをするようになった・なんでも嫌だと親のいうことを拒否するようになるなど、一見 反抗的な子どもに『私の子育てが間違っていたのかな。 』と落ち込みそうになりますが、とんでもない。 素晴らしい成長段階にいます。 この時期、子どもたちの間には学力や体力さまざまな面で、できる子・できない子と差がで始めます。 自分の力量を知り、人と比べて自分のポジションを探る・自分のできる分野で活躍するといったように 自分と他人を比べることができるようになってきているのです。 子どもにとってこの時期はよくも悪くも今後の成長に大きく左右をします。 人権作文の課題がでたなら、これを機にぜひこの時期の子どもたちに人権についてじっくりと話して、考えてもらいたいところです。 今回はそんな4年生の子どもたちに人権についてどのように伝えたらよいのか、どういったテーマなら書くことができるのかをお伝えしたいと思います。 また、パクリはバレるものなのかというのも合わせてお伝えしますので、参考にしてくださいね。 『みんなもやってるから。 みんなも楽しいと思っているはずだから。 』 とついつい 理由づけをして調子にのってしまうときがあるのです。 それがひと時の冗談ですぎればよいのですが、 しつこく続けると陰湿ないじめにも発展します。 こうしたことが起こりやすくなる時期なのでこの頃に人権について考えるというのはとても重要なわけです。 子どもたちは小学校という集団の中で、自分の立ち位置を確認しながら人と競ったりして、ときに 自分と相手を比べながら感じたことを素直に言葉にしたり態度に出してしまいます。 そんな子どもたちが 自分や自分以外の人の大切さについて時間をかけて考えることで、自分の言動に責任をもつ大切さについても考えられるようになるのです。 そこで人権作文という宿題がでるのですが、感じたことや考えたこと、学んだ知識を言葉で話すよりも 文章として書くほうが断然むずかしいです。 そして文章にした自分の言葉たちを自分で拾って読むことはなによりも自分の心に刺さるのです。 人権作文小学校4年生向けのテーマの見つけ方・設定方法は?おすすめのテーマは? さて、ここで 4年生にオススメのテーマの見つけ方ですが、人と比べるようになる・差が出始めるという点を踏まえて、 「いじめ」「差別」といったテーマがオススメです。 このテーマの人権作文であれば、 自分のふだんの友達との関わりやクラスでのできごとを思い出して想像しやすく、振り返って反省や考えることもできると思います。 考えやすいテーマであれば文章に起こしやすいです。 他にも、例えば小学校であれば 特別支援学級があり、そこで過ごしている子どもと関わることもあるのではないでしょうか。 関わらなくとも、そういったクラスがあるという 存在自体を認識していることと思います。 その子たちについて子どもはどう感じているのか。 「かわいそう」という言葉は子どもから出てきませんか? この『かわいそう』という気持ちは子どもたちが素直に感じることですが、果たして本当にそうでしょうか。 この 自分の感じた優しさから生まれる気持ちが、ときに相手を大きく傷つけたり心外であったりするということに気づくことができる年齢でもあると思います。 このような 自分の考えや相手に対して生まれてくる気持ちをテーマにしてみるのも、 心の成長の面でよいでしょう。 題名の決め方ですが、• 「思いやりとは何なのか」• 「言葉がもっている力」• 「相手の立場で考えるということ」• 「見てるだけでもいっしょ」 といったように、書いた文章のなかで 一番自分が強く感じていること・学んだことを題名にするとよいでしょう。 あの日、よだれを垂らしてからかわれたときは〇〇さんは恥ずかしそうに笑っていたし皆笑っていたので、自分も一緒に笑ってた。 でも繰り返されて毎日のようにバイ菌と呼ばれだしてかわいそうになってきた。 でもバイ菌バイ菌って皆がなんとなく近づかないようにしていたから、自分もなんとなく近づき辛いなぁと思って見ていた。 そしたら〇〇さんが学校に来たくないと言っていると先生が道徳の時間に皆に言った。 そのとき「見てるだけでもいじめです」と言われて、誰にも助けてもらえない1人で辛い思いをしている〇〇さんの気持ちを考えてみたら、どうしていじめられているのを知っていたのに助けられなかったんだろうと思った。 いじめをしている人を怖くて止められないなら、先生に言ったり、〇〇さんに声をかけたりして、1人じゃないよと伝えることもできたはず。 見ているだけで自分は何もしていないと思っていたけど、〇〇さんからしたら誰も助けてくれない状況なのは、クラス皆が同じように思っていると感じたからだと思う。 〇〇さんは1人ですごく心細かったと思う。 (〇〇さんの気持ちになって感じたことを書く)。 人権作文や読書感想文のパクりはなぜバレる? ここまで人権作文について書き方などをお伝えしましたが、なにせ 手のかかる4年生。 親の言うことも聞かないし、机に向かう素振りすら見られない。 それなら簡単にネットとかで掲載されているような人権作文から文章をパクリ、提出させたらどうなのかと考える親御さんも中にはいるのではないでしょうか。 ただ、 パクりの文章は必ずバレますのでパクるくらいなら内容を気にせず思ったことをただつづるだけの作文を提出するほうがまだマシです。 この時期の子どもたちは悪知恵を働かせたり、いわゆるズル賢さを身につけていく時期でもあります。 このときに、宿題で困ったらネットからパクり、計算が面倒だから計算機を使う、辞書は時間がかかるしネットで適当に調べる、といったことをしてしまうとその 楽さを覚えてしまいます。 すると、今後自分が気になったことや与えられた課題を 自分の力で調べよう・自分で解いてみようとする意欲を低下させてしまい、結果的に 学力向上の妨げとなってしまいます。 親の背中を本当によく見て成長していく時期なので、楽なことばかり選ばせないように親としても注意が必要です。 子どもが困っているときに一緒になって考えることはよいことですが、先に楽なことを教えてしまうのは子どものためになりません。 時間は必要ですし、親の負担もあるのですができることなら子どもと向き合い人権について話し合う機会をもうけてみてください。 また、 なぜパクりの作文はバレるのか?気になると思います。 下記のサイトを見ていただくと分かりやすいですが、このように 盗作について気になる文章を打ち込むことですぐに調べることができる便利なものが今はあるのです。 この3つのサイトは例で挙げましたが、これ以外にも無料で使える コピペチェックツールはたくさんあります。 もしも盗作がバレてしまったら、 親子一緒に学校に呼び出されるということもあるみたいです。 また、バレなかったとしてもそのまま子どもが成長し、ひとりで作文や論文を作成するようになった頃、同じようにコピペをして提出し、あとあと盗作がバレたとすると 剽窃 ひょうせつ といって 著作権の面で違法となります。 (盗作が万が一入賞してしまうなどすると取り返しがつかないことになります。 ) 悪いことを知らない間にやってしまうという 恐ろしい結果に繋がりますのでこの時期から、もう十分に気をつけてあげてください。 どうして人の文章を盗んではいけないかを子どもに伝えるなら、• 4年生になると想像力もつき、頭で考えられるようになるので親は文章を一緒に作る手伝いをするのではなく、人権について子どもが考えられるような問いかけをすることが大切。 4年生らしいテーマを考えているなら「いじめ」「差別」「自分と他人の気持ちの違い」などが日常生活(現在の成長)にそっていて書きやすい。 「~と思いました」という感じたことだけではなく、作文の最初にテーマを決めた理由や最後に自分がその経験から学んだことをまとめて書けると低学年の作文から一歩成長をした作文にすることができる。 作文のコピペはバレる。 運良くバレなくても子どものためにならない。 もしパクりを考えているのならせめてリライトをすることをオススメします。 いかがでしょうか。 子どもの成長は親にとってうれしいことですが、 子どもが成長する過程にはまだまだ 先生や親のサポートが必要です。 ただ、全て親が手伝ってしまうのではなく、子どもの年齢と成長に応じて サポートの種類を変えること・口を出しすぎずに 見守ることができたなら、さらに子どもたちはのびのびと成長していくことと思います。 この記事が少しでも参考になり、人権作文を考えられるお手伝いになれば幸いです。

次の