高齢出産。 高齢出産の子供は幸せなのか?子供が直面する現実とは・・・

高齢出産への偏見について。悪い情報ばかり鵜呑みにして妊婦を傷つけ...

高齢出産

私が息子を産んだのは40歳ちょうど。 高齢出産どころか超高齢出産のハイリスク妊婦でした。 普通の産科クリニックでは受け入れてもらえず、その時住んでいたエリアでたった1つの総合病院しか受け入れてくれる産科がないほど、およそ 想像していたマタニティライフとかけ離れた現実。 息子の出産後2人目を考えましたが結局出来なかったので、きっと息子を出産した時点で結構ギリッギリだったのだと思うんです。 子供を産む事が出来て、例えようのない充実感があり、それまで殺伐としていた私の人生に訪れた最大の幸福だと実感しています。 が!! しかし!!!!! 高齢出産が当たり前になった今だからこそ言います。 高齢出産を平然と綺麗なもののように語り、さもメリットだらけのように語るマスメディアに異議あり! ぶっちゃけ高齢出産のメリットなんて2つしかないですよ。 高齢ママだから子育てがキツイとか、周りのお母さんについていけないとか、そういうのは正直感じません。 そういう事ではない、もっと深いところ。 差別だとか権利だとか言う以前に、高齢出産をした私だからこそ感じる事があります。 子どもが大切だからこそ思う事があります。 断言します。 それは収入が上がり切る前という理由だけでなく、若い頃は色々な事に興味がある頃だし、自分を着飾る事に力を注ぐ年齢だということ。 ようやく親元を離れ『自分だけのために』生きたい年頃でもありますよね。 収入がまだ平均的に低いという事もありますが、あればあっただけ使いたくなる。 しかもまだ先の長い将来についてより、今現在の興味にお金を遣いたい、そんな時期ですよ20代って。 30代40代と歳を重ねるごとに、普通で行けば収入は増えて行きます。 若い頃からしっかりと貯蓄をしていた人は歳を重ねるごとに貯蓄は増えて行くし、私のように若い頃考えなしに稼ぐだけ稼いで遊びほうけた人間も、それなりに年齢に応じた収入になっていき、夫が同年代だった場合も同様。 だから高齢出産は経済的余裕があるケースが多い。 20代などの若い頃に、もう十分すぎるほど自分の希望通りに自分のためだけに生きて来たので、 「自分のために時間を使う」「自分のために稼ぐ」といった自己実現には飽き飽きしている状態なんですよね。 私の場合は特に、自分のしたい事だけをして生きてきて、そして子供をもうけました。 その存在が、今まで手に入れてきた物全てを無価値に見せるほど尊いという事を、初めて身をもって知ります。 高級な持ち物も、若く保とうとした外見も、ステイタスや何から何までひっくるめて、子供の前ではかすんで見えるんです。 こんなにかけがえのない大切な物があるという事を、アラフォーにして初めて知るのですよ。 だから子育てをしていて『私はこんなに我慢しているのに!』という不満があまり沸かない。 『私だって自分の好きなことをしたいのに!』 『ママである前に私は私!』 …といった類の感情もあまりない。 着飾る事もおしゃれなランチも、全部若い頃にやりつくしましたしね。 私は着飾って若いふりをしてハイヒールを履いていた頃、言い方悪いですが…髪を振り乱して子供を追いかけまわしているお母さんが、ちょっと羨ましくもありました。 私は1度は子供を持てない人生を想定した身なので、あちら側の人がめっちゃ輝いて見えていたんです。 だって、絶対に必要とされているんですよ?お母さんていう人は。 当時の私なんてね、私を好きでいてくれる人が何人いたって、それはあくまでも好きなだけであって、私自身を絶対に必要としているわけじゃないんですよね。 いつだって居なくなれるし、いつだって相手を変えられる。 それは私自身も同様。 本当の意味で『絶対に失いたくない』人などいませんでした。 そんな孤独感を常に感じていた訳なのです。 子どもを産んだら、そんな孤独を感じていた自分ではなくなって、変な話なんだけど自分に凄く自信が産まれたのですね。 もちろん、その時々で子に手を焼いてヒステリーになる事もあるけれど、 自分自身の事はやり尽くしてきたから精神的余裕があるんです。 経験者が語る、高齢出産のデメリット「これが現実」 高齢出産のデメリットというとハンディキャップのある子供が産まれる確率が上がるとか、そういう情報は沢山ありますので、今回はその辺は割愛します。 ここからは 私が実際に子育てをしていく中で感じた高齢出産のデメリットです。 これに当てはまる人ばかりではないけれど、今産むか後で産むか悩んでいる方にぜひ目を通して欲しいです。 高齢出産は産後のリカバリーに時間が掛かる 誰なの? 「お母さんの体調が戻るまで数ヶ月から半年ほどかかります」 とか言った人w 高齢出産はね、回復まで半年どころじゃありません。 少なくとも1年は引きずりますよ。 免疫力も低下してくる年齢だし、回復力も若い頃より遅い。 傷の治り、遅くないですか? 出産は満身創痍です。 傷の治りが遅ければ回復だって遅い。 それどころか、 体質自体ガラリと変わってしまうケースもあります。 若い人でも体質が変わりがちな出産ですが、高齢出産ともなると本来もう少し後で出てきても良さそうな身体の不調が前倒しで来ちゃったりね。 しかも肌の乾燥が進み【老人性皮膚そう痒症】なるものまで経験。 更に肝斑もひどい。 30代から40代の女性に多い肝斑ですが、妊娠出産をきっかけに濃くなり、そしてただでは治らない。 更に更に、 産後ちょっと落ち着いたと思ったら若年性更年期っぽい症状に悩まされる、なんていうダブルコンボパターンもありえます。 腰痛は子育て由来なのか年齢由来なのかもはや判断つかない状態。 どこも痛くない状態で朝目覚める事がまずないです。 高齢出産は祖父母の手を借りる事が難しい これはご家庭によって違うとは思うのですが。 我が家の場合、義父は息子が産まれる5年前に亡くなっています。 唯一息子にとっての祖父だった私の父も、息子が生後4ヶ月の時に肺癌で亡くなりました。 私が出産した頃、父は余命数ヶ月の状態で気休めの抗がん剤治療の真っ最中だったんです。 それもあって、私は里帰りをする事も、母に頼る事もなく産褥期を過ごしました。 仮に父が病気でなく健康であったとしても、当時の両親の年齢は既に60代半ばを超えており、 自分の親世代がそもそも金銭的にも体力的にも援助を見込むのが難しい世代になってきますよね。 シックスポケットという言葉がありますが、我が家はシックスどころかほぼワンポケットですからね。 高齢出産の場合、 何かの時に頼れる親はいません。 そもそも子どもの祖父母が他界しているケースも 親が40代だとその親は60代70代が多いですよね。 中にはもう亡くなる人も出始める年代。 息子の場合、祖父が2人ともいません。 写真すら、私の父が亡くなる前に撮ったほんの数枚しかありません。 普段は特に何か感じることはありませんが、時々息子に言われることがあるんですよね。 「ボクも、おじいちゃんと遊びたかった」って。 息子はおじいちゃんは病気で亡くなったという事を理解しています。 でもやっぱり記憶はないし、特に夏休み後に、同じクラスの子がおじいちゃんちに行ったと聞くと羨ましがりますし、年少の夏休み後は泣かれてしまいました… そういう時、その 息子の姿を見て私が思う事と言えば「もっと早く産んであげたかったな」という事なんです。 普通に考えたら、私が高齢のあの時授かったから息子を産めたのであって、もしも若い頃に子を授かったとしても息子が産まれてくるとは限らないのに、やっぱり 「早く産んであげていればおじいちゃんとも遊べたのにごめんね」という気持ちになるのです。 高齢出産最大のデメリットは【自分の命の残りが少ないこと】 私は今45歳です。 息子が20歳になる時、私は60歳です。 『一緒にいたい』というのとはちょっと違うのですが、一番切ないのが、 子供の人生を見ていられる時間が他のお母さんより短い これですね。 息子もいつか結婚をして子を持つとしますよね。 今は晩婚の時代なので息子が結婚をするのが30歳として、私は70歳。 その後息子に子供が産まれるのを35歳と仮定すると、私は75歳。 いくら今のお年寄りは若いとはいえ、70代になったら元気だという保証はないですし、癌家系の我が家ですから、癌の1つや2つなってそうな年齢です。 仮に父が亡くなった67歳を自分に置き換えて考えると、私が67歳の時、息子は27歳の若い盛りですよね。 27歳って言ったら、私なんて親に頼りまくりの頼りまくりでした。 でももしかしたら 息子は1人で人生の荒波の殆どを親に頼れずに乗り越えていかなくてはならないかも知れません。 うーん、1人ならまだマシですね。 もしかしたら私か夫か、最悪2人同時に介護が必要になっているかも。 そうなると、そんな男性のもとに嫁に来てくれる人・・・・・・いますかね。 お嫁さんが来ないと息子、どうなるでしょう。 1人で生きていく事になりますよね。 兄弟姉妹もいないから、誰にも頼れることなく1人で。 本音を言うと、夫になる息子を見たいです。 孫を見たいとまでは思いませんが、父になる息子を見たいです。 でも自分、何歳まで健康でいられるんだろう? いつまで息子を見守ってあげられるんだろう? 息子が本当に頑張っても頑張ってもどうしようもない時に、手を差し伸べてあげられないかも知れないのです。 それどころか、むしろ自分が息子の人生の足枷になる可能性すらあります。 息子には幸せになって欲しいです。 出来る事なら余計な苦労をせずに。 その為に 親である私が出来る事があまりにも少なすぎて、時間が足りなさ過ぎて愕然とします。 これが、高齢出産の現実。 今、育児が孤独で悩んでいる、若いお母さんに伝えたいこと 育児って孤独ですよね。 いくら仲の良い友達がいたとしても、子育ての悩みを本当に共有できる人は少ないし、寄り添ってくれる人も少ない。 若い頃に子供を持つと、周りはまだ自由に遊んでいて、可愛い服を着て綺麗にメイクをしてる。 自分だけが取り残されたような気持ちになる時もあるし、自分がしたい事が出来なくて、自信もなくなってしまったり。 自分が高齢出産をして過去を振り返った時、私が遊びほうけていた頃に子供を産んで四苦八苦していた友人の心に、全く寄り添ってあげてなかったんだという事がわかって、自分が恥ずかしくなりました。 私は高齢で子どもを持ち、人生の経験は年齢の分豊富なはずなのに、それでも孤独で思い悩む事ばかり。 若いお母さんたちはこんな経験を若いうちになさっているですよね。 そう思うだけで、本当に頭が下がるのです。 貴女の選択は間違ってないです。 子育てを終えて30代40代で出来る事、たくさんありますよ。 これから高齢出産をするあなたに伝えたいこと これから高齢出産を迎えるあなたに、私が経験してこれだけは準備をしておいた方が良いと思う事をお伝えしておきますね。 まず私が 高齢出産で1番大切だと思う事は お金です。 いらやしい話ですか? お金がなくても愛情さえあれば乗り越えられるでしょうか。 私たちには時間がありません。 そして産まれてくる子が私たち親に頼ることが出来る時間も、他の子よりずっと短いという事を忘れてはなりません。 同級生が30歳になってもまだ親の援助や手を借りられるその時、我が子はもう私たちの介護をしているのです。 子どもに負担を強いないためには、やっぱりお金が大切なのですよ。 お金だけでは生きていけません。 でも お金があれば多くの事を解決できます。 そうわかっていても、そうそう簡単にお金を増やす事なんて出来ないんですよね。 …とここで「こうすれば主婦でも隙間時間でこつこつお金を稼げますよ~」みたいなのを紹介するんでしょうけど、私はそういうのを知らないのでw せめて助言できるとしたら保険を適宜見直しておく事ですね。 我が家はせめて保険だけでも見直しをして、いざという時の備えにしました。 後回しにすればするほど損をします。 別の記事に保険の事をまとめましたのでお読みくださいね。

次の

高齢出産のリスクは?年齢は何歳から?

高齢出産

高齢出産の年齢には諸説ありますが、現状では35歳以上での出産がひとつの目安とされています。 女性の晩婚化を背景に、高齢出産が珍しくなくなっている状況です。 ここでは、高齢出産の定義と背景についてお伝えします。 また、高齢での出産を目指す方が妊娠中に意識したいポイントもご紹介しますので、今後の妊娠出産に備えてご一読ください。 大切な母子の健康のために妊娠後はできることに取り組みましょう。 高齢出産の定義と現状 そもそも、何歳ごろから高齢出産となるのでしょうか。 また、国内において高齢出産はどのような状況にあるのでしょうか。 まずは高齢出産の基礎知識をご紹介します。 高齢出産の年齢の定義 現状、一般的に35歳以上での出産は高齢出産であると考えられています。 従来は30歳を過ぎると高齢出産と見なされることが多かったようです。 それに対して、公益社団法人日本産科婦人科学会では、35歳以上が高齢出産であると定義付けられています。 よく耳にする「高齢出産」という言葉ですが、その出産年齢の定義は時代とともに変化しています。 高齢出産の現状 厚生労働省の調査によると、第一子の出生年齢は上昇傾向にあります。 国内における第一子の出生年齢は、平成28年時点で30. 7歳、平成7年時点では27. 5歳でした。 第一子の出生年齢は、21年前の数値と比較して3. 2ポイント上昇している状況です。 このように高齢出産が珍しくなくなった背景として、女性の晩婚化が挙げられます。 女性の晩婚化は、平均初婚年齢の推移から読み取れます。 厚生労働省の調査では、平成28年時点で妻の平均初婚年齢は29. 4歳、平成7年時点での平均初婚年齢は26. 3歳でした。 こちらは21年前の数値と比較して3. 1ポイント上昇しています。 女性の初婚年齢は年々高まりつつあり、そこには女性の社会進出の進展が関係していると考えられます。 多くの女性が就職する昨今では、キャリアと出産について悩む方が少なくありません。 仕事でキャリアアップする時期が、妊娠適齢期に重なることが多いためです。 また、なかには職場への影響を懸念して、出産に伴う長期休暇を取りづらいと考える女性もいます。 このような女性の社会進出と高齢出産の関係は、現状の大きな課題といえるでしょう。 【出典】 高齢出産のリスク 高齢出産をすると、20代での出産と比べて母親や赤ちゃんへのリスクが高くなると考えられています。 さらには、経済面での負担も考慮したうえで選択が求められます。 母体へのリスク 高齢出産では、20代での出産に比べて早産・難産・流産のリスクが高くなると考えられています。 その理由のひとつとして、卵子の老化による影響が挙げられます。 また、母親が妊娠合併症になる可能性も考慮するべきでしょう。 妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの合併症になれば、健康状態への影響も無視できません。 また、子宮口が十分に開きにくくなるおそれもあり、母体にかかる負担が大きいといえます。 胎児への影響 高齢出産では、胎児が障害を持つ可能性があります。 卵子の老化による染色体異常や、遺伝子異常などが主な原因として考えられています。 ダウン症の子どもの出生率が高くなるという見方もあり、自分だけでなく赤ちゃんへの影響も視野に入れる必要があるでしょう。 経済面での負担 高齢出産には、母子へのリスクや影響のほかに、経済面での負担も懸念されています。 家計の状況に対して教育費や養育費の負担が大きくなるおそれがあるためです。 たとえば、保護者の退職後に収入が低下するとき、子どもの学費をはじめとした高額な費用が必要になるケースがあります。 計画的な貯蓄をするなど十分な対策を採ることが重要です。 高齢出産のリスク軽減のために妊娠後にできること 高齢出産のリスクを軽減するため、妊娠後にできることをお伝えします。 妊活で授かった命を育むうえで、妊娠中は以下のポイントを参考にお役立てください。 食事に気を使う 妊娠中は栄養バランスの取れた食事を徹底しましょう。 特に、葉酸やビタミンDを豊富に摂取するよう心がけてください。 葉酸は胎児の脳・神経管・心臓などの形成に役立つとされ、ビタミンDは妊娠合併症などの予防につながると考えられています。 一方で、糖質の過剰な摂取を控え、妊娠糖尿病などを予防することが大切です。 規則正しい生活を送る 妊娠後は規則正しい生活を送りましょう。 可能であれば、妊娠前から生活リズムを整えるための準備ができると理想です。 1日3食きちんと食事を摂り、朝は決まった時間に起床するよう心がけます。 また、十分な睡眠時間を確保するために、夜は早めに就寝してください。 日中はウォーキングやストレッチのように軽い運動を取り入れ、血行を促しましょう。 ストレスを解消する 妊娠後はストレスを解消するための工夫を行いましょう。 日常生活では身の回りの方に協力していただき、仕事や家事の負担をできるだけ減らしたほうが安心です。 また、散歩をしたり音楽を聴いたりして、気分をリフレッシュすることをおすすめします。 親しい方と話す時間や、趣味や好きなことに取り組む時間を設けるのも良いでしょう。 出生前診断を受ける 妊娠後は、「羊水検査」「絨毛(じゅうもう)検査」「NIPT(新型出生前診断)」などの出生前診断を受ける選択肢があります。 特にNIPTは検査の精度が高く、母体に与えるリスクを抑えやすいのが特徴です。 診断は採血により行われます。 平石クリニックでは、年齢制限なくNIPTを受けていただけます。 検査は平日だけでなく、土日祝日も実施。 全国38医院のネットワークを持っているため、遠方の医院まで向かう必要がございません。 ぜひお近くの医院をご利用ください。 また、当院はアフターフォローが充実しています。 万が一「陽性」の結果が出た際は、確定検査である羊水検査を実施する選択肢がございます。 検査を望む場合、費用は当院が全額負担いたしますのでご安心ください。 出生前診断では、妊婦さんに心理的な負担がかかります。 当院には認定遺伝カウンセラーが在籍しており、患者さまには無料の電話相談をご利用いただけます。 検査前や検査後、専門家との相談が必要なときは、どうぞお気軽にお問い合わせください。 平石クリニックのNIPTには年齢制限がありません 女性の晩婚化を背景に、高齢出産を選択する方が多い状況です。 高齢出産は、母子にもリスクや影響が懸念され、妊娠後は出生前診断を受ける選択肢があります。 平石クリニックのNIPTには年齢制限がございません。 高齢出産で出生前診断をご検討中の方は、全国38院のネットワークを持つ当院までお気軽にご相談ください。

次の

【高齢出産】高齢出産のリスク(ダウン症)

高齢出産

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 女性の社会進出が進むにつれ、晩婚化などの影響で高齢出産になる夫婦も増えてきました。 「高齢出産にはリスクがある」と耳にしたことがある人もあると思いますが、一体どんなリスクが潜んでいるのでしょうか。 今回は、高齢出産がよりよいものになるように、高齢出産の年齢は何歳からかや、母体と胎児へのリスクなどについてご紹介します。 高齢出産の年齢は何歳から? 日本産科婦人科学会の定義では、35歳を過ぎてからの初めての妊娠のことを「高齢妊娠」といいます。 そのため、35歳以上の出産を広く「高齢出産」ということが多いようです。 2009年の調査によると、全分娩に対して、35歳以上の分娩が22. 5%以上、40歳以上の分娩は2. 高齢出産のリスクとは? 高齢妊娠や高齢出産の場合、母体と胎児に様々なリスクを伴います。 ここでは、代表的な4つのリスクをご紹介します。 妊娠しにくくなる 年齢を重ねると精子や卵子の働きが弱くなり、受精や着床が難しくなってしまいます。 25~29歳では不妊の確率が8. 9%なのに対し、30~34歳では14. 6%、35~39歳は21. 9%、40~44歳では28. また体外受精などの妊娠率も、20代は41. 5%なのに対し、35~39歳では32. 0%、40~44歳で18. 9%、45歳以上で5. 避妊せずに性行為をしてから1年経っても妊娠しないときには、不妊治療を行っている産婦人科の医師に相談してみましょう。 年齢によっては、妊活の開始とともに産婦人科に相談するのもいいかもしれません。 関連記事 高齢出産で後悔しないためにもリスクを知っておこう 若い頃は仕事やプライベートで一生懸命になっていて、「妊娠・出産のことはよく考えていなかった」という男性や女性は多くいます。 年齢を重ねてから子供が欲しいと思うのも、不思議なことではないですよね。 ただ、高齢出産のリスクをよく知らずに妊娠・出産を迎えて、様々なリスクに驚いてしまう人がいるのも事実です。 高齢出産で後悔しないためには、まずはリスクに関する知識をきちんと身につけることが大切です。 起こり得るリスクを事前に知ったうえで、妊娠や出産にどう臨むべきなのか、パートナーとよく相談しましょう。 また、ホルモンバランスを整えるために食生活を改善する、適度な運動を続けて体力をつける、胎児の神経管閉鎖障害を予防するために厚生労働省が推奨する葉酸サプリを摂取するなど、高齢妊娠であるからこそ、生活習慣の改善や体調管理により一層取り組むことが大切です。 頑張り過ぎは禁物ですが、健康的な生活を心がけることで、リスクをできるだけ減らせるようにしたいですね。

次の