スマホ aquos。 スマホケース専門店 Harmonia shop

価格.com

スマホ aquos

近年、シャオミが開発しデザインした「シャオミMIX」は確かに世間を驚かせた。 更に翌年も「全画面スクリーンスマホ」が爆発した一年だと言える年であった。 LGエレクトロニクス、サムスン、アップルは相次いて自社の新式「全画面スクリーンスマホ」を発表した。 しかし、実は2014年時、シャープは既に「全画面スクリーン」の概念を利用し「AQUOS Crystal」という全画面スクリーンスマホを発表していた。 2017年8月8日には、シャープはまたしても異形処理技術を利用した最新式の全画面スクリーンスマホ「AQUOS S2」を公開した。 開封の義|AQUOS S2 レビュー 外装はシンプルなスタイルで、バッケージの上に「SHARP」のロゴと「AQUOS S2」というスマホモデル名が付いている。 横方向にスライドさせて開けるようなデザインを利用した外装箱の底部は赤色に染められ、非常に際立っている。 箱の中にスマホAQUOS S2本体、アダプタ、USBType-Cケーブル、USBType-C3. 5mmイヤホンインターフェース変換用ケーブル、スマホバックカバー及び、取り扱い説明書等の付属品が同梱。 外観から見ればサイズはiPhone7より少し大きいくらい。 AQUOS S2も他のスマホと同じく、デュアルバックカメラのデザインを利用している。 枠は金属の材質を使用、中央に真っ直ぐのラインがみえる。 スクリーン正面頂部には、イヤホンジャック一つとインカメラ一つが設置されている。 画面が起動されていない状態では、正面のインカメラは巧妙にスクリーンの中に隠れている。 フリーフォームディスプレイ技術|AQUOS S2 レビュー 液晶ディスプレイ業界内20年の経験を積み重ねたシャープは今回、AQUOS S2にどのようなフリーフォームディスプレイを搭載し、それによりどのような体験を人々に与えられるであろうか? AQUOS S2の画面を動かすと、まずはじめに衝撃的な視覚のインパクトが感じられた。 「フリーフォームディスプレイ」と表現した理由は、伝統的なアスペクト比16:9の規則化された長方形ディスプレイと違い、インカメラ部分と上側2ヶ所の角が切り落とされた特別な形状をしているからである。 今までこのような精巧な加工技術を成熟させたのはシャープしかないであろう。 自動搭載したアプリケーションの表示画面は、ディスプレイの大きさに合わせて全て調整したが、調整済みだと言ってもただインカメラ両側部分の色を操作画面の色と一致させただけである。 アプリケーションを起動した表示画面のアスペクト比は依然として16:9である。 もし全ての表示画面を調整するとなると膨大な時間と労力がかかるであろう。 画面のサイズが4. 9インチのiPhoneと比べれば、確かに5. 2インチのシャープAQUOS S2の方が上回っている。 しかもTFT液晶ディスプレイが与えた優れた視覚効果も実に抜群である。 カメラ|AQUOS S2 レビュー シャープAQUOS S2も他機種のスマホと同じく1200W&800Wのデュアルカメラを搭載している。 しかもサイズ1. 更に、写真撮影時にもまた様々なPS機能を使用できる。 写真サンプル|AQUOS S2 レビュー 上のサンプルはシャープAQUOS S2で撮った写真である。 下のサンプルはiPhone7Plusで撮った写真である AQUOS S2 OS|AQUOS S2 レビュー シャープAQUOS S2が搭載したOSはSmileUXシステムである。 特に中国市場に合わせてSmileUXシステムを色々と調整したようである。 バーチャルボタンをキャンセルすることができる。 SmileUXシステムに元々セッティングされた管理ソフトウェアが搭載されているので、サードパーティー・管理ソフトウェアをダウンロードしなくでも大丈夫である。 ゲームをよりスムーズに実行し、操作性を向上させるパフォーマンスモードや高品質なサウンドや映像を楽しめるエンターテインメントも搭載している。 AQUOS S2性能|AQUOS S2レビュー シャープAQUOS S2はQualcomm Technologies630&660プロセッサーを搭載している。 今回手に入れたのはQualcomm Technologies630プロセッサーのAQUOS S2である。 Qualcomm Technologies630、Qualcomm Technologies660、Qualcomm Technologies835のプロセッサーを共に比較してみた。 まとめ|AQUOS S2レビュー 五年前、シャープは中国市場から撤退しようと宣言したが、五年後の2017年8月8日、シャープは中国市場でAQUOS S2を発売し始めた。 シャープAQUOS S2は中国市場で初公開され、発売されたのが「フリーフォーム全画面スクリーンスマホ」である。 今年は全画面スクリーンスマホが爆発する一年の予感。 今後もどのような全画面スクリーンスマホが誕生するであろうか。 また、このシャープAQUOS S2は中国市場でどのような活躍が期待されるだろうか?皆様とともに見守るとしよう。 当文書はGeekbarの許可を得て弊社が翻訳したものです。 許可を得ずに画像および文書の転載などは禁止です。 出所:GeekBar. cc 翻訳者:Amemoba メディア運営チーム HP:.

次の

signup.schoolbook.org:シャープの2021年は全部5G! 今春発売の8K+5Gスマホ「AQUOS R5G」 (1/2)

スマホ aquos

小・中学生の子供に初めてスマホを買う時、ネックになるポイントとして考えられるのが「子供が乱暴にスマホを扱い、壊してしまう」という点ではないだろうか。 スマホは精密機械であるため、故障は付き物とはいえ、壊してしまって泣いてしまう子供を怒る、なんて事態を招きたくないというのは共通する親心だろう。 頑丈で耐久性のあるスマホを与えるのは前提として、子供のために購入するスマホとしてのポイントはそれだけでない。 2020年6月19日にau、UQモバイルから発売された「AQUOS sense3 basic」(法人向けとしてSoftbankから昨年11月に発売開始)は、あらゆる面で子供に買う初めてのスマホとして適している。 その理由を解説していこう。 5インチ程度の大画面スマホが多く発売されている昨今、コンパクトで手が小さい人でも握りやすいという点においても、AQUOS sense3 basicは子供に買うスマホとして適しているようだ。 5インチディスプレイで質量は約167g AQUOS sense3 basicのディスプレイサイズは約5. 5インチ。 大画面のスマホが多く発売されている中で、このサイズはかなりコンパクトといえるだろう。 質量は約167gで、画面サイズが約5. 8インチのiPhone11 Proは質量が約188gであることを踏まえると、比較的軽量といえるだろう。 コンパクトスマホの利点は、やはり片手での操作が容易な点と、ポケットに入れてもかさばらず、移動の際にもストレスになりにくい点だろう。 特に片手での操作感は非常によく、上下左右の端々まで親指で操作ができた。 手の小さい子供や女性でも落下の心配は少なくなるはずだ。 防水・防塵だけじゃない!? これだけでも十分と思えるが、AQUOS sense3 basicはさらに、米国国防総省基準の「MIL-STD-810H」という規格(耐衝撃や耐振動、高温動作といった19の項目)に対応している。 そのため、走り回った拍子にポケットからスマホが落ちてしまうといった事態でも、比較的故障の心配は少ない。 さらに、医療機関での使用を想定し、SHARP独自で実施した、医療用手袋を装着したままの使用や、耐薬品性能テストも実施している。 予測できない子供の突飛な使用法でも、ある程度の耐久性が期待できるだろう。 もちろん、「どんな状況・使い方でも壊れない」というわけではないので、危険な使い方をしていた場合には注意が必要だ。 KDDIからは新たな2色が登場! 昨年11月に法人向けとして発売を開始したSoftbankからは、「シルバー」の1色のみだったが、KDDIからは既存のシルバーに加え、温かみのある暖色系の「ライトカッパー」と、シンプルな「ブラック」を加えた3色展開となる。 シルバーが大人の男性らしいクールな印象なだけに、カラーバリエーションが増えて子供や女性にとっても手に取りやすくなったのではないだろうか。 充電し忘れても大丈夫!? 驚きのバッテリー性能を実現するSHARPらしいディスプレイの秘密とは 「頑丈」で「コンパクト」、この2点だけでも子供に買う初めてのスマホとしておすすめできるのだが、AQUOS sense3 basicをおすすめする理由はこれだけではない。 バッテリーの性能と、それを実現するためのディスプレイの性能も魅力なのだ。 SHARPの独自規格「IGZOディスプレイ」が省電力を実現する AQUOS sense3 basicに搭載されているバッテリー容量は4000mAh。 これは比較的大きいが、近年は5000mAhを超えるバッテリーを搭載したスマホが登場していることを考えると、決して「大容量」とはいい難い。 しかし、この端末のバッテリー性能は、数字だけでは計れないのだ。 その理由は、SHARP独自の技術である「IGZO液晶」というディスプレイを採用しているため。 液晶パネルの透過率が高く、バックライトの消費電力を削減できる。 さらに、静止画表示の消費電力を大幅に低減できるため、バッテリー容量4000mAhという数字以上に、長時間の電池持ちが実感できるのだ。 「IGZO液晶」に関する詳しい解説は、SHARPの公式HPを確認していただきたい。 【参照】 省電力だけじゃない! 「高画質」で「目に優しい」のもIGZOディスプレイならでは 消費電力を削減し、バッテリー性能に貢献しているIGZOディスプレイだが、特徴はこれだけではない。 液晶テレビAQUOSの技術を踏襲した「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載。 デジタルシネマの標準規格(DCI-P3)に対応した広色域パネルと、豊かな色域を再現するカラーマッピング技術により、写真屋動画を実物に近い色味で、鮮やかに表現、再生してくれる。 また、スマホなどの液晶画面は、ディスプレイの輝度をコントロールする際にバックライトのオン・オフを高速で繰り返している。 そのため、液晶にかかる電圧の変動によって、輝度が上下し、画面がちかちかしてしまうのだが、IGZOディスプレイは液晶にかかる電圧の変動が少ないという理由から、画面のちらつきが少ないという特性もある。 そのため、目に疲労が溜まりにくく、視力の低下などの心配も比較的少なくなるだろう。 【参照】 2万円台で購入可能! スペックは…… これだけの耐久性やバッテリー性能を搭載しているが、auで購入すると実質負担金 が2万2310円(かえトクプログラム適用時)、UQモバイルだと端末代に初期事務手数料を含めて2万7060円での購入が可能。 もちろんプランにより月額は変動するが、かなりお求めやすい金額だろう。 注意点としては、格安スマホであるため処理能力などは決してハイエンドとはいえない。 負荷の大きいオンラインゲームなどを多数プレイするのであれば、別のハイエンドスマホの購入が適しているだろう。 しかし、ネット検索や動画視聴といった作業であれば、特に問題なく動作した。 AQUOS sense3 basicは子供に初めて与えるスマホの最適解か 米国国防総省基準をクリアした耐久性に加え、コンパクトなボディ、目に優しいディスプレイといった観点から、子供に与える初めてのスマホとしておすすめしたいAQUOS sense3 basic。 親のエゴでスマホを選ぶのではなく、「本当に子供が欲しいスマホとは」という視点で見ると、最適解ともいえるスマホなのではないだろうか。 取材・文/髙見沢 洸.

次の

signup.schoolbook.org:シャープの2021年は全部5G! 今春発売の8K+5Gスマホ「AQUOS R5G」 (1/2)

スマホ aquos

両モデルともおサイフケータイ、防水性能に対応。 安価ながらも機能が充実しており、多くの人が購入しやすいモデルとなっている では、2モデルはどちらを選べばいいのか? 実際に触って使いながら検証していく。 【訂正:2020年2月29日18時49分 初出時に、Galaxy A20のカメラを「デュアルカメラ」としていましたが、正しくは「シングルカメラ」です。 おわびして訂正致します。 】 「AQUOS sense3」と「Galaxy A20」の販売キャリアは? まずは両モデルの販路を紹介しておこう。 AQUOS sense3はドコモ、au、UQ mobileの他、SIMロックフリーモデルが量販店やMVNOなどから販売されている。 SIMロックフリーモデルはキャリアモデルとは異なりデュアルSIM(DSDV:デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しており、国内メーカー製品としては珍しい仕様になっている。 他に、機能をそぎ落としたものや、より画面の大きい派生モデルも存在する。 AQUOS sense3はドコモ、au、UQ mobileから購入できる他、SIMフリーモデルも販売。 楽天モバイルやワイモバイルからも派生モデルが販売されている 個人向け製品のカラーは、基本色としてライトカッパー、シルバーホワイト、ブラックを用意(UQ mobileのみブラックはなし)。 オリジナルカラーとしてドコモはディープピンク、auはソフトピンクを販売している。 AQUOS sense3販売キャリア• AQUOS sense3:ドコモ、au、UQ mobile 派生モデル• AQUOS sense3:SIMロックフリー、量販店やMVNO(デュアルSIM対応)• AQUOS sense3 plus:au(AQUOS sense3 plus サウンド)、ソフトバンク、楽天モバイル、(デュアルSIM対応の)SIMロックフリー• AQUOS sense3 lite:楽天モバイル(カメラ1つ、楽天キャリア回線対応)• Android One S7:Y! mobile(Android Oneなので利用できる機能が異なる、カメラ1つ、メモリ3GB、ストレージ32GB)• AQUOS sense3 basic:ソフトバンクの法人向けモデル(シルバーのみ、カメラ1つ、メモリ3GB、ストレージ32GB) 一方、Galaxy A20はドコモとau、UQ mobileのみで取り扱われている。 関連記事• ソフトバンク「iPhone 11(64GB)」は17連勝。 NTTドコモ「AQUOS sense3 SH-02M」が前回に続き2位。 Android勢は2位のAQUOS sense3 SH-02Mと、8位の「Galaxy A20 SC-02M」(前回7位)の2つだけの状態に戻った。 シャープが新フラグシップスマホ「AQUOS zero2」を発表。 ディスプレイの駆動速度や本体の軽さにこだわり、ゲーマーを強く意識した。 より幅広いユーザーに向けた「AQUOS sense3」は、大容量バッテリーや必要十分な機能を特徴に打ち出している。 シャープが9月25日、ミッドレンジスマホの新機種として「AQUOS sense3」と「AQUOS sense3 plus」を発表。 AQUOS sense3は2019年秋以降、AQUOS sense3 plusは2019年冬以降に発売する。 スマートフォンAQUOSで最大容量をうたう、4000mAhのバッテリーを搭載している。 NTTドコモから、Galaxyスマートフォンのエントリーモデルが登場。 au向けモデルと同様にFMラジオを搭載し、おサイフケータイや防水・防塵性能を備えるなど日本向けカスタマイズが施されているが、価格は税込み2万円台前半と安価だ。 日本でも発売された「Galaxy A30」は、おサイフケータイや防水仕様を搭載しながら、3万円台からという低価格を実現。 SNSを中心に使うライトユーザー向けとして十分な性能を持っています。 このA30の姉妹モデルとして、海外では「Galaxy A20」も発売されています。

次の