ポケマス ターゲット。 【ポケマス】対応機種は?エミュレーターは使える?

【ポケマス】対応機種は?エミュレーターは使える?

ポケマス ターゲット

ベータテストの頃からエミュは使えなかったね 『ポケモンマスターズ』をNoxやブルースタックスで遊ぶ方法 『ポケモンマスターズ』は NOXやブルースタックス、LDplayerなどのAndroidエミュレータで遊ぶことができません。 エミュレータでGoogle Playストアのアプリページにアクセスしても、 「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません。 」「このアプリはお使いのデバイス用に最適化されません」と表示され、『ポケモンマスターズ』をダウンロードすることができません。 LDplayerでは一時的に『ポケモンマスターズ』をインストールできたようですが、現在は全てのエミュレータで『ポケモンマスターズ』をプレイできないようになっています。 『ポケモンマスターズ』のAPKファイルの入手方法 ストアからダウンロードできなくても、APKファイルを直接インストールすることでエミュレータで遊べるようになるゲームアプリも存在します。 『ポケモンマスターズ』のAPKファイルはなどのAndroid用ゲームプラットフォームから入手可能です。 ただし 『ポケモンマスターズ』はAPKファイル自体がエミュレータ上で動作しないので、Google Playストア以外の場所からAPKファイルをダウンロードしても今のところ意味がありません。 『ポケモンマスターズ』エミュの使い方まとめ 『ポケモンマスターズ』をエミュレータでプレイすることはできません。 『ポケモンマスターズ』のプレイ状況は ニンテンドーアカウントとの紐づけが可能です。 つまり、将来的に『ポケモンマスターズ』をPCで遊べるようになった時はスマホとPCでデータを連携することもできるということです。 エミュレータで遊びたい人も、まずはスマホから『ポケモンマスターズ』をはじめてみて、 今後エミュレータでプレイできるようになったらPCに切り替えるようにすれば良さそうです。

次の

【バディーズ評価】シズイ&アバゴーラ★3(みずタイプ)

ポケマス ターゲット

ポケマスはガチャゲーのため、どのバディーズを入手できるのかは人それぞれ異なってしまいます。 〇考察 ポケモン第5世代と言われる「ブラック2・ホワイト2」でジムリーダーとして登場したのがシズイです。 どちらというとプルンゲルの方が主力ポケモンの印象的ですが、今回はアバゴーラに落ち着いたようです。 アバゴーラも常に手持ちにいるにはいますので。 能力値についてですが、HPは少し物足りない感じはしますが、ぼうぎょ少し高めのとくぼう低めというバランスになっています。 サポート型としては物理技には強めに出れますが特殊技にはちょっと…HPの低さもあるため 全体的に物足りなさを感じる耐久性能となります。 そして特殊技は持たないのでとくこうの低さは無視しても良いのですが、こうげきも高い訳ではありません。 このへんはサポートタイプなので期待するべきものでも無いですが… 素早さは見た目の通りに低いです。 次に使用する技についてですが、 攻撃技は貴重な2タイプ持ちです。 1つめがみずタイプの 「アクアテール」、そして2つめが岩タイプの 「がんせきふうじ」です。 両方とも命中が100無いので少しだけ不安要素も残りますが「アクアテール」は追加効果なしの高威力技、「がんせきふうじ」は確定で相手の素早さを下げられるので妨害も可能です。 使用する道具は「ディフェンダーG」です。 味方全体の物理攻撃に強くできます。 ・技「はじめよーかい!」について 「ターゲットを自分に向ける」という効果なのですが非常に闇が深くて相手の攻撃1~2回ぐらいしか向きません。 それで使用回数が1なので、 超使えません。 強力な単体攻撃が来る時にアタッカーの身代わりとなれるようにタイミングよく使用する…!? という場面がはたしてどれぐらい存在するのか。 自身に「こらえる」状態にできますが、効果的にはこれだけだと思った方が 気持ち的に優しくなれると思います。 パッシブスキルは「防御ダウン無効」という事で一度あがった防御が下がらなくなるので使い勝手はいいでしょう。 バディーズ技は「自分の防御が上がっているほど威力アップ」です。 自身で威力をしっかりアップ可能です。 弱点についてですが「草」です。 本家ではアバゴーラは本来「みず・岩」タイプなので草には圧倒的に弱いので、ポケマスで草が弱点というのも納得です。 〇自力でできる最大バフ 能力値 上昇バフ 対象 防御 +4 味方全員 チーム全体の防御は固められますね。 それだけです…もう少し欲しい所でした。 〇チーム構成について サポートタイプです。 サポートできるのが防御だけで、他には相手の素早さを下げたり1~2回だけ囮になれる、という器用貧乏どころか 防御アップ以外は見どころ無しに近いです。 非常に限定的な場面では役に立つのかもしれませんが、 普段からアバゴーラを使用できる場面というのはおそらく無いので、サポートを他にちゃんと揃える必要があるでしょう。 使い道が分かりません。 シズイやアバゴーラが好きなら是非とも使って欲しいですが、他の方は使わなくて問題ないです。 〇バディストーンボードについて まだ解放されていません。 上記の能力値アップができるので、上記パネルは可能な限り優先的に解放しておきましょう。 パネル予想(希望)としては、各攻撃技の命中アップは是非とも欲しいですよね。 「こらえる」状態を活かすために「ピンチ時」シリーズがあれば…まだマシになるでしょう。 それでも「マシ」になる程度なので最前線にこれるほどの強化がされるかというと… されないでしょうね。 〇入手方法・技レベルの上げ方 バディーズサーチで入手可能です。 無料でもらえるダイヤを使っているだけでも「おそらくほとんどの人が入手できてる」と思われます。 技レベルはガチャで被らせることで上げられます。 2020年2月現在の的中率はピンポイントで 3. 〇評価 防御だけ少しあるもののHP含めてとくぼうは低い方。 サポートするにも防御をあげるぐらいはできますが他は何もできません。 「こらえる」要員…評価は 「C」とします。 バディストーンボードによる強化も… 期待できないような。 〇管理人入手状況 一応最大までは育てました。 のびしろは…使う予定は無いですね。 初入手はこのタイミングでした。 以上です。

次の

【最新】『ポケモンマスターズ』はPCでもプレイできる?エミュレータでインストールする方法は?【ポケマス】

ポケマス ターゲット

回復とは? 回復にはいくつか種類がありますが、自分以外の味方を回復させる手段は意外と少ないです。 また、一度に回復できる量もあくまで「少し回復」という表記が最大であり、一気に全回復できるようなわざはありません。 ただ、キズぐすりで回復したアタッカーが敵の攻撃にぎりぎり耐えて勝負を決めた、なんて場面は結構多いです。 そのため、ポケマスにおける回復とは、 もう少しで倒せそうなのにギリギリいつも勝てないようなバトルで逆転を狙える、まさに攻略のカギと言える存在です。 即座にある程度の回復量を確保できるので緊急時にもってこいのわざです。 味方を回復できるのは「キズぐすり」とハピナスが持っている「ウズウズしちゃう」だけです。 他の技は全て自分だけが対象である代わりに、自分へのステータス上昇効果などが付加されています。 ギガドレインは無料配布のツタージャ、ドレインパンチはローブシンとアサナンが使えます。 どちらのスキルもゲージ3消費で威力も109と高いですが、アタッカーであるローブシンくらいしかダメージを稼げず回復量も少ないです。 味方を回復付帯状態にできるのはチェレン&ムーランドの「ベストをつくそう」だけです。 他の技は少量回復の時と同じように、自分を回復付帯状態にしつつステータス上昇などの効果も付加されます。 回復持ちのバディーズ一覧 回復持ちのバディーズの中でも、キズぐすりや少量のまとまった回復が可能なのはこちらの通りです。 タケシ&イワーク• フウロ&スワンナ• トウキ&マクノシタ• 主人公&ピカチュウ• モミ&ハピナス• ハウ&ライチュウ• アカネ&ミルタンク• ダツラ&カイロス メガカイロス• ズミ&ブロスター• センリ&ケッキング こちらは微量ではありますが回復手段を持っているバディーズです。 アセロラ&シロデスナ• チェレン&ムーランド• メイ&ツタージャ• カンナ&ラプラス• ビオラ&アメタマ アメモース• ザクロ&アマルス• レンブ&ローブシン• フクジ&ウツドン• ハチク&フリージオ• スモモ&アサナン ピンチを回避できるようなまとまった回復が可能なバディーズは10体でした。 キズぐすりを除くと、 星3であるモミ&ハピナスが味方への回復・ステータス上昇共にサポートとして特化した性能です。 また、自身の回復ではありますがストーリー入手可能で全体攻撃持ちのハウ&ライチュウなどもおすすめのバディーズの1体です。 まとめ 今回は回復のわざの特徴と、回復持ちのバディーズの一覧を紹介しました。 多くの回復手段が用意されていますが、序盤から使える「キズぐすり」のような味方へのまとまった回復ができるバディーズは案外少ないです。 属性や今詰まっているステージの相性も考えつつ、自分に合ったバディーズや次の育成候補を見つけられると良いですね!.

次の