面接 後 の お礼 メール。 面接後のお礼メールの書き方・例文【件名はわかりやすく面接日当日に送ろう】

転職時も必要?面接後のお礼メールのマナーとは|ハタラクティブ

面接 後 の お礼 メール

コンテンツ目次• 中でも面接後のお礼メールは送ったほうがいいのか、それとも不要なのか…と悩みがちなものです。 結論からいうと、面接後のお礼メールは送っても送らなくてもどちらでも問題ありません。 お礼メールがなかったから、という理由で不採用になることはほとんど無いといっても良いでしょう。 ただし、「同レベルの応募者が複数いて、その中で迷っている」などという場合に、お礼メールを送ったことで好印象になり採用につながる…というような可能性はゼロではありません。 送るかどうか迷っている、志望度が高い企業だからできるだけアピールしておきたい…というような場合には、送っておいたほうが後悔しないのではないでしょうか。 しっかり押さえて好印象なお礼メールを送信しましょう。 【お礼メールを送るタイミング】 お礼メールはできるだけ早く送信するのがポイント。 できれば面接の当日中、遅くとも翌日には送信するようにしましょう。 あまり遅くなってしまうと採用・不採用が決まってしまっていることもありますし、ビジネスマナーが身についていないと捉えられてしまう可能性もあり逆効果です。 【手紙や電話よりもメールがベター】 少し前まではお礼状として面接後に手紙を出したり、電話をかけたりすることもありましたが、最近ではメールのほうが主流となっているようです。 理由としては、手紙では届くまでに時間がかかってしまうこと、開封して手紙を読むのに手間がかかってしまうこと、電話では採用担当者の時間を奪ってしまうこと…等が挙げられます。 迷う場合にはメールにするのが無難です。 【メールを送る時間にも注意】 メールはいつ送っても相手のタイミングで読めることがメリットですが、深夜や早朝などあまり常識外の時間に送ると悪印象を与えてしまうことも。 できれば面接した企業の営業時間内に送信したほうが良いでしょう。 【パソコンからの送信が無難】 企業でのメールの確認はパソコンでするのが基本。 携帯電話やスマートフォンからの送信では、文字化けが起こったり改行が不自然になってしまう可能性があります。 そのため、パソコンからの送信にするのが無難でしょう。 当たり前ですが、絵文字や顔文字、(笑)などのフランクな表現の使用は避け、丁寧な敬語で書くのがマナーです。 【件名は簡潔に用件が伝わるものを】 ビジネスメールの基本ですが、メールの件名はシンプルでわかりやすいものを心がけましょう。 「本日の面接のお礼の件(名前)」というように、面接のお礼であることと自分の名前を入れておけば担当者にも何のためのメールなのかがすぐに伝わります。 【自己PRなどを長々書かない】 メールでも志望度の高さや意欲を伝えることは大切ですが、長々と自己PRを書き連ねてしまうと読むのに時間がかかり、悪印象を与えてしまう可能性も。 面接でアピールできなかった部分を伝えたい…という場合でも、1~2行程度にとどめておきましょう。 【ビジネスメールの基本を守る】 メールの文頭、文末の挨拶や行末への署名の挿入など、ビジネスメールのマナーと体裁を守ったメールづくりを心がけましょう。 敬語の使い方が間違っていないか…などのチェックも大切です。 【面接のお礼メール例文】 件名:面接のお礼の件について(名前) 本文: (会社名) 人事部 (採用担当者名)様 本日はご多用中にも関わらず、面接の機会を頂きまして誠にありがとうございました。 本日面接して頂きました(名前)と申します。 この度は面接のお礼を申し上げたく、メールさせていただきました。 ご縁がありました際には、貴社の成長の一端を担えることができましたら幸いです。 本日は本当にありがとうございました。 末筆ながら、貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。 (署名) 名前、電話番号、メールアドレス等 【転職活動に迷ったら…】 転職活動中はお礼メールの送信だけではなく、様々な部分で不安を感じることが多いのではないでしょうか。 そんなときに活用していただきたいのが、若年層に特化した就職支援サービスのハタラクティブです。 ハタラクティブでは、利用者の方お一人お一人にプロの就活アドバイザーがヒアリングを行い、マンツーマンで転職活動をサポートしています。 「お礼メールの内容はこれで大丈夫?」「面接対策には何をしておけばいい?」転職時に悩みがちなそんなお悩みにも丁寧に寄り添ってアドバイスを行っているので、初めての転職で不安がいっぱいという方にもおすすめです。 ハタラクティブを活用して、より良い転職活動を成功させてみませんか?.

次の

真似るだけ!面接後のお礼メールの書き方【例文あり】

面接 後 の お礼 メール

面接のお礼メールで押さえるべきポイント 例文あり みなさんは面接をしてもらったあと、お礼メールを出していますか?この記事ではお礼メールの書き方を解説します。 お礼メールの書き方を理解して、感謝の気持ちを伝えましょう。 2020. 媚を売っているように思われるのではないか。。 この記事で解説するお礼メールの書き方を理解して、ぜひそれを実践してみてください。 遅くても 翌日の午前中までに出してください。 人事の人は、採用時期は1日に何十人もの学生に会っています。 しかし、早めにメールを送れば覚えてくれている可能性が高いですし、メールを読むことで、みなさんのことを覚えてもらうことができるかもしれません。 面接のお礼メールにとどまらずどんなメールにも役に立つので、ぜひ覚えてください。 面接官のメールアドレスを知っていたらそちらに送れば良いのですが、そのようなことはほとんどないでしょう。 採用担当用のメールアドレスとは、企業が用意している学生との窓口の役割を果たしているもので、企業から送られてくるメールに載っている場合が多いです。 企業の新卒採用ページのお問合わせの項目に載っていることもあるので、探してみましょう。 社会人は1日に何百通ものメールを受信します。 新卒採用担当の方となれば、なおさらたくさんのメールに対応しなければなりません。 送ったメールの件名がよく分からないものであれば、見落とされて他のメールに埋もれてしまう恐れがあります。 せっかくお礼メールを書いても、読んでもらえなければ意味がありません。 件名を読んだだけで、誰がどのような用件で送信したメールなのかすぐに把握できるように工夫しましょう。 必ず、メールの書き出しは、メール送る相手の会社名と部署名、その人の名前を正確に書くようにしましょう。 面接のお礼メールであれば下記のようになります。 みなさんが採用担当者の方にメールを送るときも、文の最後に署名をつけるようにしましょう。 誤字や脱字に気付かぬままメールを送ってしまったら、粗雑な人という印象を抱かれかねません。 メールを送る前に必ず文章を読み直すようにしましょう。 ポイントは大きく分けて3つあります。 いわゆる 逆質問です。 この逆質問で得た情報は面接のお礼メールに端的に述べるようにしましょう。 この目的は大きく分けて、理解していることを伝えることと、志望度の高さを伝えることの2つです。 詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。 返信不要の旨を書くことで、返信がないことに対するみなさん自身のストレスもなくすことができます。 」といった表現を使うと、柔らかい印象になるでしょう。 返信をいただいた場合は放置するのではなく、再度メールを送るようにしてください。 返信をくれたことに対するお礼をし、自分の送ったメールでやりとりが終わるのが好印象に繋がります。 メールをもらってから1日以内には返信をするようにしましょう。 (件名)【5月7日の面接のお礼】抹茶大学の山田花子です。 ご多忙と存じますので、ご返信には及びません。 末筆ながら、ご面談のお礼を申し上げますとともに、 貴社のご発展と皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。 お礼メールのポイントはOB訪問のやり取りにおいても参考にしてください。 しかし、できればメールのやり取りすら回避したいもの。 そこでおすすめなのが Matcherです。 Matcherは、 所属大学や学年に関係なく社会人に就活相談にのってもらえるサービスです。 学生時代頑張ったことをはじめ、ES添削や面接対策に 18,000人以上の社会人が協力してくださいます。 メールでのやり取りは必要ありません。 ぜひ社会人に会いに行って、就活の糧にしてください。

次の

【例文・件名あり】面接後のお礼メールは必要?送らないと失礼?

面接 後 の お礼 メール

しかしメールを送ることで、採用担当者の印象に残ったり、好感度が上がったりする場合もありますよ。 特に応募先が中小企業やベンチャー企業なら、熱意を尊重していることもあるからです。 面接の時間を割いてもらったことに対するお礼はもちろん、次のような場合にもお礼メールを送るのがオススメ。 好感触だった面接で、さらに好感度を上げたい• 特に志望度が高い企業の面接を受けたあと、より熱意を伝えたい ただし転職エージェントを利用した場合は、お礼のメールは不要です。 どうしても送りたい場合は転職エージェントのキャリアアドバイザーに、一度確認を取ってからにしましょう。 面接後にお礼メールを送る時のポイントとタイミング 面接後、お礼のメールを送る前に、ポイントとタイミングを押さえておきましょう。 面接後のお礼メールを送る時のポイント• 文章はシンプルかつ丁寧に書く• テンプレートにオリジナル性を加える• 返信不要の旨を記載する• 採用担当者用のアドレス宛に送る• メールはパソコンから送る 面接後のお礼メールは、面接日当日がベストです。 遅くても翌日の午前中までに送るようにしてください。 お礼メールを送るときのポイントとタイミングについて、それぞれ詳しく説明します。 お礼メール文章はシンプルかつ丁寧に!本文は6行~7行程度がベスト 面接後のお礼メールを送る際、件名や本文は分かりやすく簡潔にまとめましょう。 本文のボリュームが多すぎると、採用担当者の時間を大幅に割くことになり、かえって好感度を下げてしまうことも。 そのため本文は最初の挨拶と結びの言葉を除き、6行~7行程度で収めるのがベストです。 メール送信前には文章を読み返し、誤字脱字がないか必ずチェックしてください。 また面接がカジュアルな雰囲気だったとしても、メールは丁寧な文体で書きましょう。 テンプレートをそのまま送っては意味がない!オリジナル性を加えよう お礼のメールを送る上で、メールマナーを心配する人も多いですよね。 そこで利用したいのがテンプレート。 しかしテンプレートをそのまま使っても、せっかくお礼メールを送る意味がなくなってしまいます。 例文はあくまでも例文。 オリジナル性が必要です。 テンプレートをもとに、面接中の逆質問で得た「内容」や面接を受けた上での「熱意」など、志望度の高さをアピールしましょう。 ただし、あからさまなアピールはNG。 「御社のために尽くしていきます!」のように下心と勘違いされる言葉は避けるべきです。 お礼メールには返信不要の旨を記載!もし返信がきたらすぐに返そう お礼のメールを送る場合は、返信が不要であることを伝えます。 これは採用担当者が返信で生じる負担を減らすため。 手紙の場合は、メールよりも相手に届くのが遅くなるので、おすすめできません。 お礼を伝えるのであれば、やはりメールが最も有効な手段ですね。 面接後のお礼メールの例文を紹介!すぐに使える3つのテンプレート 面接後のお礼メールの宛先は、主に次の3つのいずれかです。 先ほども言ったように、面接後にお礼のメールを送る際、オリジナル性が必要。 しかし一からすべて考える必要はありません。 形式が決まった部分には、ここで紹介するテンプレートをぜひ使ってくださいね。 テンプレートその1、面接官が1名でアドレスを知っている場合 「面接官が1名でアドレスを知っている場合」に利用するテンプレートを紹介します。 件名は「〇月〇日の面接のお礼 〇〇〇〇(自分の名前)」にしましょう。 本文は次のとおりです。 本日(昨日)はご多忙な中、面接の機会を頂き 誠にありがとうございました。 『〇〇様のお話を伺う中で、貴社のサービスの質が高い理由や社員満足度、活躍するために取得していくべきスキルについて理解でき、 ますます貴社で仕事をしたいという気持ちが強くなりました。 』 取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたく、メールさせて頂きました。 ご多忙かと存じますので、ご返信にはおよびません。 末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、 貴社のますますのご発展と社員皆様のご多幸をお祈り申し上げます。 <署名> 氏名: メールアドレス: 電話番号: 住所:〒 (都道府県から建物名、号室まで記載) 枠内のテンプレートに面接先の情報や自分の名前、連絡先などを入力しましょう。 枠内の『 』の部分は例文です。 面接で聞いた話など、オリジナルの内容を入れて利用してくださいね。 テンプレートその2、面接官が複数で誰かのアドレスを知っている場合 「面接官が複数で誰かのアドレスを知っている場合」に利用するテンプレートを紹介します。 件名は「〇月〇日の面接のお礼 〇〇〇〇(自分の名前)」にしましょう。 本文は次のとおりです。 本日(昨日)はご多忙な中、面接の機会を頂きまして、 誠にありがとうございました。 『〇〇様のお話を伺う中で、貴社のサービスの質が高い理由や社員満足度、活躍するために取得していくべきスキルについて理解でき、 ますます貴社で仕事をしたいという気持ちが強くなりました。 』 取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたく、メールさせて頂きました。 ご多忙かと存じますので、ご返信にはおよびません。 末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、 貴社のますますのご発展と社員皆様のご多幸をお祈り申し上げます。 <署名> 氏名: メールアドレス: 電話番号: 住所:〒 (都道府県から建物名、号室まで記載) 枠内のテンプレートに面接先の情報や自分の名前、連絡先などを入力しましょう。 枠内の『 』の部分は例文です。 面接で聞いた話など、オリジナルの内容を入れて利用してくださいね。 テンプレートその3、面接官のアドレスを知らず採用窓口宛に送る場合 「面接官のアドレスを知らず採用窓口宛に送る場合」に利用するテンプレートを紹介します。 件名は「〇月〇日の面接のお礼 〇〇〇〇(自分の名前)」にしましょう。 本文は次のとおりです。 本日(昨日)はご多忙な中、面接の機会を頂きまして、 誠にありがとうございました。 『お話を伺う中で、貴社のサービスの質が高い理由や社員満足度、活躍するために取得していくべきスキルについて理解でき、 ますます貴社で仕事をしたいという気持ちが強くなりました。 』 取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたく、メールさせて頂きました。 面接官様に、お伝え頂けると幸いです。 ご多忙かと存じますので、ご返信にはおよびません。 末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、 貴社のますますのご発展と社員皆様のご多幸をお祈り申し上げます。 <署名> 氏名: メールアドレス: 電話番号: 住所:〒 (都道府県から建物名、号室まで記載) 枠内のテンプレートに面接先の情報や自分の名前、連絡先などを入力しましょう。 枠内の『 』の部分は例文です。 面接で聞いた話など、オリジナルの内容を入れて利用してくださいね。

次の