アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光。 オアシストランジションズ スマート調光の使用感想

アキュビューオアシス トランジションズスマート調光 6枚入り 4箱 送料無料 2week クリアコンタクト J&J 処方箋提出 シリコーンハイドロゲル ACUVUE :2W029

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光

*参考画像は添付の関連資料を参照 <製品特長> 1. 調光テクノロジーで世界をリードするTransitions Optical社との共同開発により、光に反応する調光剤(フォトクロミック分子)をコンタクトレンズに組み込むことに成功。 装用者も気づかない間に日常の様々な光をエフォートレスにコントロール 本製品は、光が少ないとコンタクトレンズの色が薄くなり、光が多いとコンタクトレンズの色が濃くなるため、室内と屋外どちらでも使用できます。 レンズの色が変化しても、視界が暗くなることはなく、見え方は自然。 暗い場所から明るい場所に移った時も、明るい場所から暗い場所に移った時も、装用者が気づかない間に光の量を調節します。 また、日本人に多い茶色や黒色の瞳の場合、レンズの色が変化しても外観上の印象の違いはほとんどないため、周囲にも気づかれることなく、エフォートレスかつスマートな光のコントロールが可能です。 多くの日本人が感じている"光のストレス"に負けない快適な見え方へ 日常の様々な場面で一日を通して光にさらされる目。 朝の通勤・通学、パソコンやスマホの画面、すれ違う車のヘッドライトなどが知らない間にストレスになっているといわれています。 本製品はそうした光の影響を少なくする発想から生まれ、一日中、光のストレスに負けない快適な見え方を目指しています。 *以下は添付リリースを参照 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。 参考画像 添付リリース.

次の

構想から約10年

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光

じわーーっと暗くなるのかな? 日本でも、日差しの強さに サングラスが欠かせない人は少なくないかもしれません。 ですが色素が薄く、日光の健康被害を受けやすい白人にとってサングラスは、 より必要なアイテムなんですよね。 そしてこのたび、コンタクトサングラス「」がようやく発売にごきつけます。 コンタクトレンズユーザーで、その上にサングラスをかけるのが億劫だった人々には嬉しいニュースかもしれませんね。 コンタクトサングラスに使われるのは、Transitionsの フォトクロミック・レンズ。 これは、紫外線量に応じて濃さが変わるレンズです。 もっと詳しく言うと、紫外線に反応して構造を変え、光を吸収しようとする 光変色性分子を活用したレンズです。 これまで、この技術は メガネのレンズにしか適用できませんでした。 そして何千人と臨床実験を行ない、やっとFDA(アメリカ食品医薬品局)のことができたのです。 レンズは 2週間の使い捨てになるとのこと。 なのにちゃんと調光してくれるスグレモノ。 フォトクロミック・レンズの技術は 1962年からあるものの、電力に頼らずに色を変化させるようすは、宇宙時代の超技術みたいですよね。 ということで来年以降、太陽の下で黒目がやたらと黒い人々が続出することと思われます。 Tags :•

次の

J&J、調光機能付きコンタクトレンズ「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」を発売 :日本経済新聞

アキュビュー オアシス トランジションズ スマート 調 光

Contents• どんな製品なの? トランジションズとは、太陽光や紫外線によって色が変わる調光レンズのことを言います。 メガネレンズではずいぶん昔からある技術ですが、コンタクトレンズで調光機能を持ったレンズというのはこれまでありませんでした。 ジョンソン&ジョンソンが世界初となるんでしょうね。 透明のレンズが光の強さによって、サングラスみたいに色が変化するって便利ですよね。 別にサングラスを持つ必要がないんですから。 メガネレンズでは、比較的早く色が変わっていた記憶があります。 ただ、色抜けは遅かったようでしたけど。 日本人に必要か? いきなり切りこんでしまいましたが、日本人に果たしてこのレンズは必要なんだろうか?っていう疑問が湧いてきますよね。 ジョンソン&ジョンソンは言わずと知れた海外のメーカーですから、白人の眼を対象としているように思います。 白人の眼ってブルーだったりグリーンだったり、グレーだったりと色素が薄いというか光に弱そうですよね。 だから、やたらとサングラス掛けている方が多いっていうのもあります。 でも、日本人を含め黄色人種は、眼が黒や茶色ですから、白人ほど眩しくないので、それほどサングラス姿の人を見かけませんよね。 たまにリゾート地でサングラスしていたりするのは眩しさというより、ファッション的な要素が強いですから、普段なら掛けないと思います。 ということで、個人的な意見としては、日本ではそれほど流行らないって思っています。 しかも、どれくらい色が濃くなるかわかりませんが、眼の色全体がグレーっぽくなって、あたかも宇宙人のような眼になったりするようなら、女性には敬遠されるかもしれませんよね。 男性向けの商品のように感じます。 日本に上陸するときは・・・ ずばり!ワンデータイプで発売されるんじゃないかと思います。 日本は世界でも有数のワンデー大国。 ワンデー市場はまだ伸びていますので、頭打ちの2週間タイプでは発売しないと予想しています。 というのも、2週間オアシスの遠近タイプって、かなり前から海外では発売されているにも関わらず、未だ日本市場には入ってきていません。 他の海外メーカーはすでに以前から発売しており、2週間の遠近を発売していない大手メーカーは、ジョンソン&ジョンソンだけだったように思います。 こうした過去の経緯を踏まえると、日本でトランジションズを発売する時は、きっとワンデータイプで行くんじゃないかと思えるのです。 「ワンデーオアシス トランジションズ」みたいな感じで。 あくまでも個人的な想像ですよ。 ひょっとしたら、まったく日本市場では発売せずに、別のレンズ、たとえば「ワンデーオアシスディファイン」とか、サークルレンズで新しい商品を出してくるかもしれないですね。 そっちの方が需要ありそうだな・・・。 さて、トランジションズ。 海外での評価は如何に。

次の