シフト管理表 テンプレート。 予定表・スケジュール表|エクセル・ワード・PDF|テンプレート・雛形|📑無料ダウンロード!テンプレルン

エクセルでシフト管理表を作ろう!シフトの種類や便利な関数も紹介!|ITトレンド

シフト管理表 テンプレート

・ スプレッドシートにはデフォルトのテンプレートがある Googleスプレッドシートには、デフォルトのテンプレートが用意されています。 テンプレートはさまざまな用途で使われることを想定しており、シフト表のテンプレートもあります。 テンプレートの利用手順 まずはGoogleドライブにアクセスしましょう。 Googleドライブにアクセス パソコンのブラウザを立ち上げてGoogleのページを開きます。 2.テンプレートを取得する Google ドライブ内で右クリック。 3.利用するテンプレートを選択 「空白のスプレッドシート」、「テンプレートから」という2つの項目のうち「テンプレートから」を選択。 テンプレート ギャラリーから利用するテンプレートを選択。 基本シフト情報の設定 テンプレートには、あらかじめ2種類のシートが用意されています。 ひとつが1か月の概要、もうひとつが週ごとのシートです。 シート名は任意で変更してください。 シフト:シフト名を記入 例))早番・中番・遅番など• 勤務時間:シフトごとの合計勤務時間• 時間帯:出社と退勤時刻• 時給:1時間あたりの賃金• シフトあたりの人数:シフトに必要な人数 シフト制を採用している企業や店舗によってシフト名や勤務時間、時間帯が変わりますので自社の働き方に合わせて記入してください。 ここまでが基本設定です。 1.D列に従業員の名前を入力 関数を使用して1月の概要シートから自動的に反映させてみましょう。 D26 1月の概要シートに記入した従業員名が適切に参照されていることを確認し、青い丸をクリックしながら27行目までドラッグします。 また、セルをコピーして貼り付けても同じ結果が得られます。 2.18行目にシフト名を入力 企業や店舗によってシフト名が変わる可能性があるため、ここでも関数を使用しましょう。 D16• D17• Enterキーを押すと数式が入力されます。 この方法では、シート名を別の名前に変更している場合も反映されます。 3.19行目:時間帯を1時間単位で入力 19行目は時間を入力します。 勤務時間は企業や店舗によって異なるため、適宜修正しましょう。 ここまで終わったら、いよいよシフト作成です。 4.20行目以降:従業員の働く時間を記入 シフトの項目を設定したら実際に働く時間を記入していきます。 ここでは画像のとおり、早番(8時~16時)で働く場合はA、中番の場合はB、遅番はCと記入していますが、任意の文字で問題ありません。 自由にシフトパターンを作成しましょう。 シフトの合計欄には、シフトの時間数を算出する関数が入力されています。 5.概要シートで実際のシフト時間と費用を確認 シフトパターンを記入したら、実際にどのぐらいの労働時間や人件費になっているか確認しながら調整してシフトを確定しましょう。 シフトを共有する Googleスプレッドシートでは、作成したシフト表をExcelのシートとしてエクスポートしたり、印刷して配布したりすることも可能です。 左上のメニューあるファイルから印刷を行えます。 また、スプレッドシートはインターネット上で共有もできます。 スプレッドシートの共有方法を解説します。 特定の人にのみ共有する場合は、メールアドレスで権限を付与します。 権限には、編集者・コメント可・閲覧者の3種類があります。 みだりに変更されないよう、閲覧者に設定するのが望ましいでしょう。 2.URLを発行する 複数と一度に共有したい場合はURLを発行する方法もあります。 「共有可能なリンクを取得」をクリックしプルダウンメニューから、共有範囲を設定します。 プルダウンメニューから、共有範囲を設定します。 ここではリンクを知っている人が閲覧できるように設定します。 「リンクをコピー」をクリックして、共有用のURLを取得します。 このURLを従業員に共有すればだれでも閲覧が可能になりますので、セキュリティの観点からURLの扱いに注意が必要です。 スプレッドシートでシフトを作成するメリットとデメリット 無料で使えるGoogleスプレッドシートについて解説してきました。 ここでスプレッドシートを使ったシフト表作成のメリットとデメリットについて整理しておきましょう。 無料で作れることが最大のメリット Googleスプレッドシートを使う最大のメリットは、Googleのアカウントさえあれば、だれでも無料で利用できることです。 手書きのシフト表から表計算や関数を使用したシフト管理へ簡単に移行できます。 また、インターネットに不慣れでも、Excelとほとんど同じように使えるため作業自体は簡単です。 また、Googleドライブでは、スプレッドシートを作成した人にオーナー権限が付与されるため、退職などでGoogleアカウントを削除されてしまうとシートにアクセスできなくなります。 また、利便性の良さを追求するなら関数の知識が必要です。 ただし、データやフォーマットを削除されてしまうリスクもあるほか、関数が多いシートは動作が重くなりやすくなります。 それ以上の容量を使用する場合は有料プランへの加入が必要です。 Googleスプレッドシートにはシフトを簡単に作成できるテンプレートが用意されているため、シフト表の作成や共有をしやすいサービスと言えます。 しかし、基本的な関数の知識や、セキュリティに対するリテラシーも必要です。 シフオプはシフト作成に特化して構成されたシステムのため、シンプルな操作で簡単に操作できます。 シフトの共有もスムーズでセキュリティ面も安心です。 もご用意しておりますので、ぜひご請求ください。

次の

Excel「簡単入力シフト管理表」エクセル無料テンプレート【使い方解説】|たっくんの自由帳

シフト管理表 テンプレート

シフト表 テンプレートについて このテンプレートで出来ること• 従業員から提出された シフトを簡単にまとめられます。 テンプレートでは 20人まで管理できます。 行を増やせばそれ以上の人数も可能です• 1年間分のシートがあり、 日付や曜日が自動で入力されます。 Excelについて この記事では、なるべく簡単に分かりやすく書いていますが、 多少のExcelの知識が必要になります。 例えば「セル」や「シート」といった言葉は使っています。 Excel初心者でExcelのこと何も分からないよという方は、 という本を読みながらこのテンプレートを使うのがオススメです。 500円とは思えないほど、分かりやすく1からフルカラーで書かれています。 ダウンロード方法は 「無料ダウンロード」をクリックして、開いたページで「DOWNLOAD」をクリックして下さい。 テンプレートはExcel2016で作成しました。 バージョンがExcel 2007以降なら基本的には使えます ご使用の環境 OS・ブラウザ等 によっては、デザインが適切に表示されない場合があります。 調整してお使いください。 ダウンロードしたファイルを開いて 基本的にはダウンロードのフォルダに入っています 、下の タブで「1」をクリックして下さい。 下で説明するものは、 「1」のシートで行って下さい。 入力箇所 背景色が 紺色のセルは、元々入力されているか、自動で計算されて表示されます。 なので、 基本的には背景が白かピンクのセルだけ入力します。 シフト表を作り始める月を設定 日付は自動表示 右上にある最初の日付のところに 日付を入力すると、下の画像のように 月日と曜日が自動で表示されます。 「1」のシートに入力した月の翌月が「2」のシートに、翌々月が「3」のシートに自動で反映されます。 日付は1日を入力して下さい。 16日などを入力すると、表示はされますが31日ごとに区切られてしまいますので、2月などでずれてしまいます。 祝日を設定 日曜日と祝日は背景がピンクになる 上の画像のように、 日曜日と祝日の列は背景がピンクになります。 また他にも 指定した日付 休業日等 の列も背景をピンクにできます。 祝日は一番右の列で入力して下さい。 また、 祝日の表の下の入力されていないところに日付を入力すると、 入力した日付の列も背景がピンクになります。 祝日の背景をピンクにしたくない場合は、祝日の列の日付を削除すればできます。 時間を入力すると、下の出勤人数と右の個別出勤人数が自動計算されて表示されます。 月が替わったら 下のタブで次のタブをクリックすれば、翌月のシフト表が表示されます。 各シートとも入力方法は同じです。 タブの名前を変更 タブをダブルクリックすれば、タブの名前を変更できます。 その他 Excelから使い方を見る 各シートの右下に使い方を見るというボタンがあります。 ここをクリックすると、この記事が開きます。 管理者の方が効率良く、仕事ができるように他にもテンプレートなどを作成したいと思っています。 今の税理士に満足してますか? 給与を計算や、毎年確定申告するのも大変だと思います。 個人事業主の方は、本業の合間に帳簿をつけなければなりませんし、確定申告の時期は繁忙期だったりして確定申告の書類を作成する時間がなかったりします。 そういう時に 税理士と契約していると、すぐに資料を作成してくれて助かります。 ただ、 税理士によっては忙しくて対応が遅かったり、料金が高かったりします。 そのような事がないように自分に合った税理士を探すことが大事です。 まだ、税理士と契約してない方や、今の税理士に不満がある場合は で税理士を探すのがおすすめです。 税理士ドットコムでは 無料で税理士が探せて、71.

次の

Excel「簡単入力シフト管理表」エクセル無料テンプレート【使い方解説】|たっくんの自由帳

シフト管理表 テンプレート

勤務シフト表の運用 希望の公休日の記入 翌月の勤務シフト表 予定が空白 を、前月中旬に無料のファイル共有サービスのDropBoxの所定のフォルダにUPしますので、そこに所属メンバが公休の希望日を記入します。 注意:この列の集計は、以下のように時間帯別の勤務人数という集計も役立ちます。 勤務シフトの決定 施設長は、埋まっていない勤務シフトを決定し、勤務シフト表を公開します。 勤務シフト表の記入方法 勤務シフト表には、休みと出勤の日を記入しますが、決められた「シフトパターン」と「休みパターン」が規定されていますので、そのパターンを記入します。 シフトパターン 事業所により、以下の通りとしています。 デイサービス 今回の説明では、通所介護事業所の勤務シフト表は対象としていませんので、参考として記載しています。 [HAPPY 1号館] [HAPPY 2号館] 休みパターン 今回の説明の対象となります。 休日 「休」 有給 「全休」or「有給」:1日の有給 「午前休」:午前半休の有給 「午後休」:午後半休の有給 注意: 2019年1月度より「半休制度」を導入予定の為、これまで「有給」のみだったのが「全休」、「午前休」、「午後休」の3種類となります。 「半休」に対する「全休」ですが、わかりにくさもある為、1日休みの場合は、「全休」と共に「有給」と記入しても、1日休みとしてカウントすることとしています。 パターンの入力 シフトパターンの入力 予定欄の日付のセルの中に、シフトパターンを入力します。 シフトパターンが入力されると、「出勤」欄や、「夜勤」欄がカウントされます。 注意: シフトパターンとして規程された同じ文字を入力しなければ、カウントされませんので、注意願います。 例:シフト表に記入する「N」は[全角]のNで、[半角]のNではありません。 休みパターンの入力 予定欄の日付のセルの中に、休みパターンを入力します。 休みパターンが入力されると、「休日」欄や、「有給」欄がカウントされます。 実績欄の入力 実績欄は、予定と異なる場合に入力します。 実績欄は、システムでは何等のカウントは行っていませんので、自由にお使い下さい。 社員情報の追加・修正 VLOOKUP関数により、社員番号入力で「氏名」,「勤務形態」,「職種1」,「職種2」,「職務」,「計算時間」を表示します。 そこで、この情報の変更や、社員の追加・削除が発生した場合の操作について説明します。 [非表示の「社員情報」の再表示方法] 社員情報の追加・修正では、゛非表示゛の「社員情報」を修正する方法と、そのシートを直接修正する方法の2通りがあります。 尚、社員情報を修正等で再表示した場合は、必ず、「非表示」に戻して下さい。 表示する社員情報は、再表示して開く「社員情報」のシートに記載されています。 いづれかのシートに カーソルを位置づけて右クリックすることで、「再表示」又は「非表示」を選択することができます。 社員情報の修正 今回は、大野佳枝さんの勤務形態が「常勤」となっている箇所を「パート」と変更します。 但し、直接修正すると関数が消えてしますので、以降、社員番号を入力してもで、VLOOKUPで「社員情報シート」の「社員情報」からの情報は取得できなくなります。 社員情報の削除 次に、大野佳枝さんを削除します。 入力した社員番号に該当する「社員情報」が無いという状態となっていますので、他の社員番号が入力できます。 但し、直接削除すると関数が消えてしますので、以降、社員番号を入力してもVLOOKUPで、「社員情報シート」の「社員情報」からの情報は取得できなくなります。 社員情報の追加 それでは、「小野小町」さんを追加してみます。 今月入社した小野小町さんを追加しました。 ・シート下段の手入力欄に入力する。 ・退職、異動等で不要となった社員番号を削除して、そこに新しい社員番号を入力 ・退職、異動等で不要となった社員の社員情報を削除して、そこに新しい社員情報を手入力する。 勤務シフト表の作成 勤務シフト表は、Excelの関数のみで作成しています。 マクロは現在使用していませんので、勤務シフト表の管理者が必要な関数を扱えるように、設定している関数とその設定方法を説明します。 ここでは、当該勤務シフト表で使用している関数を説明して、社員の追加・削除、シフトパターンや休みパターンの追加・削除が行えるようにします。 日付の自動取得 書式の設定をする。 H5からAL5まで 1日~31日 の書式設定:dd; 年月を入力して、日付を展開する。 セルA1に、西暦を入力すると、01日~末日までを展開する。 但し、28日の月や30日の月の場合は、EOMONTH関数を使い、必要のない日は表示しない様にします。 曜日の自動取得 書式の設定をする。 H6からAL6まで 1日~31日 の書式設定:aaa 日を入力して曜日を展開する。 H5からAL5まで入力された日により、H6からAL6まで、WEEKDAY関数で曜日展開する。 曜日を色付けする。 条件付き書式を設定して、土曜日は青、日曜日は赤色で表示します。 H6からAL6までで、WEEKDAY関数の戻り値で土曜日と日曜日を判断して、色付けします。 正社員規定情報の表示 休日を把握したり、残業となる上限時間を把握する為に規定情報を表示します。 社員情報の表示 VLOOKUP関数により、社員番号入力で「氏名」,「勤務形態」,「職種1」,「職種2」,「職務」,「計算時間」を表示します。 注意: 表示する社員情報は、再表示して開く「社員情報」のシートに記載されています。 いづれかのシートにカーソルを位置づけて右クリックすることで、「再表示」又は「非表示」を選択することができます。 尚、社員情報を修正等で再表示した場合は、必ず、「非表示」に戻して下さい。 職種1、職種2、職務の表示 上記と同様に、職種1、職種2、職務を表示します。 計算時間の表示 計算時間は、出勤日数と乗算して、勤務時間数を算出する為に表示しています。 計算時間も同様に以下のようにVLOOKUP関数で表示します。 その為、社員情報では、計算時間として24時間を乗じています。 勤務シフトの行集計 出勤日数の集計 COUNTIF関数を使い、シフトパターンをカウントして、出勤日数を集計します。 5時間を乗じています。 5を乗じています。 勤務シフトの列集計 朝食配膳及び夕食配膳を手伝うことのできる要員が確保できるか? 全ての日の夜勤者が確保できたか? 等を把握する為、列の集計を行っています。 ここでの関数の説明は省略します。 注意: 朝食は08:00、夕食は17:30となっていますので、シフトパターンから多い時には4名を確保できます。 表の装飾 勤務シフト表は、見やすくするために、明細行は1行置きに色付けしています。 注意:関数で1行置きに色付けしていますので、実績のセルに色付けはできません。 [色付け方法] 条件付き書式を設定して、1行置きに薄青で表示します。 G7からAN48までの範囲で、色付けします。 勤務シフト表SAMPLEのダウンロード 勤務シフト表のexcelサンプルをダウンロードできるようにしましたので、ご自由にご活用下さい。 但し、必要とご連絡頂いた方にのみ公開しておりますので、パスワードを必要としています。 「勤務シフト表のexcelサンプル要」と「コメント」又は「問い合わせ」よりご依頼下さい。 パスワードをメールします。 よろしくお願い致します。

次の