ウェディングドレス ふわふわ。 ふわふわなウェディングドレス特集✻*˸*

ロイヤルウェディングドレスの秘密。グレース・ケリー、美智子妃、雅子妃(モナコ公国、日本編)高級ブランドドレスのクリーニング

ウェディングドレス ふわふわ

キリスト教が普及すると同時に結婚式は教会で行われるようになり、その際、王族や貴族の花嫁が着た衣装がウェディングドレスの始まりとされています。 その当時は青や赤、緑などの色が主流で、素材は絹やベルベット地に刺繍を施したものが多かったそう。 現代のウェディングドレスのイメージとはだいぶ違いますよね。 というのも当時の婚礼衣装の役割は、花嫁の実家の地位や財産を示すものだったため、豪華に着飾ることが主流だったようです。 白いウェディングドレスが普及したのは その後、黒をはじめとするダークカラーの生地を使ったウェディングドレスが好まれるようになります。 その大きな理由としては、一般庶民でも着やすい色味であり、また、結婚式以外の祝祭日でも着ることができるためです。 現在の主流となる、白いウェディングドレスが生まれたのは17世紀末と言われていますが、一般に普及したのは18世紀後半。 ヴィクトリア女王の婚礼衣装が白だったことから定番化されたようです。 アジア圏では本来、白は不吉な色とされていましたが西洋文化の流入とともに純白のウェディングドレスが好まれるようになりました。 日本でのウェディングドレスの普及 和装で生活していた日本にウェディングドレスが持ち込まれたのはいつ頃からでしょう? 歴史をさかのぼると日本では、1873年にオランダなどとの貿易が盛んな長崎で行われた結婚式で花嫁がウェディングドレスを着たことが初めてと言われています。 もちろん、当時の日本にはウェディングドレスはなかったため、海外から取り寄せたものだったそうです。 その頃の日本では、西洋式の結婚式はごく限られた一部の人たちしかできないものだったため、一般的に普及することはありませんでした。 日本でウェディングドレスが大流行するきっかけとなったのは、昭和34年(1959年)に一般家庭から皇室へ嫁いだことで注目を集めた正田美智子さん(現・上皇后陛下)と当時の皇太子さま(現・上皇陛下)のご結婚でした。 ローブ・デコルテにロンググローブ、ティアラといった婚礼衣装に多くの女性はあこがれました。 昭和から平成、令和と元号は変わり、ウェディングドレスのデザインはさまざまなタイプが登場。 一方で和装スタイルも現代風に変化してきています。 かつては「文金高島田」「角隠し」に白無垢などのスタイルが主流でしたが、ある女優が和装に洋髪スタイルで自身の挙式を行ったことから、和装・洋髪スタイルが大流行。 近年ではモダンスタイルの和装で挙式や前撮りを、披露宴・パーティではウェディングドレスを着るという花嫁さんも増えてきています。

次の

ふわふわなウェディングドレス特集✻*˸*

ウェディングドレス ふわふわ

「ウェディングドレスの選び方が分からない!」 「私に似合うウェディングドレスはどれ!? 」とお困りの方はいませんか? 「式=ウェディングドレス」というイメージは、一般的に広く浸透しているものですが、いざ結婚式が決まって自分が着る物を選ぼうとすると、何を基準に選べば良いのか分からない。 または気に入ったドレスがあっても、実際に着てみるとしっくりこない。 そんな経験をしたことがある花嫁は少なくないのではないでしょうか? そこで今回は、肌らぶ編集部がお気に入りのウェディングドレスを見つけるためのウェディングドレスの選び方を調査いたしました。 あなたも一緒に、をより一層素敵なものに演出してくれる、運命のウェディングドレスを見つけましょう! 目次• 選ぶ前に知っておきたい【ウェディングドレスの5つの種類】 ウェディングドレスは結婚式に臨む花嫁にとって、楽しみのひとつであると同時に、大きな悩みの種でもあるのではないでしょうか? そんな悩める花嫁のために、まずはウェディングドレスを選ぶ前に知っておきたいウェディングドレスの種類をご紹介します。 ウェディングドレスは基本的に、シルエットの形により 【プリンセスライン】【Aライン】【マーメイドライン】【スレンダーライン】【エンパイアライン】の5つの種類に分けられることが一般的なようです。 ウェディングドレスの5つの種類とそれぞれの特徴を理解しておくと、ウェディングドレスを選ぶ上で役立つので、自分はどの種類が着てみたいかを考えながら読んでみてください。 ドレス全体にゴージャスなボリューム感があるため、華やか・ゴージャスといった雰囲気を演出することができるといわれています。 スカートのふくらみにより、お腹部分を隠すことができるので、マタニティドレスとしてもおすすめです。 緩やかなスカートの流れとシンプルなシルエットが、クラシカルかつ上品なイメージを演出してくれるとされています。 ドレスの裾部分が人魚の尾ひれのように見えることから、「マーメイドライン」という名前が付いています。 元・ウェスト・ヒップの曲線が露わになったシルエットにより、大人っぽくセクシーなイメージを演出することができるとされています。 シンプルなシルエットが大人っぽい雰囲気をつくる為、大人っぽく見せたい方におすすめです。 シンプルながら、スカート部分のフレアな揺れ動きがロマンチックな印象を演出してくれるとされています。 ハイウェストが縦のラインを強調するため、背を高くスレンダーに見せてくれます。 ウェディングドレスは、ドレス単体で見たイメージと実際に着た際のイメージが異なります。 ウェディングドレス単体で見ていたら素敵だったけれど、自分が着てみるとイメージが違う・・・などということにならないように、実際に着用したいウェディングドレスのイメージをあらかじめ固めておきましょう。 シルエットでいうと「プリンセスライン」や「Aライン」のウェディングドレスがよいでしょう。 シルエットでいうと「スレンダーライン」や「マーメイドライン」のウェディングドレスが良いでしょう。 シルエットでいうと「プリンセスライン」や「マーメイドライン」のウェディングドレスが良いでしょう。 シルエットでいうと、「エンパイアライン」や「スレンダーライン」のウェディングドレスが良いでしょう。 シルエットでいうと、「Aライン」のウェディングドレスが良いでしょう。 「きれいに見せるためにしなくちゃ!」と焦り気味の花嫁さんもいるのではないでしょうか? しかし実は、ウェディングドレスは自分の体型にあったドレスを選ぶことで、無理なダイエットをしなくてもボディバランスを美しく見せることができるとされています。 この章では代表的な体型別に、肌らぶ編集部がおすすめするウェディングドレスの選び方をご紹介します。 自分至上最高に美しいウェディングドレス姿を披露することができるよう、自分の体型に適したウェディングドレスの選び方を見てみましょう。 上半身の装飾は控える。 ウェディングドレスのカラーは白が定番ですが、一言に白と言っても一般的に「純白」と呼ばれるものから、やや気色味がかった温かみのある「アイボリー」と呼ばれるものまで、白の中にもさまざまな色味があります。 ウェディングドレスの白は、自分の肌の色に合わせて選ぶことで、ウェディングドレス姿をより垢抜けて見せることができるのです。 今回は肌の色を「イエローベース」と「ブルーベース」の2つのベースカラーに分けてご説明します。 自分の肌の色はどちらの傾向にあるのか、確認しながら読んでみてください。 また、元から肌の色が白い、よく青白いといわれるという方にも、純白カラーはおすすめです。 肌の白さを際立たせ、なおかつ顔立ちをはっきりと見せることができるとされています。 また、日に焼けやすい、もとから色が黒いと言う方にも、アイボリーカラーがおすすめです。 肌の色と自然に馴染み、顔立ちを優しく見せてくれるとされています。 結婚式を挙げる場所によっては着用するウェディグドレスにも規則があったり、会場の広さによってはドレスが大きすぎて身動きが取れなくなったりすることもあるようです。 会場の雰囲気、構造に構わず着たいものを着てしまうと、花嫁姿が浮いてしまい、美しく感じられなくなってしまう事もあります。 ウェディングドレスを選ぶ際は、下記に挙げた挙式会場ごとのポイントにも注目してみましょう。 教会はそもそもが神聖な場所であり、教会によっては挙式にも宗教的な制約を設けている場合があります。 ウェディングドレスを選ぶ前に、教会側に確認を取っておくとよいでしょう。 チューブトップなどから腕にかけてを大きく露出したドレスの場合は、ロング手袋を着用し露出面積を減らすなどの配慮もよいでしょう。 また教会式の場合挙式の間中、参列者に後姿を見せた状態になります。 その為、ロングトレーンや大きなリボンなどのデザインにこだわってドレスを選ぶこともおすすめです。 照明の当たり方でキラキラと光るビジューやラインストーンによる装飾があるとより映えるでしょう。 また、広い会場でも存在感をアピールできるよう、スカートのボリュームは大きいものがおすすめです。 レストランやガーデンは、あちこちと動き回ることが多いタイプの会場なので、ドレスのボリュームは抑えた方が無動きやすいようです。 その分参列者との距離が近いため、至近距離で見ても美しさを損なわない、レースの重ね使いや金刺繍、ラインストーンなど細かな部分にまで装飾の施されたウェディングドレスがおすすめです。 コンプレックス撃退!気になる部分をカバーするポイント ここでは、コンプレックスをカバーして希望のウェディングドレスを美しく着こなすポイントをご紹介しましょう。 「腕が太いから出したくない」「お腹が出ているから隠したい」など、みんなさまざまに異なるコンプレックスを抱いているもの。 そこでこの章では、代表的なコンプレックス4つを例に挙げ、コンプレックスのカバー方法をご紹介します。 二の腕の太さやたるみが気になって、ノースリーブなんて着れない!という方は、スリーブやフレンチスリーブのように、ふんわりとした立体的なデザインの袖がおすすめです。 袖のボリューム感との対比で、二の腕を細く見せることができるとされています。 また、ロングスリーブを着用する場合は、腕の中でも最も細い手首部分が露出する、7分袖がおすすめです。 手首の細さが際立ち、腕全体を華奢に見せることができます。 そんなときは、胸元にフリルなどの装飾があしらわれたデザインをおすすめします。 また、ウェストがギュッと絞られたデザインは、ボディラインにメリハリをつけることでバストが大きいように見せることができるとされています。 お尻の大きさが気になるから、スカート部分にボリュームのあるドレスを着よう、と考える花嫁は意外に多くいるようです。 その考え方は間違いではありませんが、お尻の大きさが気になるからと言って、タイトなウェディングドレスを諦める必要はありません。 お尻の大きさが気になるけれど、タイトなシルエットのドレスが着たい!という場合はリボンやレース、ギャザーなど、ヒップラインに大きな装飾を施したデザインを選ぶことがおすすめです。 装飾のボリューム感で、お尻の大きさをカバーすることができます! 8. ウェディングドレスの選び方のまとめ ウェディングドレスの基本的な5つのシルエット、そしてウェディングドレスの選び方、ウェディングドレスを着る際のコンプレックスのカバー方法などをご紹介しましたが、いかがでしたか? ウェディングドレスは特別なドレス。 ウェディングドレスを着る瞬間は、人生の中で最も美しい自分でいたいものですよね。

次の

ウェディングドレスの役割について歴史とともに解説|ウエディングドレス|マイナビウエディング

ウェディングドレス ふわふわ

トレーンとは? ウェディングドレスのスカートのデザインの前に、「トレーン」について説明しますね。 トレーンとは、ウェディングドレスのスカートの裾のこと。 後ろに長く引きずった部分を指します。 語源は英語の「train(電車)」で、電車のように後ろに長く引きずっていることから、こう呼ばれるようになったみたいです。 中世ヨーロッパでは、トレーンが長いドレスは身分の高い女性の着るものだったそう。 その理由は2つ。 1 トレーンが長ければ長いほどたくさんの生地が必要なため高級だから 2 トレーンの長いドレスは動きづらく、働く必要のない裕福な女性にしか着られないから 確かに、トレーンの長いドレスは見た目もとてもゴージャスでエレガント。 昔は身分の高い女性しか着られなかったロングトレーンのドレスを身にまとえば・・・なんだかプリンセス気分を味わえそうですね。 豪華な後ろ姿に、見ているゲストもうっとりしてくれそうです。 一方、トレーンの短いドレスだと、カジュアルでかわいらしいイメージに近づきます。 アットホームな雰囲気にしたい人は、短いトレーンの方が良いかもしれませんね。 また最近は、トレーンの取り外しができるドレスも増えてきています。 ロングトレーンで荘厳な挙式をし、披露宴では動きやすいように取り外してショートトレーンやミニ丈に、なんてこともできますよ。 トレーンについてわかったところで、ウェディングドレスの代表的なスカートデザインを6つ見ていきましょう! ミニドレス 足を見せることで若々しく、キュートな印象を与えてくれるミニドレス。 膝が隠れるぐらいのミモレ丈ドレスと併せて、海外を中心にウェディングドレスとして人気があるようです。 ロングドレスと比べて、アットホームでカジュアルなパーティーに合いそうですよね。 レストランウェディングやリゾートウェディングを考えている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。 ミニドレスだとゲストも花嫁に近づきやすくなりますし、何よりも動きやすいですよ。 高級生地を使用すれば、ミニ丈でも大人っぽく着こなせるはず。 トレーンが工夫されていて、後ろからはロングドレスに見えるようなデザインのドレスもあります。 ただ、両家の親族や仕事関係者なども出席する挙式や披露宴にミニドレスはふさわしくない、と考える人もいます。 そこでおすすめなのが、スカート部分を取り外してロングからミニにもできるウェディングドレス。 友人メインの二次会でミニ丈にすれば、雰囲気もガラッと変わりますよ。 タッキングスカート スカート生地を寄せてタックを作ったスカートデザインのこと。 ふわふわとしているひだのデザインが華やかな印象になります。 Aラインのシンプルなウェディングドレスも、スカートにタックを寄せることで、自然なエアリー感でボリュームが出ますよ。 タックを寄せることで生地に陰影がついて、ドレスに立体感も出ます。 光沢のあるタフタやサテンを使えば豪華なイメージに、透け感のあるオーガンジーやチュールを使えばふわふわとかわいらしい感じを表現できますよ。 ティアードスカート ティアードとは「段になった」という意味。 「ティアードスカート」とは、フリルや帯状の生地を段々に重ねていて、裾にかけて広がる形をしたスカートのことを指します。 動くたびにそれぞれの裾がひらひらして、かわいらしくロマンチックな印象のスカートです。 プリンセスラインのドレスでティアードスカートだと、ふんわり感がとても甘く女性らしいでしょう。 ちょっぴりフェミニンさを出したいときは、トレーンだけがティアードになっているウェディングドレスを選ぶといいですよ。 バッスルライン スカートの後ろを膨らませてヒップラインを美しく見せるシルエットのことを「バッスルライン」と呼びます。 「バッスル」は、スカートの後ろの部分を膨らませるために使う腰当てパッドのこと。 ヒップの膨らみとの対比でウエストを細く見せ、女性らしくエレガントな印象を与えます。 19世紀半ばから20世紀初めに流行したデザインで、アンティークな感じがしますよね。 バルーンスカート 裾を風船のように膨らみをもたせたデザインのこと。 裾とウエストの両方にギャザーを寄せて、スカートにボリュームを出しています。 歩くと裾がふわふわ揺れる見た目は、ウェディングドレスにもばっちり合います。 丸みを帯びたスカートがとてもかわいらしく女性らしいですよね。 独特なラインがおしゃれなバルーンスカートのウェディングドレスは珍しいので、誰とも被りづらく個性的。 ボリュームの違いや、バルーンになっている位置などで印象が変わってくるので、デザインによっては大人っぽくもなりますよ。 オーバースカート ドレスのスカート部分に上から重ねて着るスカートのこと。 スカート部分だけではなく全身に重ねるオーバードレスもあります。 上に重なったスカートでドレスのボリュームUP! オーバースカートを重ねることで、同じウェディングドレスを、まるで別のドレスのように着られるようになります。 お色直しの費用を節約したい花嫁はもちろん、上に重ねるだけで良いので、お色直しで長く中座したくない花嫁にも人気のアイテムです。 お色直し以外にも、前撮りや二次会の衣裳などいろいろなシーンで活用できますよ。 人気があるのは、小花をあしらったロマンチックなデザイン。 たくさん花がついているオーバードレスは、ウェディングドレスを華やかに魅せてくれます。 濃い色のオーバースカートを選べば、真っ白のウェディングドレスもカラードレスに変身! フリルたっぷりのオーバースカートなら、クールなウェディングドレスも一気にキュートに。 マーメイドラインやスレンダーラインのウェディングドレスを、プリンセスラインに変えることもできます。 トレーンが長いウェディングドレスに憧れがある人は、トレーンの長いオーバースカートを選ぶのもアリですね。 まとめ いかがでしたか? ウェディングドレスは「トレーン(後ろに引きずる裾の部分)」が長ければエレガント、短ければカジュアルな雰囲気になります。 スカートの代表的なデザインは6つ。

次の