卓球 ラケット 持ち 方。 卓球ラケットの持ち方にルールはない!上達する基本の持ち方

卓球プロのラケットの持ち方【水谷・馬龍・ワルドナー…】

卓球 ラケット 持ち 方

もくじ• 卓球ラケットの種類と持ち方 卓球のラケットの種類には、大きく分けて次の2つがあります。 ・シェークハンド ・ペンホルダー ペンホルダーにはさらに2種類の、日本式ペンホルダーと中国式ペンホルダーがあります。 それぞれについて、どんなラケットなのかや、持ち方を解説します。 シェークハンドラケットの持ち方 シェークハンドとは、下図のようなラケットです。 通称は「シェーク」です。 ラケットの両面に、ラバーを貼ることができます。 今ではプロ選手の約8割がこのラケットを使用し、現在の主流となっています。 「シェークハンド」は英語で、「握手をする」という意味です。 握手をするようにラケットを握ることから、この名前がついています。 持ち方はまず、次の写真のような手の形を作ります。 握手をするときのようでもあり、ピストルのようでもありますね。 この手の形の中に、ラケットをおさめるイメージです。 ちょうど、下の写真のようにです。 下の写真のように、ラケットの角度は、手首・腕とまっすぐ平行になるように持ちます。 ラケットの面が内側に向いたり、外側に反れたりしないようにします。 人差し指は、下の写真のように、ラケットの縁に沿うように置きます。 上の写真のように、1cmくらいならラケットの内側でもOKです。 自然におさまる、無理のない位置を探します。 人差し指を立てたり、ラケットの厚み部分に引っ掛けたりしないでください。 ちょうど、次の写真のようにです。 親指は、下の写真のように、柄の中央先端に添えるように置きます。 下の写真のように、きつく曲げたり、反対に伸ばしたりしないでください。 また、極端に浅すぎたり、深く握ったりしないよう気をつけましょう。 そして、軽く握ります。 ラケットを引っ張られたら、手からすぐ抜けてしまうくらいの弱い力で、です。 テニスラケットのように、5本指でがっちりグリップを握るのはやめましょう。 これでは細かい動きができず、コントロールがむずかしくなります。 また、上達しません。 以上が、卓球のシェークハンドラケットとその持ち方です。 ペンホルダーの持ち方 ペンホルダーとは、下図のようなラケットです。 ペンホルダーは、20年ほど前のアジアでは圧倒的な人気でした。 そして、活躍する中国人選手のほとんどが、このラケットを使用していました。 次の写真のように、ペンを持つような手の形で握ることから、この名前がついています。 【写真準備中】 ペンホルダーには、さらに以下の2種類があります。 ・日本式ペンホルダー ・中国式ペンホルダー それぞれについて、解説します。 日本式ペンホルダー 日本式ペンホルダーとは、下図のようなラケットです。 「日(にっ)ペン」や、単に「ペン」と呼ばれていて、ラバーは表側だけに貼ります。 裏側は木です。 グリップ(柄の部分)は、突起状になっており、ここに人差し指と親指を引っ掛けるようにして持ちます。 ちょうど、下の写真のようにです。 【写真準備中】 人差し指と親指はくっつかないようにします。 どちらの指にも、力が均等に加わるようにします。 中指・薬指・小指は揃えて、背面に添えます。 このとき、次の写真のように、小指はラケットにつかないようにするのがポイントです。 【写真準備中】 また、指の腹に軽く力を入れて持ちます。 下の写真のように、3本の指がすべてピンと伸びた状態で、ラケットにくっつけるのはダメです。 【写真準備中】 これでは、バックハンドが打てないからです。 以上が、日本式ペンホルダーとその持ち方です。 中国式ペンホルダー 中国式ペンホルダーとは、下図のようなラケットです。 「中国ペン」や「中(ちゅう)ペン」とも呼ばれていて、シェークハンドのグリップを短くしたような形のものです。 また、シェークのように、両面にラバーを貼って使用することも可能です。 グリップには、日本式のように、人差し指と親指を引っ掛ける部分がありません。 なので、下の写真のように「鷲掴み」するように持ちます。 【写真準備中】 人差し指と親指は、日本式と同様にくっつかないようにし、力を均等に加えます。 また、背面についても同じで、中指と薬指を軽くげてラケットを支えます。 小指がラケットにつかないように、薬指に添えることも同様です。 ただし、中国式では指先に力を入れます。 以上が、中国式ペンホルダーとその持ち方です。 卓球ラケットの種類別メリット・デメリット ラケットの種類によって、メリット・デメリットは異なります。 一長一短あるので、それぞれ解説します。 シェークハンド シェークハンドラケットのメリットは、バックハンドが打ちやすいことです。 両面にラバーを貼っているので、少ない動作でバックハンドを打つことができます。 また、面の角度が固定されやすく、スイングが安定することもメリットです。 デメリットは、手首の可動域が狭いことです。 これは、5本の指と手の平全体を使って握る持ち方だからです。 なので、台上の短いボールを打つときなど、小技がやりにくいです。 また、サーブでは手首の動きを大きくするために、持ち方を変えることが多いです。 これによって、動作が不安定になり、サーブミスをしやすくなることもあります。 以上が、シェークハンドラケットのメリット・デメリットです。 日本式ペンホルダー 日本式ペンホルダーのメリットは、フォアハンドが打ちやすいことです。 シェークハンドよりも、強烈な威力のボールを打てます。 また、手首の可動域が広いことで、繊細なボールタッチやプレーができます。 ラケット自体が軽くて、持ち方が安定するのも利点です。 デメリットは、バックで打つボールの威力が弱いことです。 ラバーは片面だけにしか貼れないので、次の写真のように、手首を返してバックを打ちます。 【写真準備中】 この打ち方で、強打をするのむずかしいです。 以上が、日本式ペンホルダーラケットのメリット・デメリットです。 中国式ペンホルダー 中国式ペンホルダーは、日本式と同様にフォアハンドが打ちやすいことや、手首の可動域が広いことがメリットです。 また日本式とは違って、グリップに突起がないので、色々な持ち方をしやすいです。 そして中国式では、ラバーを両面に貼って、シェークのようにバックハンドを打つこともできます。 デメリットは、ラバーを両面に貼ると、ラケットが重くなってしまうことです。 ラケットが重いと、スイングスピードが遅くなり、威力のあるボールが打てません。 なので、はじめは片面だけにラバーを貼って、様子を見る人も多いです。 以上が、中国式ペンホルダーラケットのメリット・デメリットです。 卓球ラケットの種類で異なる戦型・プレースタイル 卓球ではシェークとペン、どちらのラケットを使用するかで、戦型が異なってきます。 戦型とは、いわゆるプレースタイルのことです。 なので、どんなタイプの選手を目指すのかを考えて、ラケットを選ぶことも大事です。 ここからは、ラケットの種類別の戦型について、それぞれ解説します。 シェークハンドの戦型 シェークハンドの戦型には、以下のようなものがあります。 ・前陣ドライブ ・中陣ドライブ ・前陣速攻 ・異質速攻 ・カットマン それぞれについて、解説します。 前陣ドライブ 前陣ドライブは、自ら得点を狙う攻撃的なスタイルで、最も主流で無難・王道です。 なので、ラケットやラバーも、この戦型に合うものが一番多く販売されています。 この戦型では、「ドライブ」という、下回転のボールを上回転にして返球する打ち方を多用します。 また、台から距離を取らずにラリーを展開し、果敢に攻めます。 オールラウンドなプレーができるので、初心者はこの戦型から始めることが多いです。 私も、そうでした。 その後、得意な技術を活かすように、後述する前陣速攻になりました。 以上のように、前陣ドライブは主流・王道な戦型で、攻撃型のプレースタイルのことを指します。 中陣ドライブ 中陣ドライブは、前陣ドライブと同様に、ドライブを多用して得点を狙うスタイルです。 台から1. 5mほど距離をとって、力強いドライブを打つのが特徴です。 パワーが必要なので、体格のいい方におすすめです。 しかし、ボールの大きさが40mmに・素材がプラスチックにルール変更されたことで、多少不利になった戦型とも言えます。 このように、中陣ドライブは台から1. 5mほど離れたところから、力強いドライブを打って攻める戦型です。 前陣速攻 前陣速攻は、ボールの威力よりも、スピードや緩急で得点を狙うプレースタイルです。 台のすぐ近くで、テンポの速いラリーを展開します。 器用な方や、素早く動くことが得意な方におすすめです。 また、ドライブよりも、ボールを弾いて打つスマッシュが得意・好きな方も、この戦型が向いています。 このように、前陣速攻は、スピードやテンポの速さを武器にして戦う戦型です。 異質速攻 異質速攻は、ボールの速さや回転に変化をつけて、相手を揺さぶるプレースタイルです。 フォアとバックで、異なる性質のラバーを貼ります。 技の要素が強く、個性がよく出るスタイルです。 その反面、相手に狙い撃ちされるラリーのパターンが多くなります。 以上のように、異質速攻は、速さと回転に緩急をつけて戦う戦型です。 カットマン カットマンは、唯一守備的な打ち方を中心とし、相手のミスを誘う戦型です。 基本的に台から2m以上距離を取り、ボールに下回転をかけて返球する「カット」という打ち方をします。 背が高く手足の長い人や、おっとりした性格の人におすすめです。 この戦型はあまりいないので、苦手な人も多いです。 私も対戦は避けたいです。 笑 ラリーを長く続けるので、粘り強さと忍耐力が必要な戦型です。 このように、カットマンは他の戦型とは違い、守備的な打ち方で相手のミスを誘うプレースタイルです。 ペンホルダーの戦型 ペンホルダーの戦型には、以下のようなものがあります。 ・前陣速攻 ・ペンドライブ ・粒高攻守 それぞれについて、解説します。 前陣速攻 シェークハンドの前陣速攻と同様に、ペンでの前陣速攻も、スピードや緩急で得点を狙うスタイルです。 中国ペンにも多い戦型です。 できるだけフォアハンドで打ち、シェークよりも多くの連続攻撃を繰り出します。 これには、瞬発力や素早い動きが必要になります。 動く範囲が広いので身体能力が高い人や、身のこなしにセンスのある人に向いています。 また、とにかく攻めたいせっかちな人にもおすすめです。 以上のように、ペンでの前陣速攻は、スピードや緩急で得点を狙う戦型です。 ペンドライブ ペンドライブは、ドライブを多用して、自ら得点を狙う攻撃的なスタイルです。 強みであるフォアハンドで豪快に攻め、相手を圧倒します。 スタミナとフットワークの軽さ(動いて打つこと)が必須となるので、体力のある人におすすめです。 このように、ペンドライブは、豪快なドライブで攻める戦型です。 粒高攻守 粒高攻守は下図のような、特殊なグリップのペンホルダーラケットを使用し、独特の回転球で攻める戦型です。 ラバーは両面に貼ることができ、片面には粒高ラバーを用います。 粒高ラバーとは、ラバー表面の粒々に高さのあるものを指します。 なので、打ち方やボールの扱い方は他と異なります。 基本的に粒高ラバーの面で、相手の攻撃を粘り強くブロックして、チャンスを待つラリーを展開します。 そうしてやって来たチャンスボールや、甘いボールに対してはすかさず攻撃して・得点します。 このときはラケットを反転させて、攻撃用ラバーの面で打ちます。 中学生では、短期間で結果が出やすく、勝ちやすいです。 なぜなら、相手が変化球に対応できないからです。 しかし、高校・大学・社会人初期では攻略されてしまい、なかなか勝てなくなります。 50代くらいからは、また勝ちやすくなります。 これは、対戦相手の体力や技術レベルが落ちてくるからです。 以上のように、粒高攻守は、独特の回転球でチャンスを作って攻めるプレースタイルです。 まとめ 今回の記事では、卓球のラケットの種類や持ち方、種類別の戦型などについて解説しました。 ラケットは、種類によって持ち方が異なります。 また、それによりプレースタイルも違ってきます。

次の

卓球ラケットの種類と持ち方!戦型も考慮して決めよう!!

卓球 ラケット 持ち 方

卓球にはシェイクハンドという種類のラケットがあります。 日本では10年前からペンホルダーが1割、シェイクハンドが9割という人口になっています。 握り方にはそこまで種類があったりしないのですが、力を入れる部分を変えるだけで苦手なところが簡単に出来るようになったりします! 握り方を少し意識して練習してみましょう! 1. 親指と人差し指で挾む 僕の時代の選手(30台)は親指と人差し指で挾むように持ち、後の指は添えるだけと教えられています。 この握り方のメリット ・力のあるボールを打つことが出来る ・ラケットが飛んでいかない この2点になります。 しかし、ギュッと強く握ってしまうと、手首が固まってしまいます。 台上の技術や、サーブの時に手首が固まってしまうと良いサーブは出しにくいです。 逆に相手に打たれたボールのブロックやカウンターは、このグリップでないと強いボールに対応しにくいです。 小指で握って親指と人差し指で支える これは小指で握るのですが、小指だけだとグラグラと安定しない為、親指や人差し指で支えるという事になります。 この持ち方のメリットは ・台上や回転をかける技術がやりやすい ・ラケットを自由に扱える この2点です。 親指等に力を入れないと、手首が固定されません。 従って台上のフリックや逆モーション等の技術がやりやすくなりますね! しかし、力が必要なボールを打つ時に親指に力を入れたり、人差し指に力を入れてインパクトを意識しないとボールに威力が出にくいです。 力のあるボールで大きい展開のしたい人はこの握り方よりも、1の握り方の方がいいですね! 3. 深く握る?浅く握る? 深く握るか浅く握るかで得意なボールが変わると思います! 深く握るとバックハンドの方が打ちやすい感じがします。 浅く握るとフォアハンドが打ちやすいと思います。 チキータやバックハンドドライブは深く握って、親指を少し立てると打ちやすいですよね? 握る深さを変える事で打ちやすいボールが変わってきます。 自分のやりやすい展開に応じて握り方を変えていくと良いですね! 4. 握り方次第で卓球が上手になる事も バックハンドが打ちにくい人はバックハンド専用のグリップで持つようしてみましょう! 3球目のバックハンドドライブはバックハンド専用のグリップにする等の工夫をして苦手を克服する事や、もっと回転のかかったボールを打てるようになります! レシーブが苦手な人は小指の方に意識を置いてレシーブしてみましょう! 入るようになるだけで試合に勝てる場合もあります。 ちょっとレシーブ苦手だよ!?って人は握り方を少し変更してみて下さい! 岐阜の田舎の方で卓球をしております。 楽しく元気に練習が出来たら幸せを感じます。 健康に長く、しかも上手になれる方法を皆さんと共有したいと思ってます。 関連する記事• 2020. 01 目次 1. 卓球は3日やらないと取り戻すのに1週間かかる? 2. 半面での基礎練習 2. ラリーが続かなかったら….. 1本1本[…]• 2019. 15 卓球を始めたばかりで初戦敗退になってしまっている方 もしくは3ヶ月くらい卓球をしていても初戦突破が難しい方に参考になるように投稿します。 目次 1. […]• 2020. 10 目次 1. VICTASのVOシリーズのレビュー 2. […]• 2020. 04 昨年は1年中試合が続く過密日程に、選手は目先の大会に向けた調整に追われた印象があった。 逆に試合が無くなるとまとまった練習時間が取れるとプラスに捉える向[…]• 2019. 03 フリックやチキータ、3球目攻撃と攻撃する展開がいくつもあります。 点数を取る為に無理して攻めていませんか? 無理して攻めるという事は中途半端に攻めてい[…]• 2019. 25 3球目攻撃といえば下回転のボールをドライブするイメージでしょうか? 卓球で試合に勝つためには、サーブ、レシーブ、3球目をしっかり練習する必要があります[…].

次の

卓球ラケットの持ち方を解説。基本からサーブの種類ごとの持ち方まで

卓球 ラケット 持ち 方

標準グリップ• フォアハンドグリップ• 今回は、ぐっちぃさんの呼び方に合わせて「標準グリップ」とさせていただきます。 標準グリップ 親指と人差し指の隙間の真ん中と、ラケットの側面がちょうどまっすぐに重なるように握る持ち方です。 包丁を持つように握るとも言われていますね。 標準グリップは、初心者から中級者に多い持ち方です。 卓球を始めたときには、まず標準グリップを覚えさせられます。 私も先輩から標準グリップの持ち方で教えられました(当時は握り方に違いがあるとは知らなかったですが…)。 フォアハンドとバックハンドをバランスよく打てるので、自分の戦型が定まっていない初心者には、まず標準グリップの握り方で持つように教えられます。 ただ、現在はプロの間でも標準グリップが流行っています。 メリット メリットは、上でも書いたようにフォアハンドとバックハンドをバランスよく打てること。 どちらも無理なく打つことができるので、ラケットを持ち変える必要がありません。 デメリット デメリットは、特化した武器がないということ。 フォアもバックも無難に打てるけど、特化した威力は出ません。 フォアハンドグリップ 標準グリップの状態から、ラケットを少し左に傾けるとフォアハンドグリップとなります。 その名の通り、 フォアハンドに特化した持ち方です。 フォアを重視したい人におすすめする持ち方ですね。 メリット• バックハンドが打ちにくい(強打・ドライブしにくい) フォアハンドグリップの最大のデメリットは、バックハンドが打ちにくくなること。 手首が固定されやすいので、柔らかく手首を使う必要のあるバック技術は全体的に打ちにくくなります。 フォアハンドグリップで握る選手は、バック側のボールも回り込んでフォアで打つことが多くなります。 「バックが打ちにくい」というデメリットは、親指を立てることで多少は解消されます。 水谷選手をはじめ、プロ選手の間ではバックハンドを打つ時に親指を立てる選手が多いですね。 親指を立てる持ち方については、この記事の下で詳しく紹介しています。 バックハンドグリップ 標準グリップから、ラケットを右に傾けるようにして握るのがバックハンドグリップです。 すみません汗 お察しだとは思いますが、バックハンドの技術に特化した持ち方です。 面が身体の内側を向くような形です。 巻き込むように打球するのが特徴です。 そんなバックハンドグリップのメリット、デメリットをそれぞれまとめてみました。 メリット• フォアハンドの技術に制限が出てくる• フォアでストレートを狙いにくい• 前陣でのフォアが打ちにくい デメリットは、フォアハンドの技術に制限が出ること。 例えばフォアハンドを打つ時に手首を開きにくいので、打球がクロスに行きやすくてストレートを狙いにくくなります。 フォアよりも、バックを強化したいという人におすすめしたい持ち方です。 スポンサーリンク プロのラケットの持ち方 引用元: 世界で活躍するプロ選手のラケットの持ち方を紹介します。 「フォアハンドグリップ」「バックハンドグリップ」それぞれの持ち方をしている選手の情報をまとめてみました。 各選手のプレースタイルと持ち方の関係性に注目してみてください。 各選手の試合動画もそれぞれ掲載しています。 フォアハンドグリップ|馬龍 ロンドン五輪のシングルスで金メダル。 リオ五輪でもシングルス銀メダル、団体金メダルに輝いたトップ選手。 世界らランク最高位は1位です。 今なおトップで活躍を続けるプロ選手です。 張継科選手の主力武器は、バックハンド。 台上バックドライブを得意としています。 近年では、バックハンドの技術に加えてフットワークを生かしたフォアハンドの連続攻撃も目立ち始めています。 上に掲載している動画は、2015年の世界卓球の男子シングルス準々決勝。 日本の水谷隼選手との試合ですね。 試合を見ていると、やはりバックハンドが印象に残ります。 水谷選手のサーブに対して、バックハンドで対処しているシーンが印象的です。 攻撃の起点がバックハンド、攻撃そのものもバックハンドであるように感じます。 バルセロナ五輪、シドニー五輪で金メダルを獲得したプロ選手・ワルドナー。 「神の腕を持つ男」「天才的」とまで称された卓球界のレジェンド的な存在です。 ワルドナーは、フォアハンドグリップとバックハンドグリップを打球時に切り替えてプレーしていたと言われています。 そのため、フォアハンド、バックハンドどちらのプレーにも隙がありません。 ワルドナーのプレースタイルは、オールラウンドタイプ。 前陣、中陣、後陣どこからでも自分のプレーを発揮していました。 時に強く、時にゆったりと打つスタイルは、「ワルドナータイム」という名前が付けられていました。 フォアハンド、バックハンドどちらの技術も多彩で、両ハンドからの自在のドライブ攻撃は相手選手にとって脅威だったといえます。 とにかく多彩なプレーが印象的なワルドナー。 その秘密は、グリップを切り替えることにあります。 場面によって、最適なグリップに持ち変える手法ですね。 ですが、現代卓球ではラリーが高速化。 それに伴いピッチの速い卓球が必要とされるようになりました。 フォアハンドもバックハンドも同じように速く打つ必要が出てきました。 そのため、 切り替えが必要な極端なラケットの持ち方は減少傾向にあるようです。 プロの間では、フォアハンドグリップ、バックハンドグリップともに減ってきています。 多くなってきているのは、フォアとバックのバランスのとれた標準グリップ。 まわりまわって基本に戻ってきたという感じですね。 持ち方の切り替えを必要とせず、そのままの形で速く打てる。 そんな利点を持つ標準グリップが流行っています。 水谷選手のラケットの持ち方について解説していきます。 まずは、ざっくりとしたプロフィールをまとめてみました。 リオ五輪では男子シングルスで銅メダル、男子団体で銀メダルを獲得しています。 世界のトップで活躍を続ける水谷隼選手。 その姿に憧れて卓球を始めるという人も少なくないと思います。 神童と呼ばれる張本智和選手も水谷選手を尊敬の対象として挙げています。 フォアハンドが主力武器 水谷隼選手はオールラウンド型のプレーヤー。 フォアハンド、サーブ、ロビング、ブロックなど、多彩な武器を持っています。 その中でも主力の武器はフォアハンド。 強烈なフォアハンドで相手の体勢を崩して、そこに連続してフォアハンドでノータッチで決めるという場面は何度も目にしています。 水谷選手のラケットの握り方は、試合を見る限りだと 標準グリップか若干フォアハンドグリップ寄り。 フォア主力の戦型に合わせた握り方だといえますね。 フォアハンドが主力の水谷選手。 「親指」をうまく使ってオールラウンドのプレースタイルを強化しています。 親指を立てることで、バックハンド強化 引用元: フォアハンドを主力とする水谷選手ですが、バックハンドを打つ時は親指を立てるようにして打っています。 親指を立てることによって、ラケットの角度を調整しやすくなります。 そのため、バックハンドがより打ちやすくなります。 フォアハンドを打つ時には、親指を引っ込め、バックハンドを打つ時には親指を立てるように切り替えています。 場面によって大きく握り方を変えるワルドナーとは違い、 親指だけを使って切り替えているんですね。 親指の移動だけなら、ピッチの速いラリーの中でも問題なく切り替えることができます。 水谷選手のように親指を使ってラケットの持ち方を切り替えるプロ選手は多いようです。 最近は、特に多くなっているようですね。 卓球動画でおなじみのWRMのぐっちぃさんも、親指を使って切り替えているようです。 グリップはFLからSTへ変更 水谷選手はラケットのグリップをST(ストレート)にしています。 同じ幅で直線的なSTグリップは、打法による切り替えがしやすいグリップだといえます。 以前はFL(フレア)を使っていた水谷選手ですが、最近になってSTに変更。 フォアとバックの切り替えを意識して変更したのかもしれませんね。 場面によっては、自分の打ちやすいようにラケットを持ち変える場面もあるのかもしれません。

次の