どうかと。 「いかがでしょうか」という敬語の正しい意味と使い方

「あるかどうか」? 「ないかどうか」?

どうかと

「まだ記事が無いな…」『それはどうかな?』 それはどうかなとは、に登場する。 初代から伝わる、由緒正しきである。 類義に『そいつはどうかな?』もある。 概要 最初にこの言葉を使ったのは初代である。 攻撃時・発動時に成功を確信した相手・勝ち誇った相手に切り返すとして使われることが多いが、に突っ込む場合に使うこともある。 一見に見えるが、相手の動揺を誘うことに成功したり一時的に優位に立つだけでに直結しなかったり言った本人が負けたりするというもあるので、使いどころには注意。 最初はのだったが、後に敵味方問わず多くのに使われるようになった。 GXや、、、にも登場しており、作品を問わず使われる一種の流行となっている。 GXに登場する、の著書には「『それはどうかな』と言える」という本があり、作中でもにされていたりする。 また、ではが発した同様の意味合いを持つに「!」というものもあり、『それはどうかな』とは違う形態の言葉として広く定着した。 主な使用例 系統のと組み合わせて攻撃を防御・妨する使い方が一般的。 相手のや説明にして発動するのも有効。 こちらののを読まず勝ち誇ったり罵倒したりする相手に使用するのも面い。 また、時にも有効である。 逆に相手がこのを採用している場合は闊なやの攻撃・数を較する発言を控えること。 に5連続攻撃されてはも当てられない。 関連動画 関連項目• (類義)• (使用に適切な例)• 「書き終わった!」『それはどうかな?』 この記事は不足な点が多く、なので編集を歓迎しています。 である版やこのをよく使うについて調べていただける方がいたら是非お願いします。

次の

正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

どうかと

「考える」の尊敬語には、「お考えになる・ご高察なさる」などがあります。 謙譲語は「拝察する・考えておる・愚考する」など、丁寧語は「考えています・考え中です」などがあります。 尊敬語 「考えている」の尊敬語は、「お考えになる・ご高察なさる(くださる・される)」などです。 「ご高察」は「高察」に丁寧表現の「ご」を付けたもので、「高察」の意味は「優れた推理・推察を敬う意」であり、より丁寧さを強めるために「ご」を付けています。 「ご高察」は「ご高察なさる・ご高察される・ご高察くださる」といった形で用いられますが、「なさる・される」は尊敬語表現になるため「ご高察」と組み合わせると二重敬語になっているとも言えます。 しかしながら、ビジネスシーンでは特に指摘されることもない許容範囲になります。 「考えている」のもう1つの尊敬語である「お考えになる」は、「考える」に「お」を付けて、「ている」を「になる」に換えた敬語表現になります。 「になる」には、尊敬の意が込められています。 「お考えになる」は「ご高察」よりも使いやすく無難で、一般的によく用いられます。 謙譲語 「考えている」の謙譲語にあたる表現は、「考えております・拝察する・愚考する」などです。 「拝察」の意味は「自分の推察を謙って言う語」で、意味としては「推察」のことですが、「拝察」の方が敬語としての意味合いが強いです。 「拝」はもともと神仏に対して使う言葉で、本来は人に対して使いませんが、現代においては、目上の人にも普通に使うようになっています。 「愚考」は「自分の考えを謙って言う語」のことで、「謙って言う」とあることから「拝察」と同様に「考えている」の謙譲語にあたる言葉になります。 丁寧語 「考えている」の丁寧語にあたるのは、「考えています・考え中です」などです。 ビジネスシーンでは「考えている」の「いる」に丁寧表現の「ます」を付け加えた「います」を使った敬語表現「考えています」を用いることが一般的で、「考え中です」は少々フランクな印象を与えます。 「考えている」を敬語にした時の使い方! 敬語表現にした時には、どう使えば良いのか。 確認しておきましょう。 敬語の種類 敬語の種類は、主に3つです。 1つは尊敬語、もう1つは謙譲語、残るは1つは丁寧語と呼ばれるものです。 「考えている」の尊敬語には「お考えになる・ご高察なさる」などがあり、謙譲語には「考えております・拝察する・愚考する」などがありました。 そして、丁寧語における「考えています」の敬語表現は「考えています・考え中です」などでした。 敬語は、相手や状況によって使い方を考える必要があります。 使い方 尊敬語は、目上の人のことを示す時に使います。 そのため、「考えている」の尊敬語にあたる「お考えになる・ご高察なさる(される・くださる)」は、「目上の人が考えている」ことを表す時に使用します。 謙譲語は、目上の人に対して自分のことを示す時に使います。 そのため、謙譲語にあたる「考えております・拝察する・愚考する」などは「自分が考えていることを目上に伝える時」に使います。 実際に使う時には、「拝察します・愚考しています」などの言い方をします。 丁寧語は、立場を問わずに使える敬語です。 そのため、丁寧語「考えています・考え中です」などは、目上・同じ立場の人・目下・他人などの相手に使用できます。 つまり、誰にでも使える敬語表現ということです。 メールでの使い方 メールでの使い方は、上記の通りです。 ただ、メールというのは、文字に表情や声色といった感情表現が含まれないものになるため、無難な表現を使う方が良いでしょう。 尊敬語であれば「お考えになる」、謙譲語であれば「考えております」、丁寧語であれば「考えています」が無難です。 「考えている」を敬語表現する時の例文! 「考えている」の謙譲語「考えております」を使った例文には、「企画内容について考えております」などがあります。 「考えております」は「考えています」の敬語表現になるため、「考えている状態が今ある」時に使う表現です。 過去形であれば、「考えておりました」になります。 拝察する 謙譲語「拝察する」を使った例文には、「事情を拝察する」などがあります。 「拝察しました・拝察します・拝察しましょう」などの形でも使えます。 「する」を謙譲語にした「いたす」を組み合わせても言葉の響き的には違和感ありませんが、「拝察」と「いたす」はどちらも謙譲語で、同じ文の中に使うと二重敬語になるため、「する」の部分は「ですます」などの丁寧語を組み合わせた方が文法的には良いです。 愚考する 丁寧語「考えています」を使った例文には、「イベントの進行についてを考えています」などがあります。 敬語としての意味や使い方は異なりますが、伝える内容としての使い方は「考えております」と変わりありません。 「考えている」の「いる」を換えて謙譲語にしたものが「考えております」、丁寧語にしたものが「考えています」になります。 考え中です 丁寧語「考え中です」を使った例文には、「そのことについてはまだ考え中です」などがあります。 同じ社内にいて似たような業務を行っている上司や、家族に対して改まる場面などで用いると良いでしょう。 「考えている」を別の敬語表現にできる? 「巡らす」には、「種々の方面から考える」の意味があります。 すなわち、「さまざまなことを含めて考える」ということです。 「考えを巡らせています」が表していることは、「あることに関して、さまざまなことを含めて考えている」様子です。 いろいろと思い浮かべています 「思い浮かべる」は、「思う」内容を「頭の中で考える」ことを表しています。 頭の中を整理しています 「整理」は「乱れているものを整えたり、不要なものを取り除く」といった意味があります。 「考えている」内容が「さまざまなものでごちゃごちゃしている場合」には「頭の中を整理しています」を使うことができます。 あれこれと推察しています 「推察」は「おおよそこうだろうと察すること」で、「あれこれ」は「いろいろと」と似た意味を持ちます。 つまり、「いろんな可能性をおおよそこういうことだろうと察する」ことを表しています。 「考えている」の敬語表現を正しく使おう!.

次の

「いかがでしょうか」という敬語の正しい意味と使い方

どうかと

NEWSの小山慶一郎(35)が12日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。 「たまんない」と話すほど、やめられないことについて話し、共演者たちを驚かせた。 やめられないこととして「ホテル街ウォッチング」を告白。 普段、スポーツジムへ自転車で行く際に必ずホテル街を通らないといけないらしく、立ち止まってホテルに入るカップルを人間観察しているという。 番組では、実際にウォッチングを敢行する様子に密着。 VTRの中で小山は「たまんない」と語った。 理由については「ジムに行くときにアドレナリンを高めたい」とした上で、「いろんなカップルの方が(ホテルに)入っていくのとかを見る。 そこから、その人たちの背景を思い浮かべて『なぜ、この2人は今、ここに入ったのかな?』とか」と説明。 「出てきてモメてるカップルもいて『何があったんだろうな』って考えながらジムに行って、フガフガ(トレーニングを)やる」と明かした。 共演者からは「え~!」といった驚きの声とともに、「ちょっと、どうかと思います」などと言われ、笑いに包まれた。

次の