どう 森 ハンナ。 第3話:僕(俺)どうなるの?

とび森【住民の引越し(ハンナ)&新住民はジュン!】

どう 森 ハンナ

とびだせどうぶつの森・攻略&プレイ日記 ~住民の引越しと新住民~ 昨日~今日の「とび森プレイ日記」。 アネキ女が居なくなることもあり悩んだんですが、 アネキ女は長くいたので今回は見送ることにしました。 (初期に「おさい」が来て長~く居たので、アネキ歴は結構長い。 ) 宣言通り7月25日に引越していきました。 これで8人体制が確定。 自然に引越してくる状況になると、 キザかボク系(ぼんやり男)が来る予定。 またはキャンプ場で偶然の出会いに期待。 都合よくキャンプ場にブーケが来ることは考えにくいので、 ここはキザのジュンが来てくれると嬉しいかも! と考えていたところ、フレンドさんから嬉しい知らせが入りました。 「ジュンに引越しフラグが立ちました!」と。 この1枠はブーケに確保しておく予定です。 【とび森. com管理人ツイッター】 画面左側の「フォローする」ボタンか、記事上部の「ツイート」ボタンからお探しください。 とび森プレイ日記の「オススメ記事」:• ・フレンドコード交換は受け付けておりません。 ・更新作業が最優先の為、コメントへの返信はほとんど行っておりません。 予めご了承ください。 (コメントは承認制となっています。 ) また、質問への返答は行っておりません。 掲示板をご利用ください。 【オーロラ村の紹介】 『特産品 フルーツ 』:リンゴ 『条例』:美しい村条例 『村長の方針』エコな村作り、リアルタイムプレイ 日付は先に進めない 『夢番地』:1D00-000F-E822 『オーロラ村に住むお気に入り住民』オーロラさん、ドレミ、アポロ、ブーケ、ラムネ 『新作で一緒に住みたい住民』オーロラさん、ナタリー、シベリアさん、ラムネ、ドレミ、ブーケ、アポロ、セバスチャン 最近の投稿• カテゴリー• 次回作への要望・改善案アンケート調査• タンスから束にしたフルーツを出す時に、1つだけ抜き出せるようにしたい。 住民が引越してくる場合に、家の場所を選べるようにしてほしい。 下の地図画面に、住民の居る場所をレーダーのように表示してほしい。 お気に入りの住民が引越さないように、プロテクトをかけたい。 チャットに定型文保存機能が欲しい。 オンラインでの南の島で、ホワイトリスト機能が欲しい。 アイテムを家の外にも飾れるようにしたい。 (例:かどまつを玄関前に飾る)• 公共事業の花壇、4マスじゃなく9マスにして交配ができるようにしてほしい。 ともだちリストに入ってる友人宛てに、郵便局から手紙が送れるようにしてほしい。

次の

【あつまれ どうぶつの森】ワイのあつ森プレイ日記Vol.1~ここがワイの島や~

どう 森 ハンナ

ネタバレ! クリックして本文を読む 一人で勝手にやってる「シアーシャ・ローナン強化月間」の第五回は「ハンナ」です。 いわゆるスタイリッシュ・アクションでストーリーより雰囲気重視なのですが、個人的には面白かったです。 ジョー・ライト監督は自分の感性に合うようなんですよね。 灼熱のトルコから情熱的なスペイン、廃退的なドイツとロード・ムービーっぽいのも良かったです。 シアーシャ・ローナンがガッツリアクションしてるのも珍しいですね。 森で暮らしてて文明に驚くシーンとか何だか好きでした。 1つ1つが初々しい。 でも飛行機にはメッチャビックリしてたけど、車にはビックリしないのね。 対するケイト・ブランシェットは流石の貫禄です。 個人的にエリック・バナに外れ無しと思っているので、エリック・バナが出てると気が付いた時点で本作の評価も上がります。 内容がはっきりしたタイプの作品ではないのですが、画作りは素晴らしかったです。 スタイリッシュなアクションが好きな方は存分に楽しめるのではないでしょうか? 総合60点 ( ストーリー:40点|キャスト:75点|演出:75点|ビジュアル:75点|音楽:70点 ) 文明から隔絶した凍てつく地で父親から密かに厳しい訓練を受けた少女の旅立ちが始まる。 敵の基地に何の事前情報もなく潜入して恐るべき能力を発揮して任務を果し、単独で脱出をして合流地点に向かう。 彼女の能力の見せ方や格闘場面や緊張感のある雰囲気を作るのは良い出来だった。 主要登場人物のハンナと父親、そして特に彼らを殺そうとするマリッサを演じたケイト・ブランシェットの、他人を騙し生命を自分のために簡単に犠牲にし使用する冷酷で狡賢い演技は良い出来栄えだった。 しかし駄目なのは物語。 彼らが何故極地に住み、そこを出て行くのか全くわからない。 しかもその際にはわざわざ敵に自らの存在を知らせるなんて意味が無い。 都合よく目標とする相手と会えて任務が果せると思い込める理由もないし、何の情報もない敵の基地に侵入するなんて自殺行為だ。 結局のところ、物語は暗殺者ハンナのことを描くために後付けで無理矢理作られただけなのだろう。 だから謎だらけであるし、それも作品のために本当に謎にしようとしただけではなく、適当に場面を盛り上げるために設定されていたたけの出鱈目な謎。 設定も展開も世界に出たハンナの行動を描くために適当につけられただけのように感じた。 何故戦う? こういう話はそれになりに設定をしっかりとしないと駄目。 それと戦いの場面には周囲に一般人がいなくなり誰も騒がない・警察も呼ばないというのも不自然。 シアーシャ・ローナンの圧倒的な存在感に関しては文句なし、そこに父親役にエリック・バナ、悪役にケイト・ブランシェットを配せば、間違いなく面白い作品に仕上がりそうなものでしたが、何とも微妙な線に仕上がってしまった印象ですねぇ。 まあつまらなくはなかったですし、映像や音楽の部分なんかは全然悪くなかったと思うのですが、脚本の問題なんですかね、何かモヤモヤ、微妙に乗り切れなかったかも。 やはり一番の原因は父親がハンナをどうしたかったのか、いまいち伝わってこなかった部分ではないでしょうか。 勿論何となくは分かるのですが、ここは重要な部分なので、もっと見る者にグッと感情移入出来るよう演出して欲しかったですね。 他にも全体的に曖昧な部分が多く、こうなってしまうとハンナに関する衝撃的な部分もそれほど驚かないと言うか何と言うかで・・・。 まあ16歳まで外の世界を知らずに殺人マシーンとして育てられたハンナが、初めて外の世界に触れ全てのことに驚きつつ展開していくロードムービー的なシーンは、結構ツボでしたけど。 初めての安らぎ、そして友情、でも殺人マシーンである現実、その辺りの葛藤具合の描き方は良かったと思いました。 アクションのイメージが全くないシアーシャ・ローナンだけに、尚更そのギャップで楽しめた部分も。 それから何と言ってもケイト・ブランシェットの悪役としての存在感は、さすがの一言でしたね。 幼いシアーシャVSケイトの構図は、さながら童話の世界のようで、ビジュアル的には文句なしだったと思いましたよ。 でも、結局話の味付け具合がもう一歩なんですよねぇ。 いつもとは違う分野に手を出したジョー・ライト監督でしたが、どうやらこのジャンルはあまり向いてなかったようで・・・。

次の

第3話:僕(俺)どうなるの?

どう 森 ハンナ

男性とハンナさんの話し合いは、一向に終わる気配を見せない。 これって放置されてるのか忘れられてるのか、理解に苦しむな。 「ざまぁ」を好んで読んでいたからか判らんが、いい加減に安全か危険かくらい知りたいな。 大きなため息を吐き出して 「ハンナおねぇさん、ここって安全な場所なの?」 と放置している事を「さりげなく」アピールすると 「や、やだ! 私ったら君の事を忘れていたわ。 ごめんなさい」 と素直に「そっちのけ」だった事を謝罪してくれた。 「・・・すまんな。 俺は冒険者で彼女を護衛していたんだ。 記憶が無いなら危険か安全かなんて判らねぇよな。 本当にすまん」 「(今、冒険者って言ったよな? って事は此処ギルドとか存在してて、 魔物やモフモフをテイム出来たりするのか?! ) うん。 自分の名前くらいしか記憶ないんだ。 だからおじ・・・ お兄さんが言った冒険者って言うのも知らないの」 やばいやばい「おじさん」なんて言ったら殴られる可能性ありだな。 どうみても35だった俺より若いのに「おじさん」言われたら・・・例え子供でも殴りそう(怖い事になりかけたわ)。 「そうか。 ここでは説明しない方が良いだろうハンナさん。 孤児院なら安全も確保できてるし、 コイツが冒険者を目指すなら登録も簡単に出来るだろ」 「そ、そうね。 流石に奥地では無いにせよ、 魔物のいる森で会話は危険ね。 君の名前を教えてくれる?」 「んと・・・リョータ!リョータ・スズキ」 「まぁ・・・もしかしたら貴族の子供かしら・・・」 「まあファミリーネームまで持ってるとは言っても、 記憶違いの可能性もあるだろう。 ともかく移動するぞ。 リョータは身体強化できるか?」 「なぁに? しんたいきょうかって・・・」 まさか・・・まさかと思うが魔法の世界? 剣と魔法の世界となるとハリポ…げふんげふん。 「あぁ、そうか。 記憶が無いのなら生活魔法の事も抜けてるか。 じゃあ・・・」 そう言った冒険者の「おっちゃん」は、俺を軽々と抱き上げた。 「うわっ・・・! 何?! 急に視界が高くなった!! 」 (ってか予告なしに抱き上げないでくれ!心臓に悪いわ!) 「もう・・・急に抱き上げる馬鹿が何処にいるのよ」 (えぇ。 「目の前に」いまっせハンナさん・・・) バツが悪そうにしながらも 「孤児院に戻ろう」 と俺が向かおうとしていた奥地へと向かい始めた。 どうやらリョータが奥地と思っていた方向は、町の方向だったらしい。 (何だ、こっちで合ってたのか) そう思っていたのだが、そこにあったのは大きな物体・・・サイとシカを足して2で割ったような・・・うん・・・俺の表現力に限界があった。 その動物から剣を抜き取り、ハンナさんの隣りに立ち、帰路に就くべきか採取の続きに興じるかを話し始めたっぽい。 「目的の場所に向かいますか? それともリョータを孤児院に連れて行きますか?」 「そうね薬草は明日にでも 孤児院ちかくの場所で収穫できるでしょう。 彼を孤児院へお願い出来ます?」 「勿論」 もしかして・・・森での薬草採取の為に依頼したのか?と言う疑問があるのだが、一応「記憶喪失」だと思っているので、知りたいが聞かないでおいた。 転生して初めて出会ったのは、孤児院を運営するシスターで優しい女性だったけど、俺・・・これからどうなるんだろ。 何も知らされて無い状態でスキルとか称号とか能力とか…所謂チートと呼ばれる事柄が備わっているか否かなんて判らない。 日本で車に撥ねられて転生したらしい…と言うのは把握できた、と言えるのだろうか?と言うくらいの感覚。 日本の神様であろうと異世界の神様であろうと、謝罪があってスキルを貰って…と言う小説ばかりを読んでいた…にも関わらず、自分は謝罪もなければ説明もないまま、森に尻餅をついた状態で目覚めた。 気付けば異世界にいて、しかも森の奥…危険な場所だったと後から知るのだが、そんな場所に「落とされた」状態で転生していた。 子供な状態で生活して行けるのだろうか?と言う不安が尽きないリョータであった.

次の