レブル 250 タコ メーター。 ホンダ新型「レブル500」発売開始! レブル250と同様に灯火器をすべてLED化し、フェイスデザインも変わった!

ホンダ新型「レブル500」発売開始! レブル250と同様に灯火器をすべてLED化し、フェイスデザインも変わった!

レブル 250 タコ メーター

回転数がわからないのはやっぱり違和感があり購入。 ECUからの信号では機能しなかったので、色々苦労した挙句、結局プラグコード巻きつけでお茶を濁しました。 そんなわけでレスポンスはそれなりですが、ないよりは全然マシです。 マウントはモトくろっさぁさんのものを参考にさせてもらいました。 デイトナ純正のパルスジェネレーターを取り付けました。 レスポンスは少し改善して、たまに出ていた回転エラーもなくなりました。 ただ、デイトナの人曰くこのタコメーターはノイズを抑えるために元々レスポンスが渋い仕様とのことなので、純正メーターのような軽さを求める場合は向いていないと思います。 自分的には十分実用的ですけどね。 入手ルート ネットショッピング(Yahoo! ショッピング).

次の

【レブル250】話題の人気車種!Rebel250を購入しました!

レブル 250 タコ メーター

どうもでょおです。 ホンダから2代目レブルがリリースされて結構な時間が経ったのでそろそろこの話をしようかなと思います。 ホンダが販売しているレブルはバイク不況の中でも人気を博し、絶賛してる声が多いんですよね。 やっぱレブルかっこいいっすね〜🤘🤘 — アンラッキー・ルチアーノ unluckybike たしかに整っており、雰囲気いいんだけど 「美形」じゃない。 いわゆる雰囲気イケメンなバイクだと思うんですよね。 芸能人でいうところの星野源的な でも熱狂的なファンが多すぎて「ダサい」なんて言えば炎上すんじゃないかと思うレベル。 以前ダサいと言わずに 「カスタムベース "には"よくない」って言ったんですけどそれですら炎上寸前。 バッシングの嵐でした。 海外市場主力なレブル250だけど… レブルは海外での販売を主力にしているクルーザー、いわゆるアメリカンバイクです。 アメリカでは300ccと500ccで販売していますね。 ところがアメリカ本国でも意見が割れているようで、 半分ほどの人は「レブルはアグリー =不細工 なバイクだ」と言っています。 日本ではレブルのことを不細工だと呼ぶ人が少ないので、米国では日本以上に嫌われてるということでしょうか。 前衛的なデザインが災いしてか特に年配の方にレブル嫌いが多いようです。 海外市場向きに作ったデザインのはずが日本人にウケがいいみたい。 ご存知の通りホンダは 変な前衛的なバイクを作ることが多いです。 例えばDN-01… 出典: ビッグスクーターを親に持つクルーザーがスポーツバイクに憧れて誕生した、みたいなデザインです。 (意味わからんな…) それから全く売れなかったDN-01の叔父さんみたいなデザインのNM4とか… NM4はモデルチェンジもしたし売れてるっぽい 出典: たくさんのラインナップがあるからか、奇妙なバイクもたくさん出してます。 奇妙なバイクはより力を入れて宣伝を大々的に打ち出すイメージもあります。 全体のバランスが悪すぎるレブル250 ホンダは変なバイクばかりだ、なんて言いましたが私はDN-01もNM4もかっこいいと思います。 VT1300もかっこいいです。 ダサいのはレブルだけです。 なぜこうもダサいと感じるのかは全体のバランスの悪さにあります。 パーツごとにレブルを見ると確かにかっこいいです。 全体の雰囲気も悪くありません。 でもそれらの土台であるバランスが悪いからダサく見えるんです。 たとえバットマンのスーツを着ても短足で頭でっかちな日本人がかっこよくないのと同じです。 千葉ットマンはかっこいい。 ネオクラ路線なレブル250 でもセンスが悪くてバランスが悪いのではなくて、 良い物を作ろうとホンダが死力を尽くした結果だと思います。 たとえばネオクラ路線。 近年バイク業界はネオクラシック路線として古いけど新しいバイクが人気を博しています。 例えばヤマハのXSR900やハスクバーナヴィットピレン、BNWのR nine Tなんかがそうです。 オシャレなヤマハXS900 出典: クラシックなたたずまいでありながら、中身も外観も現代的にアップデートされていてかっこいいです。 レブル250もこういう雰囲気にしようと、おそらくカスタム業界の流行やデザインを取り入れたものと思われます。 でもそれがうまくいってないんですよね。 例えばフロント回り。 純正アメリカンバイクには珍しく太いタイヤが履かされています。 マッシブな雰囲気を出すのには良いんですが対するフロントフォークが細すぎる。 チョッパーにしたいのかマッスルにしたいのか、こういったバランス感覚はメーカーにないのかもしれません。 またガソリンタンクもフレームの上にちょこんと乗っけるチョッパーのハイマウントを意識しているのかと思うのですがこのバランスも悪い。 この気持ち悪いフレームが先だったのかフレームに合う形でタンクを作ったことで、タンク周りは何とも言えない違和感を醸し出しています。 ガゼットでなんとかしようと誤摩化した感も見受けられます。 スポーツライドを意識したレブル250 そんなタンク周りがダサくなってしまった理由としてはダブルクレードルフレームではなく ダイヤモンドフレームを採用したためです。 ダブルクレードルフレームはハーレーなどをはじめとするアメリカンバイクに多いフレーム形状です。 一方ダイヤモンドフレームは剛性が高くスポーツバイクなどに使われることの多いフレームです。 レブル250は運転する楽しさ、スポーツライドを意識したバイクでもあります。 ダイヤモンドフレームを採用していて、ステップ位置はクルーザーのように前へ投げ出さず、ホイールベースは短めです。 これらが原因でダサくなっています。 まずダイヤモンドフレーム。 ダイヤモンドフレームはアメリカンバイクの独特のシルエットを生み出すのにとても不向きなフレームです。 おそらく一番フレームが美しい国産アメリカンバイクはスティードです。 国産1美しいスティードのフレーム 出典: ネック部分からホイールの中心まで一直線になるようにデザインされています。 スティードが美しく整ったデザインに見えるのはこのラインを合わせているからです。 ラインを合わせているのはアメリカンだけではなくほとんどのバイクがそうです。 カフェレーサーもネイキッドも美しいバイクはラインが揃っています。 そのためダイヤモンドフレームを採用したアメリカンバイクはダイヤモンドフレームを隠すのが一般的です。 例えばエリミネーター。 スポーツライドを意識したアメリカンバイクでダイヤモンドフレームを採用していました。 全然美しくないけど外装で誤摩化してるエリミネーター 出典: 見ていただくとわかりますがダイヤモンドフレームのバランスの悪さをガソリンタンクや外装で隠して誤摩化すデザインになっています。 メーカーデザインの妙です。 逆にレブル250はこの部分をあえて見せて無骨さを演出するという方法をとりましたがバランスの悪さを露呈させることになりました。 スポーツを意識したアメリカンではカワサキのバルカンSなどがありますがあちらの方が圧倒的に整ったバランスを持っています。 フレームの一直線をストレッチさせたバルカンS 出典: またレブルは旋回性を高めるためか一般的なアメリカンバイクよりも ホイールベースが短くなっています。 これが原因で先ほど言った一直線が崩れてしまっています。 ホイールベースを短くするためバランスの悪いフレームのレブル 出典: 「アメリカンバイク=ダサい」のイメージ レブル250というバイクがダサい理由をここまで挙げられるのに、ダサいと本音を言えない理由としては「アメリカンバイク=ダサい」のイメージから。 アメリカンバイクは一般的にバイク乗りからダサいと言われることが多いバイクです。 ですが アメリカンバイクは10年15年前はとても人気でした。 ぶっちゃけかつては一番人気のバイクジャンルだったと言っていいでしょう。 今までいた人は一体どこにいったんだろうと思うほどです。 実際アメリカンに乗っている私が下記のような記事を書くほどダサいと扱いを受けています。 それから10年以上経ち、いつの間にかついた「アメリカンバイク=ダサい」のイメージを払拭すべく誕生したのがレブルです。 私の中ではレブルはアメリカンバイクの中でも随一にダサいと思っていますが人気なところを見るとそう思わない人が多いんでしょう。 多分メーカーは私の意見と同じことを理解してると思います。 理解した上で販売を考慮して今の形で販売していると思います。 だってホンダの他のバイクは十分美しいもん。 気になるのはレブルがどんな層にウケているのかというところですよね。 既存のアメリカンバイクファン層ではなく、これまでバイクに興味のなかった層にウケているのであれば大成功です。 もしレブルがかっこいいと言う既存のアメリカンバイクファンがいるんならそれはアレだよ。 モグリだよ、多分。 まとめ レブル250がダサい理由はバランスが悪いからです。 レブルの持つ雰囲気や細部はとてもカッコいいです。 ただバランスが悪いので、すげー不細工な人がオシャレな服を着ている感じです。 どうせなら男前にオシャレな服を着せてほしいと思います。 奇形のエリミネーター250SE乗りが何言ってんだよって言われそうなので言っておきますが、私はエリミは不細工なバイクだと思っています。 バランス悪いけど、あばたえくぼ的な感じでその不細工さが愛おしいんです。 結局は 「好み」なので否定はしませんが、 美しさは「好み」ではないと思います。 美しさの基準が好みでいいなら、グッドデザイン賞の審査員とかもデザイナーではなく一般人がやるでしょ。 とはいえこのクラス、サイズ感で新しいアメリカンバイクって他にはないので人気や注目を集めているのは間違いありません。 海外にはオシャレにカスタムしようと試みたレブルもあるので、レブル乗りの方は参考にしてみてください。 逆にレブル売り払いたくなったとかいう人は中古査定を。 流石にそんなヤツいないわw.

次の

初心者こそ装着したいパーツ!レブル250専用後付けタコメーターをデイトナが販売開始

レブル 250 タコ メーター

長所 見た目が好き。 (大事) 足つきが良い。 (安心) 人気車種のためカスタムパーツが豊富。 2020年式は装備が充実しててお買い得感が高い。 短所 売れすぎで被りまくるので、カスタムのセンスが問われそうです。 機能・装備の面で2020年式を購入したけど、カラーが渋いマット系ばかりなのがちょっと残念ですね。 ポップな色も選べたらいいのに。 ヘッドライトは2019年式までの方が見た目が好みです。 購入動機 街でたまたま見かけていいなと思い、雑誌やモトブログ等で情報収集してるうちに気持ちが盛り上がっちゃって、免許取得前に見切りで発注しちゃいました。 用途は基本ソロツーリングになると思います。 キャンプや釣行にも乗っていければ良いですね。 アドバイス 自分はまだ公道デビュー前なので走りへのアドバイスはできませんが、袖ケ浦ホンダさんは新車乗り出し価格が全国トップレベルの安さで、問合せのへ対応も迅速・丁寧で大満足です。 お近くの方は是非検討してみてください。 長所 とにかく見た目がかっこいい。 ネオレトロの250ccのバイクで手を出しやすい新車はレブルくらいだと思う。 また取り回しが楽ちん。 足がべたべたなので、チャリ感覚で押し引きできる。 良くも悪くも無理できないバイクなので、気持ちよく流しているとだいたい法定速度に収まる。 下道でストレスなく乗れる。 コーナリング性能については、足全体でふんわり車体を感じながら尻で曲がる感覚を覚えると癖になる。 意外と素直に曲がって楽しい。 タンク容量は一見少なく見えるが、燃費がアホみたいに良いので下道なら余裕で300km以上無補給で走れるので十分。 短所 さすがに3万キロも乗っていると故障が増えてくる。 もともとの部品精度がまちまちなのと、組み立てでグリスアップが不十分だったりすることに起因するトラブルがちょこちょこ出てきた。 クラッチレバー一式の精度があまくてザクザククラッチを切りまくったり、スイッチボックスが突然死したり、80キロで走っていたら突然エンジンブローしたり。 値段なりのバイクといったところか 購入動機 免許取り立てで優しいバイクに乗りたかった。 通勤をはじめとして、長距離ツーリングにもよく行く。 アドバイス 気楽に下道を流すのにうってつけ。 個体差はあるものの、外れを引くとトラブルがちょこちょこ出てくるので新車で買ったほうがいい。 長所 CB250R譲りの動力性能。 非常に高回転型エンジンで、うるさいのに目をつぶれば非情に良く走る。 500レブルと全く同じディメンションなのでフレームがスカスカなのを除けば車格は大型並なのは安定感からすれば良いと思います。 短所 CB系のエンジンだからなのかはわかりませんが、トルクバンドが若干狭い。 キャラクターからいけばもう少しワイドレンジで5速ミッションで良いと思います。 6速でガチャガチャ変速するバイクではないと思います。 購入動機 通勤及びセカンドマシンとして購入。 KLX125からの乗り換えです。 アドバイス 免許取り立ての人でも十分乗りこなせるフレンドリーさに尽きると思いますが、どんな場面でも必要十分な走りをこなせる面も持ち合わせているのでベテランライダーでも楽しめると思います。 探す バイク選びお買い得コンテンツ• 探す 価格から探す• 探す バイクライフから探す• 通勤通学• 個性重視• アニバーサリーモデル大集合!• 個性派カラーリング!• 渋さ・味わい• 大人の味わい、カフェレーサー• こだわり• 250cc4発マルチネイキッド• 軽さ速さで選ぶ2ストローク• 通勤に最適なバイク• 初心者にも最適• 小柄な人にオススメ• 航続距離が長いバイク• お財布にやさしいバイク• 快適ロングツーリング• セカンドバイクに最適な一台• パワーウエイトレシオランキング• コンパクトランキング• コダワリの2サイクルスポーツ• 80年台、90年台レプリカスポーツ• 空冷エンジンが好き!• 探す 地域から探す• 北海道• 情報 ランキングから探す• 情報 マイページ機能• 情報 バイクサービス•

次の