メール ベタ 打ち。 「失礼なメール」を送る人が知らないNG表現

メールの本文中に貼り付けられている写真を保存したい|ネットの知恵袋|フレッツ光公式|NTT西日本

メール ベタ 打ち

インラインでメールを返信することが失礼かどうかは、意見が分かれるところです。 引用した方が的確に相手の質問に回答できるので、漏れがなく、わかりやすくていいので失礼にはあたらないのでは、というのが大勢のようです。 インラインでの返信は、 質問と回答が対になっているので、やり取りが長く続く場合も、 必要な事柄の回答が漏れているなどのトラブルが起きるリスクを減らせます。 後日やり取りを確認したいときにも、内容を振り返りやすく便利です。 上司など第三者に事の経緯を説明するときにも、メールを転送すればおおまかな状況を共有することが可能です。 (もちろん、転送だけですますのはNGです!一言添えて転送しましょう。 ) 一方で、 お客様のメールを部分的に引用して扱うこと自体が失礼だと感じる人もいます。 そのため、「インラインで失礼いたします」と、インライン形式のメール返信文で、冒頭に断りを入れることが多く見られます。 本来、「インライン」はIT用語で、「直列の、一列に並んだ、」などを意味する英語です。 ITの分野では、その場に埋め込む(埋め込まれた)という意味で使われています。 メールにおける「インライン」は、返信する際に相手の文章を全文引用して、応答文を数行おきに挟んでいくような書式を指しています。 ビジネスメールでよく使われる「インラインで失礼します」とは、メール冒頭であらかじめこうした形式をとることを断っておくための文言です。 要は、 「イチから本文を書き起こさずに、いただいたメール本文を引用しながらご返答いたしますことをご了承下さい」と言っているのです。 インラインで返信するメールの例をご紹介します。 ご連絡をいただき、ありがとうございました。 以下、インラインで失礼いたします。 >次回の打ち合わせについて、以下の日程候補ではご都合いかがでしょうか。 データの件、承知いたしました。 では、引き続きよろしくお願いいたします。 ビジネスメールで気を配りたいのは、相手にとって読みやすいメールであるかどうかという点です。 その点において、インライン形式は相手に配慮したメールといえますが、 不必要な箇所まで引用してしまっては本末転倒です。 必要な箇所が拾いにくくなってしまうと読みづらく、相手は不快にすら感じるかもしれません。 また、必要な箇所に固執するあまり、挨拶など相手への配慮を欠いた内容になってしまうのも問題です。 (『 』も参考に。 ) 大切なのは、 こちらの伝えたいことを、いかにわかりやすく・失礼なく伝えられるか、ということです。 送る相手の立場や人柄も考慮して、書き方を工夫することが結果的に効率的なビジネスメールにつながります。 その一つの手段として、インラインの手法も取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

multipart/alternative形式とは?

メール ベタ 打ち

トライアルで「質問は受け付けない」というのは、なんだかとてもあやしい気がします。 トライアルは普通、作業者のスキルを見るためにおこなうものですが、仕様書の理解(もちろんその仕様書がきちんとしたものである、という前提です)の他に、わからないことは「わからないので教えてほしい」と、面倒がらずにきちんと連絡を取ろうとするか、そういう意欲があるか、という点も判断されます。 その仕様書に書かれていないレアケースを見つけて質問できる作業者は、ほとんどのクライアントには歓迎されます。 私なら、そのクライアントとはつき合いませんね。 縁が切れて良かったのではないですか? 投稿日時 - 2004-07-27 10:51:09 トライアルで質問を受け付けない…というところは、今までの経験から結構ありました。 ただ、それについては仕様に書いてあることを質問しないで欲しいという事ですよね。 今回の場合、業務案内には「ベタ打ち」とあるのにサンプルにはタグが入力されていて、どこにもそれについての説明がなされていませんでした。 ということは、皆さん同じ意見だと思うんですが、質問してもいい事ですよね? 本当に納得がいきません。 とりあえず、もう一度「不採用で結構ですので、質問に答えて欲しい」という旨のメールを出しました。 でも…返事は来ないでしょうね。 仰るとおり、縁が切れて良かったと思いますが、とても不愉快な気持ちが残っています… 投稿日時 - 2004-07-27 11:49:30 #1さんのおっしゃるとおり、ベタ打ちはテキストファイルで、体裁などまったく考えずただ打つ、ということですが…。 クライアントによっては、htmlタグのテキスト打ちも「ベタ打ち」の範疇に入れているかもしれません。 HP製作ソフトを使うと余計な記述が入ってしまいますし、ソフトによってバラツキがあるので、それを嫌って、ページ作成はすべてエディタで、というクライアントは多いです。 わからないことはクライアントにしっかり聞いたほうがいいですよ? コミュニケーション不足は「失敗」と「時間の無駄」のもとです。 特にSOHOで作業されている場合は、クライアントとの連絡は密になさってくださいね。 投稿日時 - 2004-07-27 10:20:24.

次の

multipart/alternative形式とは?

メール ベタ 打ち

届いたメールに対しての返信メールを作成するツールが欲しい 以前からメールを一括作成して差し込み印刷のようにメールを送る方法をはじめ、Outlookを用いてメールを作成するVBAコードをいくつかご紹介していましたが、これらのコードはすべてメールを新規に作成するものでした。 私の職場は部署(営業所みたいな感じ)が多く、あちらこちらとやり取りをする必要があるためメールがかなり多いです。 同じような問い合わせのメールを何度も受けたり、あらかじめ決まったフォーマットを添付してもらうはずなのにメール本文にベタ打ちされていたりして、同じ内容の文言を何回も送ることに追われていました。 そこで今回は返信メールを作成するVBAコードを考えて少しでも作業負担を減らそうという試みです。 返信メール作成ツールの条件 私が想定している返信メール作成ツールの条件は下記の通りです。• ユーザーフォームを使って作っても良かったのですが、本文の新規登録・修正にVBAの知識が必要になるのでExcelのワークシートを用いる方針にしました。 他の条件を設定するのにもExcelのワークシートを用いるのが便利だし、複数の本文はシートをコピーして簡単に作成できます。 やっぱりVBAの中でもExcelVBAは汎用性が高く使いやすいです。 スポンサーリンク 返信メール作成ツールのワークシートについて 返信メール作成ツールのワークシートは下記のように作成しました。 返信メールの作成に当たってパターンを分けたい内容に関してはワークシートに記載します。 今回作成したシートでは「To」「CC」「件名」「本文」「差出人アカウント名」をパターン分けの項目として作成しています。 シートをコピーして本文を用意することで色々なパターンの返信を作成することが可能です。 返信メール作成ツールのExcelVBAコード 返信メール作成VBAコードについては「ActiveExplorerメソッド」を使用します。 oApp. ActiveExplorer. Selection. Items 1 で選択しているメールの1つ目を指定します。 インデックス番号は1から開始されるようです。 Application Dim objItem As Outlook. ActiveExplorer. Selection. Accounts Cells 6, 2. HTMLBody objReply. 参照設定の手順はを参考にしてください。

次の