ザリガニ の 寿命。 ザリガニの寿命はどのくらい?老衰の兆候や長生きさせるための飼育の注意点を紹介!

ミステリークレイフィッシュ

ザリガニ の 寿命

和名 [ ] 本来日本国内において「ザリガニ」といえばに分布するの( Cambaroides japonicus)を指しており、図鑑などで「ザリガニ」が和名として通用もしていた。 しかし本種が移入され定着したことにより、産地を冠した和名として、「ニホンザリガニ」「アメリカザリガニ」と呼び分けられるようになり、期以降ではより身近になったアメリカザリガニの方を「ザリガニ」と称する場合が多くなった。 また、元々関東以西にはザリガニ下目そのものが全く生息していなかったため、エビのような身体構造とカニのような大きな鋏を持つ特徴をもって本種を特に「エビガニ」と呼ぶ場合がある 形態 [ ] 体長は8cm - 12cmほどで稀に20cm近い大きさのもいる。 はかの2色である。 アメリカザリガニは体色が赤いことから マッカチンという別名もあるが、色素変異などが原因により青色や白色をしているもいる。 頭胸甲の上は""の字で区切られている。 5対の歩脚のうち、第1脚は大きなになっていて、特にオスの鋏脚は大きく発達する。 また、第2脚と第3脚にも小さなはさみがある。 には繊維が角化し、等が沈着したが存在する。 と形態が似ているが、性のがなぜ臼歯と似た形態になるのかは判明していない。 生態 [ ] 分布 [ ] 流域を中心としたアメリカ合衆国南部を原産地とする。 アメリカ(南部以外)、、、日本(から)、、 、 などに外来種として移入分布する 生息環境 [ ] 部の水田、、など、が浅くて流れの緩い泥底のに多く生息し、流れの速い川には生息しない。 に穴を掘って生息し、夜になると出歩いて餌を探す。 雨天では日中もしばしば活動し、岸辺に上陸して動き回る姿も見られる。 冬は穴に潜んでする。 水質の汚染にも比較的強い。 食性 [ ] 食性は性で、、、落葉、小魚、、、動物の死骸など何でも食べる。 飼育下で長期間などのを含まない食品を与えると体が青くなる。 このように食べる餌に偏りがあったり、周囲の環境などによっては、体色がや・等になったりするが、自然界でこのようなアメリカザリガニを見ることはあまり無い。 天敵 [ ] は、、、、、類、、、などだが、餌が少ない場合や個体密度が高い場合、中の個体と他個体が遭遇した場合等にはもする。 ライフサイクル [ ] 繁殖期はで、交尾を終えたメスは直径2mmほどの大粒の卵を数百個産卵し、腹脚に抱えて保護する。 卵は初めのうちは紫色をしているが、やがて褐色になる。 体長8mmほどになると親から離れ、や水垢、小動物を食べて大きくなり、2年後には体長6cmほどとなって繁殖を始める。 寿命は5年ほどである。 人間との関わり [ ] 食材 [ ] 日本では水田、ドブ川や農業用水といった不衛生な場所に棲むイメージがあり、食用は一般的ではない。 しかし、アメリカや中国などでは美味とされ、ザリガニ料理は人気がある。 特に中国では、21世紀に入ってザリガニ料理ブームが起きている。 日本でも料理店などでザリガニ料理がみられるが、日本にはザリガニ漁業者も市場もないため、中国輸入品を使用している。 サイズに対して可食部が少ないため歩留まりが悪く、市場価格では海産のエビ類と比較しても高価な部類である。 ザリガニの食味は、淡白で癖の無い味で、食感はに似ている。 泥くささを消すため一定期間、浄水で泥抜きをしたり、強いスパイスで臭いを消す。 原産地のアメリカ合衆国南部、特にの、やでは、やの食材として頻繁に使われ、さらにザリガニをジャガイモ、とうもろこしなどと一緒にスパイスを効かせた大鍋で茹でたボイルド・クロウフィッシュ(茹でザリガニ)は春から夏にかけての名物料理である。 脱皮直後のもの(ソフトシェルクロウフィッシュ)は油で揚げると殻ごと食することができ、非常に美味である。 また豪州でも日常的に家庭で調理され、のには、アメリカザリガニ、などが使用される。 また、でも 小龍蝦 xiao long xia と呼ばれ人気の高いである。 中国には1929年に日本から南京に移植され、その後各地に伝播し定着した。 ザリガニは現在でも中国政府による侵入外来種のリストに含まれているが、特に今世紀に入ってからザリガニの養殖と消費市場が急拡大した。 中国水産学会「ザリガニ産業発展報告」(2017年)によると、中国は世界最大のアメリカザリガニ生産国となっている。 飲食店なども含めたザリガニ産業の16年の総生産額は1466億元(約2兆4000億円)、産業全体の就労者は500万人近く、南京ではザリガニ料理が全飲食業の売り上げの20~25%を占めている。 湖南省ではザリガニ養殖を貧困脱却の重要手段と位置づけるなど、多くの地方政府はザリガニ産業の発展を奨励・指導している。 香辣龍蝦 xiang la long xia ザリガニの辛味炒め。 上海の屋台などで一般的に食される。 寄生虫 [ ] アメリカザリガニはの中間宿主となることが知られている。 中華料理では食感を保つため「爆炒 さっと炒める 」料理にされることも多いが、専門家は短時間の加熱で寄生虫を完全に死滅させることは困難と指摘する。 アメリカザリガニの場合、全体を摂氏100度の温度に10分間さらす必要があるとした。 農業害虫 [ ] 一方、水田ではに穴を開け、の根を食い荒らすとして嫌われる。 また、アメリカザリガニが侵入し繁殖した水域では水草や小動物が食害を受け、個体数のバランスに変化が生じる場合がある。 丈夫で飼育も簡単なので、学校などでもよく飼育されており、青色や白色の体色変異個体も観賞用に珍重される。 ザリガニ釣り 日本では、ザリガニ釣りは生息域各地のとしてよく知られる。 は、落ちている木の枝や棒の先になどを結び付け、糸の先に餌を縛りつけるだけである。 棒を使わないこともある。 餌はやなどのを使うことが多いが、生息地周辺のやを使ったり、捕獲したザリガニをちぎって尾の部分を使う場合もある。 中にはや、等を使う地域もある。 は巣穴に侵入してきた外敵に飛びつくというがあることから、餌はでも釣れることがある。 釣り方も、ザリガニが餌をつかんだら吊り上げるだけである。 ザリガニは餌をはさんでいるだけで、驚くと餌を離してしまう。 水面上に揚げられた時に餌を離すことが多いので、馴れていないと吊り上げる際にがないとうまく捕えることができない。 なお、水中のザリガニが目視確認できる場合は、や素手で直接捕獲することが可能な場合もある。 本格的になると、通常の釣り竿やエビ針(釣り針の一種)を用いて釣ることもある。 飼育 捕獲後に飼育する場合は、横幅が30cmくらいのを用意する。 孵化1年未満のアメリカザリガニは多数を同じ水槽で飼育すると、かなりの確率で共食いを起こす。 脱皮の際には、ザリガニ類の殻も柔らかく、また、機敏に動くこともできないため格好の餌食として、共食いの対象となる。 よって(繁殖を目指す場合をのぞいて)共食いを避けるために一匹ずつの飼育が望ましいが、隠れ場所、水槽の広さ、餌の量、オスとメスの比率に注意すればある程度の共食いを防げる。 水槽には投げ込み式のなどでの供給を確保することを前提に、水を水槽の上部までたっぷり入れる。 人工的な酸素の供給を考えない場合は、ザリガニ類の背中が隠れる程度までの水位とするか、上陸できる陸地を作る。 しかし、が少ない場合、餌等によって水質が悪化しやすく、またそれによって酸素の含有量が減るため、ザリガニには過酷な環境となり生育に困難を来すことになる。 大きな個体であれば多少は持つが、稚ザリガニの場合、このような環境では数日のうちに死んでしまう。 できる限り何らかの形で酸素を供給することが大切である。 ただ、ザリガニは脱走の名人でもあるのでチューブや電源ケーブルを器用に登るため、何らかの逃走防止を行った方が良い。 ザリガニは臆病なため、隠れ場所を用意してやると良い。 塩ビ管のような筒状のものを水槽に投入すると喜んですみかにする。 割れて使えなくなったでも良い。 ペットショップにはこれに適した素焼きのや、が売られている。 水槽の底にを敷くとザリガニも移動しやすい。 砂利としては、、等が適している。 性であるため、様々なものを食べる。 、、ゆでた、等もよく食べる。 低層で生息する(、)用の餌や沈降タイプのの餌が非常に便利である。 これらの餌は、水槽に投入後、迅速に沈むように作られているためザリガニの餌として好都合である。 食べ残したはを汚し、手入れに手間がかかるようになる。 そこで、淡水性のエビ等を飼えば食べ残しを掃除する。 もしあまり食べなくなった場合は、いくつかの可能性はあるがの前である可能性があるので過剰に反応せずにそっとしておく(脱皮した殻をザリガニに見間違えるほど、綺麗に脱皮する)。 脱皮前は背と尻尾の間に空間が出来ていたり、黒く変色するので判断できる。 個体の大きさにもよるが、大きめの個体でも餌の頻度は一日に一度、上記の熱帯魚用の餌を1つ程度で生きることができる。 水はでもすぐさま死んでしまうということはないが、出来れば1、2日間汲み置きをしてを抜いた水、または井戸水等を用いた方が良い。 水換えは、水質の急激な変化を避けるため、一度に全ての水を換えることはせず、多くても半分程度の水換えにと留めるべきである。 バクテリア等が安定しバランスが取れた水槽では1ヶ月以上交換しなくても飼育可能である。 室内で飼う場合、水温にはあまり気を使う必要がない。 水温が高い場合は送風することで水温が下がる。 送風は蒸発量が多くなるので水質や水量の監視が必要である。 釣り餌としての利用 [ ] 食用以外にも、やのとして使うこともある。 釣具店では通称 ザリガニとして販売され、、、、等の大型肉食魚を漁獲するのに用いられる。 とくにスズキ狙い等での投げ釣りでは、外殻が軟弱な(ボケ)よりも針外れしにくいため、遠投に適している。 外来種問題 [ ] 日本に移入されたのは(昭和2年) で、の餌用としての鎌倉食用蛙養殖場(現)に20匹持ち込まれた。 その後、養殖池から逃げ出した個体が頃にはまで分布域を広げた。 ウシガエルも養殖池から逃げ出す(あるいは、故意に捨てられる)例が続出してアメリカザリガニ同様に全国各地に分布を広げた。 日本では全国各地に分布するが、人の手によって日本に持ち込まれ分布を広げた動物だけに、分布地は都市近郊に点在する。 水草を切断したり、水生昆虫を捕食するなど陸水生態系に影響を与えており 、実際に ・などは本種の生息地侵入が激減の一因となっている。 また、を媒介してのを脅かす恐れが指摘されている。 こうした悪影響からによってに選定されている。 によってに指定されている。 の指定ではないため、飼育や販売などの規制はない。 ただし、いくつかの都道府県では移植が禁止されている。 別名 [ ] ザリガニ、マッカチン、マッカーサー、アッカンなど。 英名でも Red swamp crawfish crayfish , crawfishなどの呼び名がある。 脚注 [ ]• 市は、の池での駆除のため、2018年に食用の捕獲を許可した。 街角ノート@ベルリン「悪役」ザリガニ 名物料理『読売新聞』朝刊2018年9月11日(国際面)。 『トリビアの泉〜へぇの本〜 第II巻』p. 63-64 講談社• 、「ゲンゴロウ Cybister japonicus Sharp, 1873 」『』 PDF 5、、2015年2月1日、249頁(日本語)。 2019年2月26日閲覧。 環境省、生物多様性センター「シャープゲンゴロウモドキ Dytiscus sharpi Wehncke, 1875 」『』 PDF 5、ぎょうせい、2015年2月1日、27頁(日本語)。 2019年3月5日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の

【ペット】ザリガニの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

ザリガニ の 寿命

商品一覧• 錦鯉用飼料• 金魚用飼料• きんぎょのえさ 5つの力• 熱帯魚用飼料• 咲ひかり• 咲ひかり• 咲ひかり金魚• メダカ・川魚用飼料• メダカの舞• 海水魚用飼料• 冷凍・天然飼料• 冷凍飼料• ひかりFD飼料• 両生類・ 爬虫類用飼料• 小動物用飼料• マーシャルフェレット• 鳥用飼料• その他飼料• 観賞魚用器具類• ひかりウエーブ• ハイブロー• その他器具類• ザリガニの種類• アメリカザリガニ 北アメリカからやってきて日本全国の川や沼・池に生息しているもっとも有名なザリガニだよ。 胴体は12cm程度。 丈夫なのでとても飼育しやすいよ。 白ザリガニ・青ザリガニ・オレンジザリガニ アメリカザリガニから生まれた種類で、白・青・オレンジ色などとてもきれいな色をしたザリガニだよ。 固定化しているので白ザリガニのこどもは、白ザリガニになるよ。 フロリダブルー 濃い青色がきれいなフロリダ原産の改良品種。 低水温に弱く最適温度は24度前後。 日本ザリガニ 東北や北海道の湧水に生息する日本の固有種。 低水温と水流が必要なので飼育は難しいよ。 オス・メスの見分け方 カニに似た大きなハサミが特徴のザリガニは、名前に「カニ」が入っているけど、川や沼に棲む淡水性のエビの仲間だよ。 からだの不思議・色素の不思議 卵の色は紫色から徐々に黒っぽくなって、ふ化間近には透けて中の稚エビが見えるようになるよ。 ふ化までの期間は水道によって異なり、水温23度前後で約2~3週間、晩秋に産卵した場合は、卵を抱えたまま冬眠し、春にはふ化するんだ。 ふ化したばかりの稚エビは約2週間ほど母親のおなかとくっついているんだ。 母親から離れ、一人歩きできるまで稚エビにエサはいらないよ。 稚エビの飼いかた 一人歩きできるようになったら、なるべく大きな容器に移し、水草を入れ稚エビがくっつく足場をたくさんつくろう。 狭い空間だと稚エビ同士がくっついてしまい、これによって死んでしまうことがあるから注意してね。 エサは水草やザリガニのエサを小さく砕いて与えよう。 水は汚れやすくなるので水換えも必要だよ。 透明だった体の色も脱皮を繰り返し、徐々に色づき、2cm程度になるとハサミも少し大きくなるよ。 このころになると共食いをするようになるので、水槽を分けたり飼育容器を大きくしたり、隠れ家を多く入れたりしよう。 冬のすごしかた アメリカザリガニは、水温が低くなるとエサを食べなくなり、じっとして春を待つんだ。 寒い場所で飼育している場合は、水を深くしてエサをほとんど与えず春までそっとしておこう。 暖かい場所で飼育している場合は、そのまま飼育できるよ。 フロリダブルーなど寒さに弱い種類は観賞魚用のヒーターなどで24度ぐらいにして飼育しよう。

次の

ミステリークレイフィッシュ

ザリガニ の 寿命

和名 [ ] 本来日本国内において「ザリガニ」といえばに分布するの( Cambaroides japonicus)を指しており、図鑑などで「ザリガニ」が和名として通用もしていた。 しかし本種が移入され定着したことにより、産地を冠した和名として、「ニホンザリガニ」「アメリカザリガニ」と呼び分けられるようになり、期以降ではより身近になったアメリカザリガニの方を「ザリガニ」と称する場合が多くなった。 また、元々関東以西にはザリガニ下目そのものが全く生息していなかったため、エビのような身体構造とカニのような大きな鋏を持つ特徴をもって本種を特に「エビガニ」と呼ぶ場合がある 形態 [ ] 体長は8cm - 12cmほどで稀に20cm近い大きさのもいる。 はかの2色である。 アメリカザリガニは体色が赤いことから マッカチンという別名もあるが、色素変異などが原因により青色や白色をしているもいる。 頭胸甲の上は""の字で区切られている。 5対の歩脚のうち、第1脚は大きなになっていて、特にオスの鋏脚は大きく発達する。 また、第2脚と第3脚にも小さなはさみがある。 には繊維が角化し、等が沈着したが存在する。 と形態が似ているが、性のがなぜ臼歯と似た形態になるのかは判明していない。 生態 [ ] 分布 [ ] 流域を中心としたアメリカ合衆国南部を原産地とする。 アメリカ(南部以外)、、、日本(から)、、 、 などに外来種として移入分布する 生息環境 [ ] 部の水田、、など、が浅くて流れの緩い泥底のに多く生息し、流れの速い川には生息しない。 に穴を掘って生息し、夜になると出歩いて餌を探す。 雨天では日中もしばしば活動し、岸辺に上陸して動き回る姿も見られる。 冬は穴に潜んでする。 水質の汚染にも比較的強い。 食性 [ ] 食性は性で、、、落葉、小魚、、、動物の死骸など何でも食べる。 飼育下で長期間などのを含まない食品を与えると体が青くなる。 このように食べる餌に偏りがあったり、周囲の環境などによっては、体色がや・等になったりするが、自然界でこのようなアメリカザリガニを見ることはあまり無い。 天敵 [ ] は、、、、、類、、、などだが、餌が少ない場合や個体密度が高い場合、中の個体と他個体が遭遇した場合等にはもする。 ライフサイクル [ ] 繁殖期はで、交尾を終えたメスは直径2mmほどの大粒の卵を数百個産卵し、腹脚に抱えて保護する。 卵は初めのうちは紫色をしているが、やがて褐色になる。 体長8mmほどになると親から離れ、や水垢、小動物を食べて大きくなり、2年後には体長6cmほどとなって繁殖を始める。 寿命は5年ほどである。 人間との関わり [ ] 食材 [ ] 日本では水田、ドブ川や農業用水といった不衛生な場所に棲むイメージがあり、食用は一般的ではない。 しかし、アメリカや中国などでは美味とされ、ザリガニ料理は人気がある。 特に中国では、21世紀に入ってザリガニ料理ブームが起きている。 日本でも料理店などでザリガニ料理がみられるが、日本にはザリガニ漁業者も市場もないため、中国輸入品を使用している。 サイズに対して可食部が少ないため歩留まりが悪く、市場価格では海産のエビ類と比較しても高価な部類である。 ザリガニの食味は、淡白で癖の無い味で、食感はに似ている。 泥くささを消すため一定期間、浄水で泥抜きをしたり、強いスパイスで臭いを消す。 原産地のアメリカ合衆国南部、特にの、やでは、やの食材として頻繁に使われ、さらにザリガニをジャガイモ、とうもろこしなどと一緒にスパイスを効かせた大鍋で茹でたボイルド・クロウフィッシュ(茹でザリガニ)は春から夏にかけての名物料理である。 脱皮直後のもの(ソフトシェルクロウフィッシュ)は油で揚げると殻ごと食することができ、非常に美味である。 また豪州でも日常的に家庭で調理され、のには、アメリカザリガニ、などが使用される。 また、でも 小龍蝦 xiao long xia と呼ばれ人気の高いである。 中国には1929年に日本から南京に移植され、その後各地に伝播し定着した。 ザリガニは現在でも中国政府による侵入外来種のリストに含まれているが、特に今世紀に入ってからザリガニの養殖と消費市場が急拡大した。 中国水産学会「ザリガニ産業発展報告」(2017年)によると、中国は世界最大のアメリカザリガニ生産国となっている。 飲食店なども含めたザリガニ産業の16年の総生産額は1466億元(約2兆4000億円)、産業全体の就労者は500万人近く、南京ではザリガニ料理が全飲食業の売り上げの20~25%を占めている。 湖南省ではザリガニ養殖を貧困脱却の重要手段と位置づけるなど、多くの地方政府はザリガニ産業の発展を奨励・指導している。 香辣龍蝦 xiang la long xia ザリガニの辛味炒め。 上海の屋台などで一般的に食される。 寄生虫 [ ] アメリカザリガニはの中間宿主となることが知られている。 中華料理では食感を保つため「爆炒 さっと炒める 」料理にされることも多いが、専門家は短時間の加熱で寄生虫を完全に死滅させることは困難と指摘する。 アメリカザリガニの場合、全体を摂氏100度の温度に10分間さらす必要があるとした。 農業害虫 [ ] 一方、水田ではに穴を開け、の根を食い荒らすとして嫌われる。 また、アメリカザリガニが侵入し繁殖した水域では水草や小動物が食害を受け、個体数のバランスに変化が生じる場合がある。 丈夫で飼育も簡単なので、学校などでもよく飼育されており、青色や白色の体色変異個体も観賞用に珍重される。 ザリガニ釣り 日本では、ザリガニ釣りは生息域各地のとしてよく知られる。 は、落ちている木の枝や棒の先になどを結び付け、糸の先に餌を縛りつけるだけである。 棒を使わないこともある。 餌はやなどのを使うことが多いが、生息地周辺のやを使ったり、捕獲したザリガニをちぎって尾の部分を使う場合もある。 中にはや、等を使う地域もある。 は巣穴に侵入してきた外敵に飛びつくというがあることから、餌はでも釣れることがある。 釣り方も、ザリガニが餌をつかんだら吊り上げるだけである。 ザリガニは餌をはさんでいるだけで、驚くと餌を離してしまう。 水面上に揚げられた時に餌を離すことが多いので、馴れていないと吊り上げる際にがないとうまく捕えることができない。 なお、水中のザリガニが目視確認できる場合は、や素手で直接捕獲することが可能な場合もある。 本格的になると、通常の釣り竿やエビ針(釣り針の一種)を用いて釣ることもある。 飼育 捕獲後に飼育する場合は、横幅が30cmくらいのを用意する。 孵化1年未満のアメリカザリガニは多数を同じ水槽で飼育すると、かなりの確率で共食いを起こす。 脱皮の際には、ザリガニ類の殻も柔らかく、また、機敏に動くこともできないため格好の餌食として、共食いの対象となる。 よって(繁殖を目指す場合をのぞいて)共食いを避けるために一匹ずつの飼育が望ましいが、隠れ場所、水槽の広さ、餌の量、オスとメスの比率に注意すればある程度の共食いを防げる。 水槽には投げ込み式のなどでの供給を確保することを前提に、水を水槽の上部までたっぷり入れる。 人工的な酸素の供給を考えない場合は、ザリガニ類の背中が隠れる程度までの水位とするか、上陸できる陸地を作る。 しかし、が少ない場合、餌等によって水質が悪化しやすく、またそれによって酸素の含有量が減るため、ザリガニには過酷な環境となり生育に困難を来すことになる。 大きな個体であれば多少は持つが、稚ザリガニの場合、このような環境では数日のうちに死んでしまう。 できる限り何らかの形で酸素を供給することが大切である。 ただ、ザリガニは脱走の名人でもあるのでチューブや電源ケーブルを器用に登るため、何らかの逃走防止を行った方が良い。 ザリガニは臆病なため、隠れ場所を用意してやると良い。 塩ビ管のような筒状のものを水槽に投入すると喜んですみかにする。 割れて使えなくなったでも良い。 ペットショップにはこれに適した素焼きのや、が売られている。 水槽の底にを敷くとザリガニも移動しやすい。 砂利としては、、等が適している。 性であるため、様々なものを食べる。 、、ゆでた、等もよく食べる。 低層で生息する(、)用の餌や沈降タイプのの餌が非常に便利である。 これらの餌は、水槽に投入後、迅速に沈むように作られているためザリガニの餌として好都合である。 食べ残したはを汚し、手入れに手間がかかるようになる。 そこで、淡水性のエビ等を飼えば食べ残しを掃除する。 もしあまり食べなくなった場合は、いくつかの可能性はあるがの前である可能性があるので過剰に反応せずにそっとしておく(脱皮した殻をザリガニに見間違えるほど、綺麗に脱皮する)。 脱皮前は背と尻尾の間に空間が出来ていたり、黒く変色するので判断できる。 個体の大きさにもよるが、大きめの個体でも餌の頻度は一日に一度、上記の熱帯魚用の餌を1つ程度で生きることができる。 水はでもすぐさま死んでしまうということはないが、出来れば1、2日間汲み置きをしてを抜いた水、または井戸水等を用いた方が良い。 水換えは、水質の急激な変化を避けるため、一度に全ての水を換えることはせず、多くても半分程度の水換えにと留めるべきである。 バクテリア等が安定しバランスが取れた水槽では1ヶ月以上交換しなくても飼育可能である。 室内で飼う場合、水温にはあまり気を使う必要がない。 水温が高い場合は送風することで水温が下がる。 送風は蒸発量が多くなるので水質や水量の監視が必要である。 釣り餌としての利用 [ ] 食用以外にも、やのとして使うこともある。 釣具店では通称 ザリガニとして販売され、、、、等の大型肉食魚を漁獲するのに用いられる。 とくにスズキ狙い等での投げ釣りでは、外殻が軟弱な(ボケ)よりも針外れしにくいため、遠投に適している。 外来種問題 [ ] 日本に移入されたのは(昭和2年) で、の餌用としての鎌倉食用蛙養殖場(現)に20匹持ち込まれた。 その後、養殖池から逃げ出した個体が頃にはまで分布域を広げた。 ウシガエルも養殖池から逃げ出す(あるいは、故意に捨てられる)例が続出してアメリカザリガニ同様に全国各地に分布を広げた。 日本では全国各地に分布するが、人の手によって日本に持ち込まれ分布を広げた動物だけに、分布地は都市近郊に点在する。 水草を切断したり、水生昆虫を捕食するなど陸水生態系に影響を与えており 、実際に ・などは本種の生息地侵入が激減の一因となっている。 また、を媒介してのを脅かす恐れが指摘されている。 こうした悪影響からによってに選定されている。 によってに指定されている。 の指定ではないため、飼育や販売などの規制はない。 ただし、いくつかの都道府県では移植が禁止されている。 別名 [ ] ザリガニ、マッカチン、マッカーサー、アッカンなど。 英名でも Red swamp crawfish crayfish , crawfishなどの呼び名がある。 脚注 [ ]• 市は、の池での駆除のため、2018年に食用の捕獲を許可した。 街角ノート@ベルリン「悪役」ザリガニ 名物料理『読売新聞』朝刊2018年9月11日(国際面)。 『トリビアの泉〜へぇの本〜 第II巻』p. 63-64 講談社• 、「ゲンゴロウ Cybister japonicus Sharp, 1873 」『』 PDF 5、、2015年2月1日、249頁(日本語)。 2019年2月26日閲覧。 環境省、生物多様性センター「シャープゲンゴロウモドキ Dytiscus sharpi Wehncke, 1875 」『』 PDF 5、ぎょうせい、2015年2月1日、27頁(日本語)。 2019年3月5日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の