お 気遣い いただき ありがとう ござい ます。 「お取り計らい」の意味は?目上の人への使い方や類語も徹底解説!

メールで好印象を与える「感謝」の文例とフレーズ

お 気遣い いただき ありがとう ござい ます

Topics• 『お気遣い』の正しい意味とは? 「お気遣い」という言葉にはしばしば「ありがとう」といった感謝の言葉がセットになって使われていますよね。 この「ありがとう」と感謝の対象になっている「お気遣い」とはどのような意味でしょう。 「お気遣い」とは「気遣い」という言葉に接頭辞の「お」をつけて敬語に変換した言葉です。 では、「気遣い」とはどのような意味でしょうか。 気をつかうこと。 とあります。 「お気遣い」は相手に対して使う言葉ですので、正しい意味とは 『相手が自分に気を遣ってくれること、配慮してくれること』と言えますね。 つまり、「お気遣いありがとう」という言葉は「自分に気を遣ってくれて、配慮してくれてありがとう」という意味だと分かります。 『お気遣い』とよく似た言葉『お心遣い』との違い 相手に対して感謝の言葉として用いることが分かった「お気遣い」ですが、よく似た言葉を聞いたことがありませんか? それは「心遣い」です。 どちらも似たようなものでは?と思いがちですが、次のような違いがあります。 お気遣い・・・相手に気を配っての言動や行動 心遣い・・・・相手を思いやっての言動や行動 ということです。 例えば来客にお茶を出す、室温を整える等ビジネスにおいて相手のために細かく気を利かせる、気を遣うことは当然とも言える行為です。 しかし相手の好みを調べて贈り物をする、体調を心配する手紙を書く等、相手のことを思い真心を込めた行為は誰にでもできるわけではありません。 その相手のことを深く考えた上の気持ちのこもった行動や言葉が「心遣い」と言えるでしょう。 目上の方や上司への使い方と例文 「お気遣い」は接頭辞の「お」が付いているので敬語という扱いになります。 ですので、基本的には目上の方や上司に対して使う言葉ですね。 では、目上の方や上司に使う場合とそれ以外の場合の違いを分かりやすく例文にまとめましたので見てみましょう。 【目上の方や上司に対して】• いつも私の体調について心配してくださる部長のお気遣いには感謝いたします。 先日ご訪問させていただいた節は、たくさんのお気遣いをいただきありがとうございました。 (取引先からお土産をいただいて)お気遣い痛み入ります。 (深い感謝を示す)• この度は、商品価格につきましてお気遣いいただきまして誠にありがとうございます。 【その他の場合】• (お茶を出してもらった場合等)どうぞお気遣いなく。 お気遣いには及びませんが、ご心配いただき感謝します。 (やんわりと断りながら感謝を示す)• (こちらの行為で相手に気を遣わせた時)かえってお気遣いいただきすみません。 (自分のミスを心配してくれた)お気遣いいただき申し訳ございません。 【スポンサードリンク】 メール送信、返信時の使い方とビジネス文書等での使い方と例文 ビジネスメールでやり取りする場合でも「お気遣い」や「お心遣い」は同様に使っていただいても構いません。 相手の気配り、心配りに感謝を示す言葉ですので、積極的に使っていきたいですね。 ですが、訓読みである「きづかう」「こころ」などをビジネス文書やレポート、報告書の類には適さないとされています。 その際には音読みである類義語の「ご高配」「ご配慮」「ご心配」「ご厚情」などを使うようにしましょう。 さらに丁寧な言い回しができます。 【メールでの使用例】• 商品資料の件につきまして、 早速ご対応いただきまして誠にありがとうございます。 有難く参考にさせていただきます。 また、関連商品のサンプルもご送付いただいたとのことで、 お気遣いいただき恐縮です。 有難く頂戴いたします。 今後も相変わらぬ御交諠を賜りますよう、 よろしくお願い申し上げます。 メールにて恐縮ではございますが、 取り急ぎ、お礼申し上げます。• 社内メール例 件名:本日はありがとうございました。 おかげさまで非常に円滑に取り引きを進めることができました。 また、関係各所にも お口添えしていただきまして、とても助かりました。 お気遣いをいただきありがとうございます。 ビジネス文書例 【文頭】• 平素はひとかたならぬ ご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 平素は格別の ご厚情を賜り心よりお礼申し上げます。 【文末】• 今後とも変わらぬ ご高配を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 申し訳ありませんが、上記の件何卒 ご配慮いただきますようお願い申し上げます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「お気遣い」は相手が気を遣ってくれたことに対する感謝や謝罪を示しますので使い方を誤らないようにして、それこそ相手に「気を遣わせる」ことのないようにしたいですね。 普段のビジネスの会話やメールと、ビジネス文書での「訓読み」「音読み」での使い分けに注意しましょう。

次の

「ご心配ありがとうございます」の使い方とマナー|類似表現の例文

お 気遣い いただき ありがとう ござい ます

ご配慮いただきありがとうございますの意味とは? ご配慮いただきありがとうございますの意味は気遣ってくれてありがとう ご配慮いただきありがとうございますの意味は、気遣ってくれてありがとうという意味です。 ご配慮という言葉には「人・物などのことを考えた言動をとること」という意味合いがあります。 そのため配慮を言い換える際には、思いやり・気遣い・心配り・親切心などと言い換えることができます。 ご配慮いただきありがとうございますは他人から何かの優しさをもらった時や、自分の事情などを勘案して思いやりのある対応をしてもらった時にお礼の言葉として伝える際の言い回しです。 ビジネスシーンではこのように相手に対してしっかりとお礼を伝えることはとても重要であると言われています。 なぜなら、こういった礼儀をわきまえた行動をとっている人に対して周囲の人はしっかりとした人間であると感じやすく良い印象を与えやすいからです。 周囲の人から良い印象を抱かれていると、仕事を任されやすかったり困った時に手助けをしてくれたりと、仕事だけに限らず、非常に良い人間関係が築けると言われています。 ご配慮いただきありがとうございますは謙譲語が使われた正しい敬語表現 ご配慮いただきありがとうございますは謙譲語に分類される敬語表現です。 ご配慮いただきありがとうございますという言い方は、してもらうの謙譲語である「いただく」を用いた敬語表現です。 またご配慮の「ご」も敬語の中の分類される謙譲語表現になります。 ご配慮いただきありがとうございますは間違った敬語表現と思っている人が少なくないと言われています。 ご配慮いただきありがとうございますを間違った敬語表現だと考えている人は、ご配慮という言葉が尊敬語であり、相手の行動に対して敬意を表した表現であるととらえていることが理由と言われています。 このようなことからご配慮という相手の言動に対して敬意を表す尊敬語に、配慮をしてもらうという意味の謙譲語「いただく」を組み合わせることは敬語表現として間違っていると考えられることがあると言われています。 しかしご配慮いただきありがとうございますの「ご配慮」は謙譲語であることから正しい敬語と言えます。 ご配慮いただき・くださりの違いは? ご配慮いただき・くださりの違いは誰の視点で述べられたか ご配慮いただき・くださりの違いは誰の視点で述べられたかという点にあります。 ご配慮いただきという表現には「ご配慮してもらって」という意味合いがあります。 もう一方のご配慮くださりという表現には「ご配慮してくれて」といった意味合いがあります。 これらのことから意味は同じなのですが、配慮をいただく人は自分であり、配慮をする人が相手であるという言動の主体者に違いがあります。 ご配慮いただきという表現はご配慮をしてもらった自分の視点で述べられた表現です。 その反対に、もう一方のご配慮くださりという表現は配慮をした相手の視点で述べられた表現です。 これらのことからご配慮いただき・くださりの違う所は誰の視点で述べられたかであると言えます。 しかしご配慮いただきもご配慮くださりも、言葉に込められた意味合いは同じです。 そのため状況などに応じてご配慮いただき・くださりを使い分けることが重要であると言われています。 ご配慮いただき・くださりの違いは敬語表現の違いに現れる ご配慮いただき・くださりの違いは敬語表現の違いに現れます。 ご配慮いただきとご配慮くださりの違いは誰の視点で述べられたかという違いですので、敬語の表現方法に違いが現れます。 ご配慮いただきという表現は「いただく」という謙譲語表現を用いていることからも分かる通り、自分の行為をへりくだった表現で言い表した使い方です。 もう一方のご配慮くださりという表現は、相手の視点で述べられた表現ですので、「くださる」という尊敬語が使われています。 尊敬語は相手に敬意を示すために相手の言動を高めるための表現です。 このようなことからご配慮いただき・ご配慮くださりの違いは敬語の表現に現れると言えます。 ちなみに以下のサイトでは尊敬語・謙譲語・丁寧語の違いや、よく使う敬語の使い分け変換表が掲載されていたので参考になさってください。 寛大なご配慮をいただきありがとうございますという表現には、とっても優しいな思いをかけていただいてありがとうございますといった意味合いが込められています。 寛大なという言葉には、大きな心をもっている様子や相手のことを思いやる気持ちが強いといった意味合いがあります。 そういった意味合いから寛大なという言葉を使う場合には、小さなことで相手を非難しないことといった意味合いで使われることもあります。 このように小さなことに固執せず、大きな心をもった対応をしてくれる人は周囲の人から良い印象を抱かれる傾向があると言われています。 寛大なという言葉にはこのような意味合いがあることから、寛大なご配慮をいただきありがとうございますという表現は、ミスなどを許してくれた際のお礼として使われることもあります。 ビジネスにおいては、1つの仕事が数か月にも及ぶことは珍しくありません。 このように大きな仕事に携わる場合など、関係者と長い付き合いをすることは珍しくありません。 このように長期に渡る仕事に一旦区切りがついた時などに様々なご配慮をいただきありがとうございますという使い方がされます。 こういった際に使われる様々なご配慮をいただきありがとうございますという言い回りには「この度はたくさんの思いやりのある言動をしていただいてありがとうございました」とい意味が含まれます。 他にも様々なご配慮をいただきありがとうございますという使い方は、仕事を辞める時などにも使うことができます。 仕事で色々とお世話になった人に挨拶をする際に「右も左もわからなかった私に様々なご配慮をいただきありがとうございます」という使い方もできますので、状況に応じて使い分けられる表現と言われています。 この度はご配慮いただきありがとうございましたという使い方は、相手の気遣いや親切な対応に対して使われるフレーズです。 「この度は」という表現は「今回は」「この件では」という意味合いを丁寧な言い方にした表現です。 ちなみにビジネスシーンでは「この度」というように漢字表記を用いる方が、相手に対してきっちりとした印象を与えられると言われています。 「このたび」というように平仮名表記にするとフランクな印象を与えがちであると言われているので、正式な文書などには「この度」というように漢字で書くことが無難であると言われています。 この表現は相手に配慮をしてもらうようにお願いをする際に使われます。 例えば「この建物は全館禁煙ですのでご配慮のほどお願い申し上げます」というような使い方です。 このようにご配慮のほどお願い申し上げますという表現は、相手に対して配慮を促すと同時に、禁止事項などを案内する際に使われます。 ビジネス用語なので「ご配慮のほど」と柔らかい表現にしていますが、言っている内容は禁止されている事項の案内であることもありますので注意が必要です。 ちなみにご配慮のほどの「ほど」には深い意味合いはなく、言い回しを柔らかくして相手に不快感を与えないような心配りがされた表現であると言われています。 他にも礼儀をわきまえた敬語の1つであり重宝されると言われている謹んでお請けいたしますという表現については以下の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。 厚情という言葉には、厚い情け・思いやり・親切心・優しい心などといった意味合いがあります。 厚情という言葉の意味については詳細が記載されていた以下のサイトもご覧ください。 「格別のご厚情」という言葉遣いは正式な文書や礼儀を重んずる場面で使われるケースが多いことから後ろに続くお礼の意味を表現する文章も「賜り」や「心よりお礼を申し上げます」といった言葉遣いが使われることが多いと言われています。 高配という言葉には、気遣い・親切心・優しい心などといった意味合いがあります。 高配という言葉の意味については以下のサイトに詳しく紹介されていたので参考になさってください。 「格別のご高配」という言葉遣いは案内文などのしっかりとした文章として使われるケースが多いことから後ろに続くお礼の意味を表現する文章も「賜り」や「厚くお礼を申し上げます」といった言葉遣いが使われることが多いと言われています。 他にも良いことが達成された時のことを話す「暁には」という表現もきっちりとした場面で使うことができますので、詳しくお伝えしている以下の記事を参考になさってください。 また比較的上の世代の人に好まれる場末という表現の意味や読み方に関する記事もお役立てください。 ご配慮いただきありがとうございますの意味や使い方を把握しましょう ご配慮いただきありがとうございますという表現はビジネスシーンで使われることが多く、類語などを合わせて押さえておくと重宝します。 表現力が豊かな社会人であると思われるよう、少しずつ語彙力を増やしていきましょう。 最後にビジネスシーンの中でも魅力を感じる人が多いと言われるIT業界についての記事を紹介します。 IT業界は時代の最先端を走り、仕事の成果を感じやすいことで人気があると言われています。 またIT業界は未経験者や転職者にとって働きやすい業界であるとも言われており、人材が不足気味とのことからIT業界で働きたいという人は珍しくありません。 以下の記事ではそんなIT業界の魅力や志望動機の書き方についてお伝えしています。 また一流企業の定義や人気に関する記事も合わせてご覧ください。

次の

「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語

お 気遣い いただき ありがとう ござい ます

「ご配慮」の使い方・例文 「ご配慮」は目上の相手の心づかいに対して感謝するときに使う 「ご配慮」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」の敬語表現であり、それに対して感謝をする時に使います。 そのため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 感謝を伝える際の主な言い回しは ・ご配慮いただきありがとうござきます ・ご配慮に感謝申し上げます などです。 また、「ご配慮」よりもさらに丁寧な表現に「ご高配」があります。 ただ職場の上司などに対してしょっちゅう「ご高配」を用いるとくどいと感じられてしまうこともあります。 「ご高配」はとてもかしこまった表現となりますので注意しましょう。 「ご配慮ありがとうございます」 「ご配慮いただきまして、誠にありがとうございます」 「先日は突然お伺いしたにも関わらず、ご配慮をいただきありがとうございました」 「このたびの開店に際しましては、ご祝電とお花を頂戴し誠にありがとうございました。 いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます」 相手に「ご配慮」してもらうことをお願いをするときも使う また「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、相手に対して「気を付けてもらうこと」がある場合に使うことができます。 お願いをする際の主な言い回しは ・ご配慮願います ・ご配慮いただけますようお願い申し上げます となります。 例えばお客様に対して商品に直接手を触れないようにお願いしたい場合、「商品にお手を触れぬよう、ご配慮願います」などと使うことができます。 また相手に注意を促したい場合、ただ注意をするだけでは相手が不快な思いをしてしまう場合があります。 そのため、 注意したい事項に対して配慮をお願いする、といった形で伝えることができます。 例えば「店内は禁煙となっております。 喫煙する場合は一度店外の喫煙スペースまで足を運ぶようご配慮くださいますようお願い申し上げます」などと使うことができます。 「ご配慮のほど何卒よろしくお願いいたします」 「大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮賜れますと幸いです」 「海外出張の際には、紛争・テロ・内戦等に巻き込まれないよう、くれぐれもご配慮をお願いいたします」 「本日の内容に関しましては正式発表があるまでは口外いたしませぬよう、ご配慮いただきたく存じます。 よろしくお願いいたします」 「ご配慮」の使う上の注意点 「ご配慮」は同等や目下の相手には使用不可 「ご配慮」は目上の相手に対して使う敬語表現です。 そのため、同僚や部下など同等もしくは目下の相手に対して使うと不自然になります。 過度な敬語表現は慇懃無礼となりますので注意しましょう。 同僚や部下などが配慮してくれたことに対して感謝を伝える場合は、下記の例文を参考にしてください。 「配慮してくれてありがとうございます」 「心遣いありがとう」 「お気遣いありがとうございます」 自分自身の行動に対しては目上の人と話す時でも「配慮」を使う 自分が気を配る場合には、目上の相手であっても「配慮」と使います。 自分の行動に対して「ご配慮」と敬語を使うのは誤用となりますので注意しましょう。 何かをするにあたって気を付けることを伝える場合に、「気をつけます」では軽い感じがします。 ビジネスシーンでは「配慮します」と使うようにしましょう。 また自分の配慮が足らなかったことを相手に謝罪する場合は 「私の配慮が足らずこのような事態を招いてしまい、大変申し訳ございません」などと使います。 「ご配慮」のビジネスで使える言い回しの例文一覧 ご配慮いただき〜 「ご配慮」をしてもらったことを感謝する場合に「ご配慮いただき」を使います。 この後に続けて感謝の言葉を繋げて主に使われています。 また、「恐縮です」を繋げることで配慮してもらったことをかしこまり申し訳なく思っていることを伝えることができます。 ビジネスメールなどでも用いられる表現ですので覚えておきましょう。 この後に続けて感謝の言葉を繋げて主に使われています。 主に「ご配慮のほどよろしくお願いします」と使われています。 「ご配慮のほど感謝いたします」と使うのは不自然ですので注意しましょう。 ご配慮ください 「ご配慮ください」も相手にお願いする場合に用いられます。 ただ、「ご配慮ください」だけではやや冷たい印象を与えることもありますので、特に目上の相手に対しては「ご配慮くださいますよう、よろしくお願いします」などを付けるようにしましょう。 ご配慮ください」 「くれぐれもご配慮くださいますよう、よろしくお願いいたします」」 「ご配慮」「お気遣い」「ご考慮」の違い 「ご配慮」・・・「相手の配慮(=よく考えてからする心づかい、心をくばること)の敬語表現」 「お気遣い」・・・「相手の気遣い(=あれこれと気を使うこと、心づかい)」の敬語表現」 「ご考慮」・・・「相手の考慮(=考えをめぐらすこと、よく考え合わせること)」の敬語表現」 「お気遣い」の意味・使い方・例文 「気遣い」の意味は「 あれこれと気を使うこと、心遣い」です。 その場の状況に応じて周囲のことを考えたり相手のことを思いやって行動することを指して使います。 「お気遣い」は、「相手が自分のために気を使ってくれること、配慮してくれること」を表しています。

次の