青梅 市 災害 情報。 青梅市地域防災計画(令和元年度修正)

東京都青梅市

青梅 市 災害 情報

東京消防庁災害情報案内: 東京都青梅市 [事故・火事] 東京消防庁災害情報案内: 東京都青梅市 [事故・火災]• 東京消防庁では電話による災害発生状況や救急病院の案内を行っています。 他にはWEBによる情報公開もあります。 民間のメールサービスによる災害などの案内でも東京消防庁の出場状況がわかる場合もあります。 他にはツイッターで一般市民の書き込みによる情報を検索して把握することも可能といえます。 東京消防庁ではすべて職員さんが対応し照会に応答していただいていますので 災害発生場所を伝えて対応していただけます。 都民の方がサイレンを聞いた場合の問いあわせ先ですので場合によっては混み合います。 消防車などの緊急自動車が緊急走行している場合、場所を伝えて回答していただくことが可能ですが 救急車やポンプ車が1〜2台程度の場合は災害ではなくPA連携などの場合もありますので この場合は各消防署に問いあわせた方が回答が早い場合があります。 WEBでの災害告知案内は他の消防本部では平常時から行われていますのでシステム的には可能と思われます。 都民の希望や要望がない限り変わらないと思われますので、都庁や東京消防庁に下記のように要望してください。 「他の自治体同様、東京都でも消防車の出場状況がWEBで確認できる方法を利用して欲しい」と。 なお、予算獲得のためには都民からの要望が必要です。 消防車両が出場しない災害や事故の場合もあります。 鉄道通知メール 京浜東北根岸線 運転見合わせ 18:54頃、蒲田〜大森駅間で発生した人身事故の影響で、運転を見合わせています。 火災通知メール 火災発生:江東区【東京都】 21日18:03頃、江東区若洲2丁目で火災が発生している模様です。 停電通知メール 渋谷区の一部地域で停電 東京電力によると、停電が発生しました。 主に一般の方が、現場に遭遇して実況報告や現場画像を投稿しています。 検索キーワード 自治体からのツイッター発信は地域により異なります。 火災や事故であれば報道ヘリが取材している状況もあります。 何が起きているかは画面からはわかりません。 なお、表示される機体は機種名のみでテレビ局名は表示されていない場合もあります。 火災以外に事件や事故などの情報もある場合があります。 東京都青梅市 付近にある消防署は管轄から判断してください なお、実際に災害が発生している場合は各消防署は多忙でので 必要ではない問い合わせはご遠慮ください 情報照会:No. 情報照会:No. 375689.

次の

青梅市の大雨警戒情報

青梅 市 災害 情報

概要 [ ] 東京都西部の西多摩地域最大の市。 、、と共に東京のの一つに指定されている。 とにまたがり、中部をが東流する。 はので、のとして発達。 その後、のが通じた。 古くからが盛んで、、として知られ、前まで夜具地を多産した。 山間部ではが盛ん。 市域東部には40年代にが造成され、関連産業の進出や市街地の既存工場の移転が進められている。 、は有名。 、、、があり、西部はに属する。 に始まった()には、海外からも含めて約15,000人が参加するマラソン大会となっている。 地理 [ ] 多摩川が関東山地から武蔵野台地に流れ出る部に発達したが、青梅市街の原型である。 市域のほぼ中央を多摩川が西から東へ貫流し、北部には(水系)の支流である霞川と成木川が、やはり西から東へ流れている。 おおむね東部の平地から西部にかけて・と変化している。 標高は西端の多摩川右岸にあるのの1,084mが最高地点、最低地点は市域の北東に位置するの両郡橋下流で103. 5mである。 歴史的には青梅街道のであるが青梅市のほぼ中心に位置する古くからの市街であり、現在の周辺である。 しかしながら、多摩川と、に挟まれた青梅駅周辺はそれほど土地が広くないのに比べ、開けたにある周辺などの青梅東部は開発が容易であり、商業地や人口の増加が進んでいる。 一方、東部以外の北部、西部、南部は丘陵や山地であり、開発はあまり進んでいないが、東京都内でも有数のハイキング等のとなっている。 1989年(平成元年)撮影の青梅市中心部周辺の空中写真。 1989年撮影の16枚を合成作成。 を基に作成。 はとが混じっており、冬は都心と比べ寒く、1月・2月のはほぼ毎日を記録する。 冬場の気温はとは大きな開きがあり、は珍しくない。 2018年1月27日には地点として観測開始された1976年12月以来の過去最低となる-9. 3度を記録している。 かつて存在した市営御岳スケート場では真冬には天然の屋外として知られ、氷点下20度を下回る冷え込みになる事もあったという。 一方、夏は暑く、7月23日には日本歴代6位、東京都内の観測地点では最も高い40. 8度を記録している。 ただし、の統計データによると、の日数は少なく、2007~2017年までの10年間で熱帯夜を記録したのはわずか21日で、東京に比べて夏の夜は過ごしやすい。 3 64. 9 24. 0 75. 2 27. 6 81. 7 32. 7 90. 9 34. 7 94. 5 37. 0 98. 6 40. 8 105. 4 38. 1 100. 6 36. 8 98. 2 33. 2 91. 8 26. 4 79. 5 26. 2 79. 2 40. 8 105. 8 47. 8 9. 4 48. 9 12. 5 54. 5 18. 4 65. 1 22. 5 72. 5 25. 0 77 28. 8 83. 8 30. 4 86. 7 26. 1 79 20. 7 69. 3 15. 7 60. 3 11. 3 52. 3 19. 1 66. 8 37 3. 7 38. 7 6. 9 44. 4 12. 6 54. 7 17. 0 62. 6 20. 4 68. 7 24. 1 75. 4 25. 5 77. 9 21. 6 70. 9 15. 9 60. 6 10. 2 50. 4 5. 3 41. 5 13. 8 56. 5 27. 7 28. 9 1. 6 34. 9 7. 0 44. 6 12. 0 53. 6 16. 5 61. 7 20. 4 68. 7 21. 6 70. 9 18. 0 64. 4 11. 8 53. 2 5. 4 41. 7 0. 1 32. 2 9. 2 48. 3 15. 2 15. 4 18. 5 27. 5 3. 5 38. 3 8. 9 48 12. 5 54. 5 15. 0 59 8. 0 46. 4 1. 4 34. 5 25. 8 19. 3 15. 3 mm inch 44. 2 1. 74 48. 5 1. 909 89. 6 3. 528 108. 9 4. 287 120. 0 4. 724 161. 5 6. 358 183. 1 7. 209 227. 7 8. 965 237. 1 9. 335 170. 0 6. 693 78. 0 3. 071 39. 3 1. 547 1,507. 8 59. 0 mm 4. 5 5. 3 9. 6 9. 6 10. 8 13. 1 13. 5 11. 2 13. 1 10. 4 6. 8 4. 1 112. 1 平均月間 186. 1 175. 0 172. 1 177. 4 167. 4 119. 5 136. 5 166. 2 122. 2 133. 3 152. 2 180. 6 1,888. 6 出典: 平均値:1981年-2010年、極値:1976年-現在 隣接自治体 [ ]• 南東 - 、• 東 -• 北 - 埼玉県• 西 - 西多摩郡• 南 - 西多摩郡、• なお、西多摩郡とは付近で近い距離にある。 奥多摩町、あきる野市の境界を挟んで約300mしか離れていない。 平成の大合併 [ ]• 西多摩郡奥多摩町 : 財政面で断念• : 財政面で断念 実現すれば、東京都のはの西多摩郡瑞穂町と埼玉県のケース以来であった。 山梨県北都留郡 : 財政面で断念 歴史 [ ] 年表 [ ] 青梅市の年表• (27年) - 青梅鉄道(現在の)が開業。 (26年) - 、、が合併して市制施行、 青梅市となる。 1951年(昭和26年) - 初の青梅市議会開会。 1951年(昭和26年) - 青梅市事務所開設。 (昭和27年)5月 - 青梅市発足。 1952年(昭和27年) - 青梅市発足。 (昭和28年) - のできる市として指定される。 (昭和29年) - 第1回モーターボート競走実施。 1954年(昭和29年) - 発足。 (昭和30年) - 全市に。 1955年(昭和30年)4月1日 - 、、、を編入。 1955年(昭和30年)10月 - 青梅市初の実施。 1955年(昭和30年)11月 - 、初の名誉市民となる。 (昭和31年) - 財政運営がとなり、の適用を受ける。 (昭和32年) - 青梅完成、自動電話開通。 1957年(昭和32年)6月 - 川合玉堂が逝去。 1957年(昭和32年)11月 - 開院。 (昭和33年)4月 - 世界連邦平和都市宣言。 (昭和34年)3月 - の成婚記念植樹が吹上峠で行われる。 (昭和35年)3月 - 地方財政再建促進特別措置法解除。 (昭和36年)10月 - 、良子(ながこ)皇后()、へ行幸啓。 1961年(昭和36年)11月 - 庁舎落成。 (昭和37年)5月 - 〜間、東青梅駅〜間単線自動化開通。 1962年(昭和37年) - 逝去、名誉市民となる。 (昭和39年)10月 - 大会のリレーが市内を走る。 (昭和40年) - 国民健康保険被保険者全員7割給付。 1965年(昭和40年)3月 - 新場、二ツ塚に完成。 1965年(昭和40年)9月 - (現)と提携。 (昭和41年)10月 - 青梅市民会館完成。 1966年(昭和41年)11月 - 市の鳥()制定。 1966年(昭和41年)11月 - 『定本市史青梅』発刊。 (昭和42年)7月 - 市営釜の淵公園オープン。 1967年(昭和42年)11月 - 、市内聖明園を訪問。 (昭和43年)1月 - ダストボックスによるごみ収集開始。 1968年(昭和43年)6月 - 交通災害共済制度発足。 (昭和44年)5月 - 市営墓地公園、長淵に完成。 1969年(昭和44年) - 大塚山公園に100年後のに送るを埋設。 (昭和45年)6月 - 市内で休日診療を開始。 1970年(昭和45年)9月 - 青梅駅前改造事業の起工式挙行。 1970年(昭和45年)9月 - 三ツ原地区実施。 (昭和46年)4月 - 開校。 1971年(昭和46年)7月 - に市民オープン。 1971年(昭和46年)9月 - 根ヶ布に完成。 1971年(昭和46年)10月 - 青梅市総合長期計画策定。 1971年(昭和46年)11月 - 福祉・教育両センター開館。 (昭和47年)2月 - 城前土地区画整理完了。 1972年(昭和47年)4月 - 大門市民館・・完成。 1972年(昭和47年)7月 - 都市計画公園「わかぐさ公園」が完成。 (昭和48年)1月 - 第1期工事着工。 1973年(昭和48年)4月 - 青梅市立四中学校、青梅市立五中学校が統合し、青梅市立西中学校が開校。 1973年(昭和48年)4月 - 開校。 1973年(昭和48年)12月 - 国民健康保険、高額医療費の支給制度始まる。 (昭和49年)4月 - 開校。 1974年(昭和49年)5月 - 郷土博物館開館。 1974年(昭和49年)7月 - 年中無休の大門診療所開設。 (昭和50年)4月 - 開校。 (昭和51年)4月 - 開校。 1976年(昭和51年)11月 - 市民憲章、市の花()、市の木()制定。 (昭和52年)2月 - 第11回参加者が10,000人を超える。 1977年(昭和52年)4月 - 水道事業、都営水道に一元化される。 1977年(昭和52年)4月 - 長淵市民センター完成。 1977年(昭和52年)4月 - 開校。 1977年(昭和52年)6月 - 高齢者事業団発足。 (昭和53年)4月 - 、開校。 1978年(昭和53年)5月 - 公共下水道併用開始。 1978年(昭和53年)7月 - 東原公園プールオープン。 (昭和54年)7月 - 風の子・太陽の子広場開場、小学生の絵がタイムカプセルに収められる。 1979年(昭和54年)9月 - 小曾木市民センター完成。 1979年(昭和54年)10月 - 福祉事業団発足。 1979年(昭和54年)10月 - 青梅駅前に平和の像建立。 1979年(昭和54年)11月 - 福祉作業所開所。 1979年(昭和54年)11月 - 郷土博物館の庭に旧宮崎家復元。 (昭和55年)2月 - 総合病院救急医療センター開始。 1980年(昭和55年)4月 - 開校。 1980年(昭和55年)6月 - 成木市民センター完成。 1980年(昭和55年)10月 - 総合体育館完成。 1980年(昭和55年)10月 - 皇太子夫妻が訪問。 1980年(昭和55年)11月 - 昭和天皇、良子皇后行幸啓。 (昭和56年)4月 - 青梅市立新町中学校開校。 1981年(昭和56年)7月 - 東青梅市民センター完成。 1981年(昭和56年)10月 - 交通公園完成。 1981年(昭和56年)10月 - 30日、市のが10万人となる。 (昭和57年)10月 - 三ツ原工業団地完成。 1982年(昭和57年) - が制定。 (昭和58年)2月 - 老人保健制度スタート。 1983年(昭和58年)4月 - 青梅市立泉中学校開校。 1983年(昭和58年)9月 - 西多摩地域広域行政圏協議会発足。 1983年(昭和58年)12月 - 初の青梅市芸術文化奨励賞授与。 (昭和59年)3月 - センター完成。 1984年(昭和59年)10月 - 青梅市立オープン。 (昭和60年)3月 - 10人をボッパルト市へ。 1985年(昭和60年)4月 - 渓流、日本名水百選に選定される。 1985年(昭和60年)4月 - 河辺市民センターオープン。 1985年(昭和60年)5月 - 花木園、健康センターオープン。 1985年(昭和60年)7月 - 新町市民センターオープン。 1985年(昭和60年)11月 - 、健康センターで開始。 (昭和61年)4月 - 市内梅郷在住のがに認定される。 1986年(昭和61年)9月 - 住民記録が化される。 (昭和62年)3月 - 青梅市立六小御岳分校閉校、109年の歴史を閉じる(明治10年開校)。 1987年(昭和62年)3月 - 初の(多摩秀作美術展)開催。 1987年(昭和62年)4月 - に発足。 1987年(昭和62年)5月 - 、自立センターオープン。 1987年(昭和62年)9月 - 初の英語指導助手導入。 1987年(昭和62年)10月 - 中央図書館オープン。 (昭和63年)5月 - ふれ愛タウン都市美懇談会発足。 1988年(昭和63年)12月 - JRに登場。 (平成元年)5月 - 第42回東京都山の植樹祭が永山で行われる(東京都知事来場)。 1989年(平成元年)5月 - ふれ愛タウン都市美懇談会報告書まとまる。 1989年(平成元年)6月 - 市役所など第2・4が閉庁になる。 1989年(平成元年)6月 - 福祉センター場のが「スイート・プラム」に決定。 1989年(平成元年)7月 - 青梅駅前修景工事完了。 1989年(平成元年)7月 - 12万人目の市民誕生。 1989年(平成元年)10月 - 河辺駅北口に世連青梅支部が平和像、「平和のよろこび」を建立。 1989年(平成元年)11月 - の保護条例(青梅市電子計算組織にかかる個人情報の保護に関する条例)が施行。 1989年(平成元年)11月 - 青梅市の103. 26 km 2に修正。 1989年(平成元年)11月 - 住江町に舗道完成。 (平成2年)2月 - 榎戸米吉市民葬。 1990年(平成2年)4月 - を設置。 1990年(平成2年)4月 - 地方交付税不交付団体に(平成元年度)。 1990年(平成2年)4月 - 新棟(南棟)オープン、伝染病棟併設。 1990年(平成2年)5月 - 河辺駅南口に「マラソン・ふれあい広場」完成。 1990年(平成2年)9月 - 青梅マラソンイメージソング「春呼ぶ祭典(まつり)」、の「おうめくん」が決定。 1990年(平成2年)10月 - 青梅市総合長期計画基本構想決まる。 1990年(平成2年)10月 - ボッパルト市と姉妹都市提携25周年。 1990年(平成2年)12月 - 青梅キャンパス校舎建設起工式。 (平成3年)2月 - 第25回記念青梅マラソン大会。 1991年(平成3年)3月 - 青梅市青少年友好親善使節15人がボッパルト市へ派遣される。 1991年(平成3年)4月 - 花木園に東京都で一番長い(211m)完成。 1991年(平成3年)6月 - (ケーブル)レールの敷き換え工事実施(50年ぶり)。 1991年(平成3年)6月 - ごみ問題検討協議会発足。 1991年(平成3年)7月 - わかぐさ公園こどもプールオープン。 1991年(平成3年)10月 - 市制施行40周年記念式典挙行。 (平成4年)5月 - 逝去。 1992年(平成4年)7月 - 藤野強()、出場。 1992年(平成4年)7月 - 市役所など完全週休2日制となる。 1992年(平成4年)7月 - 13万人目の市民誕生。 1992年(平成4年)8月 - 友田広場オープン。 1992年(平成4年)9月 - (毎月第2土曜日休業)実施。 1992年(平成4年)10月 - 青梅市自転車等の放置防止に関する条例が施行。 1992年(平成4年)10月 - 図書館全館に「利用者開放端末」設置。 1992年(平成4年)11月 - 製との資源回収を始める。 (平成5年)4月 - 『広報おうめ』、新聞折り込みで配布。 1993年(平成5年)4月 - 青梅市ふれあい公社設立。 1993年(平成5年)4月 - TAMAらいふ21開催(〜11月)。 1993年(平成5年)7月 - 自立センターに重度心身障害者通所生活訓練施設開設。 1993年(平成5年)10月 - 粗大ごみが戸別有料収集化される。 1993年(平成5年)10月 - リサイクルショップオープン。 (平成6年)2月 - 新満地トンネル開通。 1994年(平成6年)4月 - 青梅シルバーピア新町(高齢者集合住宅)入居開始。 1994年(平成6年)6月 - 沢井保健福祉センター開設。 1994年(平成6年)6月 - 皇太子夫妻、を登山。 1994年(平成6年)7月 - 長淵プールオープン。 1994年(平成6年)8月 - 第1回多摩川1万人の美化活動を実施。 1994年(平成6年)9月 - 青梅市在宅介護支援センター開設。 1994年(平成6年)10月 - 福祉センターがリニューアルオープン。 (平成7年)8月 - 小曾木保健福祉センター開設。 1995年(平成7年)10月 - 姉妹都市提携30周年ボッパルト市民訪問団15人が来日。 1995年(平成7年)10月 - 『青梅市史』(上巻・下巻)発刊。 1995年(平成7年)10月 - オープン。 (平成8年)2月 - 第30回記念青梅マラソン大会、のため大会史上初の中止。 1996年(平成8年)2月 - リサイクルセンター、廃プラスチック類固形燃料化システム稼働。 1996年(平成8年) - (〜)開通。 青梅インターチェンジ供用開始。 1996年(平成8年)4月 - 総合長期計画第2次基本計画(平成8年〜12年)まとまる。 1996年(平成8年)4月 - 青梅市立第八小学校、青梅市立第九小学校、青梅市立第十小学校統合、開校。 1996年(平成8年)5月 - 沢井市民センタープール・多目的室完成。 1996年(平成8年)5月 - 明星大学ホームページ内に青梅市ホームページを開設。 1996年(平成8年)7月 - 天皇・皇后行幸啓。 1996年(平成8年)12月 - 青梅市土砂等による土地の埋め立て等の規制に関する条例施行。 (平成9年)4月 - 内容等変更(チャイム1日3回、深夜の火災鎮火放送中止)。 1997年(平成9年)4月 - 上成木、北小曾木ふれあいセンターオープン。 1997年(平成9年)7月 - 東青梅センタービルが完成(3階に市役所分室を開設)。 1997年(平成9年)10月 - 『青梅市教育史』発刊。 1997年(平成9年)10月 - 青少年友好親善使節団(この回から中学生)をボッパルト市へ派遣。 1997年(平成9年)10月 - 都市計画マスタープラン懇談会スタート。 1997年(平成9年)12月 - 建設工事開設。 (平成10年)1月 - 新町地区の町名地番変更実施• 1998年(平成10年)3月 - 青梅東部新町土地区画整理事業が完成。 1998年(平成10年)4月 - 情報公開制度、個人情報保護制度開始。 1998年(平成10年)4月 - 青梅市生涯学習推進計画を策定。 1998年(平成10年)5月 - 公開。 1998年(平成10年)6月 - 仮開園。 1998年(平成10年)7月 - 市民斎場開設。 1998年(平成10年)7月 - 今井市民センター体育館完成。 1998年(平成10年)10月 - 青梅地区の町名変更実施。 1998年(平成10年)10月 - ごみの戸別収集と有料化スタート。 1998年(平成10年)10月 - 青梅市ホームページをリニューアル。 1998年(平成10年)11月 - 青梅産の名前が「ボッパルトの雫」に決定。 (平成11年)2月 - 青梅ワイン「ボッパルトの雫」販売開始。 1999年(平成11年)3月 - 青梅市地域振興券交付。 1999年(平成11年)3月 - 総合病院へのを新設。 1999年(平成11年)4月 - 多摩地域農業共済事務組合スタート。 1999年(平成11年)4月 - 河辺駅南口・完成、駅ホームにもエスカレーター完成、北口は10月完成。 1999年(平成11年)4月 - 市立美術館、65歳以上の市民入館無料化。 1999年(平成11年)10月 - 青梅市第2結婚式場オープン。 1999年(平成11年)11月 - リサイクルセンターせん定技資源化施設稼働。 1999年(平成11年)11月 - 青梅市都市計画マスタープラン定める。 1999年(平成11年)12月 - コンピューター西暦に備え、青梅市災害対策本部を開設。 (平成12年)6月 - 市立総合病院救命救急センターオープン。 2000年(平成12年)9月 - に(カヌー・スラーローム)、稲田亜矢子()が出場。 2000年(平成12年)10月 - 今井市民センターが完成。 2000年(平成12年)11月 - 河辺駅北口立体駐輪場オープン。 (平成13年)2月 - 第35回記念青梅マラソン大会。 2001年(平成13年)4月 - 青梅市民証を発行。 2001年(平成13年)4月 - 市内民間の利用ができるようになる。 2001年(平成13年)5月 - 14万人目の市民誕生。 2001年(平成13年)6月 - 講習会が始まる。 2001年(平成13年)7月 - 11会場で市民と市長の懇談会を開催。 2001年(平成13年)8月 - 夏期巡回・会を開催。 2001年(平成13年)10月 - 市制施行50周年記念式典・講演会挙行。 市制施行50周年記念市勢要覧「青梅」、市制施行50周年記念映画「青梅14万人の笑顔」を作成。 (平成14年)2月 - 第7回全国梅サミットを開催。 2002年(平成14年)2月 - 第36回青梅マラソン大会でをに迎える。 2002年(平成14年)3月 - 青梅市民カードを発行。 2002年(平成14年)3月 - 自動交付機により証明書(住民票の写し、証明書)の交付が可能になる。 2002年(平成14年)3月 - 首都圏中央連絡自動車道〜間が開通。 2002年(平成14年)4月 - 青梅市子育て支援センターを開設。 2002年(平成14年)4月 - 天皇・皇后行幸啓。 2002年(平成14年)4月 - 南口にエレベーターが完成。 2002年(平成14年)6月 - 青梅市環境基本条例の制定。 2002年(平成14年)8月 - が一部スタート。 2002年(平成14年)9月 - 青梅市高齢者温泉保養事業施設利用助成事業が始まる。 2002年(平成14年)10月 - 西多摩地域の図書館で広域利用が始まる。 2002年(平成14年)11月 - 都市計画道路3・4・18号の青梅線との部が開通。 2002年(平成14年)11月 - 第1回「癒しと安らぎの環境賞」で、総合病院が「病院部門最優秀賞」を受賞。 2002年(平成14年)11月 - 青梅市行財政改革大綱策定。 2002年(平成14年)12月 - 青梅市総合長期計画策定。 2002年(平成14年)12月 - 青梅市議会議員定数を28へ改定。 (平成15年)2月 - 第37回青梅マラソン大会開催。 前回に続き、長嶋茂雄をスターターに迎える。 2003年(平成15年)3月 - 青梅駅にエレベーターが完成。 2003年(平成15年)4月 - NHK『』の撮影が永山ハイキングコースで行われる。 2003年(平成15年)4月 - こどもいきいき学校づくり事業がスタート。 2003年(平成15年)5月 - 福祉ガイドブック発刊。 2003年(平成15年)7月 - 事務をコンピュータ化。 2003年(平成15年)8月 - ネットワークシステム(第2次サービス)スタート。 2003年(平成15年)9月 - NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』にちなみ、イベント「秋、青梅に武蔵を訪ねる…」を開催。 2003年(平成15年)10月 - 「大塚山いこいの森」に植樹を実施。 2003年(平成15年)10月 - オープン。 2003年(平成15年)11月 - 400年記念事業「江戸天下祭」に森下町の、山車人形が里帰り。 2003年(平成15年)11月 - 福祉センター結婚式場「青梅スイートプラム」、挙式1万組達成。 2003年(平成15年)12月 - 市議会定例会初日を土曜日に開催。 (平成16年)2月 - 第38回青梅マラソン大会開催。 長嶋茂雄を30キロ、をジュニアロードレースのスターターに迎える。 が国内最高記録、大会新記録で優勝。 2004年(平成16年)2月 - 『広報おうめ』1000号を発行。 2004年(平成16年)4月 - 青梅市立総合病院で予約制の女性専門外来始める。 2004年(平成16年)4月 - 捨て看板クリーン大作戦を開始。 2004年(平成16年)4月 - 放置自動車の防止のための条例が施行。 2004年(平成16年)5月 - 青梅宿特選品販売所「ハイカラ屋」がオープン。 2004年(平成16年)6月 - 用途地域、高度地区等に関する都市計画を変更。 2004年(平成16年)6月 - はいかい高齢者家族支援サービス事業開始。 2004年(平成16年)6月 - 青梅市立総合病院にがオープン。 2004年(平成16年)7月 - 青梅市役所本庁舎駐車場化。 2004年(平成16年)10月 - 社会教育施設、市内図書館の蔵書のインターネット予約サービス開始。 2004年(平成16年)10月 - 青梅市美しい風景を育む条例を施行。 2004年(平成16年)11月 - 青梅子どもを発表。 2004年(平成16年)12月 - 青梅市子ども読書活動推進計画を策定。 (平成17年)1月 - 市内最初のによる的場公園(仮)が完成(梅郷三丁目)。 2005年(平成17年)2月 - 第39回青梅マラソン大会開催。 がスターターを務め、約1万3,500人が出場。 2005年(平成17年)3月 - 青梅市ふれあい公社が解散。 2005年(平成17年)3月 - 青梅市環境基本計画を策定。 2005年(平成17年)4月 - 青梅市開発行為等の基準、および手続きに関する条例を施行。 2005年(平成17年)4月 - 青梅市個人情報保護条例改正。 2005年(平成17年)4月 - 青梅市対策実行計画を策定。 2005年(平成17年)5月 - 周辺の商店街が「おうめまるごと博物館」をスタート。 2005年(平成17年)7月 - 戸籍証明書を青梅市、、、西多摩郡で申請が可能になる。 2005年(平成17年)7月 - 青梅市非核平和都市宣言を制定。 2005年(平成17年)9・10月 - ボッパルト市との姉妹都市提携40周年を記念し、両市市民訪問団が相互交流。 2005年(平成17年)10月 - 子ども家庭支援センターを東青梅センタービルに開設。 2005年(平成17年)11月 - 青梅宿アートフェスティバル実行委員会が、第1回東京商店街グランプリ(イベント部門)を受賞。 2005年(平成17年)12月 - 青梅産ワイン「ボッパルトの雫」のを初めて発売。 (平成18年)1月 - 電子申請サービスを開始。 2006年(平成18年)1月 - 住江町商店街振興組合が「地域づくり総務大臣表彰」地域振興部門を受賞。 2006年(平成18年)2月 - 第40回記念青梅マラソン大会開催。 30キロではが、10キロではがそれぞれスターターを務め、約1万6000人が出場。 2006年(平成18年)5月 - 青梅駅周辺地区景観形成計画がまとまる。 2006年(平成18年)6月 - 青梅市内の8つの商店街が「がんばる商店街77選」で表彰。 2006年(平成18年)10月 - 青梅市立総合病院で高齢者(当時90歳)の手術に国内3例目として成功。 2006年(平成18年)10月 - 物産館「みたけ歩楽里道」が前にオープン。 (平成19年)1月 - 財団法人古都保存財団による「美しい日本の歴史的風土準100選」に、が選ばれる。 2007年(平成19年)2月 - 第41回青梅マラソン大会開催。 30キロでは東京都知事がスターターを務め、約1万6000人が出場。 2007年(平成19年)3月 - 青梅市新火葬場が利用開始。 2007年(平成19年)3月 - 青梅市国民保護計画を策定。 2007年(平成19年)4月 - 河辺駅北口に一部デッキが完成。 2007年(平成19年)4月 - 青梅市の観光PRと再利用を考慮したパブル封筒を採用。 2007年(平成19年)4月 - 今井市民センターで等が申請可能化される。 2007年(平成19年)5月 - 霞川が完成。 2007年(平成19年)5月 - 東京都の「花粉の少ない森づくり運動」で、御岳の森林が「企業の森」第1号に指定される。 2007年(平成19年)6月 - ミッテルラインマラソン大会(ドイツ)に青梅市選手団が初めて参加。 2007年(平成19年)6月 - 永山北部丘陵地を丘陵保全用地として市が取得。 2007年(平成19年)7〜9月 - 青梅市立美術館で [ ]展を開催。 2007年(平成19年)7月 - 青梅市立総合病院がの医療支援活動のため、医療チームを派遣。 2007年(平成19年)8月 - 青梅市立総合病院の屋上庭園に明星大学から動物のが寄贈。 2007年(平成19年)9月 - 青梅市メール配信サービスを開始。 2007年(平成19年)10月 - 青梅市国民健康保険被保険者証(保険証)が1人1枚のカードになる。 2007年(平成19年)10月 - 青梅社会保険事務所が新設。 2007年(平成19年)11月 - 河辺駅北口の愛称名が「河辺びっぐぷらむ」に決定。 2007年(平成19年)12月 - 第42回青梅マラソン大会申込者数が2万人を超える。 (平成20年)2月 - 第42回青梅マラソン大会が雪のため中止。 2008年(平成20年)2月 - 子育て支援センターの愛称名が「はぐはぐ」に決定。 2008年(平成20年)2月 - 青梅市商店会連合会発足。 2008年(平成20年)3月 - 河辺駅北口に新しい中央図書館が開館。 2008年(平成20年)3月 - 河辺駅北口整備事業竣工式が行われる。 2008年(平成20年)3月 - 青梅市メール配信サービスで防災情報の配信を開始。 2008年(平成20年)4月 - 旧中央図書館(仲町)が青梅図書館として開館。 2008年(平成20年)4月 - 青梅市立総合病院で外来開始。 2008年(平成20年)4月 - 小学3・4年生対象の自転車運転免許証交付事業開始。 2008年(平成20年)5月 - 新庁舎建設安全祈願祭。 2008年(平成20年)5月 - 中央図書館で、ドイツの展開催。 2008年(平成20年)7月 - ボッパルト市へ青梅市青少年友好親善使節団を派遣。 2008年(平成20年)8月 - 青梅市納涼花火大会が第60回を迎える。 2008年(平成20年)8月 - こんにちは赤ちゃん事業を開始。 2008年(平成20年)8月 - カヌースラローム・女子カヤックシングルで、選手が4位入賞。 2008年(平成20年)8月 - 「青梅ふれあいまつり2008」を開催。 2008年(平成20年)9月 - 青梅市立総合病院が栄養関係功労者厚生労働大臣表彰を受賞。 2008年(平成20年)9月 - 青梅市民センターに運営協議会を設置。 2008年(平成20年)10月 - 全市民センターで住民票等の交付を開始。 2008年(平成20年)12月 - 奥多摩渓谷駅伝競走大会が第70回を迎える。 (平成21年)1月 - 中央図書館の来館者数が50万人を超える。 2009年(平成21年)1月 - 官民協働事業による『青梅市くらしのガイド』を発刊。 2009年(平成21年)2月 - 青梅市立総合病院外来診療が完全予約制となる。 2009年(平成21年)2月 - 第43回青梅マラソン大会開催。 北京オリンピック男子400mリレー銅メダリスト・がスターター(30キロの部)を務める。 大会史上最多の1万9803人が出場。 2009年(平成21年)3月 - 青梅市立美術館の新しい公募展「OME2009」開催。 2009年(平成21年)3月 - 永山丘陵(特別緑地保全地区)の名称が「青梅の森」に決定。 2009年(平成21年)4月 - 本庁舎1階に視覚障害者用色識別誘導システムを導入。 2009年(平成21年)4月 - で小規模特別認定校制度が始まる。 2009年(平成21年)4月 - 自治会連合会ホームページを開設。 2009年(平成21年)4月 - で、の樹に感染が発見。 以後、のための伐採と梅林再生の取り組みが続く。 2009年(平成21年)5月 - 東京都と交流協定を締結。 2009年(平成21年)8月 - 埼玉県と有害鳥獣合同捕獲に関する協定を締結。 2009年(平成21年)10月 - 男女平等情報紙『よつばの手紙』創刊。 2009年(平成21年)11月 - 中央図書館の来館者数が100万人を超える。 (平成22年)1月 - 青梅市ポイ捨ておよび飼い犬のふんの放置の防止ならびに路上喫煙の制限に関する条例を施行。 2010年(平成22年)4月 - 青梅市民センターが市民会館から青梅図書館へ移転。 2010年(平成22年)4月 - 青梅市立総合病院敷地内を全面禁煙となる。 2010年(平成22年)5月 - 新庁舎完成。 2010年(平成22年)5月 - 健康センター内「東青梅休日診療所」で平日夜間の診療を開始し、名称を「青梅休日診療所」に変更。 2010年(平成22年)7月 - 新庁舎での業務開始。 2010年(平成22年)7月 - 青梅駅・東青梅駅・河辺駅周辺道路を路上喫煙禁止地区、美化推進重点地区に指定。 2010年(平成22年)10月 - 市施設使用料、ごみ処理料金を改定。 (平成23年)1月 - 携帯電話サイト青梅ポケットガイド開始。 2011年(平成23年)3月 - 閉館。 2011年(平成23年)4月 - 青梅市障がい者サポートセンター開設。 2011年(平成23年)6月 - 「青梅市健康と歴史・文化の路」整備事業計画を策定。 2011年(平成23年)7月 - 市制施行60周年記念赤塚不二夫キャラクター入りナンバープレート交付。 2011年(平成23年)9月 - 青梅市庁舎が「ニューオフィス推進賞」受賞。 2011年(平成23年)10月 - 市制施行60周年記念式典。 2011年(平成23年)11月 - 「市民斎場」行きのバス路線が運行開始。 (平成24年)3月 - 青梅市放射線物質対応指針の策定。 2012年(平成24年)4月 - 水道業務をへ移管。 2012年(平成24年)4月 - 地球温暖化対策住宅用機器設置補助金交付制度を実施。 2012年(平成24年)4月 - 青梅市暴力団排除条例の制定。 2012年(平成24年)4月 - 市民球技場庭球場、砂入り人工芝になる。 2012年(平成24年)4月 - 青梅市企業誘致条例の制定。 2012年(平成24年)5月 - 市税等の収納を開始。 2012年(平成24年)5月 - 青梅柚木苑地駐車場利用開始。 2012年(平成24年)10月 - 青梅市在住の若杉遥が、ゴールボール女子で金メダル獲得、初の青梅市スポーツ栄誉賞受賞。 2012年(平成24年)10月 - 第3回青梅市長杯兼第68回国民体育大会リハーサル大会カヌースラローム・ワイルドウォター競技大会開催。 (平成25年)3月 - 中央図書館来館者300万人達成。 2013年(平成25年)3月 - 「青梅市梅の里再生計画」策定。 2013年(平成25年)4月 - 北口および東青梅駅南口自転車等駐車場(有料)を開設。 2013年(平成25年)4月 - 家庭で不用になった廃食用油の無料回収を開始。 2013年(平成25年)8月 - ヒロシマ親子派遣団派遣。 2013年(平成25年)8月 - 国民体育大会デモスポ行事、ビーチボール競技開催。 2013年(平成25年)10月 - スポーツ祭東京2013国民体育大会、カヌー競技開催。 2013年(平成25年)10月 - スポーツ祭東京2013全国障害者スポーツ大会オープン競技、ゴールボール大会開催。 2013年(平成25年)11月 - 公共施設白書を作成。 (平成26年)2月 - 使用済小型家電回収開始。 2014年(平成26年)2月 - 第19回全国梅サミットを青梅市で開催。 2014年(平成26年)2月 - 大雪のため第48回青梅マラソン大会中止。 2014年(平成26年)4月 - 梅の公園の梅樹を全て伐採。 2014年(平成26年)5月 - 「青梅サタデースクール」スタート。 2014年(平成26年)5月 - 第3回大多摩が市役所西側駐車場で開催。 2014年(平成26年)6月 - 大雨により気象庁等からが発表され、青梅市では初のを発令。 2014年(平成26年)10月 - 飯能市図書館との相互利用開始。 (平成28年)9月 - 青梅市在住の若杉遥選手が、に女子で出場。 行政区域変遷 [ ] 変遷の年表 [ ] 青梅市市域の変遷(年表) 年 月日 現青梅市市域に関連する行政区域変遷 (明治22年) 施行により、以下の村が発足。 (昭和18年) 施行により、東京府、が合併しが発足。 (昭和26年) 青梅町・霞村・調布村が合併し 青梅市が発足。 (昭和30年) 4月1日 青梅市は吉野村・三田村・小曽木村・成木村を編入。 変遷表 [ ] 青梅市市域の変遷表 以前 元年 - 明治22年 明治22年 4月1日 明治22年 - 64年 元年 - 現在 青梅村 明治8年 青梅町 青梅町 昭和26年4月1日 青梅市 青梅市 乗願寺村 明治5年 勝沼村 西分村 日向和田村 今井村 藤橋村 新町村 木野下村 今寺村 谷野村 大門村 塩船村 吹上村 野上村 上師岡村 明治7年 師岡村 下師岡村 根ケ布村 千ケ瀬村 河辺村 上長淵村 下長淵村 友田村 駒木野村 下村 昭和30年4月1日 青梅市に編入 畑中村 日影和田村 柚木村 二俣尾村 沢井村上分 沢井村下分 御岳村 御岳山 南小曽木村 富岡村 黒沢村 上成木村上分 上成木村下分 下成木村上分 下成木村下分 北小曽木村 地名由来 [ ] 諸説あるが、年間にが市内天ヶ瀬(あまがせ)に所在するを訪れた際、馬のに使用していた梅の枝を自ら地に挿し、「我願い成就あらば栄ふべし。 しからずば枯れよかし。 」と願をかけたところ、見事に梅の枝は根付き結実するが、夏を過ぎても実は青いまま熟さずに、また、地に落ちることもなく枝に残ってたという の伝説によるものが広く知られている。 人口 [ ] 人口133,130人(2020年5月1日現在。 895倍の人口になる。 通勤者・通学者で見ると、市内から市外へ出る通勤者33,087人、市外から市内へ入る通勤者は22,445人と通勤者では市外への通勤者が多く、また学生でも市外から市内へ入る通学生は1,799人で市内から市外に出る通学生6,009人と学生でも昼は市外へ流出する。 東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行148,149ページ では年齢不詳の者が東京都だけで16万人いる。 上のグラフには年齢不詳の者を含め、昼夜間人口に関しては年齢不詳の人物は数字に入っていないので数字の間に誤差は生じる。 2040年の推計人口 [ ] のがまとめた、『地域別将来推計人口』 によると、青梅市は東京都、の市部の中で最も減少率が大きく、-25. よって2010年の人口は13. 9万人だったが、2040年には10. 4万人に減少すると推計している。 多摩地区で最も人口が減少すると考えられているのはで、-58. これと共に、も進むと考えられている。 これは2012年(平成24年)4月1日と比較し、高齢者人口は1,696人、高齢化率は1. 行政 [ ] 市長 [ ]• 市長:(はまなか けいいち、2015年11月30日就任・2期目 任期満了日:2023年11月29日) 歴代市長• 中村來内(1951年(昭和26年) - 1955年(昭和30年))• 榎戸米吉(1955年(昭和30年) - 1963年(昭和38年))• 榎本栄蔵(1963年(昭和38年) - 1967年(昭和42年))• (1967年(昭和42年) - 1975年(昭和50年))• 山崎正雄(1975年(昭和50年) - 1987年(昭和62年))• (1987年(昭和62年) - 1999年(平成11年))• (1999年(平成11年) - 2015年(平成27年))• (2015年(平成27年) - 現職) 市政• 市職員数:1,473人(2008年4月1日時点)• にあるの主催をしている。 広域行政• - 、、、、、、、、、および本市の11市で、調布市にあるの主催をしている。 議会 [ ] 青梅市議会 [ ]• 定数:24人• 任期:2015年5月1日 - 2019年4月30日• 議長:小山 進(こやま すすむ、2017年5月10日就任)• 選挙区:青梅市選挙区• 定数:1人• 任期:2017年7月23日 - 2021年7月22日• 投票日:2017年7月2日• 当日有権者数:114,103人• 投票率:50. 82% 候補者名 当落 年齢 党派名 新旧別 得票数 森村隆行 当 43 新 31,603票 野村有信 落 76 現 19,948票 寉田一忠 落 72 無所属 新 5,433票 衆議院 [ ]• 選挙区: (青梅市・・・・・)• 任期:2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 議員名 党派名 当選回数 備考 6 選挙区 公共機関 [ ] 警察 [ ]• (青梅市と西多摩郡奥多摩町を管轄)• 青梅駅前• 東青梅駅前交番• 新町交番• 河辺駅前交番• 下長淵• 小曾木駐在所• 今井駐在所• 友田駐在所• 黒沢駐在所• 梅郷駐在所• 河辺駐在所• 西成木駐在所• 二俣尾駐在所• 大門駐在所• 東成木駐在所• 沢井駐在所• 千ヶ瀬駐在所• 今寺駐在所• 日向和田駐在所• 御岳駐在所• 上長淵駐在所• 畑中駐在所 消防 [ ]• 日向和田出張所• 長淵出張所 郵便 [ ]• 青梅河辺郵便局• 青梅若草郵便局• 御岳郵便局• 青梅霞台郵便局• 青梅住江町郵便局• 青梅勝沼郵便局• 小曽木郵便局• 青梅上町郵便局• 青梅新町郵便局• 成木郵便局• 沢井駅前郵便局• 青梅長淵郵便局• 青梅藤橋郵便局• 吉野郵便局• 青梅末広郵便局 市民センター [ ]• 長渕市民センター• 大門市民センター• 梅郷市民センター• 沢井市民センター• 小曾木市民センター• 成木市民センター• 東青梅市民センター• 新町市民センター• 河辺市民センター• 今井市民センター 公園 [ ] 出典。 運動グラウンドや小規模の児童遊園、私有地内の公園・緑地を除く。 (本町) - 運動場などの施設があり、花火大会や青梅産業観光まつりの会場にもなっている。 六万公園(東青梅)• 早道公園(〃)• 大塚前公園(〃)• 中原公園(〃)• 大塚山公園(〃)• 城前公園(〃)• 畑中公園(畑中)• 畑中戸山田公園(〃)• 末広公園(末広町)• 釜の淵公園(大柳町) - 多摩川を挟んだはさんだ両岸にある公園。 婦人青少年研修センターやプール(平成23年以降休場)、や重要文化財の旧宮崎家住宅があり、河原に降りることもできる。 5月には新緑祭が催される。 青梅が近くにある。 大柳公園(〃)• 七兵衛公園(裏宿町) - 公園内には健脚で名高い七兵衛を祀った地蔵尊が飾られており、青梅マラソンの完走祈願に訪れるランナーも少なくない。 (河辺町)• 下久保公園(〃)• 速川公園(〃)• 梨の木公園(〃)• 白はけ公園(〃)• 南白はけ公園(〃)• 中先戸公園(〃)• 株樹公園(師岡町)• 道間公園(〃)• 筑間公園(〃)• 鳥井戸公園(野上町)• 古井戸公園(〃)• 城の腰公園(今井)• 城の腰西公園(〃)• 水窪公園(〃)• 七日市場公園(〃)• 原今井公園(〃)• 塚の上公園(大門)• 大門中原公園(〃)• 塚の上南公園(〃)• 霞下公園(〃)• 大門西公園(〃)• 霞下南公園(〃)• 上開戸公園(〃)• (今寺)• 今寺中原公園(〃)• 二本木公園(〃)• 神明原公園(〃)• 東原緑地(〃)• 西浦公園(〃)• 常盤樹平公園(〃)• 神明原西公園(〃)• 常盤樹平東公園(〃)• 細道公園(藤橋)• 城ヶ崎公園(〃)• 城ヶ崎東公園(〃)• 矢端公園(〃)• 藤橋二本木公園(〃)• 谷津公園(根ヶ布)• 後沢公園(〃)• 下和田公園(和田町)• 東平公園(千ヶ瀬町)• 田端公園(〃)• 平林公園(〃)• 南平緑地(〃)• 鳶巣川公園(長淵)• 小山公園(〃)• 下長淵公園(〃)• 湯本緑地(〃)• 若御子緑地(〃)• 須高公園(〃)• 下長淵緑地(〃)• 若御子第2緑地(〃)• 品竹公園(〃)• 寺改戸公園(〃)• 品竹西公園(〃)• 新町中原公園(新町)• (〃) - 現在は児童遊園になっており、明治時代にとなった鈴法寺(れいほうじ)の歴代の墓が残されている。 「鈴法寺跡」バス停下車。 鈴法寺公園(奥にあるのは鈴法寺の歴代住持の墓石)。 大山公園(〃)• 西間原公園(〃)• (〃)• 富士塚公園(〃)• 平松緑地(〃)• 新町南公園(〃)• 桜株公園(〃)• 南植木外公園(〃)• 植木内公園(〃)• 蔵屋敷公園(〃)(元遊具があったが、現在は火事に遭い消滅)• 新田山公園(〃)• 伝馬街道緑地(〃)• 新町中原緑地(〃)• 桜株広場(〃)• 新町中原南公園(〃)• 金丘公園(友田町)• 浜矢場公園(日向和田)• 宮ノ平駅前広場(〃)• 天ヶ瀬公園(天ヶ瀬町)• 神宮前公園(勝沼)• (吹上)• 小ヶ谷戸公園(〃)• 柚木木下公園(柚木町)• 沢井駅前広場(沢井)• 石神前駅前広場(二俣尾)• 駒木町山根公園(駒木町)• 杉平公園(梅郷)• 的場公園(〃)• 下目ノ内公園(〃)• (大門) - 交通安全に関する教育や、・などの技能研修を受けることができる公園。 (小曽木)• (梅郷)• 霞丘陵自然公園(塩船)• 日向和田臨川庭園(日向和田)• 新町宮ノ前緑地(新町)• 白はけ緑地(河辺町) 電話 [ ]• は0428 ゴミ処理 [ ]• リサイクルセンター• 二ツ塚廃棄物広域処分場• 西多摩衛生組合 健康・福祉など [ ]• 青梅市健康センター• 青梅福祉センター - 青梅市や、『スイート・プラム』もある。 国・都の機関 [ ] 都の機関 [ ]• 東京都青梅都税支所• 西多摩保健所 - 平成31年に移転改築予定。 森林事務所• 青梅青果地方卸売市場• (青梅庁舎)• 水源管理事務所• 西多摩建設事務所• 建築指導第三課• 東京都立誠明学園• 東京都立青梅 国の機関 [ ]• 青梅(ハローワーク青梅)• は4月に、名称・管轄区域はそのままで管轄区域外のに移転した。 主な医療機関 [ ]• 青梅慶友病院• 青梅三慶病院• 青梅今井病院• 青梅厚生病院• 武蔵野台病院• 多摩病院• 鈴木慈光病院• 東京海道病院• 東京青梅病院• 西東京病院• 青梅成木台病院• 成木長生病院• 新町クリニック 経済 [ ] 金融機関() [ ]• (本店、中町支店、河辺支店、千ヶ瀬支店、青梅東支店)• (河辺支店、千ヶ瀬支店、三ツ原支店)• (東青梅支店)• (青梅支店)• (東青梅支店、東青梅支店青梅プラザ出張所、河辺支店)• (東青梅支店)• (青梅支店)• (本店、東青梅支店、新町支店、調布支店、小曽木支店、吉野支店、二俣尾支店) 産業 [ ] にによって、にまたがるが造成された。 製造業• (マイクロデバイス事業部)• (青梅事業所)• 小澤酒造 - 「澤乃井」蔵元• ケミコン精機(2004年7月まで本社が当市にあったの子会社)• (青梅事業所)• エネルギー関連• (青梅営業所(東青梅。 2014年6月30日をもって窓口を廃止)、青梅変電所(新町)、沢井変電所) 建設業• ロケーション [ ] 青梅市、青梅市観光協会はテレビ、映画の誘致に力を入れている。 (明星大学 青梅キャンパス)• (青梅市役所)• (青梅市建設部資材置き場)• (御岳山)• (青梅市役所)• (住吉神社)• (青梅市役所)• (吉野梅郷)• (明星大学 青梅キャンパス)• (ホットマン 旧会長宅)• (青梅市役所) 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内 [ ] 提携都市• () (平成9年) 災害時相互応援協定締結• () (平成21年) 災害時相互応援協定締結• () (平成25年) 災害時相互応援協定締結• () (平成26年) 図書館相互利用提携締結• () (平成27年)10月1日 図書館相互利用提携締結 その他• が青梅市にて第7回((平成14年))、第19回((平成26年)、)に開催された。 海外 [ ] 姉妹都市• () (昭和40年) 提携 地域 [ ] 住宅団地 [ ]• 霞台第1団地 - 昭和46年 : 青梅都市計画事業(一の住宅施設)• 東京都住宅供給公社霞台第2団地 - 昭和46年 : 青梅都市計画事業(一団地の住宅施設) 学校教育 [ ] 認定こども園 [ ]• 青梅エンゼル保育園 幼稚園・幼児園 [ ] 私立• 青梅幼稚園• 四恩幼稚園• 福島学園幼稚園• 聖母幼稚園• 第二あけぼの幼稚園• ねむのき幼稚園• もみの木幼児園 保育園 [ ] 私立• 今井保育園• 今寺保育園• 青梅保育園• 青梅梨の木保育園• 青梅みどり第一保育園• 青梅みどり第二保育園• 青梅ゆりかご保育園• 青梅ゆりかご第二保育園• 小曾木第一保育園• 小曾木第二保育園• かすみ保育園• かすみ台第一保育園• かすみ台第二保育園• かすみ台第三保育園• 河辺保育園• 上長渕保育園• 駒木野保育園• 新町保育園• 新町西保育園• 新町東保育園• 鈴の音保育園• 千ヶ瀬第1保育園• 千ヶ瀬第2保育園• 友田保育園• 長淵保育園• 成木保育園• 畑中保育園• 日向和田保育園• 二俣尾保育園• 三田保育園• よしの保育園 小学校 [ ] 市立• 青梅市立第二小学校• 青梅市立第三小学校• 青梅市立第五小学校• 青梅市立第六小学校• 青梅市立第七小学校• 中学校 [ ] 市立• 青梅市立第一中学校• 青梅市立第二中学校• 青梅市立西中学校• 青梅市立第六中学校• 青梅市立第七中学校• 青梅市立新町中学校• 青梅市立東中学校 高等学校 [ ]• - 前・前• 特別支援学校 [ ]• 専修学校 [ ]• 大学 [ ]• - かつて市内に青梅キャンパスを持っていた。 社会教育 [ ] 文化施設• - 東京都青梅市374。 (昭和41年)に開館。 やなど市内の文化活動の拠点となっている。 建物の老朽化によりをもって閉館した後に建て替えられ、4月に青梅市文化交流センター(愛称:ネッツたまぐーセンター)がオープンした。 上成木ふれあいセンター(旧・青梅市立第九小学校。 3月31日をもって閉鎖)• 北小曾木ふれあいセンター(旧・青梅市立第十小学校。 3月31日をもって閉鎖)• 永山ふれあいセンター(旧・青梅)• 成木の家 - 成木地区の材木を使用した憩いのための施設。 図書館• 市立図書館(中央図書館・青梅市民センター以外は各市民センター内に併設)• 中央図書館• 青梅図書館 - 以前は中央図書館の名称だったが、河辺駅前の中央図書館に移行したため改称。 長淵図書館• 成木図書館• 大門図書館• 東青梅図書館• 梅郷図書館• 新町図書館• 沢井図書館• 河辺図書館• 小曾木図書館• 今井図書館 博物館• 記念館• 記念館• 青梅きもの博物館• 美術館• 青梅市立美術館• 御岳美術館• 澤乃井櫛かんざし美術館(さわのいくしかんざしびじゅつかん)• 水織音さしえ美術館(みおりねさしえびじゅつかん) 運動施設• - 元は民間企業のグラウンドで、に市に譲渡(前半までのの本拠地)。 (住友金属鉱山アリーナ青梅)• 総合運動場• 黒沢地区に青梅運動公園構想が度まで存在した。 [ ] 交通 [ ] 鉄道 [ ] 青梅駅• (JR東日本)• (・・・・・・・・・)• (・)()• (・)(リフト)• かつてはも乗り入れていた。 バス [ ] 一般路線バス [ ]• 市内にとが設置されている。 当市に乗り入れている路線バスとして、(所在は)・(所在は)・(所在は埼玉県飯能市)管轄の路線が乗り入れてくる。 青梅市内の路線バスは収支状況が厳しく、毎年1億5000万円の公的支出を行っている。 この支出は多摩地域において最大の支出となっている 深夜急行バス [ ] 「」を参照 道路 [ ]• (圏央道)()• 構想がある高規格道路。 青梅インターチェンジ付近に計画がある。 (、)• (青梅街道・)• (旧青梅街道、小曽木街道、成木街道)• (奥多摩街道、新奥多摩街道)• (秋川街道)• (岩蔵街道)• (小曽木街道、成木街道)• () 一般都道• (小曽木街道)• 市道 [ ]• 物見塚通り• 河辺北大通り• 若草通り• 山根通り• 日影林通り 地域放送 [ ]• ケーブルテレビ• (TCN)• 多摩ケーブルネットワーク内でテレビはむら(の地域放送)も放送されている。 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] 名所・旧跡 [ ] 青梅市梅の公園 2008年3月• - ウメ輪紋ウイルス防除対策により、2014年に園内全ての梅が伐採された。

次の

青梅市の大雨警戒情報

青梅 市 災害 情報

カスタム検索 青梅市の「」 【】【】 「人口」のタウンデータ ・2010年発表の総人口の推移は以下の通りとなります。 2005年 2010年 男女の総人口(人) 142,354 139,339 男女計の総人口指数(%) 100 97.9 出典「総務省統計局ホームページ」より引用 ・参考までに2005年発表の総人口推計の推移は以下の通りとなります。 ・当然ながら、2005年時点での推計のため、上表とは2010年の数値が異なりますが、将来推計の考察にあたり、 2つの表を合わせて見ていただくことが有効かと思います。 2005年 2010年推計 2035年推計 男女の総人口(人) 142,354 143,486 131,225 男女計の総人口指数(%) 100 100.8 92.2 出典「国立社会保障・人口問題研究所」より引用 「面積」と「人口密度」のタウンデータ ・面積は東京都市町村部の中では最大規模の上に、人口がさほど多くないため人口密度は低い。 2004年度 2006年度 2008年度 歳入(百万円) 41,734 42,537 44,366 歳出(百万円) 40,864 41,689 43,631 出典「政府統計の総合窓口」より引用 【税金お役立ち情報】 ・自治体に払った税金が還付される可能性があります。 主要駅は、 としました。 ・乗降者数は1万人を超える中規模な駅であり、JR東日本の駅です。 ・乗降者数と規模評価は以下の通りとなります。 2012年当サイト調べ 1日の平均乗降者数(人) 14,288 駅の規模評価 中規模 ・評価基準は以下の通りとしました。 乗降者数 規模の評価 50万人超 超大規模 10万人超〜50万人 大規模 1万人超〜10万人 中規模 〜1万人 小規模 ・上記主要駅から各駅までの路線最短距離(最短の電車の線路の長さ)は以下の通りとなります。 東京駅 新宿駅 主要駅からの路線距離 (km) 53.9km 45.7km ・乗降者数のランキング情報は、以下のサイトをご参照下さい。 「JR東日本旅客鉄道株式会社」 「東京都交通局」 「東京メトロ」 「東急電鉄」 「京王電鉄」 「相鉄」 「西武鉄道」 「東武鉄道」 「小田急電鉄」 「京浜急行」 「横浜市営地下鉄/横浜市統計ポータルサイト」 「つくばエクスプレス」(乗車数のみ) 「ホテル」のタウンデータ ・ホテル数のカウントは旅行サイト1社のため、登録数や質から市区別の商業情勢を窺い知ることができます。 2001年 2003年 2006年 商業年間販売額(百万円) 186,807 209,657 179,180 ・製造業の年間出荷額の推移は以下の通りとなります。 ・路線価について 個別の路線価情報は「国税庁/路線価図」をご覧下さい。 ・個別の不動産価格について 個別の戸建やマンション等の不動産評価額情報は下記をご覧下さい。 「」 青梅市の「」 【】【】 「地震」のタウンデータ ・活断層について 活断層とは :最近の地質学上の近年(数十万年前〜現在)の間にずれ動いた形跡があり、 今後も活動する可能性のある断層を「活断層」と定義しています。 活断層のズレ:活断層が活動することにより地震が起こると、1回の地震でその断層のズレは、 A級に位置づけられる活断層で1〜10m未満、B級で10cm〜1m未満、 C級で1cm〜10cm未満程度と定義されています。 活断層の周期:A級の活断層は約100〜1000年に1回、B級で約1000〜10000年に 1回の活動を起こしてていますが、昨今話題になっている南海トラフや日本海溝 北部の千島海溝等の日本列島近海の海底の活断層はAA級とされており、数十年〜 100年周期で活動しています。 活断層の距離:また活断層はその距離が長いほど大きな地震を起こすと言われており、仮に20 キロ程度の活断層はマグニチュード7程度、80キロの活断層はマグニチュード8 程度の地震を起こすと言われています。 当サイトでは、主にAA〜B級に定義されている活断層の中でも危険度の高いものを優先的 に以下の距離測定対象に取り上げています。 8〜4% 30年以内の地震確率は0. そのため、数百メートルから数キロの範囲で誤差が生じる場合がありますので予めご了承下さい。 出典「地震情報サイトJIS」 より引用 ・地震による揺れやすさについて 青梅市の「表層地盤揺れやすさマップ」は以下の通りとなります。 下図の中央部分が青梅市ですが、市の大部分は青色と水色の揺れにくいエリアで覆われています。 東側の河川低地部分は緑色のさほど揺れやすくないエリアとなります。 出典「内閣府/地震の揺れやすさ全国マップ」より引用 【地震お役立ち情報】 個別地点の地震の揺れの感知は以下のような高精度機器がおすすめです。 「津波」のタウンデータ ・津波について 東京湾は地図で見ても分かる通り、三浦半島と房総半島に挟まれた入江状の湾です。 各自治体や公共 機関の想定でも外洋のように何十メートルという高さではなく何メートル という単位になっています。 しかし、東京湾沿岸の 地域は海抜も低く、地盤も軟弱なため、 液状化現象の恐れがあります。 また河川の項目で述べますが、東北大震災のように津波が 河川を遡上することで、堤防の低い地域は河川が氾濫する恐れがあります。 詳しくは「東京都建設局/浸水予想区域図」をご参照下さい。 (津波ハザードマップは作成中のようです。 救命胴衣のみもあります。 ・温暖化による海面上昇について 「Flood Maps」をご参照下さい。 任意に見たい地域が選べて海面上昇のメートル値を変えることで様々なケースが想定できます。 従来は平均海面からの高さに「海抜」という言葉が使われており、一般的には沿岸部や低地の高さ に使われることが多かったようですが、現在正式には、標高も平均海面0mからの高さに使用する ことと定義され、海抜という言葉は淘汰されていきそうです。 現在の日本水準原点の標高は24. 390mですが、地表の高さは地震や地盤隆起・地盤沈下によって 変化するため、定期的に測り直されています。 従来は各水準点からの高さに「標高」という言葉が 使われており、一般的には山や高地の高さに使われることが多かったようです。 結果的には、海抜と標高は同義語となっています。 の標高は 約 199 m (ちなみに同市内の青梅ICの標高は 約164m) (ちなみに同市内の河辺駅の標高は 約180m) (ちなみに同市内の梅郷図書館の標高は 約210m) (ちなみに同市内の御嶽駅の標高は 約244m) (ちなみに同市内の小曾木図書館の標高は 約146m) 【標高お役立ち情報】 個別地点の標高をなるべく少ない誤差で計測するには以下のようなGPSロガーがおすすめです。

次の