伊井野ミコ。 原作のかぐや様は告らせたい、ついに伊井野ミコちゃんがデレる : あにまんch

かぐや様はネタバレ最新話178話速報!伊井野ミコが聞きたいこととは?

伊井野ミコ

という話でした今週は。 冒頭でいきなり 子安が意外な告白。 はっきり言ってしまうと彼女は処女、ってことは初体験の相手として石上を選んだことになります。 これは……ちょっと……一瞬絶句です。 私は前回の感想ブログで子安という女を初めて理解したとか得意げに書きましたが、全然違ってました。 恥ずかしい。 てっきり恋愛とセックスと結婚を割り切って考える経験豊富なセレブ的思考回路な女だと。 でも処女だったんならこれ話はかなり変わります。 卒業間近で進路も決まってあとは残り少ない高校生活をいかに締めくくるかって時期で、クリスマスという特別な日で、もう、 人生の超重要な記念すべき初体験イベントなわけでしょ!? その相手に石上を選んで自ら誘ったわけでしょ!? 子安の心を察することもろくにできない愚図な私でも、さすがに彼女のこの判断が軽いものではないことくらいは理解できます。 同情なんかじゃないですって。 なのに石上ははねのけたんだから、本当にもう、これは……。 ただ石上の気持ちは全く理解不能というわけでもないです。 ここで受け入れることも立派な選択肢の一つでした。 一夜限りの関係とはいえ、セックスができるどころか彼女の初めての男になれるっていうのは石上の人生においても(白銀がかぐやが常々彼に願っていた)自信に繋がる成功体験となった筈です。 性交体験だけに成功体験。 なのにはねのけたのは、石上が唯一望んでることは子安と恋人同士になることで、それ以外は全く望んでないってことなのかなと思います。 ここで受け入れたらそれだけが叶わなくなる、と。 金メダルが貰えないなら銀メダルなんかいらない、と。 伊井野はそれをバカだと言います。 ハルパゴスのように。 (ハルパゴス氏) 本当にここぞとばかりに石上にきつい駄目出しをぶつけます。 ここははたして、石上と子安に既成事実が無かったと判明して、高揚して舌が異様に回っていると解釈していいのか? そして石上はなんとマジ泣き。 伊井野は言い過ぎちゃったことに気づいたっぽいですね。 石上はいじけて「(41階なのに)階段で帰る」「ついてくんな」と言い出し、でも伊井野はついていったことが後から分かります。 石上は自己嫌悪でフラフラ。 体育祭のリレーの時と同じ症状のようです。 階段でつまづいて転倒。 それで次のページではいきなり階下で伊井野と一緒に、 彼女の右腕を下敷きにして倒れています。 このシーン、初めて読んだ時は 何が起こったのかすごく分かりづらかったです。 伊井野が「ついてくんな」と言われてもこっそりついてきてて、石上がふらついたのを見て即座に飛び出して、一緒に階段を転げ落ちて石上をかばって着地したのだ、と流れを理解するのにちょっと時間を要しました。 つまり読者(私だけか?)は石上と同じ感覚をここで体験してます。 (つうか二人とも結構な全身打撲ですわこれ) つらそうな表情の伊井野が 無事なほうの左手で、 泣いてる石上の髪を撫でてるシーンが胸を打ちます。 セリフにも慈愛が感じられます。 ちょっと泣けるくらいのいいシーンです。 石上なんて触るのも触られるのもあれほど嫌がってた伊井野が、彼のうっとうしい長髪を撫でてあげてるんですから。 ……ん? えーと、これで伊井野が骨折した経緯が判明したわけですが、 これ、伊井野に落ち度全く無くない?(きつい言葉を浴びせたくらいで) 全部石上の行動の結果じゃん! 子安の決心を自分の意地ではねのけていじけて視野狭窄になって転んだのを助けてくれたんじゃん! 142話で「悪い偶然が重なった」「言うほど僕に責任は無い」つってたんだから、私もそうなんだと思って、 伊井野が暴走したから骨折したのかなとかちょっと思ってたのに、全然違うじゃん! というわけで、 この骨折は石上が悪いです。 徹底的に伊井野に奉仕して償えバカ! (伊井野、病院に運ばれたとき酒臭くなかったか心配) さて、この一連の回想は石上が マキに話していたことのようです。 マキの側からしたら怒涛の物語でしょうね。 心の友石上は子安が好きで自分もそれを応援してあげてたのに、新学期にその 石上が別の女に「あーん」してあげてるのを目撃して、どういうことか問いただしたら、出てきたのは自分にあまりにも無縁な熱く甘く痛々しい青春恋愛ドラマ。 自分だけ取り残されてる的な心痛は計り知れません。 おかしくなって自分も骨折したがるし。 そこへやってきたのが子安。 マキは気を利かせて離席。 子安は「石上に恥をかかされた」と怒ってもいいくらいですが、自分のほうから謝ります。 優しい。 石上のほうはまだ金メダルを諦めてないことをかっこよくアピール。 子安は照れて つばめ語でなんかつぶやきます。 うわ!ヒロインだ!脈はまだ消えてないのでしょうか? しかし、まさにその瞬間にもう一人のヒロイン伊井野が割って入ります。 ひえー子安本人の前でもお構いなしです。 マキがいろんな意味で心配してます。 骨折を機に伊井野の中でも何かが変わった? (石上の恋路を邪魔することが、骨折の仕返しという大義名分の元に大っぴらにできてしまいます) 石上を巡る ダブルヒロイン、クリスマスと骨折で決着がつくのかと思いきや全然そんなことなく、むしろダブルヒロイン度が加速しててハラハラします。 NEW GAMEってこういうこと? 私としてはやっぱり伊井野が大好きなので、とにかく彼女を応援したい所存です! あとは 藤原のターン。 タピオカ絡みでバカやってて、「 悪いことを言うパンダ」みたいなこと言ってます。 そして話は ラーメンへと。 もうすぐお盆のシーズンでYJも合併号が近いのですが、 ラーメン四天王ネタを盆休みの引きに使ったりするの?.

次の

伊井野ミコの手紙は石上優からだった?伏線と二人は付き合う可能性はあるのか考察

伊井野ミコ

15,985• 3,761• 7,696• 2,043• 218• 1,701• 501• 620• 169• 119• 11,602• 107• 1,516• 1,593• 545• 288• 374• 544• 132• 277• 394• 198• 300• 228• 334• 451• 214• 128• 106• 446• 240• 117• 139• 2,248• 804• 402• 116• 272• 171• 151• 131•

次の

伊井野ミコ (いいのみこ)とは【ピクシブ百科事典】

伊井野ミコ

不登校になっていた時期もありましたが、生徒会会長・ 白銀御行(しろがね みゆき)にスカウトされ、データ処理において多大な貢献をしています。 片目が隠れるほど長く伸ばした前髪と首元のヘッドフォンが特徴。 その外見の印象通りに 二次元オタクで、常に携帯ゲーム機を持ち歩いています。 1年時は副会長の 四宮かぐや(しのみや かぐや)に殺意を向けられていると誤解(?)していたため、生徒会室に滞在する期間はほんの僅かでしたが、徐々に他の生徒会役員とも打ち解け、次第に レギュラー化。 2年生になってからは、新たに生徒会に入った 伊井野ミコ(いいの みこ)に嫌悪されつつも、押しに弱い彼女を影ながらフォローしています。 人間観察力が高く洞察力も優れているため他人の欠点や悪事にいち早く気付き、しかも 思ったことを率直に口にする悪癖もあり、地雷を踏んでしまうことが多々あります。 陰キャ気質なので陽キャや他人の恋愛には憎しみの目を向けていましたが、裏表のない性格の上級生・ 子安つばめ(こやす つばめ)に恋心を抱くなど、多少は前向きになりつつある模様。 アニメの担当声優は 鈴木崚汰(すずき りょうた)。 ミコとくっつく可能性は70% 出典 : Amazon. 一方、石上の方はミコに対し恋愛感情を抱いているような描写は全くありません。 なので、一応現状は ミコの片想いということになるでしょう。 「一応」と付けたのは、 ミコが自分の気持ちを自覚しているのか無自覚なのか、曖昧な状態だからです。 つばめ先輩と石上が仲睦まじく話している姿に 嫉妬している様子が窺えるので、異性として意識しているのは間違いありませんが、 明確な恋愛感情と言えるかどうかはまだ微妙なところですね。 また、 石上とミコの複雑な関係も、この曖昧さに拍車をかけています。 彼らの関係の起源は 中等部時代にまで遡ります。 直接の交流はほとんどなかったようですが、生真面目で正義感の強いミコは問題児扱いされていた石上を何かとフォローし、石上も色々と危ういところのあるミコを影ながらフォローし、お互い 「見返りを求めない美学」を貫いているため、 両者とも知らない内に助け合っている状態。 それでいて 性格の不一致からお互い嫌悪し合っているという、訳のわからない関係になっています。 ただ、今後ミコが石上への恋愛感情を明確なものにする可能性は 極めて高いと思われます。 ミコは中学時代、周りに疎まれて一番辛かった時、 ステラの花(花言葉:小さな強さ)を添えた 「君の努力はいつか報われる」というメッセージカードを誰かから贈られたことがあり、それを 精神的な支えにしています。 このカードの贈り主は石上である可能性が高いと思われ、もしそれが発覚すれば、ミコの石上に対する好意は一気に明確なものになるでしょう。 ミコが石上を好きになる布石は既に打たれている状態です。 普段、石上だけを毛嫌いしているのも、 彼を特別扱いしている証と言えなくはありません。 無関心から好きに移行するケースはほとんどありませんが、大嫌いから大好きに反転するのはラブコメの王道展開であり、ミコの片想い路線は確定的と言える状況です。 一方、 石上の方がミコに対し好意を抱く布石は今のところありません。 石上が何かにつけてミコのフォローをしているのは、あくまで 彼の性格によるものであって、もしドジッ子の後輩が他にいれば、同じように接していたでしょう。 ただ、中等部時代に周囲から煙たがられていた同士、 シンパシーのようなものは感じているかもしれません。 ミコの良い所を問われて「真面目で真っ直ぐなところ」と答えているように、 彼女の美点を素直に認めているフシもあります。 中等部時代に人知れずフォローされていた事実を知った時、もしかしたら石上の中にミコを異性として見る感情が芽生えるかもしれません。 文化祭の時、石上が落とし物としてミコに渡した ハートのキーホルダー(文化祭でハートを贈るのは告白の意味)もキーアイテムになるでしょう。 3ヶ月落とし主が現れなければ自由に持って行ってもいい、という規則なので、このキーホルダーをミコが貰うことで、石上からの時間差での告白という形になることも考えられます。 石上は裏主人公、ミコは裏ヒロインという公式サイドの紹介、布石の多さ、お互いに「こいつは危なっかしくて自分がついていないとダメ」と思っているなど正反対なようで似た者同士という相性の良さなど、 あらゆる点において大本命のカップリングと言えます。 つばめ先輩とくっつく可能性は80%(30%) 出典 : Amazon. jp 現状、石上の想い人はつばめ先輩こと 子安つばめ(こやす つばめ)です。 そして、 最も石上の恋人に近い位置にいるのも彼女です。 体育祭以降、分け隔てなく自分に接してくれるつばめ先輩に 恋をした石上は、陰キャなり彼女に少しでも近付こうと努力し続け、ついには 告白まで行いました。 しかしつばめ先輩の答えは 「付き合えないけど、好意のお礼に1回だけ寝てあげる」という、これまでの聖女のような彼女の口から出るとは思えないような、かなりキツい内容でした。 そういう答えを期待していた訳ではなかった石上は絶望し、放心状態のまま階段を降りている最中に足を踏み外しますが、彼に辛辣な言葉を浴びせつつも心配で後ろからついて来ていたミコに助けられ無傷で済みましたが、その代償として ミコが骨折してしまいました。 つばめ先輩は石上を深く傷つけたことで自分の言動を後悔していましたが、石上が彼女を嫌うことはなく、 「僕はああいう事は好き同士がする事だと思ってます。 だから先輩にはこれから僕を好きになってもらえるように頑張ります」とイケメンな発言をしたことで、 つばめ先輩の気持ちはかなり石上に傾いたようです。 ……と、ここまでの流れだと 両想いはほぼ確定しており、恐らく一度はくっつくと思われます。 ただ、ネックなのは つばめ先輩の恋愛遍歴。 どうも彼女、 以前仲の良い友達と二股をかけられていたことがあったらしく、その件で 恋愛に対し諦観の念を抱いてしまったようなのです。 石上を一度拒否したのも、その経験が原因でしょう。 こういった布石がある以上、仮にくっついたとしても ミコの気持ちを知って身を引く可能性が高いと思われます。 また、石上のモデルが『竹取物語』の 中納言石上麻呂足、つばめ先輩のモデルが 燕の子安貝で、中納言は子安貝を取ろうとするも ギリギリのところで掴めず落下し、それが原因で死亡するため、同じように 石上は最終的につばめ先輩とは結ばれないと予想する人が多いようです。 現状では、この予想を覆すだけの材料はありません。 ただ、『かぐや様は告らせたい』が竹取物語を再現する作品だとしたら、かぐやは最後天に帰ることになり、ハッピーエンドではなくなります。 逆にいえば、もしかぐやがハッピーエンドを迎えるのなら、この作品は竹取物語を再現する物語ではない訳で、竹取物語を根拠に石上とつばめ先輩が結ばれないとする予想とは矛盾します。 よって、確率的に高いとは言えませんが、 石上が失恋することは決して確定ではありません。 他の女子とくっつく可能性は0. 01% 出典 : Amazon. jp ミコENDでもつばめ先輩ENDでもないエンディングを石上が迎える可能性も、ほんのわずかながらあります。 石上の近くにはこの2人以外にも、同じ生徒会の一員である 藤原書記、ミコの親友でいつの間にか絶世の美女扱いになった 大仏こばち(おさらぎ こばち)、クラスメイトの 小野寺麗(おのでら れい)、ツンデレ先輩こと 四条眞妃(しじょう まき)といった女子たちがいるからです。 とはいえ、みんなのヒロインである藤原書記、ミコと石上を応援しようとしている感のある小野寺は100%ないと言い切ってもいいでしょう。 大仏は小野寺とは逆で、ミコが石上に好意を向けるのを歓迎していない様子なので、その真意次第では「ミコとくっつけさせないように石上を誘惑する」という行動に出ることも考えられますが彼女のミコに対する友情を考えれば、これもまずないと思われます。 残すはツンデレ先輩ですが、石上のことを気に入ってはいるものの、彼女が翼以外の男子を好きになるのはアイデンティティの崩壊に繋がるので、少なくとも本編中はあり得ません。 最終回か後日談でしれっとくっついている可能性は、ほんの僅かながらあるかもしれません。 まとめ 石上が誰とくっつくかは、今や『かぐや様』で一番のトピックですよね。 個人的には小野寺とくっつく展開も見てみたい気がします! 関連記事.

次の