スプラウト 育て 方。 スプラウトの栽培方法と3つの注意点!安く食べるにはどれがいい?

スプラウトの栽培方法と3つの注意点!安く食べるにはどれがいい?

スプラウト 育て 方

もくじ• スプラウトの特徴 スプラウトとは、植物が発芽してからまだ時間の経っていないものを指します。 これから育っていくために必要な養分を蓄えているため、栄養価が高いのが特徴です。 家庭で栽培できる主なスプラウトとしてもやしやカイワレ大根、豆苗やブロッコリーが挙げられます。 種さえあれば誰でも育てられる手軽さで人気です。 スプラウト用の種• 容器 タッパー、水切りかごなど• 霧吹き• 脱脂綿• キッチンペーパー• アルミホイル なお、ブロッコリースプラウトを栽培する際は、 必ずブロッコリースプラウト用の種を購入しましょう。 ブロッコリーの種は薬剤が含まれており、食べることができません。 スプラウトの栽培に必要な物は100均で揃う 準備する物は特別なモノである必要はありません。 100均で売られているもので事足ります。 また、種自体も100均で売られています。 スプラウトを栽培する準備 スプラウトは栽培を始める前に発芽させておく必要があります。 発芽させるために適当な容器を用意し、脱脂綿を敷いたらその上に種を置いて一晩水につけましょう。 スプラウトは清潔さを保つことが重要なので、 容器はあらかじめ煮沸消毒しておきましょう。 ほ乳瓶を除菌する時に使う消毒液につけておいても大丈夫です。 スプラウト用の栽培容器を自作する 栽培に先立ち、スプラウトを栽培する容器を自作します。 作るといっても込み入った作業をする訳ではなく、 とても簡単です。 作り方は 100均で買ってきたタッパーや水切りかごにキッチンペーパーを敷くだけです。 スプラウト栽培用の容器も売ってはいますが、自作した方が安く済みます。 水耕栽培 でスプラウトを育てる方法 スプラウトは土に植えて育てることもできますが、 土の中にはスプラウトにとって害となる菌がたくさんいるので管理が難しいです。 また、 土耕栽培ですと成長自体も遅くなるので、水耕栽培で育てるのがおすすめです。 そこでこの項目では、ブロッコリースプラウトの水耕栽培の方法をご紹介します。 容器に種を敷き詰める 自作した容器の上に重ならないように発芽させた種を敷きます。 このとき、 種が重なってしまうとカビの原因になったり根が溶ける原因になったりするので、重ならないようにしましょう。 また、 キッチンペーパーを何枚か重ねておき、厚みを持たせることで水分調節が行いやすくなります。 ついつい水を多くあげてしまう方は重ねるようにしましょう。 アルミホイルで遮光する 容器に種を敷き終わったら、アルミホイルで光を遮るように包みます。 これは、暗い所に置くことにより土の中にいると勘違いをさせ、茎が長く伸びるようにするという作用があります。 アルミホイルで遮光するほかにも、シンクの下など光が当たらない場所に置いておく方法があります。 この時ホコリが気になる方は、上に何か被せておきましょう。 朝晩2回の水やり 霧吹きを使って、朝と晩の2回に水やりを行います。 このとき、容器に水たまりができている場合は排水しましょう。 陽の光に当てる 1週間ほどすると茎が5㎝程まで伸びてくるため、このタイミングで緑化させるため陽の光が当たる場所へ移動させましょう。 収穫 双葉が綺麗な緑色になったら、根元から抜いて収穫しましょう。 種を敷いてから1週間ほどで収穫ができるようになります。 スプラウト栽培の注意点 スプラウトの栽培は誰でも自宅で始められる手軽が魅力です。 しかし、 注意点を守らないと、収穫する前に頓挫してしまうこともあります。 そこでこの項目では、スプラウトの栽培における注意点をご紹介します。 気温が高いと早く成長し、気温が低いと成長が遅くなります。 夏場は成長が早くなりますが、 雑菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。 冬場は成長が遅くなるので、収穫まで1週間以上かかる場合があります。 清潔さは常に保つようにする スプラウトは 雑菌が繁殖しやすいので、とにかく清潔に保つことが重要です。 そのため容器は毎日洗い、溜まった水は毎日綺麗なものに交換しましょう。 容器を洗う時や水を交換する際は、雑菌が繁殖する原因を作ってしまわないように 種を手で触らないように気を付けてください。 種が重なるとカビの原因になる 先ほどもご紹介しましたが、最初の工程で種を敷く際、たくさん育てようと欲張って種が重なるほど敷き詰めてしまうと密植状態になってしまいます。 この状態で栽培を始めてしまうと 発芽の時に熱がこもってしまい、葉が溶けてしまうばかりか、 カビの原因にもなってしまいます。 そのため、種を敷く時は間隔を空けて、 均一に種を敷くようにしましょう。 栽培キットを使えば簡単に栽培できる 種を買ったり道具を揃えたりするのが面倒だという方は栽培キットを利用してみましょう。 栽培キットであれば必要な物が全て同梱されているので、いちいち買い揃える手間が省けます。 また、栽培自体も説明書に書いてあるので、その通りに行えば失敗することはありません。 栽培キットはホームセンターに行けば売っていますし、Amazonなどのネットショップでも購入できます。 スプラウトは繰り返し再生する? スプラウトには再生させて繰り返し栽培できるものとそうでないものに分かれます。 この項目では、再生しないものとそうでないものの違いについて説明します。 豆苗は繰り返し栽培させることができる 豆苗は繰り返し栽培させることができます。 豆苗は成長点が種のすぐ上にあるため、収穫の際に根っこから抜くのではなく、根から5㎝程上をカットすることで再生させることが可能です。 ただし、一度収穫した豆苗は栄養分が少なくなっているため、何度も再生させられる訳ではありません。 2回が限度だと考えて良いでしょう。 もやしやカイワレ大根、ブロッコリーは再生できない もやしやカイワレ大根、ブロッコリーは残念ながら繰り返し栽培することができません。 理由は成長点の場所にあります。 豆苗が種のすぐ上に成長点があるのに対し、上記の3つは成長点が双葉のすぐ下にあります。 ここを切り落としてしまうと、もう再生はできません。 そのため、もう一度栽培をするには、再度種を用意する必要があります。 スプラウト栽培のまとめ スプラウトの栽培は常に清潔な状態を保つことや水を頻繁に変えるなど、 気を付けることがたくさんあります。 しかし、守ることをきちんと守っていれば誰でも簡単に栽培することが可能です。 種を敷き詰めてから1週間で収穫ができるなど周期が短く、シーズンを問わずにいつでも始められるのが魅力と言えます。 ただし、スプラウトには豆苗のように再生させられるものとそうでないものに分かれているので、注意が必要です。 この記事を参考にして、ぜひスプラウトの栽培を始めてみてください。 不安な方は栽培キットを試してみてください。

次の

ブロッコリースプラウトの栽培で夏に臭いやカビが出ない方法を公開!!

スプラウト 育て 方

スプラウト栽培の知恵袋• 栽培初期より日光に当てると、スプラウトの伸びが止まるので暗所で育てましょう! ただし「青しその芽」については、好光性のため明るい場所で催芽します。 収穫2~3日前より、日光に当て緑化させますが、あまり強過ぎるとしおれるので 注意しましょう!• 収穫は使う分だけを切り取り、茎などに付着した種皮は水で洗い落としましょう!• 栽培する容器は身近にあるもので手軽に育てられますが、種子は種子消毒が施されて いない「スプラウト専用種子」を必ずご使用ください。 弊社で販売してますスプラウトシリーズの種子は全て無消毒です。 しかし、スプラウトの種類や季節によって多少異なります。 (青しその芽などは多少発芽までに時間がかかり、収穫までに10~2週間ほどかかります。 種や芽に毒素が含まれる為、食べられないスプラウトもあるので注意してください。 (ナタネ、モロヘイヤ、トマトなど).

次の

スプラウトの種類と育て方。インドアガーデンとしても楽しめる。

スプラウト 育て 方

「スプラウト」という言葉、聞いたことがあるでしょうか? 「スプラウト」とは、英語で「発芽」という意味。 一般には、発芽したばかりの野菜や豆のことを指します。 スプラウトには栄養がぎゅっと詰まっています 見た目は小さくて、とってもキュート。 でも、そんな小さなカラダからは想像できないくらい、栄養がギュッと詰まっています。 例えば、がん予防効果や抗酸化作用が期待される「スルフォラファン」 という成分は、ブロッコリーの発芽3日目に一番豊富に含まれる ということがわかっています。 大きいブロッコリーをたくさん食べなくても、 スプラウトなら、少量でたっぷり栄養が摂れるので、手軽で効率が良いですね。 誰でもカンタンに栽培できます スプラウトの栽培は、とってもカンタン。 スプラウトにもいろいろあります スプラウトは、主に2つに分けられます。 一つは野菜類。 人気のブロッコリースプラウトやラディッシュスプラウト(かいわれ大根) などが代表的な野菜系スプラウトです。 栽培期間は3〜10日。 やわらかい新芽を食べます。 もう一つは、豆や穀類。 ひよこ豆や小麦などで、栽培期間は2〜3日。 発芽してすぐに食べます。 ポリポリ食感やボリューム感が楽しめます。 ここでは、ジャーで育てる方法をご紹介します まずは動画でカンタンにチェック! 野菜系(ブロッコリーやラディッシュ)の栽培方法はこちら。 豆系(ひよこ豆やレンズ豆)の栽培方法はこちら。 動画では説明しきれなかった細かいところはこちらでご紹介します。 まずジャーを用意します。 今回は、を使用します。 1.初日: 容器にタネと水を入れる タネをジャーに入れ、軽く水洗いします。 タネの3〜4倍程度の水に浸し、8〜12時間ほど暗所に置きます。 2.2日目以降: 水洗い・水切り 毎日、水洗いし、水を切って栽培します。 水道水で3〜4回すすいで洗います。 種を傷つけないようジャーをやさしく何度か振って水を切ります。 空気の通りが良く、適度に水切りできる(水が溜まらない)状態 で栽培するのが理想です。 暑い季節は朝・晩行うなど、水切り回数を増やしましょう。 3.収穫 豆類・穀類は、発芽直後の2〜3日が食べ頃です。 野菜類(ブロッコリーやラディッシュなど)は、発芽直後の3日目くらいでも、 たっぷり伸ばして一週間程度でも、お好みの長さで食べられます。 しっかり洗って食べましょう。 一度に食べられない場合は、冷蔵庫でジャーのまま数日保存できます。 〜よく寄せられる質問〜 タネ殻、食べてもいいの? 野菜系のタネ殻、食べてもいいの?という質問が寄せられます。 基本的にはジャー栽培の小さな種殻は、ちゃんと洗えば食べてもOK。 ヒマワリなどの大きなタネ殻はNGです。 タネ殻、やっぱり取り除きたい!という方は、大き目のボールに たっぷり水をはり、食べ頃に育ったスプラウトを入れ、 スプーンなどでくるくるやさしくかきまぜ、 浮いてきたタネ殻をすくうと取り除きやすいですよ。 うまく育たない。 何がいけないの? スプラウトの生長で大切なのは、水と空気と温度。 水切りがしっかりできない、通気性がわるい状態だと、 水分と空気がこもり、雑菌繁殖の原因になります。 そして、温度も大切。 夏、暑すぎる場合は、雑菌が繁殖しやすく、 冬、寒すぎる場合は、生長が止まります。 適温で栽培しましょう。 園芸店に安い種がたくさんあります。 どんな種でもスプラウトになるの? 必ずスプラウト栽培用で販売されている種や オーガニックの種で育てましょう。 一般的な野菜栽培用の種には農薬や化学種子コーティング されているものもあります。 種ごと口にする可能性もあるスプラウトなので気を付けましょう。 スプラウト栽培用なら、どんな品種でもジャーで栽培できるの? スプラウト栽培専用の種でも、ジャー栽培には向かない品種があります。 例えば、バジルやマスタード、チアシードなど、 水分を含むと種がゼリー状の膜で覆われるような品種は、 ジャー栽培には向きません。 ゼリー状の膜が通気性や排水性を邪魔してしまうので うまく生長しないからです。 必ず、商品パッケージやメーカーに確認しましょう。 栽培専用ジャーがない!でも栽培したい! 栽培専用ジャーがなくても、ガーゼやきれいな布などを被せ、 輪ゴムや紐などで留めると水切りしやすいです。

次の