メルカリ 業者。 メルカリで新品出品の手口を暴露します!購入前にAmazonをチェック!

メルカリとラクマはどっちが良いの?主な仕様や使い勝手などを徹底比較

メルカリ 業者

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各地でマスクの品薄状態が続いている。 ツイッターでは、トイレットペーパーやティッシュペーパー、生理用品やおむつなど紙製品も品薄になるとのデマが出回り、一部の人による買い占めのため店舗によっては一時的に商品が売り切れている。 ストップ転売!トイレットペーパー買うんじゃねーぞ! そんな中、フリーマーケットアプリの「メルカリ」では、それら紙製品を通常の値段よりも高額で転売する人が続出。 だがよく見ると、出品者自ら転売品を買わないように呼びかける「注意喚起」になっているものも。 メルカリで「トイレットペーパー」と検索しすると、多数の商品が出品され、すでに買い手がついているものもある。 その中でもひときわ目立つのが、画像がトイレットペーパーではなく注意喚起になっているものだ。 「紙製品の不足はデマです」 「ちょっとしたら普通に売ってるからクソ転売屋ヤーからは買うんじゃねーぞ!! 」 そう書かれたスマートフォンの画面や紙をアップし、購入しないよう呼び掛けているのだ。 ツイッターではメルカリでのこうした動きが注目を集め、賛同の声が上がっている。 しかし・・・。 メルカリの転売対策は幻か?転売の注意喚起ユーザーが消されているらしい 新型コロナウイルスに関連する消耗品の高額転売について、メルカリはどんな姿勢を取っているのか。 同社は2月4日から、マスクの高額出品があった場合、出品者へ入手経路を確認する、商品の削除・ユーザーの利用制限などの対策をおこなってきた。 「高額」の規準は公開していないが、社会情勢を鑑みて段階的に額を引き下げており、当初より監視体制は厳格になっているという。 しかしネット上では正反対の声が上がっている。 現実には高額販売する悪質な転売ヤーではなく、注意喚起をするユーザーが消されているというのだ。 その真意は? 実際にネット上の声を見てみよう。 yahoo. が、同時に高額すぎることも問題視されておりそっちの方が重要と思ったのか価格制限をもうけて、それ以上 おそらく5000円程度 の価格は削除するなど一部行われていると聞いた。 だが、4999円で数を減らして出品するなど相次ぎ何の解決にもなっておらず、当初のマスク不足解消のため出品を減らすとは関係ない方向に向かっている。 高額すぎる出品を指摘されたら価格を低くし数を減らして出品するなど過去にもあっただけに、メルカリは対策する気などない。 もちろん多数のマスク出品者にも何も対策を実施していない。 社会情勢を無視し、日本人の健康や命などよりお金、薄利多売に動いた形だ。 政府は本当にこのような転売サイトも規制しないといけない。 メルカリやめるわ 管理人の率直な感想 メルカリユーザー大嫌いです。 と言いたいところですが、こうやって 注意喚起を行っている人たちがいる限り、 まだ世の中は捨てたもんじゃないと思う。 悪いのは悪質な転売屋であって、メルカリの利用者全員が悪いわけではない。 凄く当たり前の話を書いていますが・・・。 しかし、こうやって皆さんの声を見ているとメルカリの運営体制に疑問を持ちざるを得ない。 どんな神経してんの。 商売なんて綺麗ごとばかりでは儲からないものですが、これは酷すぎる。 酷すぎて潰れるパターンです。 ユーザーが 「もうメルカリやめようぜ」と言ってるんですから。 これを見てもメルカリの運営は何も感じないんでしょうか。 殿様商売じゃないのはご存じのはず。 このままだと普通に利用している人まで「あいつメルカリユーザーかよ、引くわ~」なんて日が来ますよ。 既に「こんな状況でも使ってんの?」とは言われているかもしれない・・・。

次の

メルカリの業者認定の基準とは?

メルカリ 業者

・メルカリは国内7500万ダウンロードと発表(2018年11月の) ・ラクマは1500万ダウンロードと発表(2018年10月の) 現段階でどれくらい差があるか正確な数値は計れないものの、5倍くらいユーザー数に違うことは間違いないでしょう。 実際に使えば感じると思いますが、出品される品数も圧倒的にメルカリの方が多く、同時に人気商品が売れるスピードもメルカリの方が速いです。 単純に手数料だけだとラクマがお得ですが、メルカリは手数料が高い分、売れやすく、買う側から見ても品揃えが豊富な魅力的な市場になっています。 その他かかる手数料について そのほかに利用に伴う手数料にも若干の差があります。 コンビニ払い・ATM払いなどの支払い手数料はどちらも「100円」と違いはありません。 クレジットカードやネット決済などを利用すると、メルカリ・ラクマ共に支払い手数料はかかりません。 売上金の振込手数料と申請可能額について こちらも大きな差はありませんが、簡単に解説しておきます。 振込手数料 申請可能額 メルカリ 通常200円 お急ぎ400円 201円以上 ラクマ 216円(1万円以上で楽天銀行宛だと0円) 433円以上 メルカリは1万円以上であれば振込手数料は0円というシステムでおこなっていましたが、近年は金額に関わらず手数料がかかるようになりました。 振込までの日数もお急ぎを利用しないと5日程度かかります。 それに対してラクマは振込は原則即日でおこなわれるのと、楽天銀行を利用して1万円の出金であれば手数料も発生しません。 どちらかと言えば、よりお金を引き出しやすいのはラクマだと言えます。 提携サービスと使い勝手に関して サービスの使い勝手に関しては、それぞれ特色が異なり意外と差があります。 メルカリは様々なサービスと提携して便利に使えるのに対して、ラクマは楽天サービスを利用することでより 配送方法に関する違い 匿名での配送は現在どちらでも対応しています。 配送サービスで提携しているのは、メルカリは「日本郵便」と「ヤマト運輸」、ラクマは「日本郵便」となっています。 さらに紐解くとどこのコンビニで発送できるかどうかの差になっています。 メルカリのらくらくメルカリ便について またメルカリにはらくらくメルカリ便というサービスがあり、これは簡単にいうと「梱包だけ自分で行い、あとはコンビニに持っていくだけ」で発送ができるものです。 コンビニでQRコードをかざせば、伝票の記載などは勝手におこなってくれ、さらに配送料金は売上金から自動的に引かれます。 利用は非常に簡単なため、このサービスがあるメルカリが発送に関しては優れていると言えるでしょう。 ラクマはその他楽天サービスを提携している ラクマに関しては、メルカリほど独自サービスが充実しているわけではないものの、その他楽天グループの関連サービスと連携しているものも多いです。 上記で説明した楽天銀行もそうですし、楽天payを利用することで支払い手数料もなく、簡単に決済ができます。 これらに関しては今後広がっていく可能性もあり、より便利になる可能性を秘めています。 購入時と出品時の注意点や仕様 次に実際に買い物する上での仕様の違いについてです。 即購入と購入前申請について フリマアプリはヤフオクなどと異なり、全て即購入できることがポイントです。 しかしラクマにはメルカリにない「購入前申請」という機能があり、出品時に「即購入」もしくは「購入前申請」のどちらの方式で売りに出すか選択することができます。 購入前申請の品物は、出品者に承認されないと購入することができません。 人気商品であれば、購入前申請が多数届き、その中から出品者が売りたい人を選択できるシステムです。 売る側としては、即購入と異なり、評価などを見てから売りたい人を選べるため便利です。 この機能はメルカリにはありません。 メルカリは独自ルールの文化が多い 独自ルールはフリマアプリ全般に共通していえることですが、メルカリは特に多いです。 (ローカルルールなどと呼称されることもあります) 代表的な例でいうと、• はっきり言って気にしなくてはいいという面もありますが、守らないと購入後の評価で低評価をつけられるといった弊害もあります。 できることなら従うに越したことはありません。 そんなルールを設けているのはごく一部ですが、メルカリにおいては特に事前にプロフィールや商品説明を読んだ上で購入することをお勧めします。 価格交渉について 価格交渉についてはどちらも同じように行われていますので、ラクマとメルカリに大きな差はありません。 過度な価格交渉は断ればいいですし、値下げしたくない場合には「お値下げは今の所考えておりません。 」などと返信するのが無難です。 購入する側においても、失礼のないようにコメントで多少の値下げ交渉する分にはどちらも問題ないでしょう。 各々の運営サポートの対応について 何かあった時のトラブルのサポート対応に関しては、正直メルカリが圧倒的に良いと感じます。 基本的に従来のCtoCサービス(フリマアプリやネットオークション)では、個人間の取引なので「トラブルの解決もできるだけ個人間でお願いします。 」というスタンスがほとんどでした。 悪く言えば実質サポートはほぼ何も対応してくれないものも多かったです。 メルカリに関しては、何かあればすぐサポートに問い合わせれば基本即日で対応してくれますし、ラクマだけでなく従来のCtoCサービス全体でもトップクラスのサポート対応です。 ラクマのサポートは対応はイマイチ ラクマに関しては、以前より改善されつつありますが、メルカリと比較するとやや不満です。 問い合わせ対応にも時間がかかるケースがありますし、取引のキャンセルや返金までも時間を要することが多いです。 偽ブランド品の流通数について また、フリマサイトを利用して物を購入するときの不安が「偽物」の存在です。 品物の状態に関しては、出品者に質問したり写真などをアップしてもらい確認することができますが、偽物については悪質な業者は巧みにごまかしてきます。 はっきり言ってラクマは非常に偽ブランド品などの流通数が非常に多いです。 高額品を購入すること自体お勧めできないというほど多くのコピー品があたかも正規品として売られています。 メルカリは偽物だったら返金可と謳っている その点でもメルカリは偽ブランド品の対策に非常に力を入れていて、偽物が出品されると即座に削除されるケースも多いです。 また、偽物だった場合の返金にも対応してくれますし、やり取りもスムーズです。 メルカリは偽物の対策に非常に力を入れているという点も評価できます。 まとめ ラクマかメルカリの比較となりましたが、ラクマは手数料こそメルカリより安いものの、使い勝手や売れやすさ、買いやすさ、サポート対応などはメルカリの方が優れていると、実際に使ってみて思います。 どちらも使ってみるというのが一番手っ取り早い方法ではありますが、初めての方ならまずはメルカリを使ってみることをお勧めします。 あわせて読みたい記事.

次の

メルカリ業者セラーのリサーチの考え方 | 副業で効率化にコミットした電脳せどりコンサルブログ

メルカリ 業者

メルカリでは出品代行が禁止なのはなぜ? 『メルカリ 代行』で検索してみると、代行業者がいくつか出てきますが、 別の第三者の商品を代代理で出品することは禁止となっています。 メルカリで代行出品が禁止の理由としては、下記のようなことが挙げられます。 あいだに人を挟むと、トラブルになりやすい• トラブルになった時に、責任をもって対応できない• 本人に確認してコメントを返す場合、やりとりに時間がかかる しかし、 「どこまでが代行出品になるのか?」は、結構、グレーな感じですよね。 家の不用品を出品する際に、子供のものは同居している家族が代理出品するのが普通ですし、夫の洋服を奥さんが販売していることは普通にあることだからです。 ただ、友達にバイト代を払って出品してもらったり、出品代行サービス業者の頼むのは、確実にメルカリの規約違反になりますね。 メルカリに出品代行がばれるとどうなる? たまに商品説明欄に「友人からの委託商品につき、質問には答えられません。 」など書いている人がいますが、 通報されたり、メルカリ事務局にみつかったりして、出品代行がばれた場合には、商品が削除されます。 商品が削除されるだけだといいですが、 利用制限や圏外飛ばし、最悪の場合にはアカウント停止になることもあります。 メルカリでは夏休みの宿題代行サービスも禁止! 少し前までメルカリでは、夏休みの宿題の定番である読書感想文や自由研究、工作など、もう出来上がったものを販売している人達がいました。 メルカリには年齢制限がないので、スマホがあれば子供でも買えてしまいます。 しかし、今は、出品禁止商品となっています。 当然ですね・・・宿題は、自分でやってこそ意味があるものです。 買ったものを提出するくらいなら、持って行かない方がましかな。 と思いますね。 どうしても代行業者を使いたい場合には他のフリマアプリを使おう! 不用品を処分したい場合には、メルカリ以外に『ヤフオク』や『ラクマ』など、いろいろなフリマアプリがありますよね。 『ヤフオク』は代行出品OKで、出品から発送まで代行してくれる公認の代行業者が多くあります。 メルカリでわざわざ規約違反をしてまで代行業者に頼んで出品しなくても、『ヤフオク』で出品してもらえばいいだけなのです。 ただ、『ヤフオク』と『メルカリ』では、売れるもの・売れないものに少し差があります。

次の