まどかマギカ2 リセット。 魔法少女まどかマギカ2 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

魔法少女まどかマギカ2 天井狙い・設定狙い・勝つための立ち回り

まどかマギカ2 リセット

0 98. 0 99. 8 101. 3 104. 7 107. 3 111. ボーナス込みの純増は約2. また、最近の新台の中では全体的に機械割はまだ高い方なので、設定狙いでの活躍にも期待が持てそうです。 まずは中リールにBARを狙い、中段チェリー停止時は左リールにもチェリー、中段BAR停止時は右リールに紫7を狙い、停止形に合わせて左リールを打ち分けましょう。 右リール下段に紫7が停止した場合は左リールにはチェリー、右リール中段に紫7が停止した場合は左リールには紫7を狙えばOKで、中段「紫7・BAR・紫7」と停止すれば1枚役を獲得することができます。 5 パチスロ「魔法少女まどかマギカ2」で、出現率に設定差が付けられている小役は「弱チェリー」のみ。 通常時・ART中を問わずカウントすることができるので、設定狙いの際には必ずチェックしておきましょう。 成立時の状態によって恩恵が異なるようですが、通常時であればエピソードボーナス当選に加えて上乗せ特化ゾーン突入が濃厚。 ART中であればさらに3ケタゲーム数上乗せも濃厚とのことで、通常時よりもART中に引き当てたいプレミアフラグと言えますね。 これにより、宵越し天井狙い・リセット天井狙いともにリスクなく立ち回ることができますね。 また、リセット後は高確移行抽選が行わていると思われるため、朝一の高確示唆演出をリセット判別要素として活用できそうです。 初当たりに関わるCZ突入率や、初代でも大きな設定差が付けられていたART直当たり確率は要チェックですね。 また、弱チェリー確率に関しても、初代と同じように設定差が付けられているようです。 設定示唆をしているボーナス終了画面(セリフ)も、見逃し厳禁ですね。 このことから期待値稼働で打つなら、設定狙いor天井狙いのどちらかということになりますね。 ただ、初代と同じくARTには引き戻し要素がある他、まどマギ2ではCZ潜伏もありとのことなので、特にART後の演出に注意してやめどきを見極めていきましょう。 キャラによって性能が変わりますが、ほむらであれば全役がチャンス役になるだけでなく、CZ成功時には上乗せ特化ゾーン突入も濃厚となります! また、まどマギ2にも「キュゥべえチャレンジ」が搭載されており、こちらは突入時点で ART濃厚。 さらに、演出に成功すれば 裏マギカクエスト突入と、前作の仕様を意識したCZとなっていますね。 高確示唆ステージ ・「夕方ステージ」が高確示唆ステージ。 前兆示唆ステージ ・「魔女探索ステージ」は、自力CZ「魔女の結界」の前兆示唆ステージ。 特殊ステージ ・「キュゥべえステージ」に移行すれば、キュゥべえチャレンジ確定。 内部状態移行率 ・「ハズレ・リプレイ・弱チェリー・チャンス目」成立時に状態昇格抽選が行われる。 ・高設定は「ハズレ・リプレイ・チャンス目」からの(超)高確移行率が優遇。 ・状態転落抽選は押し順ベル成立時に行われる。 ・設定変更時に関しては、設定4以上の高確移行率が優遇されている。 魔女の結界 ・ART突入を賭けた自力CZ。 ・性能が違う4つのタイプが存在する。 さやか(VSハコの魔女) ・リプレイ、レア小役がチャンス役。 ・ART期待度は約33%。 マミ(VS薔薇園の魔女) ・リプレイ、ベル、レア小役がチャンス役。 ・ART期待度は約37%。 杏子(VS鳥かごの魔女) ・全役がチャンス役。 ・ART期待度は約50%。 ほむら(VS忘却の魔女) ・全役がチャンス役&成功時は「マギカクエスト」突入も確定。 ・ART期待度は約80%。 各CZ中のART抽選 ・探索パート中は全役でART抽選が行われている。 ・レア小役、特に強レア小役を引くことができればチャンス。 ・杏子は弱小役でもART期待度は約33%、ほむらならリプレイでも約33%でART当選。 ・バトルパート中にもレア小役成立時にART抽選が行われている。 ・ART当選後のレア小役成立時には、上乗せ特化ゾーン突入抽選が行われる。 キュゥべえチャレンジ ・魔女の結界本前兆中のレア小役で昇格抽選が行われる。 ・最も昇格期待度の高い小役は強チェリーで、成立時には約20%でキュゥべえチャレンジへ昇格する。 ・突入時点でART当選濃厚。 ・さらに演出に成功すれば裏マギカクエスト確定(成功期待度は約50%)。 前作と同じようにソウルジェム役モノやミニキャラタッチ時のセリフで蓄積された穢れポイントを示唆しており、中には穢れMAX濃厚となるパターンも・・・? ミニキャラ登場時には、忘れず液晶をタッチしておくべきですね。 穢れMAX後にボーナスを引き当てた場合、ボーナスがエピソードボーナスor裏ボーナスとなりART突入が確定! また、裏マギカクエスト中にボーナスを引くことでも裏ボーナスに当選します。 裏ボーナスに突入すれば、一気にまとまったゲーム数を上乗せする大チャンスです! ビッグボーナス ・約150枚獲得できるボーナス。 ・消化中に赤7が揃えばART確定。 ・3種類の告知タイプを任意に選ぶことができる。 ・消化中は毎ゲーム上乗せが発生する。 ・平均上乗せゲーム数は約350G(最低150G保障)。 終了画面 まどマギ2のボーナス終了画面には複数のパターンが存在し、CZストックやART引き戻し、設定を示唆しているのではないかと言われています。 そして、「全員集合(制服)」だけは、ボーナス終了時に液晶をタッチしないと出現することがありません。 (液晶タッチで画面が切り替わる) 出現すれば 設定5以上が確定するため、確認できれば設定狙いで全ツッパでOKですね。 初代まどマギでは次回モード示唆要素となっていましたが、今回は設定別にセリフ選択率が異なり、「全員集合(制服)」とセットで発生する「みんなには内緒だよ」が 設定5以上確定パターンになります。 高設定を取りこぼしてしまうことのないよう、ボーナス終了時には必ず液晶をタッチするクセを付けておきましょう。 また、新たに搭載された上乗せ特化ゾーン「マギカクエスト」は、イベントマスで上手くベルorレア小役を引くことができるかどうかが鍵。 やじきた道中記乙の「あっぱれチャンス(カッパ)」や、デビルマン3のARTシステムをさらに発展させたようなゲーム性ですね。 ・ステージによって状態や前兆を示唆している。 ・「ティータイム」ステージは本前兆濃厚ステージ。 ART終了時準備中の引き戻し抽選 ・ART終了準備中のレア小役成立時には、ART引き戻し抽選が行われている。 ・弱レア小役成立時の引き戻し期待度は約25%、強レア小役やボーナスなら引き戻し確定。 (裏)マギカクエスト ・イベントマスと成立役で展開が変わる上乗せ特化ゾーン。 ・イベントマス停止時にベルorレア小役を引けば、マスの種類に合わせた恩恵(上乗せなど)を獲得できる。 ・裏マギカクエストは上乗せ性能アップ&消化中のボーナスは裏ボーナスに。 ・裏マギカクエスト後はマギカクエストに復帰。 ・裏マギカクエスト中の裏ボーナス後には、裏マギカクエストに復帰。 アイコンの種類 使い魔:マギカクエスト終了のピンチ 宝箱:5G以上の上乗せ ソウルジェム:5G以上の上乗せ キュゥべえ:成立役を問わず上乗せ ?:到達までに使い魔マス以外に変化 VSバトル:バトル勝利で次のマス以降がグリーフシードに変化 さやか:攻撃を一回耐えられる マミ:次の使い魔マスを他のマスに変換 杏子:次回上乗せが2倍&上乗せするまで無敵状態 ほむら:使い魔マスを踏んでも復活確定&復活後は上乗せするまで無敵状態 まどか:100G以上の上乗せ グリーフシード:次ゲームから裏マギカクエスト突入 マギカクエストモード ・ART中には「マギカクエストモード」なる内部モードが存在し、小役成立時にはモードに応じてマギカクエスト突入抽選が行われる。 ・マギカクエストモードは、ART初当たり時とマギカクエスト終了後に移行抽選が行われる。 ・1セット5G前後で、セット継続の度に5G以上を上乗せする。 ・前作よりも継続率が大幅アップ&最低4セット保証。 ・継続率は75~90%。 ・4の倍数セット数は上乗せゲーム数が優遇されている。 ・まどかが登場すればボーナス濃厚。

次の

SLOT魔法少女まどか☆マギカ2

まどかマギカ2 リセット

目次(クリックでジャンプ)• 5枚(ボナ込2. 8(設定1~3)~1. 1(設定1~3)~10. 1(設定1~3)~10. 6%、G数上乗せ+ワルプルギスの夜が0. 0%継続 74. 1%継続 18. 2%継続 6. 試打動画.

次の

魔法少女まどかマギカ2 穢れシステム解析・恩恵振り分け【スロット・パチスロ】

まどかマギカ2 リセット

打ち方:フリー打ち• 成立役:ベル or リプレイ or チャンス目B 中段リリベでチャンス目B! 中段にベル停止• 打ち方:フリー打ち• 成立役:ベル or ハズレ or 突入リプレイ or 転落リプレイ 中段にBAR停止• 成立役:中段チェリー or チャンス目A 中段チェリーの可能性もあるアツい停止形! 中段にスイカ停止• 打ち方:フリー打ち• 成立役:スイカ スイカ確定。 中段にチェリー停止• 打ち方:左にチェリー狙い• 成立役:弱チェリー or 強チェリー リーチ目 ボーナス終了画面の液晶タッチ ボーナス終了画面での液晶タッチによるセリフ示唆は健在。 今作では設定示唆となっている。 2つを合算すると設定5なら約BIG5回に1回、設定6なら約BIG4回に1回程度出現する確率になるので、BIGをそれなりに引いているにも関わらず1度も確認出来ないようなら高設定の可能性は低くなります。 上記の上乗せ抽選に当選した場合は下記の割合で内容を振り分け。 今作の「まどマギ2」にも非常に大きな期待が寄せられます。 システム面では穢れや特化ゾーンなどの良い所を残しつつ進化させた印象。 マギカクエストは偽物語の倍倍チャンスに近いタイプの特化ゾーンで特定マスでの引きが明暗を左右します。 PVでは「ワルプルギスの夜の継続大幅アップ!」といった記載も見られるのでこちらは突入率を下げて、メインで突入する特化ゾーンはマギカクエストといった感じでしょうか。 機械割が判別していない現在では総評は避けますが、前作は良く打った台だったのでかなり期待しています!.

次の