ホアキン フェニックス 死亡。 【逮捕】ホアキンフェニックスの傷は口蓋裂?兄の死因も

【画像】ジョーカー(ホアキンフェニックス)の口の傷は口蓋裂?

ホアキン フェニックス 死亡

第92回主演男優賞を受賞した。 受賞スピーチでは、「人類と自然界とのつながりはますます薄れている。 多くの人が自己中心的な世界観を持っているせいだ」と、不公正との闘いを訴えた。 映画『ジョーカー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックスは、2020年2月9日に行われた授賞式でうやうやしくオスカー像を受け取ると、人類と自然との共存を訴えかけた。 「私はこれまでロクでもない人間でした」とフェニックスは震える声で語った。 「私は自分勝手な人間で、時には一緒に仕事しにくい酷い人間でした。 そんな私にやり直すチャンスを与えてくれた、ここにいる多くの皆さんに感謝します。 私たちが最高の状態にあること。 私たちがお互いに支え合うこと。 過去の過ちでお互いを打ち消しあうことなく、将来へ向けて助け合うこと。 私たちがお互いに学び合うこと。 私たちが罪の償いのために導き合うこと。 それが最高の人間愛だと思います。 」 さらにフェニックスは、我々の住む地球へもっと目を向けるよう、授賞式のテレビ中継を見ている視聴者に向かって呼びかけた。 以前から同様の主張を続けてきたフェニックスだが、最近では、エクスティンクション・リベリオンやアマゾン・ウォッチなどの環境活動組織が共同製作した短編映画『Guardians of Life』にも出演している。 「私たち全員が直面している痛ましい問題について考えさせられることがあります。 時には問題の原因はさまざまだと感じたり、そう思い込まされたりします。 けれども私には、全てに共通点が見えるのです」と彼は言う。 「ジェンダー、平等性、人種差別、同性愛者の権利、先住権、動物の権利など、私たちはあらゆる不公正と闘っています。 特定の国、特定の民族、特定の人種、特定のジェンダー、特定の種だけが何のとがめも受けずに他を支配下に置き、やりたい放題できるなどという考え方との闘いです。 」 「人類と自然界とのつながりはますます薄れています。 多くの人が自己中心的な世界観を持っているせいです」と彼は続けた。 「万物の中心にいるのは人間だ、などという考え方に原因があるのです。 私たちは自然界に足を踏み入れ、豊かな資源を奪うために破壊しています。 私たちは自己改革から目を背けているのです」。 フェニックスの考え方は、今年開催された他の有名な映画賞にも反映されている。 NBCによると、ゴールデングローブ賞、SAGアワード、放送映画批評家協会賞の授賞式には、完全菜食主義者向けの料理が用意されたという。 フェニックスは、主演男優賞を受賞した英国アカデミー賞の授賞式でも、熱のこもったスピーチを披露した。 「英国アカデミーはこれまで私のキャリアを強力に支えてくれました。 とても感謝しています」とロイヤル・アルバート・ホールのステージ上でフェニックスは語った。 「同時に、私と同じような待遇を受けるべき俳優たちもたくさんいることに葛藤も感じています。 アカデミーは有色人種を受け入れない、という明確なメッセージに加担してしまっているように思えてならないのです」。 第92回アカデミー賞で映画『ジョーカー』は、主演男優賞(フェニックス)と作曲賞(ヒドゥル・グドナドッティル)の2部門を受賞した。 作曲賞を女性が単独で受賞したのは、彼女が初めてだった。 外部サイト.

次の

ホアキン・フェニックスの肩甲骨がヤバい!?ジョーカー役の減量方法とは?

ホアキン フェニックス 死亡

左からサマー・フェニックス、ホアキン・フェニックス、レイン・フェニックス、義父のジェフリー・ウェイスバーグ、母ハート・フェニックス、リバティ・フェニックス(2015年に撮影) そんなフェニックス一家が、なんと全員で米番組『60 Minutes(原題)』に登場。 メディア嫌いとして知られるホアキンがテレビインタビューに答えるだけでも珍しいうえ、家族そろってのインタビューは、かなりレア。 しかし家族と一緒にいることでリラックスした様子のホアキンは、あの因縁の団体についてコメントした。 カルト団体に所属していた過去を持つフェニックス家 ヒッピーとして世界中を移り住んでいたフェニックス家は、1970年代に、「神の子供たち(Children of God)」というカルト団体にヴェネズエラで入団していた過去がある。 生前のリヴァーは団体について、「奴らは汚い。 人の生活を破壊してる」と米Esquireで怒りをあらわにしており、米Detailでは4歳のころに強制的に性行為を経験させられたと明かしている。 リヴァーの衝撃的な過去については、ホアキンが2019年に米Vanity Fairで、自分たちの両親はそれを見過ごすほど怠慢ではないと言い、リヴァーの発言は冗談だったとしている。 For two years, Joaquin Phoenix and his family lived in Venezuela with a cult. ホアキンがこう言うと隣に座っていた母ハートも入団後に団体に幻滅したことを認め、1977年にお金も計画もないままアメリカへと帰国し、団体と縁を切ったという。 ショービズの世界で成功を収めたフェニックス家 元々の名字がボトムだったフェニックス家だけれど、アメリカに移り住んでから、灰から蘇る伝説の鳥であるフェニックスを名字にして生きていくことを決意。 その後フェニックス家は、ショービズ界で名を馳せることになる。 リヴァーは映画『スタンド・バイ・ミー』や『マイ・プライベート・アイダホ』へ出演して人気を博した。 1993年に23歳の若さで、ホアキンの目の前で倒れてこの世を去ってしまったけれど、伝説の俳優として今なお人々から愛されている。

次の

『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、目の前で死んだ兄リヴァー・フェニックスの思い出を明かす

ホアキン フェニックス 死亡

1993年の10月にライブハウスの外で倒れ、23歳の若さで帰らぬ人となった俳優のリヴァー・フェニックス。 同じ俳優の道を歩む弟のホアキン・フェニックスが、リヴァーが亡くなった夜のことを語った。 リヴァーが当時、俳優のジョニー・デップが共同経営していたナイトクラブ、ザ・ヴァイパー・ルームの外で急死したのは周知の事実だ。 薬物の過剰摂取による心不全だったが、その時、彼と一緒にいて救急車を呼んだのは他ならぬホアキンだった。 音楽活動もしていたリヴァーと姉のレイン、当時のリヴァーの恋人で女優のサマンサ・マシスと共に、ザ・ヴァイパー・ルームに行ったホアキン。 当時、そこは多くのセレブの溜まり場だったが、女性誌「Vanity Fair」とのインタビューで、リヴァーやホアキンは常連ではなかったと話している。 「典型的な事ではなかったと思う。 正直な話、本当に…あの夜に兄がしたかったことではなかったと思う」とホアキン。 「彼はあの直前に自作の曲をいくつか僕に演奏して聴かせてくれていた」と当時を振り返った。 リヴァーは家族のためにコスタリカに牧場を購入したが、リヴァーの死後、フェニックス家はメディアを避けて、コスタリカに引きこもったという。 ホアキンは女優のニコール・キッドマンと共演した1995年作『誘う女』で俳優復帰したが、そのオーディションを受けるためにニューヨーク入りするまで、コスタリカを出なかったという。

次の