きせ わた。 重陽(ちょうよう)~「菊の着せ綿」と「後の雛」|くらし|ひょうごくらしの親子塾

【着せ綿〜女の意地】

きせ わた

9月9日 の前日である9月8日の夜に、菊の花を真綿で覆って夜露と香りを写し取り、翌朝にその綿で体や顔を拭うと「健康で長生きできる」という日本独自の風習があります。 【菊の被綿】きくのきせわた 陰暦九月八日の夜、菊の花にせてその露と香りとをうつしとった綿。 翌日のちようようのにその綿で身をなでると、長寿を保つといわれた。 着せ綿。 菊の綿ともいう。 2009年9月11日投稿分 杉並区の大宮では、の行事「菊被綿(きくのきせわた)」が再現され、綿ぼうしをったおよそ150本の菊が参拝客を迎えています。 「菊被綿」はののに合わせて行われていた行事です。 の前日9月8日に、菊を真綿で覆って花の露や香りを移し取り、翌朝、その真綿で顔や体を洗うと不老長寿が叶うと伝えられています。 大宮の清涼殿のロビーには色とりどりの綿をった菊およそ150本が並べられ、の優雅な世界が再現されています。 の前日に菊の花を真綿で覆って、花の香りと露をうつしとりの日の朝に、この真綿で体を拭うことにより菊の持つ不老・若返りの効能を受けるという行事でした。 その後の「後水尾院当時年中行事」などにも、「白菊には黄色の真綿を、また黄色の菊には赤い真綿を、赤い菊には白い真綿を覆う」そして「さらに真綿の上にも小さい真綿をしべのように載せる」という記述があるようです。 陰暦九月九日に行われる節会(せちえ)。 中国から伝わり,には宮中の年中行事となって観菊の宴が催された。 [季] 秋。 陰暦九月九日に行われる(陽の数である九が重なるところから)。 の一つ。 中国では登高という丘に登る行楽の行事がある。 日本ではから宮中で観菊の宴が催された。 九月の。 お九日。 一般では祭に当て、浜万年青の葉で家族の数の人形を作り、床の間に飾って神酒や柏餅を供え、夕方川へ流す風などがあった。 この日に茄子を食べると寒さに強くなるともいう。 新米で粥を炊き、甘酒を作ったりもした。 9月9日をのまたは菊のという。 他の同様、その起源は古来中国に遡る。 中国では、奇数は縁起の良い陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を「」として5の一つとしてきた。 日本ではにとなり観菊の宴(の宴)が催され、杯に菊花を浮かべた菊酒を酌み交し長寿を祝い詩歌をつくった。 また、「菊被綿(きくのきせわた」)が行われ、菊の持つ不老、若返りの効を願った。 江戸時代にはの休日としてこの日、菊の花を酒に浸して飲み祝ったという。 に変り9月9日は菊の季節としては早いこともあり、のは今日では縁遠いものとなっている。 9月9日ののの「陽」とは太陽であり、数でいうと奇数を表します。 は陽数の極みである九が重なるという意味での頃咲く花が菊であったことから、菊のとも呼び慣わしてきました。 当宮ではこの「菊被綿」を再現、毎年9月9日より18日まで公開しております。 菊被綿はの前日の9月8日に菊の花を白、赤、黄の真綿で覆って菊の香を移し、9日の朝、朝露で湿ったこの真綿を顔にあてて若さを保とうとするものです。 古代中国では菊は仙境に咲いている花で破邪延寿の効能があると信じられ、平安前期のの御代、としてわが国に取り入れられました。 当時、の宴ではが群臣に菊酒を賜わり、『』にも菊被綿は触れられ、幕末迄行われていました。 葉は卵形で波状に切れ込み、鋸歯がある。 頭花は大小様々で小菊・中菊・大菊の別があり、一重また八重。 色は白・黄・赤など多様。 主に秋に咲く。 古く中国から渡来したとされ、観賞に供されてきた。 特に近世以降、多くの栽培品種が育成された。 花弁を食用とするものもある。 [季] 秋。 日本の代表的な花の一。 主に秋に咲き、花の色・形などにより、非常に多くの品種があり、大きさにより大菊・中菊・小菊と大別される。 古く中国から渡来したとされ、江戸時代には改良が進んだ。 観賞用に広く栽培され、食用にもなる。 茎は硬く、葉は卵形で多くの切れ込みがある。 秋、白または黄色の頭状花が咲く。 ・ノウギク・なども含まれる。 キク科植物はでは最も進化・分化しており、世界に広く分布。 約950属2万種が知られ、キク・・・アザミなどの属が含まれる。 が多いがや高木もある。 薬草や観賞用植物としてより用いられ、宮中では菊のとも呼ばれるの(旧暦9月9日)が明治時代まで行われ、現在でも皇室(観菊御宴)として行われている。 日本で菊の栽培が盛んになったのは、栽培のプロセスが冬に芽をとり、春に植え、夏に成長させ、秋に観賞するといった具合で、イネの栽培と類似していることが影響しているとの説もある。 現在では各地に愛好会ができる一方で、秋には、それらが主催の品評会が開かれている。 物品への意匠として用いられることも多く、が身の回りのものに施したことによりおよび皇室の紋となったといわれ、には蒔絵や衣装の文様として流行した。 日本の以降にはより下賜されることにより公家やの間で家紋として使用されるようになった。 世界的には、フランス、、等の一部のヨーロッパ諸国において白菊が墓参に用いられ、中国、韓国でも葬儀の際に菊が用いられることが多い。 日本でも古くから仏花や献花として菊が使用されてきた(なお、慣習として故人への供花とされ、病室への見舞いの花としては忌避される)。 キクの花弁が状に並んだ形状に由来する慣習的な呼び名があり、の化石のことを「菊石」といったり、また陶芸やそば打ちでの材料の練り方に「菊練り」がある。 料理のつまに使われるつま菊などの小輪種の他、花びらのみを食用とする大輪種がある。 古代より中国で延命長寿の花として菊茶・菊花酒、として飲まれていた。 その中でも食用菊は、苦味が少なく花弁を大きく品種改良された種。 に、日本で現在でも食用菊として栽培されている「延命楽(もってのほか・カキノモト)」が中国から伝来した。 平安中期の927年に行われたのの中に「黄菊花」の名が示されている。 食用としては、江戸時代から民間で食されるようになったとされており、1695年に記された『本朝食鑑』に「甘菊」の記述が見られる。 また、は、菊を好んで食したらしく、1690年(元禄3年)晩秋に近江で句に詠んでいる。 また、食用菊としては、薬学部・理学部 衛生研究所により、発ガン効果の抑制・の低下・を低下させる効果の研究結果が発表されている。 さらに、紫菊花には抗糖化作用があるとされ、の観点からも注目されている。 2008年の統計によると出荷量では、愛知が最も多く、次いで山形、福井、青森と続く。 明るい赤紫色の中輪種。 八重咲き。 酢の物などの料理に使われる。 ・(あぼうきゅう) - 特産。 黄色の小輪種・八重咲き。 花食のほかに、刺身などの料理のつまや飾りなどにも使われている。 「春蘭秋菊倶に廃す可からず」(しゅんらんしゅうぎくともにはいすべからず)。 両者ともにすぐれており捨てがたい、の意。 kifinal99.

次の

【おさいほう】肩パットのつけ方

きせ わた

日本には、 五節句と呼ばれている 季節の節目にあたる日があります。 きっと、上巳の節句(桃の節句)や端午の節句は、すぐに思い浮かぶかのではないでしょうか。 菊の節句は、本来 「 重陽 ちょうよう の節句」と言われるものです。 「菊」というだけに、季節は秋?という想像はつくかと思います。 重陽の節句とは? 重陽の節句は、端午の節句などと同様に 五節句の1つとされており、 旧暦9月9日もしくは、その日に行われる 節会 せちえを指していいます。 重陽の意味 それではここで、普段はなかなか耳にすることのない 「重陽」の 意味をみていきましょう。 「重陽」の二文字を、一文字ずつに分解してみると、こんな意味を持ってることが解ります。 まず 「重」ですが、 「かさなる」という意味があることは、言わずと・・・かと思います。 では何が重なっているのかというと、重陽の節句は旧暦9月9日ですから、数字の 「9」が重なっています。 次に 「陽」の持つ意味ですが、これには、 陰陽説が関係しています。 万物を、陰と陽の2つの気からなるとする陰陽説では、奇数は「陽の気」を持つとされています。 中でも 「9」は、 陽の極数(最大奇数)となっています。 一文字ずつの意味が解ったところで、それぞれの意味を合わせてみてください。 もう、お分かりではないでしょうか? そう! 重陽は、 「陽(の極数) が2つ重なっている」という意味です。 古くには、陽の極数が重なる日は、陽の気が強すぎて 不吉とされており、それを祓うための行事として 節会が行われていました。 ただ、時の流れと共に、陽の重なりを 「吉」とする考えに転じたため、 お祝い事として行われるようになりました。 重陽の節句の由来 もしかしたら、重陽という言葉に陰陽説が関係していることもあって、中国から伝わった風習なのかな?と、感じているかもしれません。 確かに、重陽の節句は 「高み(丘や山) に登り、 茱萸 しゅうゆ をつけて、菊花酒を飲む」という古代中国の風習が伝わり、日本に定着したものです。 その昔、中国の汝南に 桓景 かんけいという人がいました。 貧しいものの、幸せな暮らしをしていたのですが、ある日突然、 汝河 じょがあたりで疫病が流行り、桓景の両親を含む多くの人が命を落としました。 そして、東南山に住む大仙人、 費長房 ひちょうぼうの話を聞くと、場所も解らぬまま費長房を訪ねる旅に出ました。 野を越え、山を越え・・・ やっと見つけた「費長房仙居」と書かれた門は、硬く閉ざされていました。 桓景は、その場にひざまずくと、その姿勢を崩すことなく時を過ごしました。 門が開かれたのは、三日目のことです。 桓景の気持ちが解った費長房は、彼に一振りの青龍剣を与え、日々、朝から晩まで修行をさせました。 ある日、桓景が修行をしていると、費長房がやってきて、 「今年の 九月九日、汝河に病魔がまた現れる。 おまえは故郷に戻り、民を救いなさい。 おまえに 茱萸の葉と 菊花酒を与える。 民を 高い所に避難させ、何を逃れるように。 」 と、いいました。 桓景は、家に戻ると、皆にその話をします。 そして、 9月9日には、 近所の 山に登り、難を避けるために 茱萸の葉を皆の体につけさせ、 菊花酒を一口ずつ飲ませました。 桓景は?というと、青龍剣を身に着けて家に戻り病魔が来るのを待ちました。 すると病魔が、不気味な風とうなり声と共に、村に上がってきました。 しかし、村は、もぬけの殻です。 皆が山のほうに集まっているのを見つけて、麓まではたどり着いたものの、菊花酒と茱萸の香りのせいで山に登ることができません。 仕方なく村に戻ると、家の中に座っている一人の男を見つけます。 そう、桓景です。 病魔が桓景に襲いかかろうとしたところを、桓景は、青龍剣で応戦します。 なかなか決着がつかず、病魔が逃げ去ろうとした時、桓景の投げた青龍剣が病魔の腹に突き刺さり、病魔は倒れ伏しました。 これ以降、汝河の両岸に住む民は、病魔に侵されることが無くなりました。 平安時代に、重陽の節句が日本に伝わると、宮中行事として行われるようになります。 「重陽の節会」というその行事は、別名を 「菊の宴(観菊の宴) 」といいました。 お酒に菊の花を浮かべた菊酒を酌み交わして長寿を祈ったり、菊の花を愛でるということが、行われたそうです。 ちょうど重陽の節句の頃に咲き誇る 菊の花は、その香りが 邪気を祓い長寿をもたらすとされていました。 時は流れて江戸時代になり 「五節句」が定められると、重陽の節句は庶民の間にも浸透していきます。 当時の庶民の間には、元々農業の収穫期を迎えるこの時期に、 収穫祭を行う風習がありました。 収穫祭事が主に旧暦9月9日に行われていたために、 重陽の節句は徐々に 収穫祭事に吸収されていったと考えられています。 五節句の中で最も重要視されていた重陽の節句が、現代において馴染みが無いのは、このことが原因のひとつなのかもしれません。 菊の着綿(きせわた) 日本で古くに行われていた 重陽の節句にまつわる風習に、 「菊の着綿」というものがあります。 どのような風習だったのか?というと・・・ まず、重陽の節句の前夜に、庭に咲く菊の花に綿を被せて、菊の夜露と香りを綿に移します。 そして、翌日(重陽の節句の日)に、その綿で体や顔を拭きました。 なぜそんなことをしたのか?というと、当時はそうやった綿 で顔を拭くと老いが去り、体を拭くと長寿になると言われていたからです。 重陽の節句の食べ物はなに? 他の節句と同様に、重陽の節句にも 行事食があります。 秋の収穫時期と重なっていたというだけあって、 秋の味覚が並びます。 食用菊 えっ?菊を食べるの? と、思う方もきっといらっしゃることでしょう。 食用菊は、奈良時代に中国から伝わり、江戸時代には、一般的な食べ物となっていました。 菊の花びらをゆでて、 おひたしや 酢の物にしたり、花を丸ごと 天ぷらにするなどしていただきます。 食用菊には血行を良くして、 肩こりや冷え性を改善するという効能があります。 最近では、 コレステロール値を下げ血栓を予防する効果もあるといわれています。 栗ご飯 日本には重陽の節句が伝わる以前から、秋の収穫祭において 栗ご飯を炊いて祝う風習がありました。 栗は、 栄養価が非常に高い食べ物です。 特に、ビタミンC(風邪予防や美容に効果あり)とビタミンB1(疲労回復に効果あり)が、豊富に含まれています。 他にも、鉄分や食物繊維、血をつくるといわれる葉酸などの栄養素が詰まっています。 実のところ「栗」と「粟」どちらが正しいのか?は定かではありません。 ただ、重陽の節句が伝来する以前の日本を考えると、「粟ご飯」説もあながち間違いではないだろうと思います。 秋茄子 9月には、9の付く日が、「9日・19日・29日」と3回あります。 これらを 「三九日(みくんち・さんくにち・みくにち) 」と呼び、かつては 秋の祭が行われる日でもありました。 また、これら 9の付く日に茄子を食べると、 中風 ちゅうぶ を病まぬという言い伝えがあり、茄子料理を食べていたと言われています。 余談ですが、ナスと聞いて 「秋茄子は嫁に食わすな」という言葉が浮かんだりはりていませか? これは、茄子に 体を冷やす効果があるため、「嫁の体が冷えて、子供が出来ないと困る」というところから来ているもので、決して嫁いびりの言葉ではありません。 もし体を冷やすことが気になる場合は、生姜やねぎ、唐辛子などをあわせたり、油で揚げたりすることで、防止することができます。 茄子は、約94%が水分でできており、 食物繊維はきゅうりの2倍も含まれています。 他にも、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、鉄、カルシウムと豊富な栄養素を含んでおり、 生態調節機能に優れていると言われています。 近年では、茄子の色素に含まれるポリフェノールが、 アンチエイジングや生活習慣病予防に効果があると注目されています。 重陽の節句の行事食は、なんだか体にいいものばかりですね。 どれもとっても、長寿を祈った重陽の節句にふさわしい食べ物ということができるのではないでしょうか。 重陽の節句!今年はいつ? 重陽の節句以外の節句もそうですが、新暦が施行されてからは、旧暦の月日を新暦に当てて行われています。 ということで、 今年(2019年) の重陽の節句は 9月9日(月)です。 ちなみに、今年の旧暦9月9日は、新暦で 10月7日(月)になります。 この頃になると、ちょうど菊の盛んな時期になりますから、「旧暦で重陽の節句を祝う」というのも、風情があっていいかもしれません。

次の

菊の着綿

きせ わた

9月9日は重陽 ちょうよう の節句。 今日に伝わる五つの節句の中で、人日 じんじつ=1月7日=七草 、上巳 じょうし=3月3日=桃の節句 、端午 たんご=5月5日 、七夕 たなばた=7月7日 の風習についてはイメージしやすいけれど、重陽は、明治時代に入ってまもなくすたれてしまったので、今の私たちにはなじみのない節句となってしまいました。 季節の変わり目、生命感にあふれる旬 しゅん の植物の力を借り、その力を体に取り込むことで健康を保とうとしたのが節句のおこりです。 五つの節句は、すべて中国から伝わりました。 中国では、重陽の日、茱萸 しゅゆ=サンシュユ の赤い実を詰めた袋を体にかけて高いところに登り、菊花をひたした酒を飲むと、災厄をのがれ、百の病がのぞかれるとされていました。 重陽の節句が日本の貴族社会に伝わると、宮中では、菊花の宴を開いて、菊酒を飲んだり、茱萸の袋を贈り合ったりして、互いの健康と長寿を祈る風習が定着していきました。 数ある重陽の風習の中でも、優雅で美しいと思うのが、「菊の着せ綿」です。 貴族社会から武家社会に受け継がれ、江戸時代には都市部の町家でも盛んに行われたようですが、今ではもうほとんど知られていません。 9月8日の夜、満開の菊花の上に 真綿 まわた=カイコからとれる綿 をのせて就寝します。 翌9日の早朝、 露をふくみ、菊の香りが移された真 綿で顔や体をぬぐえば、寿命がのび、 若返るとされてきたのです。 重陽の 朝、露をふくんだ綿をとる女性たち の姿は、菊花に映えて、さぞ美しか ったことでしょう。 こうした風習がすっかり忘れられ てしまったのはなぜなのでしょう。 月見の行事や秋祭りの賑やかさにま ぎれてしまったからでしょうか。 桃 の節句や端午の節句、七夕が子ども を主役として行事を盛り上げていっ たのに対し、長寿を祈る重陽の節句 には、子どもが関わりにくかったた めに、今へと受け継がれなかったのかもしれません。 それとも、菊が主役となる節句であるのにもかかわらず、残暑厳しい新暦9月9日に、満開の菊花はとても間に合いません。 暦と季節感との大きなズレが原因だったかもしれません。 今年、旧暦重陽は10月23日。 菊花を育てておられるご家庭では、この日にあわせて、あるいはひと月遅れの10月9日に、「菊の着せ綿」の 優雅な風習を再現してみられてはいかがでしょう。 ところで、皆さんは「後の雛 のちのひな 」という言葉をご存じですか?虫干しをかねて、八朔や重陽に飾るひな人形のことです。 その昔、関西地方の都市部では、桃の節句に行うような、道具や添え人形をふくめての大がかりなひな飾りではなく、内裏雛 だいりびな だけをそっと 飾る風習がありました。 前回の歳時記でお話した「八朔のひなまつり」も、この「後の雛」に位置づけられるものです。 忙しくて、桃の節句にひな飾りをできなかったご家庭では、この時期を選んで、内裏雛だけを飾り、「後の雛」と洒落てみるのもいいかもしれません。 (尾崎織女).

次の