マイ ドコモ メール 設定。 myMailの使い方!ドコモメールの設定方法も解説!

iPhoneでドコモメールを利用するための設定方法

マイ ドコモ メール 設定

ドコモメールをパソコンで使える驚き こんにちは!しずかなかずしです。 スマホを使ってると キャリアメールを使うことが減りました。 キャリアメールとは、 携帯電話会社がくれるアドレスのメールのこと。 NTTドコモなら「なんとか docomo. jp」というアドレスになります。 ドコモのメールなのでドコモのスマホじゃないと読み書きできない、と思われがち。 でも、実はパソコンでも使えるのはご存知ですか? 意外と知られていないようで、この話をすると皆さん驚かれます。 本日は、 パソコンでドコモメールを送受信する方法をご紹介します! と、その前に。 最近はGoogle製のスマホで、Pixel3という商品があります。 実はこのスマホ、普通のドコモのスマホなら最初から入っている、ドコモメールアプリがないのです。 Google Play storeからインストールもできません。 では、Pixel3でドコモメールが送受信できないのかというと、そんな事はありません。 解説記事はこちらをご覧下さい。 実は、上の 記事で説明しているものと同じ仕組みを使うと、パソコンでもドコモメールを使えます。 それが、本日のお話のポイントなのです。 Microsoftのメールサービスを使う パソコンでドコモメールを使うために、今回は Microsoftのメールサービスを利用します。 もちろん無料で使えます。 無料のメールサービスとしてはGoogleのGmailが有名です。 でも、Microsoftも同様のサービスを提供しているのはご存知でしょうか? 以前、Windows 7(古い! )の頃はLive メールという名前で知られていましたが、最近はOutlook オンラインというサービスになっているのです。 このサービスを利用すると、 outlook. comや、 outlook. jpといったドメイン名でメールアドレスを無料でもらえます。 そして、そのメールアドレスは「 Microsoftアカウント」と呼ばれるもので、Microsoftが提供するさまざまなサービスのログインに使えます。 最近のWindows10パソコンのログインにも使えるのです。 Outlookのオンライン版のトップページ画面。 Microsoftアカウントでログインします。 ドコモメールを同期しよう このMicrosoftアカウントで提供されるメールサービスに ドコモメールを「同期」する設定をすると、パソコンでドコモメールを使えるようになります。 そんなに難しくはありません。 それでは、やってみましょう! ドコモのサーバーとパスワード情報 まずは、サーバー情報やパスワードなどを事前に準備する必要があります。 大きく分けて、• ドコモメールを使う人全てに共通のサーバーの情報• 使う人それぞれで異なるアカウント情報(ユーザーIDとパスワード) の2つが必要です。 まずは、サーバー情報。 項目 内容 補足 サーバの名前 imap. spmode. jp 下記以外から設定する場合に利用 imap2. spmode. これらは、My docomoというドコモのサイトから入手します。 My docomoのアクセスには、 ドコモのSIMカードが入ったスマホを使用して下さい。 スマホの回線を使うため、Wi-Fiを切ってからアクセスする必要があるので、ご注意を。 Microsoftの場合、20個のメールアドレスまで同期できますので、同期するメールアドレス毎に、この設定をすることができます。 今回は一つだけです。 ただ、この画面では、ドコモメールの設定にわかりやすい名前を付けておきましょう。 「どこもめーる」と自分で設定した名前であることがわかるようにひらがなにしておきます。 (何でもおすきな名前で良いです) 次の画面では、より詳細な情報を入力します。 項目で絶対に間違えてはいけないのは、• メールアドレス• アカウント• パスワード• IMAPを使うこと• IMAPのサーバーの名前です ポート番号などは最初に入力されていた情報を変更しなければ問題ありません。 ドコモメール専用メールフォルダ この設定を行い、パソコンのブラウザのアップデートボタンを押すか、ブラウザを立ち上げなおしてみましょう。 すると画面左側のメールフォルダ一覧に ドコモメールのフォルダが登場します。 フォルダ名はドコモメールアドレスになっています。 メールの送受画面 試しに送信画面を開いてみましょう。 送信元のアドレスの左横のボタンを押すと自分のメールアドレスが以下のようにリストされています。 Microsoftアカウントのもの• ドコモメールのもの ドコモメールで送信したい場合は、ドコモのメールアドレスを選択すればOKです。 これで設定は完了。 ドコモメールをパソコンで使えるようになりました。 ここからは、仕組みの説明を続けます。 ご興味があればお読み下さい。 なんで、Gmailではダメなの? 私が以前書いたPixel3の記事では、Gmailでドコモメールを使えるようにしました。 しかし、この 設定をしても、パソコンのGmailではドコモメールを読み書きできません。 以前書いた記事で説明しているやり方は、Androidのアプリ、 「Gmailアプリ」の設定です。 Gmailの場合、 パソコンで使用するGmailはWebブラウザのGmailソフトです。 これはいわゆるWebアプリと呼ばれる部類のソフトです。 メールが送受信できるかどうかは、Webアプリも含めて、いわゆるメールアプリが、どの 技術(プロトコル)に対応しているかに依存します。 それが、メールアドレス提供元のサーバーが対応しているものと合っている必要があるのです。 GoogleのWebアプリは、外部メールの取り込みが可能です。 一方、ドコモメールのメールサーバーは、IMAPの対応のみ。 ですから、Webアプリ版GmailがIMAPに対応していないので、Gmailではパソコンでドコモメールを送受信できないのです。 メールの仕組みを理解しよう 先程から出てきているIMAPという仕組みはメールのサーバーとメールをやり取りするための仕組み(プロトコル)です。 つまり、Androidでも、iPhoneでも、Windows10でも、お好みのメールアプリをインストールして、そのアプリがIMAPに対応していれば、ドコモメールの送受信ができるのです。 今回は、MicrosoftのWebアプリにドコモメールを「同期」する方法をご紹介しました。 しかし、 標準技術であるIMAPをドコモが使っているので、IMAPに対応したアプリなら、実はなんでもよいのです。 それでは、本日はこの辺で!.

次の

iPhoneでドコモメールを利用するための設定方法

マイ ドコモ メール 設定

ドコモメールを利用する前にdアカウントを作成 ドコモメールをiPhoneで使用するためには、dアカウントが必要です。 dアカウントはが発行する本人認証用のIDのことでdポイントなどの各種サービスを使用する際に必要となるものです。 このdアカウントにドコモメールを紐付けすることで、iPhoneでもドコモメールが使えるようになる仕組みとなっています。 できるので、dアカウントを持っていない人は作成しましょう。 発行の際にはドコモのメールアドレスのほか、電話番号、暗証番号などが必要となるので用意しておきましょう。 iPhoneでドコモメールを利用するための設定方法 dアカウントを取得したらiPhone上でメールの設定を行います。 メールは、プロファイルをインストールするか、手動で操作することで設定できます。 「プロファイル」とは、メールを利用するのに必要なデータを集めているもので、プロファイルをインストールすることでメール設定が簡単に行えます。 ここではプロファイルをインストールする方法を解説します。 また、iPhoneの画面下部を上に向かってスワイプするとコントロールセンターが表示されます。 そこにWiFiのマークがあるのでタップすれば、オンとオフの切り替えができます。 「Safari」アプリで「ドコモお客様サポート」にアクセス WiFiをオフにしたら、Safariから「」にアクセスします。 お客様サポートは、 Safariのブックマーク一覧にもページがあらかじめ保存されているのでそこからもアクセスできます。 NW(ネットワーク)暗証番号を求められるので入力して「次へ進む」をタップしてください。 その後、次の画面が出てくるので下部にある「次へ」をタップします。 すると、「このWebサイトは構成プロファイルをダウンロードしようとしています。 許可しますか?」と表示されるので「許可」をタップします。 「無視」をタップすると設定ができないので注意してください。 その後「ファイルがダウンロードされました」と表示されるので「閉じる」をタップし、ホーム画面に戻ります。 「完了」をタップして終了です。 「メール」アプリに「ドコモメール docomo. jp 」が設定されていることを確認 プロファイルのインストールが完了すると、 メールアプリ内でドコモメールが設定されています。 iPhoneのホーム画面からメールアプリを起動させ、アドレスがきちんと設定されているかどうかを確認してください。 ドコモメールが使えなくなった時の対処法 ドコモメールを設定したにも関わらず、うまく使えなくなってしまうことがあります。 ここでは、そのような時の対処法について解説します。 dアカウントのロックを解除する dアカウントはドコモメールだけでなく、契約情報の変更やサービス追加を行う時などにも利用されます。 そのため、不用意な操作を行なっていると、dアカウントがロックされてしまうことがあります。 そうなるとメールの利用もできません。 そのような時は、dアカウントのロック解除ができます。 ロックの解除は、 dアカウントサイトにアクセスし「アカウント管理」から行います。 プロファイルを削除してやり直す ドコモメールの利用に伴い、インストールしたプロファイルにエラーが起こることがあります。 そうなるとメールの利用ができなくなります。 そのような時は、プロファイルを削除して再度設定することで改善できます。 削除するとメールアプリからもドコモメールのデータが消えてしまいますが、再度プロファイルをインストールすれば復活するので安心してください。 ただし、 未送信のメールなど復旧できないデータも一部あるので注意してください。

次の

iPhoneでドコモメール(@signup.schoolbook.org)の利用設定をする方法

マイ ドコモ メール 設定

・プロファイルをインストールする ・手動で設定をする 【その1】ドコモの構成プロファイルをインストールする方法 「プロファイル」とは、 メールの送受信に必要な情報を一つのデータにパッケージしたものです。 プロファイルをiPhoneにインストールすることで、かんたんにメール設定を完了できます。 ただし、iPhoneのホーム画面に ドコモ関連サービス(dTVやdマガジンなど)のショートカットアイコンが大量に作成されてしまうデメリットがあります。 不要なアイコンは、後から手動で削除しましょう。 iPhoneホーム画面下部を上方向にスライドすると、コントロールセンターが表示されます。 WiFiボタンのタップでオン・オフの切り替えが可能です。 My docomoのURLである「」をインターネットブラウザのURL欄に直接入力すればアクセスできます。 また、iPhoneの標準ブラウザである「Safari」のブックマークにはMy docomoのwebページがあらかじめ保存されています。 Safariアプリを開き、画面下部右にある、本のアイコンから見つけることができます。 画面左上の「設定(メール等)」をタップ 次の画面下部にある 「iPhoneドコモメール利用設定」を選択するとさらに下段に 「ドコモメール利用設定サイト」と書かれた項目が表示されるため、こちらに進みます。 ネットワーク暗証番号、またはdアカウントでのログインを求められるため、画面指示に沿って入力をしていきます。 ネットワーク暗証番号とは、ドコモと契約を行った際に自身で設定した数字4桁の情報のことです。 dアカウントのログイン 画面を次へ進めていくと、構成プロファイルのダウンロードの項目が表示されます。 ダウンロードの許可を求める表示であるため 「許可」をタップし、ダウンロードの完了まで待ちましょう。 完了の画面が表示されたらブラウザ表示を閉じても問題ありません。 設定の画面を表示すると、ユーザー名のすぐ下に 「プロファイルがダウンロードされました」の項目があるため、そちらを選択します。 クリックすると、プロファイルのインストール画面に遷移しますので、右上の 「インストール」を選択します。 次の画面では、 パスコードの入力が求められます。 パスコードとは、iPhoneの画面ロックを解除するための数字4桁のことです。 次は「フルネームの入力」画面です。 このフルネームは、メールを送信した際に受信側(相手側)に差出人として表示される名前です。 任意のものを設定しましょう。 インストールの完了まで進めば、メールアプリでドコモメールの利用が可能になります。 しかし、このままの状態では、アプリを開いた際にしかメールの受信できなくなってしまいます。 改めて「自動受信」と、受信時の「通知設定」を行う必要があります。 「メールアカウント追加」をタップ 新規アカウントを作成しよう 名前・メール・パスワード・説明の4項目の空欄がありますが、それぞれ入力します。 名前 メール送信時に差出人として表示させる名前 メール ドコモメールのアドレス パスワード dアカウントのパスワード 説明 入力不要 入力が完了したら、画面右上の 「次へ」をタップしましょう。 画面上部に、「IMAP」と「pcp」の選択項目がありますが、ドコモメールはIMAPで設定します。 前の画面で入力した、名前・メール・説明の項目が表示されていますが、修正の必要がなければそのままにします。 これら以降の「受信メールサーバー設定」「送信メールサーバー設定」には以下の情報を入力します。 【受信メールサーバー設定】 ホスト名 imap2. spmode. jp ユーザー名 dアカウントのID パスワード dアカウントのパスワード 【送信メールサーバー設定】 ホスト名 smtp. spmode. jp ユーザー名 dアカウントのID パスワード dアカウントのパスワード 入力が完了すると、通信の検証が行われます。 送受信のメールサーバー設定 画面上部の「検証中」の状態で待機すると、設定が完了した場合はそのまま次の画面へ進みます。 失敗した場合は失敗の表示が現れるため、入力に誤りがないか確認しましょう。 設定が完了すれば、メールアプリからドコモメールの項目が確認できます。 また、こちらもプロファイルインストール手順と同様に、 自動受信や通知設定を行っておきましょう。 ドコモメールでトラブルが起きたときの対処法 メールが届かないときは? ドコモメールの利用中、送受信ができないなどトラブルが起きた際の原因と対処法について紹介していきます。 原因自体は複数考えられるため、一つひとつ確かめていく必要があります。 dアカウントのロックを解除する dアカウントは、ドコモメールの送受信以外にも、ドコモの契約情報の確認・変更や、サービスの追加など、さまざまな場面で利用されます。 そのため、 不用意な操作または不正アクセスなどでdアカウントがロックされてしまうと、メールの送受信もできなくなってしまうのです。 この場合、dアカウントのロック解除で問題が解決します。 ドコモ回線で通信できるiPhoneであれば、の「アカウント管理へ」からネットワーク暗証番号を使って解除できます。 それ以外の端末であれば、My docomoなどdアカウントログイン画面にある「パスワードを忘れた方」から、パスワード再設定をすることでロックの解除が可能です。 プロファイルを削除してやり直す ドコモメールのプロファイルデータにエラーが起こった場合、送受信できなくなることがあります。 この場合、 該当プロファイルを削除して、設定しなおすことで状況が改善します。 「設定」から「一般」へ 「プロファイル」をタップ 「プロファイルを削除」からプロファイルが削除できます。 ドコモメールのプロファイルを削除 この後、「iPhoneでドコモのメール設定を行う方法は2種類」で先述した方法でメール設定を行いましょう。 プロファイルを削除すると、メールアプリからドコモメールの送受信データがすべて消えてしまいますが、プロファイルを再度インストール、または手動設定を行うことで復活します。 ただし、未送信メールなど、 一部戻らないデータもあるので注意してください。 機種変更した後も再設定が必要 iPhoneから新しいiPhoneに機種変更した場合、ドコモメールのデータは移行されません。 機種変更後は、新しい端末で再度、 プロファイルのインストールやメールの手動設定を行う必要があります。 再設定後は、前の端末で受信したメールも新しい端末から確認できるようになります。 なお、ドコモメールのメールアドレスを変更した場合も再設定が必要です。 ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の