パソコン入力スピード認定試験。 平成24年2月11日第6回パャRン入力スピード認定試験(日本語部門)試験問題(過去問)

パソコンスピード認定試験について

パソコン入力スピード認定試験

日本情報処理検定協会が実施する は、パソコン用ワープロソフトを利用し、正確性と速度性の高い入力技能、有効なコンピュータ活用能力の向上を目的としている認定試験です。 受験資格は特に設定はなく、小学生から大学、専門学校を対象にした学校団体受験、企業やパソコンスクールを対象とした一般団体受験にも対応しています。 年間4回実施、受験料は1科目1200円で、検定級は5級から1級、初段を組み合わせた6段階です。 パソコンスピード認定試験の概要や練習方法について 試験は日本語と英語の2部門に分かれています。 いずれも試験時間を10分間とし、指定された問題文どおりにA4判縦解答用紙に入力し、その入力文字数と正確性によって得点が決定します。 採点は減点方式で行い、1ミスにつき1文字減、英語の場合は2ストローク減、また1行の文字数が40文字でない場合、1ページの行数が36行でない場合も減点されます。 合格基準は日本語が、5級100文字以上、4級300文字以上、3級500文字以上、2級700文字以上、1級1000文字以上、初段1500文字以上です。 英語が、5級200ストローク以上、4級が600ストローク以上、3級が1000ストローク以上、2級が1400ストローク以上、1級が2000ストローク以上、初段が3000ストローク以上となります。 任意の級、段を選択して受験するのではなく、制限時間内に入力できた文字数に応じて、検定級、段が認定されます。 パソコンで入力スピードの速さを認定するという、非常にシンプルな検定です。 ですから、練習方法はとにかく入力スピードを速めることです。 ブラインドタッチは基本です。 まずはキーボードの配列を目で見なくとも認識でき、画面に視線を注力したままでも入力できるようになりましょう。 文字数が少ない検定級であれば、完全なブラインドタッチができなくとも合格は簡単ですが、実務能力の向上目的として検定に挑戦するのであれば、ブラインドタッチに慣れるよう練習すると良いでしょう。 練習には市販のタイピングソフトが有効です。 遊びながら練習できるので苦労はありませんが、キーボードの配列を覚えるよう意識して練習することを忘れないようにしましょう。 この検定資格が就職に役立つかとなると、履歴書に記載されるからといって大きなアピールポイントになることはありません。 パソコン入力を行う職場では、誰もがスピードある入力が求められて当然だからです。 ですが、正確性と速度性に優れる入力能力は実務でも役立ちます。 検定そのものを役立てる目的ではなく、自身の能力アップを目的に活用すると良いでしょう。

次の

パソコンスピード認定試験について

パソコン入力スピード認定試験

パソコンスピード認定試験とは、文部科学省後援による資民間格のひとつです。 この認定試験では、パソコンの日本語ワープロソフトの有効な利用を通じて、正確かつ迅速な入力技能とコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的としています。 パソコンスピード認定試験は、レベルごとに初段、1級~5級の等級が設けられています。 全般的な難易度は、比較的易しいレベルとされていますが、1級以上に関しては相当なスピードと正確さを求められます。 タッチタイピングは、ビジネスシーンにおいてはできて当然のスキルとなっているので、この資格だけで就職や転職を狙うことは難しいですが、自身のスキルを磨くためには役立つ資格といえるでしょう。 詳細は各会場までお問い合わせください。 団体受験は以下の年4回実施されます。 北海道、青森、秋田、福島、茨城、埼玉、東京 石川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都 兵庫、和歌山、島根、岡山、広島、愛媛、福岡 長崎、大分、宮崎、沖縄 団体受験の場合は、実施先が指定した会場となります。 詳細は実施先へお問い合わせください。 指示に対応できる機能を有するソフトを使用します。 ただし使用機種やソフト、ソフトのバージョンは問いません。 5ポイント パソコンスピード認定試験のメリットについて パソコンスピード認定試験の資格取得による主なメリットは2点です。 パソコンスピード認定試験の実施先である日検(日本情報処理検定協会)の試験は、大学・短期大学・専門学校において高い評価を受けています。 優遇している学校に関しては、下記のURLをご参照ください。 goukaku. この資格は、社団法人全国工業高等学校長協会による「ジュニアマイスター顕彰制度対象資格」として認められています。

次の

パソコン入力スピード検定試験

パソコン入力スピード認定試験

受験資格:特になし。 ただし、主な対象は商業高校生。 試験日:2月第3日曜日、7月第2日曜日、10月第2日曜日、12月第2日曜日• 受験料:1部門につき1200円 試験方法 試験は、部門ごとに同一問題の実技試験により実施される。 各部門とも制限時間は10分間で、入力された文字数により、初段~5級の6段階のいずれかに認定される。 認定基準 認定級 日本語部門 英語部門 5段 2,000字以上 4,000ストロークス以上 4段 1,750字以上 3,500ストロークス以上 3段 1,500字以上 3,000ストロークス以上 2段 1,250字以上 2,500ストロークス以上 初段 1,000字以上 2,000ストロークス以上 1級 750字以上 1,500ストロークス以上 2級 500字以上 1,000ストロークス以上 3級 350字以上 700ストロークス以上 4級 200字以上 400ストロークス以上 リンケージ制度• 本検定の日本語部門で、一定の認定基準に達した場合は、申請により、認定後2年以内のワープロ実務検定の実技(速度)の当該階級が免除される。 ただし、段位認定者は、ワープロ実務検定1級実技 速度)が免除される。 その他• 本検定は、2006(平成18)年度に新設された試験である。 本検定の1級に認定されても、三種目以上1級合格者表彰制度の対象にはならない。 本検定は全国工業高等学校長協会のジュニアマイスター顕彰制度に参加している。 関連項目• 外部リンク• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる()。

次の