トラオレ。 【アダマ・トラオレ】超絶ドリブラー フィジカルの強さにも脱帽・・・【Adama Traoré】Amazing dribbler nobody can stop him

アダマ・トラオレのプレースタイルは?新生フィジカルモンスターを徹底解説!

トラオレ

国内リーグ戦に限る。 2019年5月17日現在。 2016年11月8日現在。 - は、出身の選手。 ・・所属。 ポジションは。 来歴 [ ] 1996年に出身の両親の元で郊外ので生まれる。 2004年にのに入団。 2013年にBチームに昇格し、同年10月6日のの戦でプロデビューを飾った。 更に二週間後の11月23日にはトップチームに昇格。 戦でとの交代で17歳でデビュー。 更に3日後のの戦では、82分にとの交代で出場 した。 2015年8月4日、のと5年契約を締結。 しかし、負傷に悩まされ12試合の出場にとどまった。 チームはリーグ最下位に終わり、降格となった。 2016年8月31日、2008-09シーズン以来の復帰を果たしたに移籍。 監督によって右サイドのアタッカーに固定され、レギュラーを奪取した。 2018年8月8日、と5年契約を結んだ。 代表経歴 [ ] 2012年から2014年にかけて、ユース世代のに招集されたが、出身の両親の国籍を行使してを目指すと言われていた。 2019年11月9日、負傷したに代わってスペイン代表に召集されたが 、翌日のアストン・ヴィラ戦で負傷したため、トラオレに代わってが召集された。 その他 [ ]• 兄のもサッカー選手で、現在はに所属している。 度々トラオレの筋肉質な身体は、ユニフォームに体が収まらなくなったと疑われる など話題を呼んでいる。 またスピードについても特筆され、フィジカルを兼ね備えた武器はプレミアリーグでも随一である。 脚注 [ ].

次の

アダマ・トラオレの6年間の肉体改造が凄い! バルサ時代とはほぼ別人【超ワールドサッカー】

トラオレ

現在、プレミアリーグを席巻しているウォルバーハンプトンのスペイン代表FWの肉体の変化が大きな話題になっている。 イギリス『』が伝えている。 マリ人の両親の下、バルセロナで生まれ育ったトラオレはラ・マシアでのプレーを経て2013年にバルセロナでトップチームデビュー。 その後、アストン・ビラ、ミドルズブラを経て2018年からウルブスに在籍している。 しかし、今シーズンはここまで19試合4ゴール4アシストと上々の数字を残している。 とりわけマンチェスター・シティ相手のシーズンダブルに大きく貢献するなど、ビッグマッチの強さが際立っている。 そのトラオレに関して、そのプレー面と共に大きな話題を集めているのが、筋骨隆々な身体だ。 バルセロナ時代を知るラ・リーガのファンであれば、同選手に対して痩身な印象を持っていると思われるが、現在のトラオレはラグビーのバックス陣のような体躯をしており、年々派手になる髪型も相まって一見して同一人物には見えなくなっている。 そして、バルセロナ監督時代に当時カンテラーノだったトラオレの可愛い姿を見ていたであろう、現マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、「彼はまるでモーターバイクだね。 あのスピードは異次元だ」と、大きく変貌した同選手のスピードとパワーに舌を巻いていた。 関連ニュース ウォルバー・ハンプトンは24日、プレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦6試合無敗の6位ウルブズ 勝ち点46 が、ホームに降格圏に沈む18位ボーンマス 勝ち点27 を迎えた一戦。 直近のウェストハム戦を完勝したウルブズは、その試合から先発を1人変更。 デンドンケルに代えてアダマ・トラオレを先発に起用した。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。 60分、右サイドをドリブルで持ち上がったアダマ・トラオレがクロスを供給すると、ヒメネスがヘディングシュートを叩き込み、この試合は初の枠内シュートでウルブズが先制に成功した。 先制したウルブスは、78分にもモウティーニョの右CKからボリが決定機を迎えたが、このシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 その後も互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。 そんな中、ウルブズは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。 94分、自陣中盤でボールを受けたペドロ・ネトがドリブルで持ち上がると、そのままボックス内まで侵入。 相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。 結局、試合は1-0でタイムアップ。 ヒメネスのゴールで逃げ切ったウルブズが、再開後2連勝を飾り、来季のチャンピオンズリーグ CL 出場権を争う上位陣を追走している 2020. 25 04:16 Thu ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督 46 が新契約締結に前向きな姿勢を示した。 イギリス『ガーディアン』が報じている。 指導者としてリオ・アヴェやバレンシア、ポルトを渡り歩いたヌーノ監督は2017年からウォルバーハンプトンの監督に就任すると、初年度からプレミアリーグ昇格に貢献。 今季はヨーロッパリーグ EL の舞台に押し上げ、7位につけるプレミアリーグでも上位争いを演じている。 昨年11月にアーセナルがミケル・アルテタ監督を招へいするまで次期監督候補の1人にも挙がったヌーノ監督。 ウォルバーハンプトンと結ぶ2021年までの契約満了が刻々と近づくなか、自身の意向として、延長交渉に臨む意向を明らかにした。 「 新型コロナウイルスのパンデミックのように 非常に深刻な問題に直面しているときは他のことなんて考えられないものだ。 パンデミックの間、誰もが家族のことを考えていたと思う。 日常に戻った今なら、話し合う時間を設けられるだろう。 我々はまだ契約がある。 ここにいて、ここの居心地も良い」 なお、ウォルバーハンプトンは20日に行われるプレミアリーグ第30節が再開初戦となり、16位ウェストハムのホームに乗り込む。 2020. 20 17:40 Sat ウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネス 29 が自らの移籍に関する噂についてコメントした。 昨シーズン、昇格組ながら7位でリーグを終え、ヨーロッパリーグ EL 出場権を手にし、今シーズンもここまで6位と躍進を続けるウルブス。 ヒメネスはそんなチームの中心選手の1人として今シーズンここまで公式戦22ゴール10アシストとエース級の活躍を見せている。 そんなヒメネスにはヨーロッパのトップクラブの多くが関心を寄せているとの報道が出ており、その中にはマンチェスター・ユナイテッドやリバプールなどのクラブの名前も挙がっている。 メキシコ『Bolavip』のインタビューに応えたヒメネスは、自らに寄せられているとされるビッグクラブからの関心について「信じられない」とコメントした。 「良いことだよ。 あくまで噂だし、本当かは分からないけど、噂に出ているレアル・マドリー、バルセロナ、ユベントス、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールといったクラブは、フットボールの歴史の中でも重要なクラブだ」 「彼らに注目されて、僕の名前が挙がっているだけでも信じられないことだ。 成長し続けて、努力を重ねるための良いモチベーションになるし、それを実現するための意欲にもなる」 2020. 18 18:50 Thu ウォルバーハンプトンのスペイン人FWアダマ・トラオレがロックダウン 都市封鎖 中に取り組んでいたことについて明かした。 クラブ公式サイトが伝えている。 新型コロナウイルス COVID-19 の影響によりプレミアリーグが中断するまで、今シーズン6ゴール10アシストをマークしているトラオレ。 現在6位と、躍進を続けるチームの中心的選手の1人として活躍した。 特にプレミア全選手の中で最速と言われる圧倒的なそのスピードは周囲を驚かせており、ユース時代を過ごした古巣バルセロナを始め、リバプールやマンチェスター・シティなどからの関心が報じられていた。 クラブのインタビューに応えたトラオレは、今シーズンのチームのパフォーマンスを振り返り、再開後の戦いに意気込みを見せた。 「僕たちはここまで全ての試合で戦う姿勢を見せてきた。 以前にも言ったことがあるけど、次の試合相手が誰であろうと、僕たちは最後まで戦い続ける」 「今シーズンのリーグ戦序盤では、思うような結果が出なかった。 内容は良かったが結果に繋がっていなかったんだ」 「その時、僕らはハードワークをしていたし、正しいメンタリティで試合に臨めていたから、必ず結果として現れると僕は言ったんだ。 そして中断期間が来る前までその通りに結果が出ていた」 「でも、リセットボタンが押されたようなもので、今の状況に適応しなければならない。 ファンもいないし、歓声もない。 政府とプレミアリーグが定めた特殊なルールに従う必要もある中で、僕たちはこの状況に上手く適応することが、自分たちのベストパフォーマンスになると思う」 また、ロックダウン中には、持ち前のスピードにさらに磨きをかけたとコメント。 中断前よりもバージョンアップしていることを明かした。 「ロックダウン中、僕たちは完全なフィットネスを取り戻すためにトレーニングをしてきた。 コーチングスタッフが自宅でもできるメニューを作ってくれていたからね」 「チーム内のみんながそうやって自分たちだけでハードワークをしていたと思うし、彼らは以前より強くなって戻ってきたと思う」 「僕も自宅で彼らのメニューに沿ってハードワークをしてきた。 できる限り最高の状態でピッチに戻りたかったし、さらに速くなりたいからね」 2020. 17 19:45 Wed エスパニョールの中国代表FWウー・レイ 28 が、ウォルバーハンプトンと交渉を行っているようだ。 スペイン『マルカ』やスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ウー・レイは、2019年1月に移籍金200万ユーロ 約2億4000万円 で上海上港からエスパニョールに加入。 今シーズンは前線の複数ポジションをこなしながら、ラ・リーガ22試合で3ゴール、ヨーロッパリーグ7試合で2ゴールを記録している。 アジア市場のマーケティング面で多大な貢献をしているウー・レイの現行契約は2020年12月31日まで。 同選手は2部降格に関係なくエスパニョール残留を希望しており、再開が迫っているラ・リーガでは残留に向けて全力を尽くすことを考えている。 また、エスパニョールとの交渉も継続しており、時間をかけて行っていくようだ。 その一方で、数カ月前から関心を示すウォルバーハンプトンが交渉を持ちかけており、ウー・レイ側は耳を傾けているという ウォルバーハンプトンは、中国の民営投資会社『復星集団』が保有しており、スペインで結果を残しているウー・レイを引き入れることで、中国市場、そしてアジア市場をより開拓することを狙っているとされている。 2020. 11 10:25 Thu.

次の

アダマ・トラオレ (1996年生のサッカー選手)

トラオレ

クラブのインタビューに応えたトラオレは、今シーズンのチームのパフォーマンスを振り返り、再開後の戦いに意気込みを見せた。 「僕たちはここまで全ての試合で戦う姿勢を見せてきた。 以前にも言ったことがあるけど、次の試合相手が誰であろうと、僕たちは最後まで戦い続ける」 「今シーズンのリーグ戦序盤では、思うような結果が出なかった。 内容は良かったが結果に繋がっていなかったんだ」 「その時、僕らはハードワークをしていたし、正しいメンタリティで試合に臨めていたから、必ず結果として現れると僕は言ったんだ。 そして中断期間が来る前までその通りに結果が出ていた」 「でも、リセットボタンが押されたようなもので、今の状況に適応しなければならない。 ファンもいないし、歓声もない。 政府とプレミアリーグが定めた特殊なルールに従う必要もある中で、僕たちはこの状況に上手く適応することが、自分たちのベストパフォーマンスになると思う」 また、ロックダウン中には、持ち前のスピードにさらに磨きをかけたとコメント。 中断前よりもバージョンアップしていることを明かした。 「ロックダウン中、僕たちは完全なフィットネスを取り戻すためにトレーニングをしてきた。 コーチングスタッフが自宅でもできるメニューを作ってくれていたからね」 「チーム内のみんながそうやって自分たちだけでハードワークをしていたと思うし、彼らは以前より強くなって戻ってきたと思う」 「僕も自宅で彼らのメニューに沿ってハードワークをしてきた。 できる限り最高の状態でピッチに戻りたかったし、さらに速くなりたいからね」 ユベントスがウォルバー・ハンプトンに所属するメキシコ代表FWラウール・ヒメネス 29 に関心を示しているようだ。 イタリア『トゥット・スポルト』が報じている。 ユベントスは今夏の移籍市場でアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン 32 の放出を考慮しており、スポーツ・ディレクター SD を務めるファビオ・パラティッチ氏は、その後釜候補としてナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク 26 をリストップしているといわれる。 『トゥット・スポルト』が伝えるところによれば、パラティッチSDはミリクに加え、ヒメネスも獲得リストに入れているという。 ヒメネスは今季、プレミアリーグで29試合に出場し13ゴール6アシストを記録。 高い得点能力に加え、利他的なプレーを得意としていることから、同メディアは今季途中まで在籍していた元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチのように、エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをサポートできる存在と見なしている。 しかし、レアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなど多くのビッグクラブが獲得を狙うヒメネスに関しては、ウルブスが設定する6000万ユーロ 約70億円 と言われる高額な移籍金がネックとなるようだ。 また、ヒメネスのサラリーは年俸250万ユーロ 約2億9000万円 と決して高額ではないものの、ユベントスは高額な移籍金に加えて、その年俸を支払う意思はないようだ。 そのため、ユベントスが獲得に乗り出す場合にはクラブ間、個人間双方で複雑で困難な交渉を強いられる見込みだ。 ただ、ヒメネスの代理人を務めるのは、C・ロナウドを顧客に持つジョルジュ・メンデス氏ということもあり、決して不可能なオペレーションではないとトリノ地元紙は締めくくっている。 2020. 24 17:09 Sun.

次の