オンライン できること。 【オンラインでできることまとめ!】外出自粛でもお家で充実した日々を!オンラインでできること、まとめページ

引きこもり中の今、オンラインで出来る行動を始めてみる

オンライン できること

プレスリリース配信元:株式会社NEEDS 緊急事態宣言発令中は何をしていた? 株式会社NEEDS(本社所在地:東京都港区、代表取締役:平野 淑美)は、全国の30代~40代男女に「緊急事態宣言発令中の過ごし方」に関する調査を実施しました。 緊急事態宣言が解除されてもうすぐ1か月が経ちます。 気を緩められない状況が続いており、まだまだ外出を控えている方は多いでしょう。 家にいる時間が長くなると、何をしたら良いのか悩んでしまいますよね。 新しく何かを始めた方もいる一方で、「今日もゴロゴロしてしまった…」と時間を無駄にしてしまう方もいるでしょう。 そんな方は、緊急事態宣言発令中におうち時間を有意義に使った人を参考にしてみませんか? そこで今回、 株式会社NEEDSが運営している 『NEEDS中国語教室』()は、全国の30代~40代男女に 「緊急事態宣言発令中の過ごし方」に関する調査を実施しました。 最後に自宅でのおすすめの過ごし方もご紹介します。 "おうち時間"を有意義に使った人がやっていたこととは? はじめに、おうち時間をどのように過ごしたのかを聞いてみました。 「外出自粛だからこそやっていたor始めたことはありますか?(複数回答可)」と質問したところ、と回答した方が最も多く、次いで 『運動・トレーニング(20. コロナ太りが懸念される中、筋トレやトレーニングなど運動をして体を鍛える方が多いようです。 また、今まではあまりなかったオンライン飲みやオンラインセミナーといった回答も目立つ中、この機会を利用して語学学習や資格の勉強に励む方もいることが分かりました。 "コロナショック"で景気が落ち込む中、社会に期待される人材になるためにも、自分のスキルを高める語学学習や資格の勉強をすることは非常に大切になってきます。 次に、「自粛期間中に継続してやっていたことは何ですか?」という質問をしたところ、 『運動・トレーニング(26. 家にいる時間が増えたことによって、普段なかなか時間が取れない方でも継続できたのかもしれません。 外出ができなくても継続することで、おうち時間を充実させていたようです。 こういった結果を見ると、「自分も頑張らなくちゃっ!」と背中を押されますよね。 では、緊急事態宣言が解除されて約1か月が経ちますが、自粛期間中に始めたこと・継続していたことはこれからも続けていくのでしょうか? そこで、「今後も継続していきますか?」という質問をしたところ、9割以上の方が 『変わらず続けていきたい(66. 自粛期間中にできた趣味や勉強は、今後も続けることによって自分の人生をより輝かせてくれるかもしれないですね。 おうち時間を工夫させて過ごすのもとても良いですが、早く元の生活に戻ってほしいと願う人はたくさんいるでしょう。 長い間、家族や友人、恋人に会えなかった方も多い中で、緊急事態宣言解除後の計画を立てていた方も多いと思います。 そこで、「自粛期間中に緊急事態宣言解除後に向けて何をしていましたか?」という質問をしたところ、 『行きたいところややりたいことをチェックしていた(54. まだまだ予断を許さない状況ですが、だんだんと外出や遠出ができるようになってストレス発散できた方も多いでしょう。 このように、コロナ明けを楽しみにしている方が多いようです。 オンラインでやっていたこととは? おうち時間が増えたことで、オンライン上で何かを行うことが増えたかと思いますが、何をしていた方が多いのでしょうか? そこで、「オンライン上でやっていたことは何ですか?」という質問をしたところ、 『オンライン飲み(18. 飲食店に営業の規制がかかり、居酒屋に行く機会が減ってしまったことで、"オンライン飲み"が人気となったようです。 会社の方や友人とオンライン飲みをしたという方は多いと思います。 さらに、オンラインセミナーやオンライン講座といったように、空いた時間をうまく活用している方が多いことが分かりました。 外出できないことをマイナスに考えずに、時間をできるだけ自分のために使って有意義に過ごすことが、今後の人生のために必要な時間となるでしょう。 【どっちが良いの!?】オンラインとオフラインの違いは? 次に「オンラインとオフラインの一番の違いは何だと思いますか?」という質問をしたところ、 『通う手間があるかないか(37. オンラインではある程度自分の自由に行うことができるので、今後もまだまだ流行しそうですよね。 そして、「オンラインとオフラインではどちらが良いですか?」という質問をしたところ、 『オフライン(29. オフラインでもオンラインでも大して差がないことが分かりました。 今までオフラインでしかできなかったことが、オンラインでもできるようになったことで、自分ができることの選択肢が広がったと思います。 自分が継続しやすい方法で、できるようになったことは嬉しいですよね。 今回の調査で、緊急事態宣言発令中に新しいことを始めて有意義に過ごした方がたくさんいることが分かりました。 計画を立て継続していくことで、おうち時間を有意義に過ごせるでしょう。 新型コロナウイルスの長期化が予想されるため、まだまだ自粛が長引きます。 この機会に新しいことを始めて自分の可能性を広げませんか? この機会に新しいことを始めて自分の可能性を広げませんか? オンライン学習でおすすめなのが、 株式会社NEEDSの運営している 『NEEDS中国語教室』()です。 NEEDSの中国語教室にはフレンドリーな日本人講師とネイティブ講師が勤務しています。 いきなり中国人の講師とレッスンをすると、緊張や説明の理解に苦しむなどの悩みがありますが、 日本人講師の場合なら、そのような悩みが解消され、初心者でも安心して受講することが可能です。 また日本人講師だからこそ、日本人が中国語学習を進めていく上でつまずきやすいポイントを、分かりやすく解説します。 NEEDSのオンラインレッスンは「Zoom」の他、Skype、LINE、WeChatなど、お好きなツールから受講が可能です。 無料体験レッスンも実施しているので、お気軽にお試しください! 中国語は、英語と同じくらい需要がある語学です。

次の

【ファンタジーライフオンライン】ビレッジでできること!快適に過ごすコツ【FLO】

オンライン できること

利用開始に向けてご対応いただきたいこと/必要な費用目安• Q1.オンライン資格確認を導入したら、患者はマイナンバーカードがないと受診できないのですか? A1.健康保険証でも受診できます。 健康保険証とマイナンバーカードのどちらでもオンラインで資格確認ができるようになりますが、健康保険証の場合は記号番号等の入力が必要となります。 Q2.医療機関・薬局では患者のマイナンバー(12桁の番号)を取り扱うのですか? A2.医療機関・薬局において患者のマイナンバー(12桁の番号)を取り扱うことはありません。 オンライン資格確認では、マイナンバーではなく、マイナンバーカードのICチップ内の利用者証明用電子証明書を利用します。 Q3.医療機関・薬局内のレセプトコンピューター等の情報を支払基金・国保中央会が閲覧できるようになるのですか? A3.オンライン資格確認は、支払基金・国保中央会から資格情報等を提供する仕組みです。 支払基金・国保中央会が、医療機関・薬局の診療情報等を閲覧したり、取得することはできません。 Q4.オンライン資格確認は必ず導入しなければいけませんか? A4.導入は義務ではありませんが、資格の確認を確実に行うことは保険制度の基本です。 また、オンライン資格確認を行うことにより、受付、診療・調剤・服 薬指導、診療報酬請求について効率化が図られるため、導入の検討をお願いします。 オンライン資格確認を導入した医療機関・薬局ではマイナンバーカードを健康保険証として利用できるようになります。 Q5.患者はマイナンバーカードを持っていればすぐに健康保険証として利用できるのでしょうか? A5.マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、あらかじめ患者がマイナポータルで初回登録をすることが必要です。 なお、初回登録をしていない患者が受診した場合でも、医療機関・薬局の窓口において、顔認証付きカードリーダーによる認証または暗証番号(4桁)による認証を行うことで、初回登録ができます。 Q6.マイナンバーカードの取扱いで気をつけるべきことはありますか? A6.医療機関・薬局の窓口ではマインナンバーカードは預かりません。 患者においては、顔認証付きカードリーダーの場合はカードリーダーに置いていただく、汎用カードリーダーの場合はカードリーダーにかざすとともに受付職員に見せていただきます。 Q7.患者がマイナンバーカードを忘れたらどのようにしたらよいですか? A7.現行の健康保険証を忘れた場合の取り扱いと同様になります。 もし、患者が健康保険証を持参していれば、健康保険証によるオンライン資格確認を実施してください。 Q8.医療機関・薬局でマイナンバーカードが健康保険証として使えることを、どのように患者さんに伝えたら良いですか? A8.マイナンバーカードでのオンライン資格確認が利用できることのポスター等を準備し、医療機関・薬局に送付させていただきます。 Q9.オンライン資格確認はいつから始まりますか? A9.令和3年3月から始まります。 Q10.いつから準備を始めればよいですか? A10.令和2年8月頃から導入作業を実施いただければ、令和3年3月のオンライン資格確認の開始に間に合います。 ご担当のシステムベンダ等にご相談ください。 Q11.オンライン資格確認を利用するための手続きは、何が必要ですか? A11.ポータルサイトから、支払基金に利用の申込みをしていただく必要があります。 手続きの内容・方法については、令和2年7月頃に示します。 Q12.オンライン資格確認を始めるには、まず何をすればよいですか? A12.ご利用のシステムやネットワークの状況によって詳細が異なりますので、まずはご担当のシステムベンダやネットワークベンダにご相談ください。 Q13.オンライン資格確認のためのシステム改修に関して、補助申請を行う時期はいつ頃ですか? A13.システム改修後、オンライン資格確認の導入準備が完了した後に、支払基金に補助申請を行っていただくことになりますので、医療機関・薬局における導入作業後である11月以降となります。 (事前申請ではなく、精算払いとなります。 ) Q14.オンライン資格確認のための補助の詳細や手続きはいつ示されるでしょうか? A14.補助申請の手続きについては支払基金から7月以降にお示しする予定です。 Q15.レセプトのオンライン請求を利用していませんが、オンライン資格確認を始めることはできますか? A15.オンライン請求の回線環境を導入することで、オンライン資格確認を始めることが可能です。 オンライン資格確認を行うために回線環境の導入をした場合にも、その回線費用は医療情報化支援基金の補助対象となります。 顔認証付きカードリーダーについて• [1,034KB]• [519KB]• [1,039KB]• [251KB]• [530KB]• [629KB]• [33KB]• [739KB]• [280KB] NEW• 【審査1】オンライン資格確認等システムにおける顔認証付きカードリーダーに係る部品等の事前確認の申請について• [164KB] NEW• [38KB] NEW• [12KB]• 【審査2】オンライン資格確認等システムにおける顔認証付きカードリーダーに関する書類審査について• [566KB]• 〔申告書等のひな形〕• [21KB]• [28KB]• [25KB]• [24KB]• [27KB]• [25KB]• 【審査3】オンライン資格確認等システムにおける顔認証付きカードリーダーに関する実機を用いた機能確認について• [394KB].

次の

今だからこそオンラインでできることがある。|Aya|note

オンライン できること

4月も最終週となりました。 本館校舎の前にあるイチョウの木も、この3週間で若葉を覆い茂らせ、その様子を見ることで時の流れを感じます。 2020年度の1学期、教室という場ではなく、画面上というこれまでに経験のない形でのスタートとなりましたが、みなさんの顔を見ることができ、安心しています。 今月行ってきたことを、みなさんとともに振り返ってみます。 〇オンラインの顔合わせ 3月から始まった休校により、友達と会うのは1か月ぶり。 36人が画面上で新しいクラスの先生と対面をしました。 一人ひとり、順番に画面上に参加してくる姿を、私たちも緊張しながら見守りました。 最初に参加してきた人は、先生と一対一。 お互いを見つめ合うような形に、どこか気恥ずかしさを感じる子もいたかな。 でも、すぐに他のクラスメイトも入ってきます。 久しぶりに友達との再会を果たして、それはいつもの教室の光景と同じように感じました。 新しい担任の先生がクラスメイトの名前を呼んだり、みんな一人ひとりが自分の好きな本を紹介したり、毎週限られた時間ではありますが、顔合わせの時間を楽しんでもらえていたらうれしいです。 〇オンライン自習室 教室で学ぶよさは何だろう。 それは友達がいること。 友達と一緒に考えたり、話し合ったりすることで、できることがあります。 そして、友達が横にいてくれる、ただそれだけでも学ぶ意欲につながることもあります。 オンライン自習室では、画面上でお互いに学びに向かう姿勢を見ながら、自分が取り組みたい課題に向かいます。 一人だと集中力が続かない、やる気が出ない、といった子も、このオンライン自習室を通して、久しぶりに友達と学ぶことの良さを実感できたのではないでしょうか。 毎回の自習室の最後に、様子を見守ってくれた先生たちからのクイズやピアノ演奏といったお楽しみを、わくわくしながら待っていた人たちも多かったことでしょう。 〇オンライン合唱 「オンラインでみんなで歌を歌ったらどんなふうになるのだろう。 」 先週の木曜日に行った実験に集まってくれた人は、実に100人。 参加してくれたみなさん、どうもありがとう。 普段の授業でも1クラス36人、学年での合唱をしても72人です。 100人で歌を歌うという場は大きな行事でもないと、なかなかありません。 しかも、今回はオンライン。 最初は、「せーの」で全員で手を叩くことから始めます。 先生の「せーの」に合わせて叩いているつもりなのに…。 おや?他の人とずれてしまいます。 もう一度やってみても、やはりずれてしまいます。 オンラインでみんなと合わせて音を出そうとするとどうなるのかを実感したところで、いよいよ歌の練習に入ります。 「小学校の歌」を一人の友だちに合わせて歌ったり、ピアノの演奏に合わせて歌ったり、やはりずれてはしまいますが、何度か歌っていくうちに、みんなと合わせてみることの気持ちよさを久々に感じた人もいたことでしょう。 100人での1時間の実験は、あっという間のひとときでした。 〇みんなの作品展 今見ていただいている「桐朋だより」のページで始まった「みんなの作品展」。 一年生も参加してくれています。 どうもありがとう。 まだ直接会うことはできていませんが、担任の先生の自己紹介や学校の施設を紹介する動画を見ながら、先生の似顔絵を描いてくれる人もいました。 私たちも、一年生のみなさんと一日でも早く会えることを、心待ちにしています。 2年生から6年生も、多くの人たちが、家でつくった作品の写真を送ってくれています。 順番に掲載していきますので、待っていてくださいね。

次の