す とら いく けん。 心に響く言葉、志村けんの名言から学んでいく

とらとら 虎々 お座敷遊び 歌詞の意味

す とら いく けん

志村けん 本名:志村康徳 しむらやすのり コメディアン、お笑いタレント、司会者、 ザ・ドリフターズのメンバー 1968年、いかりや長介の家に直接押しかけ弟子入りを申し出た。 1974年、荒井注が脱退し正式にザ・ドリフターズのメンバーとなった。 ザ・ドリフターズの冠番組であった 全員集合は志村けんが加入する前から人気番組で日本のお茶の間には欠かせない存在であった。 荒井注が脱退することになり、その後釜として当時無名であった志村けんをいかりや長介が大抜擢。 見習いという立場からスタートした。 当初は客からも全く受けず苦しみもがいた。 そんな苦しみもがいていた時期のある楽屋での出来事で、志村けんが、たまたま自身の出身の地である東村山音頭を口ずさんだのをきっかけに、いかりや長介がそれを見逃さず、ネタにすることを決定した。 そして実際に志村けんに全員集合でやらせてみた。 すると大反響を得ることが出来た。 それにより、志村けんは一躍時の人になることが出来た。 そして全員集合は新たな出発を開始することとなった。 その後は次々と新しいネタを生み出していき、言うまでもなく全員集合はモンスター番組となっていった。 1985年に全員集合は終了となってしまうも、志村けんのお笑い芸人としての人気はその後も更に加速し、新たな番組を次々に生み出していった。 そしてそれも全て大人気となっていき、誰もが認める国民的なお笑い芸人の地位を築いた。 今もなお、たくさんの人に愛されて止まない存在となっている。 【国】日本 東京都東村山市 【生】1950年2月20日 【没】2020年3月29日 享年70 心に響く言葉、志村けんの名言 ・僕はコントを考える時、自分が見たり聞いたりしたものから発想する。 ・誰もが思いつきそうなことを、人より鼻の差ぐらい先を見越して、現実化すればいいんだ。 鼻の差くらいがポイント。 それ以上先でも、それ以下でもダメ。 ・気取らないこと。 とにかく飾らない。 自分を大きく見せようとする段階で人は嘘をつくし、それはすぐに見破られるものですよ。 ・マンネリで大いに結構。 ほかの人はマンネリまでいかないじゃないですか。 定番があるのは全然恥ずかしいことじゃない。 ドリフも僕のバカ殿も変なおじさんも、必死でネタ作って、とことん何年もやり続けてきたわけだから。 みんなマンネリの域まで達してみろって。 ・非常識なことをするためには、まず常識を知らなきゃいけないんだよ。 ・分かる人には、演者が馬鹿で無い事くらいわかる。 むしろ利口ぶったり、文化人ぶったりするようになったら、芸人としておしまい。 ・古今東西、いつの時代も、自分が楽しいと思わない仕事からよい結果は生まれない。 ・オレはいつでも【個性は変人、常識は凡人】でいたいと思っている。 ・何もしてない奴が【じゃあ、お前ちょっとやってみな】って言われることはあり得ない。 ふだんから何かをやり続けているから、誰かの目にとまって声をかけられるんだ。 ・ムダなことでもなんでも知ってた方がいい。 知らないと損をすることはあっても、知ってて損をすることはないから。 ・いろんな人たちを遊びの場で見てきた。 思うのは、人生は不公平だってこと。 若い時からずっと恵まれている人もいる。 急上昇して急下降する人もいる。 人生の後半にピークを迎える人もいる。 ずっと恵まれない人もいる。 人生というゲームの勝ち負けに一定の法則がないことは、これを見ても明らかだろう。 ただし、ひとつ言えることがある。 ずっと恵まれてみえる人はみな必ず努力していることだ。 例外なくね。 ・最初から全力でいかな奴は、その時点で先がない。 ・マネして出来なきゃ、それは才能がない証拠。 ・グループの笑いというのは、全員が仲がよくないとうまくいかない。 ・コントは、1人きりでやる落語とはちょっと違う。 ドリフみたいにグループでいつも一緒にいる関係ならいいけど、僕と田代と桑野なんかの場合、毎日一緒にいるわけじゃない。 せいぜい週に2日。 それで当時は一緒にコントをやり始めたばかりだとなると、やっぱり一緒に飲みに行ったりしてワーワーやってあうんの呼吸でコントをできるようにならないとダメだ。 ・お笑いって基本的にあったかいものだとおもうんですよね。 ・仕事を楽しくするためには、男にしても女にしても好きな人が近くにいた方がいい。 だから僕は自分が好きな人を、まずゲストに呼んだり、レギュラーに加えたりする。 ・なんの仕事にしてもそうだと思うけど、本当に嫌だったら辞めればいい。 でも、辞めないってことは、自分が好きで選んだ道だということだし、やり遂げる責任を負うことになる。 だから少々嫌なことやつらいことがあっても、それは自分が我慢すればいいことじゃないかな。 ・みんなと同じだったら、一番楽だろう。 不安もなくなる。 でも、その代わり個性もないってことになる。 あいつは変わってる、と言われるのは光栄なことだ。 1回きりしかない人生なんだから、自分の好きなように、自分に正直に生きうようよ。 ・やっぱり子供たちにバカだと思われているのはいい。 お笑いをやってて、子供にまで【あれは芝居してるんだよ】なんて言われたら、みっともない。 バカだと思われてるってことは、そう【見える】ってことだから、演じてる者にとっては一番うれしい誉め言葉だ。 ・お笑いみたいなものでも、常識を知らないと本当のツボというものがわからない。 常識は基本線で、お笑いはその常識という基本線をひっくり返すところで、コントとして成り立っている。 だから、笑えるワケよ。 お笑いに限らず、営業をバカにする奴に、常識を超えたことは絶対に出来ない。 まとめ いかがでしたでしょうか? 私は小学生の時、全員集合を毎週欠かさず見ていました。 私の中でのお笑いの原点は全てここにあります。 そしてそれはこれからも変わることはないです。 今までの私の人生を通しや志村けんのコント以外にもそれなりに面白いコントもたくさん見てきてはいますが、どうしてもドリフや志村けんを超える芸人はいないなと感じています。 やっぱりお笑いは、人をただ単に笑わせるという事だけでなく、心の底から幸せにしてくれるものでなくてはダメなんです。 いかにも作った感があるようなものではダメなんです。 その芸人の人間の深さを感じられるものでなければダメなんです。 私だけかもしれませんが、最近は人を馬鹿にしたり陥れたりイジメたりしているような感じで笑いを取っているコントが多い気がします。

次の

とらとら 虎々 お座敷遊び 歌詞の意味

す とら いく けん

ジャン・リュック.. チャップリン 小津安二郎 ヒッチコック ジャッキー・チェ.. 秀作の証(あか)し。 見ること、触れること、発音すること、動くこと、存在すること、記憶すること、伝えること、観ること。 様々な醍醐味に溢れた、『』。 その線(トラウマ)は、「戦場の大地に付けられた、戦車の轍(わだち)の跡」に似ていると、私は思う。 制作された1945年、第二次大戦の終戦直後において、確実にあの戦争の兵士たちには戦場の轟音が残っていた筈だ。 因みに原題は「Spellbound」、「(呪文などに)縛られた」などという意味。 モス・グリーンの「湖面」に映える朱の紅葉の儚(はかな)くも絢爛たる美しさ。 私はこの映画が好ましい。 愛しい。 ゴッホの描く「医師ガシェの絵」に於ける背景の浮世絵のように。 西洋人の持つ、洗練された京都の美・日本の美に対する純粋な憧憬の念。 主人公の内面の煌きを瞬時に写し取るかのの音楽も秀逸。 一般相対性理論に裏打ちされている(らしい)。 近未来、地球は劇的な環境変化により、砂漠化が進行し、人類は危機的な食糧難に直面していた。 アメリカ中部で、トウモロコシ栽培を営むクーパー()家では不可思議な現象が起きていた。 娘の部屋では、本が本棚からひとりでに落ちたり、吹きこんで来た砂塵が奇妙な文様を刻んでいたのだ。 元宇宙飛行士でもあるクーパーは、検証を重ねた結果、砂の文様が「ある座標を示す2進数の信号」だと突き止める。 砂塵の中、車で父と娘が辿り着いた「座標」の場所の意外な正体とは・・・。 人生の絶望観に苛まれた男がいた。 自由奔放で虚心のない純粋な女がいた。 薄明るいアパルトマンの一室で、二人は出逢う。 (の芸術実験室!)ふとした、いたずら電話をきっかけに、男は若い女を犯してしまう。 事後、孤独の海に沈んだかのように、動かぬ二人。 お互いの名前も知らせずに、別れる二人。 ここから愛の迷宮のドラマが始まる。 アパルトマンを出る男。 空を見上げる男。 枯葉が降る。 エッフェル塔がそこには無いパリ。 『』に続き、監督+撮影の名を世界に轟かせた衝撃の性の問題作。 怪物的傑作。 の即興演出が楽しめ、暗い内容なので映像苦行のような様相も呈するが、『』の悦楽を待て。 これを観ずして映画史は語れぬ。 の撮影も忘れ難い。 第二次大戦後、ニューヨークからサハラ砂漠に、3人の旅行者が 訪れた。 ポート()とキット()の倦怠期を迎えた夫婦と、タナー()という魅力的な青年だ。 ポートとキットは、異国の地で何か新しい感情を発見できるかと彷徨うが、気持ちはすれ違うばかりだった。 更に、愛を求めて、ふたりは赤い大地に入り込んで行くが、その代償として、ポートは熱病に倒れてしまう。 その考え方は十人十色です。 [] 膨大になりますので、同じ原作(小説、戯曲、脚本、漫画等)を映画化したもの、要するにリメイク作品、は省きます。 (他のPOVを参照して下さい。 ) ニアミスの題名はモチロン、ココに入れます。 (面白いのがあります象〜。 ) 以下、アイウエオ順に分類して行きます。 その徹底的な演技指導の結果、引き出される俳優たちの迫真の演技。 特徴的なワンカット・ワンシークェンス(長回し)の手法により炙り出て来る無常観と、墨絵のように美しいモノクローム撮影。 これらにより、今なお彼の後期の代表作である『』、『』、『』、『』は世界映画史の大陸の中で燦然(さんぜん)と輝いている。 サイレント時代から監督を始め、「新派劇」、「ドイツ表現主義」、「探偵もの」、「怪談もの」、「傾向映画」、「時代劇」、「芸道もの」と多種多様な映画に挑戦し、栄光と挫折(スランプ)を繰り返しながら後期に上記の傑作群を創り上げた。 偉大な芸術家、の業績を年代順に辿って行きます。 (便宜上、時代を区分してみました。

次の

とらとら 虎々 お座敷遊び 歌詞の意味

す とら いく けん

志村けん 本名:志村康徳 しむらやすのり コメディアン、お笑いタレント、司会者、 ザ・ドリフターズのメンバー 1968年、いかりや長介の家に直接押しかけ弟子入りを申し出た。 1974年、荒井注が脱退し正式にザ・ドリフターズのメンバーとなった。 ザ・ドリフターズの冠番組であった 全員集合は志村けんが加入する前から人気番組で日本のお茶の間には欠かせない存在であった。 荒井注が脱退することになり、その後釜として当時無名であった志村けんをいかりや長介が大抜擢。 見習いという立場からスタートした。 当初は客からも全く受けず苦しみもがいた。 そんな苦しみもがいていた時期のある楽屋での出来事で、志村けんが、たまたま自身の出身の地である東村山音頭を口ずさんだのをきっかけに、いかりや長介がそれを見逃さず、ネタにすることを決定した。 そして実際に志村けんに全員集合でやらせてみた。 すると大反響を得ることが出来た。 それにより、志村けんは一躍時の人になることが出来た。 そして全員集合は新たな出発を開始することとなった。 その後は次々と新しいネタを生み出していき、言うまでもなく全員集合はモンスター番組となっていった。 1985年に全員集合は終了となってしまうも、志村けんのお笑い芸人としての人気はその後も更に加速し、新たな番組を次々に生み出していった。 そしてそれも全て大人気となっていき、誰もが認める国民的なお笑い芸人の地位を築いた。 今もなお、たくさんの人に愛されて止まない存在となっている。 【国】日本 東京都東村山市 【生】1950年2月20日 【没】2020年3月29日 享年70 心に響く言葉、志村けんの名言 ・僕はコントを考える時、自分が見たり聞いたりしたものから発想する。 ・誰もが思いつきそうなことを、人より鼻の差ぐらい先を見越して、現実化すればいいんだ。 鼻の差くらいがポイント。 それ以上先でも、それ以下でもダメ。 ・気取らないこと。 とにかく飾らない。 自分を大きく見せようとする段階で人は嘘をつくし、それはすぐに見破られるものですよ。 ・マンネリで大いに結構。 ほかの人はマンネリまでいかないじゃないですか。 定番があるのは全然恥ずかしいことじゃない。 ドリフも僕のバカ殿も変なおじさんも、必死でネタ作って、とことん何年もやり続けてきたわけだから。 みんなマンネリの域まで達してみろって。 ・非常識なことをするためには、まず常識を知らなきゃいけないんだよ。 ・分かる人には、演者が馬鹿で無い事くらいわかる。 むしろ利口ぶったり、文化人ぶったりするようになったら、芸人としておしまい。 ・古今東西、いつの時代も、自分が楽しいと思わない仕事からよい結果は生まれない。 ・オレはいつでも【個性は変人、常識は凡人】でいたいと思っている。 ・何もしてない奴が【じゃあ、お前ちょっとやってみな】って言われることはあり得ない。 ふだんから何かをやり続けているから、誰かの目にとまって声をかけられるんだ。 ・ムダなことでもなんでも知ってた方がいい。 知らないと損をすることはあっても、知ってて損をすることはないから。 ・いろんな人たちを遊びの場で見てきた。 思うのは、人生は不公平だってこと。 若い時からずっと恵まれている人もいる。 急上昇して急下降する人もいる。 人生の後半にピークを迎える人もいる。 ずっと恵まれない人もいる。 人生というゲームの勝ち負けに一定の法則がないことは、これを見ても明らかだろう。 ただし、ひとつ言えることがある。 ずっと恵まれてみえる人はみな必ず努力していることだ。 例外なくね。 ・最初から全力でいかな奴は、その時点で先がない。 ・マネして出来なきゃ、それは才能がない証拠。 ・グループの笑いというのは、全員が仲がよくないとうまくいかない。 ・コントは、1人きりでやる落語とはちょっと違う。 ドリフみたいにグループでいつも一緒にいる関係ならいいけど、僕と田代と桑野なんかの場合、毎日一緒にいるわけじゃない。 せいぜい週に2日。 それで当時は一緒にコントをやり始めたばかりだとなると、やっぱり一緒に飲みに行ったりしてワーワーやってあうんの呼吸でコントをできるようにならないとダメだ。 ・お笑いって基本的にあったかいものだとおもうんですよね。 ・仕事を楽しくするためには、男にしても女にしても好きな人が近くにいた方がいい。 だから僕は自分が好きな人を、まずゲストに呼んだり、レギュラーに加えたりする。 ・なんの仕事にしてもそうだと思うけど、本当に嫌だったら辞めればいい。 でも、辞めないってことは、自分が好きで選んだ道だということだし、やり遂げる責任を負うことになる。 だから少々嫌なことやつらいことがあっても、それは自分が我慢すればいいことじゃないかな。 ・みんなと同じだったら、一番楽だろう。 不安もなくなる。 でも、その代わり個性もないってことになる。 あいつは変わってる、と言われるのは光栄なことだ。 1回きりしかない人生なんだから、自分の好きなように、自分に正直に生きうようよ。 ・やっぱり子供たちにバカだと思われているのはいい。 お笑いをやってて、子供にまで【あれは芝居してるんだよ】なんて言われたら、みっともない。 バカだと思われてるってことは、そう【見える】ってことだから、演じてる者にとっては一番うれしい誉め言葉だ。 ・お笑いみたいなものでも、常識を知らないと本当のツボというものがわからない。 常識は基本線で、お笑いはその常識という基本線をひっくり返すところで、コントとして成り立っている。 だから、笑えるワケよ。 お笑いに限らず、営業をバカにする奴に、常識を超えたことは絶対に出来ない。 まとめ いかがでしたでしょうか? 私は小学生の時、全員集合を毎週欠かさず見ていました。 私の中でのお笑いの原点は全てここにあります。 そしてそれはこれからも変わることはないです。 今までの私の人生を通しや志村けんのコント以外にもそれなりに面白いコントもたくさん見てきてはいますが、どうしてもドリフや志村けんを超える芸人はいないなと感じています。 やっぱりお笑いは、人をただ単に笑わせるという事だけでなく、心の底から幸せにしてくれるものでなくてはダメなんです。 いかにも作った感があるようなものではダメなんです。 その芸人の人間の深さを感じられるものでなければダメなんです。 私だけかもしれませんが、最近は人を馬鹿にしたり陥れたりイジメたりしているような感じで笑いを取っているコントが多い気がします。

次の