ドンキー コング アニメ。 ドンキーコング/ドンキーコング

ドンキーコング/ドンキーコング

ドンキー コング アニメ

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 任天堂のアニメと言えばカービィばかり話題に上がりがちだけど、実はドンキーもアニメ化していたのだ。 日本語版ではギャグやアドリブが所々に挿入されており、そこは同じくゴリラが主人公のCGアニメ・ビーストウォーズと共通。 主題歌の曲調からも分かる通り全編にわたって陽気なノリが漂い、ごはん時の時間に笑いと楽しみをもたらした。 しばしばドンキーが不憫な目に合い、濡れ衣が晴れたと喜いらたみんな手のひら返す現金さが印象に残る。 コンフー回でのぐう聖っぷりを思い出すと余計にね。 生まれてこの方良いことしたことないと歌うクルールも、子育てしたりする。 というかクレムリン軍団みんなポンコツで憎めないな。 キャンディ、どうしてこうなった? 差別化の為かディクシーがいい子になった。 日常のやり取りを突き詰めて、ヒーローしすぎない作風が名作の秘訣。 声優が超豪華なのも話題。 【総合評価】 後番組がハム太郎なのでそちらに移った人も多いだろうけど、バカバカしさとミュージカル調で楽しい気分になれる通なアニメ。 海外では円盤化されているというので正規に視聴をしたいのならどうぞ。 後、ハム太郎のスポンサーに任天堂が関わっていました。 ハム太郎のゲームは任天堂でしたね。 by 【良い点】 ・OPテーマ。 何気に1番の歌詞が結構重いのもまた・・・。 ・声優陣。 名前を見ると無駄に豪華な面々ですね。 山寺さんのドンキーも中々良いけど、1番合っていたのは中尾さんのクランキーじゃないでしょうか。 【悪い点】 ・ストーリー。 ほのぼのし過ぎてかなり退屈。 ゲームで感じられたハラハラドキドキが無さすぎて見劣りしてしまう感があります。 てかクリスタル・ココナッツってなに??? ・挿入歌。 ミュージカルのように突然歌が入るのもわざとらし過ぎるし、しかもそれが2回程続く事もあって萎えました。 【一言】 まさかドンキーコングがアニメ化しいてたとは・・・。 ゲームとは少し違った世界観なので、ゲームの面白さや感動に比べると少し物足りないですね。 【総合評価】 悪い。 ゲームでやったこともある「ドンキーコング」のアニメです。 ドンキーの声が想像と違ったり、3Dのアニメだったような覚えがあります。 第一回目を見た時驚きました。 ゲームの世界観とアニメの世界観が違ったような気がします。 「クリスタルココナッツ」…なんやねん、それ? みたいな。 話自体はどれもおもしろかったですが、後半は展開がマンネリ化してました。 個人的に敵のワニのキャラクターが主人公のお話が強烈に印象に残っています。 その回でドンキーが歌った「おいしそうなバナナが〜百本あったよ〜そのうち一本食べたら〜九十九本になったよ〜」 以下一本ずつ本数が減っていく というバナナの歌で大爆笑した記憶があります。 いろいろ斬新な部分もありましたが、評価は「普通」で。 つまらなくはなかったですが、物足りなさを感じたアニメでした。 【良い点】 このアニメ、完全な3D技術を使っていますよね。 これだけでも結構すごいなと思います。 違和感なく溶け込んでるのがいいです。 背景もとにかく3Dなので見応えはあるほうですね。 全体的には秘宝のココナッツを守るためにドンキーがクルールを退治するパターンが多いですが、いくらでも話が作れる感じもいいですね。 どういうわけかミュージカルっぽいものが入ってきますよね。 中でもドンキーの、事あることに発せられるセリフの「んー? 」は聞くたびに笑ってしまいます。 それと何話かは忘れましたが、「おいしそうなバナナ」という妙な歌があって、それが流行ったこともありました。 今考えると、いろいろ謎なアニメですね。 【悪い点】 他のゲームアニメなどに比べて中途半端な話数で終わってますよね、確か・・・。 さすがにドンキーは有名なようでもマイナーな存在だったんでしょうか。 あと、3割方が他のキャラクターがドンキーをいじめたり、疑いをかけたりするような回だったと思うんですが、これはどうかと思いました。 ノリもノリなので、どうせならもう少し軽い話が多くてもよかっただろうに。 本来笑うべきところもあまり笑えなかったような・・・。 【総合評価】 結構印象深いアニメだと思います。 ゲームでのドンキーコングの立ち位置はそれなりだと思うので。 ・・・最近ドンキーコングってゲームでも見かけなくなったような気が・・・。 いかにもゲームらしいですね。 ディディーを演じた人は林原めぐみだということには驚きました。 声の演技がエヴァの綾波レイの時とは180度違いますね。 クルールとその部下達もいい味をだしてましたねぇ。 ドンキーコングにでてくるキャラは全員好きです。 懐かしいですね,放送当時は毎週観ていたものでした・・・ 評価は「最高」を献上します。 テレビ東京にまた続編を製作してもらいたいですね。 作品DB内ブログ記事 1. by ゴーグル侍... 見えたかも です ・ロックマン11 今年発売予定のロックマンシリーズ待望の新作です。 私自身「9」「10」をプレイしていませんが楽しみにしています! ・聖剣伝説コレクション 聖剣伝説シリーズは結構思い出深いのですが、「3」はあまりプレイしていなかったのでこれを機にプレイしてみようと思っています ・ ドンキーコング トロピカルフリーズ... by S・N... 4月27日はGBソフト「星のカービィ」の発売から25周年だそうですね。 星のカービィといえば主人公のカービィを初め、デデデ大王、ワドルディ、メタナイトなど個性的なキャラクターや 吸い込んだ相手の能力を自分のものに出来るコピー能力が魅力の作品ですが、 スーパーマリオや ドンキーコング、ポケモン等と並ぶ任天堂の人気作品である事は疑う余地はないでしょう。 個人的にプレイ... by 墨汁一滴... が最近観ているズムサタのプロ野球熱血情報でも全員が牛肉一択であるあたり、やっぱり牛肉が至高なのかなと思いますが、外食ならともかく自宅だとチンジャオロースかビーフシチューで使うぐらいですね。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

ドンキーコング: 感想(評価/レビュー)[アニメ]

ドンキー コング アニメ

概要 [ ] がに稼動した『』を源流としたゲームシリーズ。 タイトルにもなっているのキャラクター「ドンキーコング」が内容の中心となる。 タイトルの由来は「」を参照。 第1作『ドンキーコング』は後に同社の看板キャラクターとなるのデビュー作で『』自体が元々『ドンキーコング』の作品として生み出されたものであった。 そのためを共有しており、現在も関係が強い。 『』を製作してシリーズをリニューアル・再開させた社がの企業であったり、期のシリーズ作品が日本ではミドルヒット止まりだったが海外では大ヒットしたなど、日本以上に海外で支持が大きいシリーズである。 日本では海外ほどのヒット作は少ないが、数十万本のヒット作が出るなど、一定の売り上げと支持を得ている。 シリーズの全世界累計販売本数は、までの発表で4789万本に及ぶ。 現在では発売の『』の公式発表を加算すると5287万本となる。 スピンオフ作品『』からその作品からさらなるスピンオフ作品『』シリーズと『』があるが、後にレア社がマイクロソフトに売却されたことにより版権が分割され(ドンキーコングシリーズは任天堂、その他はすべてマイクロソフト)ドンキーコングシリーズとは全く関係のない作品となった(ただし、ディディーコングレーシングはドンキーコングシリーズの作品の一部として版権は任天堂のまま)。 歴史 [ ] 初期のシリーズ [ ] 第1作目のアーケード版が世界的に大ヒットし、それに伴って作られたものが初期のシリーズである。 家庭用ゲーム機版はにと同時発売。 ファミコンとともに大ヒットし、ファミコン初期を象徴するシリーズとなった。 の『ドンキーコングホッケー』を最後に続編が止まったが、1992年(平成4年)の『』にがプレイヤーキャラクターとして参加する。 そして、1994年(平成6年)に『スーパードンキーコング』が発売された同年の『GB版ドンキーコング』を最後に本シリーズは『スーパードンキーコングシリーズ』へと移行し、初期シリーズは幕を閉じた。 スーパードンキーコングシリーズ [ ] にが開発した用ソフト『スーパードンキーコング』が発売されることで新たなドンキーコングシリーズが再開される。 内容は2D型のアクションゲームであり、この作品から主人公がそれまで出ていたドンキーの孫である2代目ドンキーコングに変更され、以後の作品を区別のため『スーパードンキーコングシリーズ』と呼ぶことがある。 そのため内容が初期シリーズとは異なっている。 シリーズは3作まで発売され、後に1999年に用ソフトとしてシリーズ初の3D作品『』が発売した。 なお、レア社が開発した『スーパードンキーコングシリーズ』はリメイク版を除くとこれが最後になる。 第1作目は日本を含む世界各国で大ヒットしてシリーズ化、2代目ドンキーの相棒として新登場したも人気を得て『』やスピンオフ作品『』で主役となり、世界的な知名度を得ることに成功する。 更に2代目ドンキーコングもに『』で『マリオシリーズ』にプレイヤーキャラとして初出演し、以後の『マリオシリーズ』においても主要キャラクターとして定着した。 レア社はを持って任天堂の競合他社である社に売却されたが、権利は任天堂が所持していたためその後も『スーパードンキーコングシリーズ』の続編『』がが開発し、さらには元々はレアが開発したキャラクターだったディディーコングやなど2代目ドンキー以外のキャラクターも『マリオシリーズ』に登場し始めるなど、作品の幅や知名度がより広がっている。 以降のシリーズ [ ] 以降のシリーズでも2代目ドンキーを主役とした作品が発売されている。 だがその後のシリーズ作は、タルコンガという専用コントローラを用いる『』シリーズや『』、特殊な操作体系の『』、シリーズ初のレースゲーム『』など独創的な作品が多数見受けられる。 正当な系譜作としては、2代目ドンキーが初代ドンキーのような悪役に回る『』シリーズがある。 現在のではパオン(のち)などが製作している。 主な登場キャラクター [ ] プロフィールなどの詳細は、各キャラクターの記事を参照。 人間 [ ] 第1作目『』の主人公で後の『マリオシリーズ』の主役キャラクター。 第1作目では攫われた恋人・ポリーンを助けるヒーロー役だが、続編の『』では初代ドンキーを捕らえる悪役として登場。 初期シリーズには登場していたが、2代目ドンキーコング時代になるとほとんど登場しなくなる。 だが、『』ではやと共にゲスト出演し、『マリオシリーズ』で2代目ドンキーと共演することが多かった。 『マリオvs. ドンキーコング』シリーズでは久々に主役を務めた。 2代目ドンキーとは親友でもあり、ライバル関係でもある。 『』で初登場した女性。 日本では当時 レディと呼ばれていたが、後にで発売されたリメイク作で日本でも今の名前で呼ばれるようになった。 それからしばらく出番がなかったが、『』で久々に登場した。 それ以降のシリーズにおいて2代目ドンキーにさらわれるヒロイン役として登場する。 『』では都市の国・「ニュードンク・シティ」の市長に就任している。 スタンリー 『』の主人公。 マリオに代わってフラワーガーデンで暴れるドンキーコングと、スプレーを使って戦った。 その後は出番がなく、マリオたちとの関係も明かされていない。 アメリカで放送されたアニメ番組『Saturday Supercade』では18話にゲスト出演し、マリオやポリーンと共演した。 その際にマリオやポリーンと共にドンキーコングを追いかけた。 『』ではフィギュアとして登場した。 コングファミリー [ ] ドンキー側のキャラクター。 『スーパードンキーコング』から仲間が一気に増えて、「コングファミリー」という名称がつけられた。 「」と付いているが、だけではなくなど他のもいる。 下記以外のキャラクターは「」のページを参照。 (初代ドンキーコング) ゲームのタイトルともなった巨大なゴリラ。 初期の作品では、元々マリオのペットで、マリオがレディ(ポリーン)にばかりかまい、自分の相手をしなくなったためレディ(ポリーン)を攫ったという設定があった。 『スーパードンキーコング』以降は「クランキーコング」へと改名してファミリーの長老となり、口喧しく孫やその仲間たちの面倒を見ており、口が悪く説教癖がある。 若い頃は巨大だったが、改名してからは老齢のためかなり痩せ細り、小柄になっている。 妻のリンクリーコングがいるが、後に死別している。 『』以降は幽霊として現世に残っている。 『』や本編の『』では初めてプレイヤーキャラとして操作できるようになる。 初代ドンキーコングの息子。 だが、2代目ドンキーやリンクリーとの関係は明かされていない。 『』では大人になった姿で登場。 『』で2代目ドンキーと競演を果たす。 ただしJr. は(ベビィマリオなどと同じように)子供の姿での登場であり、外見上の年齢は逆転している。 攻略本には2代目ドンキーと親子と書かれている。 『』では、フィギュアとして登場した。 (2代目ドンキーコング) クランキーコングの孫で、現在の主人公。 かなりマヌケかつ子供っぽい性格だが、強さとともに優しさや正義感も持つヒーローキャラクターとなっている。 だが『2』と『3』では敵に捕らわれるという不覚を取ってしまった。 以降の『64』で主人公の座を取り戻し、外伝の『ドンキーコンガシリーズ』『ぶらぶらドンキーシリーズ』『たるジェットレース』でも主人公として扱われるようになっていった。 その後、『リターンズ』『トロピカルフリーズ』で再び本編への復活と共に主人公としての役目を果たす。 『』からマリオとの共演が増える。 また『マリオvs. ドンキーコング』シリーズでは悪役を務めマリオと敵対し、初代ドンキーと同じくポリーンを攫ってしまうことも(いずれも最終的に仲直りする)。 『』シリーズには全て出演している。 2代目ドンキーの相棒として登場したオスのチンパンジー。 長い尻尾がある。 デビューから2作目の『スーパードンキーコング2』では主役に抜擢されるも、『3』ではドンキーとともに捕らわれてしまった。 『マリオシリーズ』においてもドンキーのパートナーとして常連化している。 彼を主役としたスピンオフ作品『』があり、ゲーム内に登場した熊のバンジョー(『』シリーズ)とリスのコンカー(『』)とは親友。 『リターンズ』では初の2人同時プレイでディディーは2Pで操作可能。 『』では『』から初参戦を果たす。 ディディーのガールフレンドであるメスのゴリラ。 『2』においてドンキーに代わるディディーの相棒として初登場し、『3』ではドンキーとディディーの両者が攫われたため主役を務めた。 その際、ディンキーコングと一緒に冒険した。 ディディーほど出番はないが、『マリオシリーズ』など散発的に登場している。 『トロピカルフリーズ』では久々に登場。 ディディーの他、シリーズ内で初めてドンキーと一緒に冒険する。 海外では『64』で初登場したタイニーコングの姉という設定だが日本ではそのような設定なのかは不明。 アニマルフレンド [ ] ドンキーたちの味方。 ゲームでは彼らの力を借りて先を進むこともある。 『スーパードンキーコング2』、『スーパードンキーコング3』、『ドンキーコング64』では彼らに変身することができる。 下記以外のキャラクターは「」のページを参照。 スコークス(オウム) 戦うことよりもサポートやドンキーたちに情報を知らせる役割が多いアニマルフレンド。 『スーパードンキーコング2』では卵を吐き出して攻撃できる。 『ディディーコングレーシング』では伝書鳩としての役割を果たす(ただし、ゲーム内に登場するのは版のみ)。 『リターンズ』『トロピカルフリーズ』ではジグソーピースのある場所を教えるアイテムとして登場。 ランビ(サイ) 最初の冒険で出会うアニマルフレンド。 強力な角で攻撃する。 『64』ではドンキーが変身した姿で登場。 『リターンズ』『トロピカルフリーズ』では唯一操作できるアニマルフレンドだった。 エンガード(カジキ) 海の面では決まって登場するアニマルフレンド。 『64』までは本編内では皆勤賞だった。 『64』ではランキーが変身した姿で登場。 『リターンズ』『トロピカルフリーズ』では海のステージがあるが登場しなかった。 そのため海に落ちるとミス扱いになる。 ウィンキー(カエル) 強力な足で高くジャンプしたり、敵を踏みつけることができるアニマルフレンド。 エクスプレッソ(ダチョウ) 空を少しだけ浮くことができるアニマルフレンド。 ラトリー(ヘビ) バネのように高くジャンプできるアニマルフレンド。 スクイッター(クモ) クモの巣で敵に攻撃したり足場を作ることができるアニマルフレンド。 エリー(ゾウ) 臆病なアニマルフレンド。 ネズミが苦手。 鼻から出す水で攻撃する。 クレムリン軍団 [ ] 『スーパードンキーコング』以降の大部分の作品における悪の組織。 団員は主にたちで構成されているが、ハチのジンガーやビーバーのノーティなどがいる。 シリーズ内では主に彼らと対立することが多い。 詳細は「」を参照 クレムリン軍団を統一しているワニ。 勝利のためには罠や死んだフリなど姑息な手も使うが、マヌケな面も目立つ。 主にシリーズ内で彼がラストボスを務めることが多い。 『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』では『』においてプレイヤー参戦を果たした。 シリーズにおいてザコキャラの扱い。 『』以降からデザインに一部変化ある。 クランプ ヘルメットを被った、太った茶色のワニ。 体が大きく作品によっては簡単に倒せないことも。 アニメでは体の色は黄緑になり、階級が将軍だがドジで失敗ばかりしていた。 『たるジェットレース』ではバケツ被っており、プレイヤーキャラとして操作できる。 クラッシャ 力持ちの青いワニ。 『』ではドンキーの力でも倒せない強敵だった。 アニメではドンキーほどは力はなく単にオツムの弱いマヌケなキャラとして登場。 『64』ではある条件を満たすとバトルアリーナで操作できる。 クラップトラップ なんでも噛み付いてくる青いワニ。 アニメでは鉄砲から出現する。 『64』ではミニゲーム内のみ操作できる。 その他 [ ] 一部の作品に登場するキャラクターたち。 これら以外にも多数の敵・味方キャラクターがいる。 クマたち 『スーパードンキーコング3』の舞台となる「クレミス島」で生活しているたち。 一癖も二癖もある性格や趣味をした者が多い。 クランジー 『ドンキーコング64』に登場するキングクルールの弟(海外では手下という設定)。 温和な性格で、兄およびクレムリン軍団に反抗し、牢に囚われていた。 スナイド 『ドンキーコング64』に登場。 クレムリン軍団から解雇されたの学者で、恨みを晴らすべくドンキーたちに協力する。 との2人組で、怪力の持ち主。 バナナ星人 『ドンキーコング ジャングルクライマー』に登場。 バナナそっくりな姿をしたで、クレムリン軍団からの被害を受けた。 ティキ族 『ドンキーコング リターンズ』に登場した敵キャラクター。 ドンキーコングアイランドの頂上にある火山から誕生した謎の魔物。 個々で姿は異なるが、いずれも楽器の姿をしており、音による催眠術を扱う。 ボスは「ティキトング」。 一部のティキは『』『』に登場している。 ザ・スノーマッズ 『ドンキーコング トロピカルフリーズ』に登場した敵キャラクター。 北の海からやって来たで、ドンキー達をドンキーコングアイランドから追い出し、島を氷漬けにして乗っ取る。 ボスは「ロード・フレドリック」。 バンジョー 『』シリーズの主人公キャラクター。 ドンキーコングシリーズでは『』に登場。 シリーズ一覧 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年4月)• 数値は全て日本のもの。 日本未発売、発売中止は除外する。 を達成したタイトルは 太字で示す。 ドンキーコング [ ] タイトル 発売日 ハード 売上本数 18万本 35万本 - 27万本 - ニンテンドー3DS その他のゲーム [ ] タイトル 発売日 ハード ドンキーコングホッケー () メディアミックス [ ] 漫画 [ ] タイトル 作者 出版社 掲載誌 発表年 1999年 アニメ [ ]• 放送期間: - トレーディングカード [ ]• 発売 脚注 [ ] [].

次の

ドンキーコング: 感想(評価/レビュー)[アニメ]

ドンキー コング アニメ

『ドンキーコングダービーの参加者』 ドンキーコングダービーの主催者。 数々のドンキーを戦場へと送り込んできた。 ブロス編集長だから参加することになった。 スマブラ上級者だがドンキーコングのことは、よく知らない。 スマブラが下手 スマブラが下手 スマブラをしたことがない。 なぜ? ドンキーコングを選ぼう! まあ…早いもの勝ちで選びましょうか 僕は 白ドンキーがいい!!!見やすいし! でもゴリラで考えると シルバーバックって年寄りだから弱いんじゃない? シルバーバックって背中だけど、それが全身になってるから逆に凄い! いや、ジジイだって 私は 金色のドンキーにします。 なぜなら 勝敗はランダムなんですよ。 それいう? スマブラは両サイドに落ちるところがあるので、真ん中が安定するんじゃないかと。 言い忘れていましたが、今回は リングのステージになっているので、落ちません。 (グニャ〜ン) 恐山の理屈がやられた… んじゃ僕は 紫色のドンキーにします 紫色のドンキーって絶対ババアじゃん 確かに… だから僕は 緑色のドンキー 緑色のは 誰かに染められたドンキーかもしれませんよ? 愛玩動物…? ドンキーコング染めるやつヤバイな… 僕は 黒色ドンキーで。 このドンキーは 浅黒いから遊んでるタイプだと思う。 家にメスドンキーを連れ込んでるはず。 (僕は残りの 茶色ドンキーになりました) ドンキーコングダービー開幕! ドンキーコングのストックは1で行います。 (なぜなら命は2つないから) *盛り上がりすぎて音割れ部分があります。 音量に注意してください。 画像でもドンキーコングダービーの実況をお伝えします。 (優勝ドンキーのネタバレを含むので注意してください!) うおおお!!始まった!!!! いけいけいけいけえ!!!! CPレベル1だから本物のゴリラじゃん! 攻めてくれ…!!! 漁夫の利を狙ったほうがいいかもしれませんね… スマッシュボールだ!!!! とれとれ!!! ああ〜!!取られた! 最後の切り札つえええ… ゴクリ……… あ……あ…ああ!! ああああああああ!!!! やったーーーー!!!! おしまい.

次の