郵送で香典を送る。 香典を郵送する際のマナーとは?添える手紙の文例も紹介します

香典は郵送できる?送り先は?送るタイミングはいつ?

郵送で香典を送る

葬儀に参列できない場合、香典は郵送するのが一般的です。 郵送だからといってマナー違反ということはありません。 訃報のお知らせを受けたら、なるべく早めに郵送するようにします。 初七日までには届くようにしましょう。 香典は現金書留で送る必要がある 香典を郵送する場合は、 現金書留で郵便局から郵送します。 現金をそのまま一般の封筒などで送ると郵便法違反になりますので注意しましょう。 この時確認しなければいけないのが、現金をそのまま現金書留用の封筒に入れるのではなく、現金を不祝儀袋(のし袋)に入れて、それをさらに現金書留用の封筒に入れるという点です。 現金書留用の封筒は2種類の大きさがあるので、不祝儀袋が入る大きいサイズの現金書留用封筒を郵便局窓口で購入してください。 またこの場合に使う不祝儀袋は、水引きも印刷してある平らな「簡易式のし袋」を選ぶと、よりスマートに封入できるのでおすすめです。 現金書留は必ず郵便局の窓口で手続きをして郵送しましょう。 手紙や一筆箋を添える 香典を現金書留で郵送する場合、お悔やみの手紙を入れるべきなのでしょうか? 結論から述べると、どちらでもいいとされています。 とはいえ、封筒を開けたら現金だけが入っているよりも、 手紙が同封されている方が気持ちがより伝わるというのが一般的な考え方です。 また、香典に添える手紙は普通の便箋でもいいですが、一筆箋もよく用いられます。 お悔やみの手紙はご遺族を煩わせないために簡潔さが求められるため、一筆箋のサイズ感や気軽さが好まれています。 香典に添える手紙の文例 郵送する香典に添えるお悔やみの手紙にもマナーがあります。 手紙を送る際の注意点を、以下できっちり押さえておきましょう。 便箋はシンプルなものを使う 使用する便箋は、基本的に 罫線なしで白無地のものにたて書きがいいでしょう。 無地でなくても白色のたて罫線であれば問題ありません。 どうしても白い便箋が用意できない場合は、明るく華やかな色は避け、薄いブルーやグレーなどの無地のものを使用します。 また、手紙を入れる封筒はあってもなくてもいいとされています。 ただし、手紙を封筒に入れてからさらに現金書留用封筒に入れる場合は、手紙の封筒は二重のものではなく一重のものを使うようにします。 同様に便箋も1枚に収まるように書きましょう。 印刷ではなく手書きが基本 お悔やみの手紙はなるべく手書きにしましょう。 書くのが苦手と思っても、その方の哀悼の気持ちがご遺族により伝わります。 黒の万年筆やポールペン、薄墨などを使うのが一般的です。 手紙に使う言葉に注意 弔事では二重に重なるものが「不幸が二度起こる」ことを思わせることから、忌避されています。 そのため、「またまた」「くれぐれ」「重ね重ね」「追って」「再三」などの単語の使用がタブーとされています。 また「死」「死去」「生存」「生きる」などの 生死を連想させる直接的な言葉や、「四」「九」などの「死」「苦」を連想させる言葉、「消える」「苦しみ」などの不吉な言葉も使わないように注意が必要です。 これらを総称して「忌み言葉」と言い、不用意に使用してしまわないよう心がけましょう。 手紙の入れ方・折り方 では、 香典の郵送先はどこにすればいいのでしょうか。 自宅に送ることが多い 香典を郵送で送る場合で多いのは故人の自宅宛です。 その際、 宛名は喪主、宛先は故人または喪主の自宅住所になります。 ただ受け取り手である喪主は通夜、葬儀と忙しく、自宅にいる時間が少ないでしょう。 そうなると葬儀後、喪主が落ち着いて時間の余裕ができたところで届くのが最良のタイミングです。 香典の郵送は初七日までに届けたいので、香典が届くのは葬儀後から初七日までが理想的です。 斎場に送る場合は宛名に注意 訃報から通夜、葬儀の日程までに数日間の余裕がある場合があります。 斎場の空き状況による場合や、六曜に合わせた日程を選ぶ時などがそうです。 そんな場合に限っては、香典を葬儀会場である斎場へ郵送することもできます。 斎場の住所へ送る場合、 宛名を喪主の名前か、もしくは気付にします。 現金書留は日付指定ができるので、通夜の日に間に合うようであれば、通夜の日指定で気付(きつけ)で送り、斎場で受け取ってもらう方法が安全です。 ただし斎場によっては対応していないところもあるので、事前に斎場へ確認を取っておきましょう。 現金書留は時間指定ができないので、葬儀当日になると喪主の手を煩わせることにもなりかねません。 トラブル防止のためにも、通夜に間に合わないようならば、自宅への郵送をおすすめします。 郵送する香典に添える手紙まとめ• 通夜、葬儀に弔問できない時は、香典は郵送するのが一般的である。 香典は不祝儀袋に入れ、さらにそれを現金書留用封筒に入れて現金書留で送る。 その際、便箋や一筆箋にお悔やみの手紙を書いて添えた方が気持ちが伝わる。 お悔やみの手紙を書くときの注意点として、頭語や時候の挨拶は省略していきなりお悔やみから始める。 また、弔問できない理由とお詫び、故人と自分の関係、ご遺族を気遣う言葉、香典を同封している旨などを盛り込んで簡潔に書く。 使う便箋は白無地のものにたて書きが基本。 また、弔事では「二重」が忌避されるので封筒は一重のもの。 (封筒はなくても良い)便箋も1枚に収める。 手紙は手書きが基本である。 手紙の文中「忌み言葉」を使わないように注意する。 手紙の入れ方・折り方は特に決まりはない。 香典の現金書留は故人の自宅へ送る。 その場合葬儀後から初七日までの間に届くようにする。 香典の現金書留は訃報から通夜、葬儀の日程までに数日間の余裕がある場合のみ、斎場へ郵送する選択もありえる。 その場合は通夜の日に日付指定して、喪主の気付(きつけ)で送る。 ただし対応していない斎場もあるので事前に確認する。 「終活ねっと」では、香典に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。 香典について知りたい方は、ぜひそちらの方もご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

郵便局で香典を送りたい!いつ出せば葬儀に間に合う?

郵送で香典を送る

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 香典を郵送しても問題はないの?• 香典を郵送する方法、そして香典を郵送する際のタイミングについて• 気になる、香典の金額相場はいくらくらい?• 宗派ごとに分けた、香典の詳しい書き方• 香典を郵送で頂いたときは、香典返しはどのようにすれば良いの? 以上の点について、詳しく紹介していきます。 香典を送っても良いのか悩んでいるという方や、香典の書き方について悩んでいるという方がいましたら、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。 葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。 それでは、香典を郵送する方法について見ていきましょう。 郵送の手順や使用する不祝儀袋などについて順番に紹介していきますので、香典を郵送したことが無いという方もぜひご覧になってください。 郵送の手順 まずは、 香典の郵送の手順について紹介していきます。 香典を送る際には、不祝儀袋の中に現金を入れて、お悔やみの言葉を添えた手紙を入れて送ります。 送るときは郵便局の窓口から送りましょう。 詳しい注意点などについては、以下の項目で詳しく紹介していきます。 使用する不祝儀袋・封筒 まずは、使用する 不祝儀袋・封筒について紹介していきます。 どのようなものを使用するのか、そして注意点についても紹介していきますので順番に見ていきましょう。 不祝儀袋 香典を送る際には、 不祝儀袋というものを使用しましょう。 不祝儀袋というのは葬儀などの際に現金を包むときに使用する袋の事で、 香典袋と呼ばれるものと一緒です。 黒白の水引きが結ばれているのが特徴となっています。 まずは、こちらの不祝儀袋に送りたい分のお金を入れましょう。 不祝儀袋にお金を入れる際には、新札やあまりにしわしわのお札では失礼には当たります。 新札ですとあらかじめ準備をしていたように感じますし、しわしわのお札では印象も悪く失礼となります。 新札しか手元になく新札以外のお札が準備が出来ない、といった場合にはお札を半分に折れば失礼なく使用することが出来ます。 封筒 続いては、封筒についても見ていきましょう。 現金を送る際には、普通の封筒は使用することが出来ないので気を付けてください。 香典などで現金を送るというときには、 現金書留の封筒を使用しましょう。 現金書留の封筒に、お金を入れた不祝儀袋とお悔やみの言葉を書いた手紙を入れたら、郵便局に行って現金書留を送る手続きをしましょう。 現金書留の送料は送る金額、そして重量によって異なりますので、送料は郵便局で調べてもらった方が良いかと思います。 宛名・住所の書き方 続いては、 宛名・住所の書き方を紹介していきます。 誰を、どこの住所を書けばよいのかを順番に紹介していきます。 宛名は誰を書く? 香典の宛名は、 喪主の氏名を記名するようにしましょう。 葬儀は喪主の方が一切を仕切っていますので、香典も喪主の方に送ります。 喪主の方がかかわりのない方ですと、喪主の方も誰から受け取った香典なのかがわからずに悩んでしまう可能性がありますから、一緒に添えた手紙には自分の名前や、故人との関係も記載しておくと良いと言われています。 また、喪主の方の名前がどうしてもわからず、宛名に困ってしまったという場合もあるかと思います。 こういった場合には、「 故人の方の名前 様ご遺族様」という宛名にすれば失礼なく香典を送ることが出来ます。 住所はどこを書くべき? また、香典を送る際の住所は、 喪主の自宅に送るようにしましょう。 宛名も喪主宛となっていましたので、住所も喪主の自宅に送るようにします。 そうなると、斉場へ香典を郵送したのでは駄目と思われた方もいるかと思います。 香典は現金書留で郵送しますが、現金書留では日時指定をすることが出来ません。 ですので、香典が斉場に届いたときに、喪主の方がいないという事も考えられます。 現金書留は送り先の本人が受け取らなければならないという決まりがありますので、不在の場合には現金書留を郵便局の方が一度持ち帰る、という事になります。 現金書留をより正確に喪主の方に届けるためにも、送り先は喪主の方の自宅にしましょう。 お悔やみの手紙を用意する 現金書留で香典を送る際には、 お悔やみの手紙を用意しましょう。 手紙や封筒などのデザインについてなのですが、あまり明るい色のものは避けるようにしましょう。 基本的には無地タイプの封筒や便箋を使用するのがおすすめです。 ただ、色付きの封筒や便箋が必ずしも駄目だというわけではありません。 明るい色ではないグレーや、すみれ色などの封筒なら失礼な印象を与えることなく、手紙を送ることが出来るのではないでしょうか。 ですので、香典を送る際の便せんや封筒は専用のものを購入しておくことをおすすめします。 不祝儀用の送り状なども発売されていますので、香典袋などを購入する際には一緒にお買い求めになってはいかがでしょうか。 ここでは、香典に沿えるお悔やみの手紙の例文などを紹介していきます。 手紙なしでも問題ない? 郵送で香典を送る際、お悔やみの手紙を添えましょうという事を紹介しましたが、お悔やみの手紙は必ずなくてはならないものなのでしょうか? 手紙が必須なのか、という質問に答えるのなら、答えは 必須ではないという事になります。 しかし、香典のみを送るよりもお悔やみの手紙が添えられていた方がより丁寧な印象を与えることが出来るでしょう。 失礼のないように香典を送りたいという方は、出来るだけお悔やみの手紙を添えた方が良いのではないでしょうか。 手紙の例文 続いては、香典にお悔やみの言葉を添えるための、 手紙の例文について紹介していきます。 お悔やみの手紙は初めて書くという方ですと、書き方に困ってしまうという方も多いかと思います。 こちらの項目では、香典を送る相手ごとに分けて、香典に沿える手紙の例文を紹介していきますので、手紙の文に困っているという方がいましたらぜひご覧になってください。 また、香典を誰に送る場合であっても葬儀に出席できなかったことへのお詫びの気持ちと、遺族の方への励ましになるような文章の手紙にすると良いかと思います。 基本的なお悔やみの手紙の構成は、お悔やみの言葉を述べ、可能であれば故人との思い出を入れて、故人の冥福を祈る言葉を入れたら遺族の方も気遣う言葉も入れましょう。 また、お悔やみの気持ちを伝える際の手紙は、普段の手紙とは少し書き方が異なっています。 普段の手紙ですと「拝啓」などの頭語は不要となります。 そして、季節を表す時候の挨拶も不要となりますので、お悔やみの手紙には書かないように気を付けて下さい。 家族・親戚 まず最初に、 家族・親戚の方に香典を送る際の手紙の例文について見ていきましょう。 親戚の方に香典を送る際の手紙の例文は、以下の通りになります。 〇〇様の突然のご逝去のお知らせを受け、ただ驚いております。 〇〇様もたいへん心を痛められ、気を落とされているかと思われますが、どうぞお気持ちを強く持っていただきますよう、お祈り申し上げます。 本来ならばすぐにお伺いするべきなのですが、遠隔地のために葬儀に向かうことが出来ずにいた失礼をお許しください。 ささやかですが、香料を同封しましたのでご霊前にお供えいただきますよう、お願い致します。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 友人・知人 続いては、 友人・知人の方に香典を送る際の例文を紹介していきます。 こちらでは、ご両親が亡くなったという場合の友人へ向けた例文を紹介していきます。 以下が友人に香典を送る際の手紙の例文を紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。 〇〇様の突然のご逝去のお知らせを受け、ただ驚いております。 以前お会いした時にはお元気な姿でしたので、今でも信じられずにおります。 〇〇さんもどれほどお心を痛めているかと思いますが、どうぞ心を強く持たれますようお祈り申し上げます。 本来ならば弔問にお伺いしなければならないところなのですが、遠隔地によりお伺いすることが出来ず、大変申し訳ございません。 ささやかですが、心ばかりの香料を同封させていただきました。 御霊前にお供えいただきますよう、お願いいたします。 ご家族の皆様はどうぞ風邪などを引きませぬよう、ご自愛ください。 〇〇さんのお父様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。 会社 続きましては、 会社あてに香典を送る際の手紙の例文を見ていきましょう。 今回の例文では、お世話になった会社の方が亡くなってしまわれた際の香典の手紙の文例を紹介していきます。 以下が会社のお世話になった方が亡くなってしまった際の、香典の手紙の例文となります。 貴社 役職名 〇〇様のご逝去のお知らせを承り、驚きで言葉を失っております。 ご生前、〇〇様には大変お世話になり、様々な指導を承りました。 本日の弊社がありますのも、ひとえに〇〇様のお力添えのお陰であります。 たいへんお力添えいただいた〇〇様の訃報を受け、社員一同これまでの感謝とともに、深い悲しみを感じております。 本来であればすぐに弔問に伺うべきなのですが、遠隔地のために弔問に伺うことが出来ず、暑中でのお悔やみとなってしまった失礼をお許しください。 心ばかりのお香典を同封しておりますので、〇〇様のご霊前にお供えしていただければ幸いです。 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 香典を郵送するタイミングはいつまで? それでは、香典を郵送するタイミングは一体いつ頃が良いのでしょうか? 早い方が良いような気もしますし、少し期間を置いた方が良いのではないか、と考える方もいるかと思います。 実は、香典を郵送するにはちょうど良いタイミングがあります。 現金書留は本人が直接受け取らなければならないという決まりがありますし、葬儀前後の忙しい時期に届いてしまうようにするのは避けるようにしましょう。 また、49日の頃に香典返しの手配をしますので、それを超えて香典が届いてしまうと再度、香典返しの負担をかけてしまう事になってしまいます。 ですので、喪主の方に負担がかからないようにするために、香典は 1週間から、1か月の間に届くようにすると良いとされています。 香典の金額相場 続いては、 香典の金額相場について見てみましょう。 いざ香典を送ろうと思っても、香典の金額相場がわからないと金額に悩んでしまうかと思います。 こちらでは状況別に応じた、香典の金額相場について紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。 通夜・告別式 まず最初に、 通夜・告別式の際の香典の金額相場についてみていきましょう。 香典は、故人との関係性がどの様なものであったかによって金額が変わってきます。 友人・知人の方が亡くなられた場合ですと 5千円から1万円ほど、祖父母・配偶者の祖父母の場合ですと 1万円から5万円ほどとなっています。 相手との関係性によって金額が変わりますので、詳しく関係性ごとに金額の相場を知りたい、という方はぜひ下の記事をご覧下さい。 続いては、 香典の書き方について見ていきましょう。 香典が郵送でも良いという事は分かりましたが、香典の書き方がわからないという方もいるかと思います。 香典の書き方について知りたいという方はこちらをぜひご覧になってください。 表書き まずは、 表書きの書き方から紹介していきます。 宗派に分けて紹介していきますので、ご覧になりたい宗派の項目を確認してみてください。 仏式の場合 仏式の場合の表書きは、 御香典・御仏前・御霊前などになります。 水引きの下中央には、差出人の指名を表書きよりも少し小さめの文字で書くようにしましょう。 浄土真宗の場合 浄土真宗の場合の表書きは、 ご仏前またはその旧字体である御佛前という言葉を使用しましょう。 また、 御香典という言葉も使用できるようです。 神式の場合 神式の場合の表書きの書き方は、 御玉串料・御榊料・御神前・御花料などの言葉が使用されます。 キリスト教式の場合 キリスト教式の場合の表書きは、 献花料という言葉を使用するようです。 プロテスタントでは、 弔慰料カトリックでは、 御ミサ料を使用することもあるそうです。 金額 香典袋の中に入れる中袋には氏名や住所、金額を書きますが、 金額は表に漢数字で書きます。 例えば、一万円の場合ですと 金壱萬円・金一万円、五千円の場合ですと 金五阡円・金五千円と書くようにしましょう。 注意点 香典にお金を入れる際には、 中に入れるお札に注意しましょう。 新札を香典に使用してしまうのは、前々から用意していたように感じてしまうため、失礼に当たります。 色々な宗派がありますが、この点ではどの宗派でも共通しているのだそうです。 新札しかないという場合でも、一度折り目を付けるなどすれば失礼には当たりません。 また、いくら新札が失礼だからといってあまりにくしゃくしゃなお札も失礼となりますので、注意してください。 また、お札を複数枚入れる場合には同じ向きになるように注意してください。 香典を郵送で頂いた場合の香典返し• 香典は原則的には直接持参するものですが、遠方の方などでどうしても持参することが出来ないという場合には香典を郵送しても問題はありません。 香典は郵送しても問題はありませんが、書き方などの決まりがありますのでしっかりと確認して、失礼のないような香典を送るようにしましょう。 香典を郵送する際には、香典返しの事も考え、1週間から1か月の間に届くようにしましょう。 香典の金額相場は相手との関係によって変わってきますので、相手との関係にあった香典の金額相場を参考にしましょう。 また、香典返しを郵送で送るのも問題はありませんので、遠方の方などにはお礼状を添えて香典返しを郵送するようにしましょう。 遠方の方のお葬式の場合や、どうしても香典を持参することが出来ないといった場合には香典は郵送で送っても大丈夫です。 書き方、送り方などのマナーもチェックして、失礼のないように香典を送るようにしましょう。 また、「終活ねっと」では、香典を夫婦連盟で書いても良いのかどうか、という点などについて以下の記事で詳しく紹介しています。 こちらの記事も、ぜひ併せてご覧ください。 ここまで記事を読んでいただき、どうもありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

郵送で香典を送る

葬儀に参列できない場合、香典は郵送するのが一般的です。 郵送だからといってマナー違反ということはありません。 訃報のお知らせを受けたら、なるべく早めに郵送するようにします。 初七日までには届くようにしましょう。 香典は現金書留で送る必要がある 香典を郵送する場合は、 現金書留で郵便局から郵送します。 現金をそのまま一般の封筒などで送ると郵便法違反になりますので注意しましょう。 この時確認しなければいけないのが、現金をそのまま現金書留用の封筒に入れるのではなく、現金を不祝儀袋(のし袋)に入れて、それをさらに現金書留用の封筒に入れるという点です。 現金書留用の封筒は2種類の大きさがあるので、不祝儀袋が入る大きいサイズの現金書留用封筒を郵便局窓口で購入してください。 またこの場合に使う不祝儀袋は、水引きも印刷してある平らな「簡易式のし袋」を選ぶと、よりスマートに封入できるのでおすすめです。 現金書留は必ず郵便局の窓口で手続きをして郵送しましょう。 手紙や一筆箋を添える 香典を現金書留で郵送する場合、お悔やみの手紙を入れるべきなのでしょうか? 結論から述べると、どちらでもいいとされています。 とはいえ、封筒を開けたら現金だけが入っているよりも、 手紙が同封されている方が気持ちがより伝わるというのが一般的な考え方です。 また、香典に添える手紙は普通の便箋でもいいですが、一筆箋もよく用いられます。 お悔やみの手紙はご遺族を煩わせないために簡潔さが求められるため、一筆箋のサイズ感や気軽さが好まれています。 香典に添える手紙の文例 郵送する香典に添えるお悔やみの手紙にもマナーがあります。 手紙を送る際の注意点を、以下できっちり押さえておきましょう。 便箋はシンプルなものを使う 使用する便箋は、基本的に 罫線なしで白無地のものにたて書きがいいでしょう。 無地でなくても白色のたて罫線であれば問題ありません。 どうしても白い便箋が用意できない場合は、明るく華やかな色は避け、薄いブルーやグレーなどの無地のものを使用します。 また、手紙を入れる封筒はあってもなくてもいいとされています。 ただし、手紙を封筒に入れてからさらに現金書留用封筒に入れる場合は、手紙の封筒は二重のものではなく一重のものを使うようにします。 同様に便箋も1枚に収まるように書きましょう。 印刷ではなく手書きが基本 お悔やみの手紙はなるべく手書きにしましょう。 書くのが苦手と思っても、その方の哀悼の気持ちがご遺族により伝わります。 黒の万年筆やポールペン、薄墨などを使うのが一般的です。 手紙に使う言葉に注意 弔事では二重に重なるものが「不幸が二度起こる」ことを思わせることから、忌避されています。 そのため、「またまた」「くれぐれ」「重ね重ね」「追って」「再三」などの単語の使用がタブーとされています。 また「死」「死去」「生存」「生きる」などの 生死を連想させる直接的な言葉や、「四」「九」などの「死」「苦」を連想させる言葉、「消える」「苦しみ」などの不吉な言葉も使わないように注意が必要です。 これらを総称して「忌み言葉」と言い、不用意に使用してしまわないよう心がけましょう。 手紙の入れ方・折り方 では、 香典の郵送先はどこにすればいいのでしょうか。 自宅に送ることが多い 香典を郵送で送る場合で多いのは故人の自宅宛です。 その際、 宛名は喪主、宛先は故人または喪主の自宅住所になります。 ただ受け取り手である喪主は通夜、葬儀と忙しく、自宅にいる時間が少ないでしょう。 そうなると葬儀後、喪主が落ち着いて時間の余裕ができたところで届くのが最良のタイミングです。 香典の郵送は初七日までに届けたいので、香典が届くのは葬儀後から初七日までが理想的です。 斎場に送る場合は宛名に注意 訃報から通夜、葬儀の日程までに数日間の余裕がある場合があります。 斎場の空き状況による場合や、六曜に合わせた日程を選ぶ時などがそうです。 そんな場合に限っては、香典を葬儀会場である斎場へ郵送することもできます。 斎場の住所へ送る場合、 宛名を喪主の名前か、もしくは気付にします。 現金書留は日付指定ができるので、通夜の日に間に合うようであれば、通夜の日指定で気付(きつけ)で送り、斎場で受け取ってもらう方法が安全です。 ただし斎場によっては対応していないところもあるので、事前に斎場へ確認を取っておきましょう。 現金書留は時間指定ができないので、葬儀当日になると喪主の手を煩わせることにもなりかねません。 トラブル防止のためにも、通夜に間に合わないようならば、自宅への郵送をおすすめします。 郵送する香典に添える手紙まとめ• 通夜、葬儀に弔問できない時は、香典は郵送するのが一般的である。 香典は不祝儀袋に入れ、さらにそれを現金書留用封筒に入れて現金書留で送る。 その際、便箋や一筆箋にお悔やみの手紙を書いて添えた方が気持ちが伝わる。 お悔やみの手紙を書くときの注意点として、頭語や時候の挨拶は省略していきなりお悔やみから始める。 また、弔問できない理由とお詫び、故人と自分の関係、ご遺族を気遣う言葉、香典を同封している旨などを盛り込んで簡潔に書く。 使う便箋は白無地のものにたて書きが基本。 また、弔事では「二重」が忌避されるので封筒は一重のもの。 (封筒はなくても良い)便箋も1枚に収める。 手紙は手書きが基本である。 手紙の文中「忌み言葉」を使わないように注意する。 手紙の入れ方・折り方は特に決まりはない。 香典の現金書留は故人の自宅へ送る。 その場合葬儀後から初七日までの間に届くようにする。 香典の現金書留は訃報から通夜、葬儀の日程までに数日間の余裕がある場合のみ、斎場へ郵送する選択もありえる。 その場合は通夜の日に日付指定して、喪主の気付(きつけ)で送る。 ただし対応していない斎場もあるので事前に確認する。 「終活ねっと」では、香典に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。 香典について知りたい方は、ぜひそちらの方もご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の