ウーバーイーツ 大阪 現金払い。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払いを解説

ウーバーイーツ配達の現金支払い受付け設定の方法と用意するお釣り、マイナス残高のアプリ操作について

ウーバーイーツ 大阪 現金払い

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いが開始 出前を行っていない店からもデリバリーを受けることができるサービス、Uber EATS(ウーバーイーツ) 今まではクレカ利用しかできませんでしたが、現在段階的に現金払いができるようになってきています。 ウーバーイーツのサービスについては、以下の記事で詳しく解説しています。 アプリに現金払いの欄を選択 アプリの下のタブから、自分の情報を選びます。 一覧の中からお支払いを選択します。 次に「お支払い方法を追加」をタップします。 クレジットカード払いと現金を選べるので、現金を選択しましょう。 ウーバーイーツの公式によると、現金利用は全体の14%ほどで、「初回は現金払いで、2回目からクレカ払い」というお客さんが多いようです。 お釣りは配達パートナーが用意してくれる 現金支払いの為にピッタリの金額を用意しておかないといけない訳ではなく、配達パートナーがお釣りを準備 してくれます。 ただ、配達パートナは個人の方なので、あまり細かいお釣りを用意していない可能性もあります。 その場合は、配達パートナーに両替に行ってもらうことになるので、できる限りお釣りのない金額を用意した方が無難です。 しかし、 現金払いにしたからと言って、追加料金は発生しません。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金払いの注意点 Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用のハードルが低くなる現金払いですが、注意点もあります。 以下で紹介していきます。 上限は配送手数料を含めて2500円 現金払いの配送は、 手数料を含めて2500円になります。 それを超える場合は、クレカ払いのみとなります。 配送の手数料は変動制で基本的には110円~420円程です。 込み合っている時間帯には手数料が高かったりしますので、合計金額はしっかり確認しましょう。 横浜・川崎はサービス外 横浜と川崎は現金払いサービスの対象外になっています。 元々大阪で実験的に始まった現金払いが、現在段階的に広がっている所です。 今後実装されるかどうかは、未定とされています。 まだ全員が現金払いに対応している訳ではない 全員が現金払いに対応してる訳ではなく、アプリの欄に現金払いの選択ボタンが出ないユーザーもいるようです。 現金払いに対応するかどうかの基準は不明ですが、順次対応させていく予定だそうです。 この「現金払い」自体が新規顧客を得るための動きなので、 新しくUber EATS(ウーバーイーツ)のアプリをダウンロードした方は殆ど現金払いを利用できるようです。 これはお酒を単体で注文した時だけではなく、注文の中にお酒が入っているだけで現金払いの対象外になってしまいます。 現金払いではクレカなどの個人的な情報の入力が無いので、未成年かどうかを判別できません。 そのための措置だと思われます。 他に速くて安いクーポンありオススメの出前サービスは!? menu アプリ「menu」は、飲食店・レストランでデリバリーとテイクアウトが受けられるサービスです。 都内中心から始まり、サービスエリアは全国展開中。 今後も拡大予定になっています。 「menu」の特徴の1つは、24時間注文が出来る事です。 24時間営業の対応店舗であれば、デリバリーでもテイクアウトでも、いつでも利用可能です。 店舗検索や商品注文はスマホで簡単。 料金も事前決済なので、商品を受け取るだけで取引完了になります。 「menu」は、店側が導入し易いシステムなのも、大きな特徴です。 その為、これまでデリバリーやテイクアウトを行ってこなかった店も登録しており、隠れた名店が見つかるかも知れません。 テイクアウトでは配達手数料が掛からない為、手軽に使うことができます。 全商品に出来上がり時間が表記されおり、待ち時間なく、できたての商品を受け取ることが可能です。 対応店舗は24時間注文可能• 2,300店以上が登録• メニューごとに評価や口コミが行われる• 加盟店は国内最大級で、食べたかったあの店も注文できます。 ジャンル分けも22と細かく、弁当や中華、スイーツなどに加え、『一人前からOK』など、欲しいモノをピンポイントで探すことができます。 パーティープレートや宅配オードブルなども対応。 配達日や時間を指定できるので、パーティーなどでも重宝します。 届け先には自宅や勤務先以外も指定できるので、イベント事などで活用するのも可能です。 一品ずつ写真も説明も丁寧に書いている所が多く、初めての品でも注文し易いのもおすすめな点です。 支払いも 現金やクレジットだけでなく、dポイントやドコモ携帯払いにも対応しています。 家に現金が無くても注文できますし、注文時に支払いを済ませておけば、品物の受け取りもスムーズです。 200円で1ポイント貰えるなどお得な還元もありすし、クーポンやポイントなどのプレゼント企画も豊富です。 平日半額、30%ポイントバック、2品目無料など、dデリバリーならではのキャンペーンも継続して行われています。

次の

UberEatsで現金払い開始。配達員のメリット・デメリットは?|ハルオブログ

ウーバーイーツ 大阪 現金払い

2019年9月より、クレジットカードもしくはデビットカードを登録していなくても、累計の配達回数が100回を超えた人は、現金払いに対応できるようにシステムが変更されました。 現金のオンとオフ・拒否の方法 現金対応のオン・オフはカンタンです。 配達パートナーアプリのホーム画面で、一番右下の三本線をタップして、 乗車の予定表で、もう一度、右下をタップすると、 現金払いを受け付けるか、受け付けないかを設定できます。 現金払いを受け付けるをオンにして保存すると、「ほとんどの送迎が対象」の文字が、「全ての送迎が対象」に変わります。 この操作は、配達中でもいつでも切り替え可能です。 受け取った現金はどうするの? そのまま貰える場合 自分が受け取る報酬の総額より、受け取った現金が少ない場合は、差額がUber Eatsから支払われます。 現金はそのまま貰えます。 通知をタップして、次の画面で「START A PAYMENT」もタップします。 支払うべき金額が表示されます。 続行をタップします。 次の画面で、 確定を押すと支払いが実行されます。 3,000円以上の差額が出るたびに通知されますので、ある程度まとまってからタイミングを自分で決めて支払いしたほうが面倒くさくないです。 (1日の最後とか、締切日とか) あまり支払いしないで放置していると、現金払いの設定が出来なくなると報告もあります(残高上限 5万円?)未確認情報です。 現金の割合・現金対応する?しない?収支の差 3割増し、5割増し? 現金払いに対応していると、していない人に比べて、鳴りも3割増しになると聞きますが、実際のところどうなんでしょう。 これは、地域性もあって、東京は現金案件少ないとか、大阪は多いとか噂も聞きます。 わたしが稼働している福岡エリアの場合、現金案件はとても多いです。 場合によっては、配達の7割、8割が現金案件の日もありました。 現金対応したほうが呼ばれやすい(鳴りやすい) これは間違いないですね。 現金払いを受け付けしていない配達パートナーって結構多いです。 以前、Twitterのアンケートで見たときは、 およそ4割の配達パートナーが現金払いをOFFにしている。 との結果を見たことがあります。 このように、現金払いに対応しない配達パートナーも多いので、配達の機会は間違いなく増えます。 現金払いオンは、オフより呼ばれやすいから売り上げは上がりやすい 達人くん アプリのバグがあった話 (追記)現在では、バグは無くなったようですね。 ロングドロップでBad評価がついた お客さんから、時間がかかりすぎだと、配達評価でBad評価を受けたことがあります。 配達パートナーが減る雨の日は、現金に対応している人も減りますから、現金での注文に、配達パートナーがなかなか決まらなかったり、遠くから対応したりと、料理が届くまで普段より時間がかかるケースがあります。 このあたりは、注文者の知らないシステムなので、配達の遅れは、配達を担当したドライバーの責任となり「Bad評価」が付くこともあるでしょう。 ロングピックが増える 同じ理由で注文が多いときは、現金に対応している人は少ない場合が多いので、遠くのレストランから呼ばれる「ロングピック」が増えてしまい、お店までの到着に時間がかかってしまい、稼ぎの効率が逆に下がることもあります。 お釣りを落とした人も わたしの知り合いの配達パートナーは、Uber Eatsの配達用バッグの外側のアミの部分につり銭を入れてたら、アミの底が破けて、つり銭を落としたことがあります。 まとめ 現金払いに対応した場合は、 メリット• 配達の機会が増える• 結果、収入が増えやすく稼ぎやすい デメリット• つり銭の準備と手間ひま、管理が必要• 思わぬトラブルが発生するかも• 状況によってはBad評価をもらうことも• つり銭を落とす可能性もある わたしの現金設定方法 現金払いの設定は、状況によって、こまめに切り替えています。 雨の日などよく鳴る日(配達依頼の多い日)は、 現金オフ• 晴れた日で、配達依頼の少ない日は、 現金オン• 時間帯クエストなど、配達回数をこなしたいときは、 現金オン 先月くらいまでは、現金払いの設定は、ずっとオンにしたままでしたけど、オンとオフを使い分けたほうが、より、効率的に稼げる気がしています。 ちょっと、現金対応は怖いと感じられているなら、慣れるまではオフのままで、徐々に対応にチャレンジしてもいいかもしれません。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文で「現金払い」だと損している話【配達の裏側公開】

ウーバーイーツ 大阪 現金払い

ウーバーイーツの支払い方法【クレジットカードが便利です】 基本の注文の流れはこちらの記事で解説しています。 ウーバーイーツの配達パートナーの方で「報酬の支払い日」を知りたい方はこちら。 ウーバーイーツの支払い方法の種類 クレジットカードが便利です。 ・クレジットカード ・デビットカード ・Apple Pay ・LNE Pay ・PayPay ・現金 支払い方法の選択肢はどんどん広がっています。 2019年には現金を使用できるようになりました。 2020年5月からはPayPayも利用可能です。 クーポンで割引可能 クーポンで割引することができます。 支払い方法の登録の仕方 支払い方法を登録して、ウーバーイーツのアカウントを有効にする必要があります。 最初にプロフィール画面から登録するのがおすすめです。 更新・変更もこの画面から可能です。 注文時にも支払い方法の追加の画面は一応出ます。 ウーバーイーツの支払いの仕組み クレジットカードを登録すれば支払いはネットで完結するという仕組みです。 料理の受け渡し時にすでに支払いが完結していることがウーバーイーツ最大のメリットでありサービスの根幹です。 ウーバーイーツの支払いの仕組みのメリット(クレジットカード) 受け渡しが一瞬で済む 本当に「5秒」くらいで済みます。 子育てで手が離せない方も、寝起きの方も、仕事中で手が離せない方もパッと受け取れます。 これは革命的です。 受け渡しの際のトラブルが防止できる お釣りの計算や、現金の授受、不要な会話も必要ないのでトラブルを防止できます。 もし間違いがあっても後でカードの請求処理などで訂正しやすいので安心です。 渡しておく・置いておくなどの応用が効く カード払いだからこそレセプションに渡しておく・置いておくなどの応用が可能です。 どうしても対面で受け取りたくないというニーズにも対応できています。 1品から注文可能が実現できている 現金授受の手間がなく配達効率がいいので実現できていると思います。 レストラン側が導入しやすく対応店舗が増えた カード払いだからこそキャンセルなどによる損失リスクを防げるので加盟店が増えたと思います。 これらの理由こそがウーバーイーツのサービスが飛躍した理由だと思います。 ウーバーイーツの支払いの仕組みのデメリット(クレジットカード) デメリットは注文者側としては特にないと思います。 ウーバーイーツの支払いで現金を使いたい場合 現金での支払いは支払い方法で現金を選びます。 (2019年3月時点では対応地域のみ・上限2500円) 多く支払ってしまった場合など、ヘルプページに問い合わせフォームが存在します。 ウーバーイーツで支払いができない時 カードの登録ができない、支払いの認証エラーがでるなどの際は様々な原因が考えられます。 限度額・海外でのブロック・有効期限が切れている・入力ミスなどです。 一般的なクレジットカードの対処と同様にカード会社への連絡も有効手段だと思います。 どのカードのブランドが使えるのかについての明確な公式ソースは現在は見つけられていません。 honestbee. ただし、他社は最低注文金額が高いことが多いです。 1品から注文できないので、ほぼ別サービスと言っていいと感じます。 手数料と最低注文金額の比較はこちらに書きました。 ウーバーイーツの支払いにさらに役立つ決済手段【LINE Pay カードが使えるかも】 クレジットカードに近いLINE Pay カードやスマホで便利なLINE Pay、PayPay、Apple Payなど選択肢が増えています。 LINE Pay カードという支払い方法が存在します LINE Pay カードとは JCB加盟店で使えるチャージ式プリペイドカードです。 このカードは入会金や年会費無料で手軽に使えるのがメリットです。 少額の決済に気軽に使うのに便利です。 クレジットカードほど手厚い問い合わせ対応やサポート体制がないのはデメリットかもしれません。 LINE Pay カードの使える範囲 JCB加盟店で利用できます。 ただし、公共料金やガソリンスタンドなど一部ご利用いただけない加盟店があります。 ただLINE Payカードの公式ソースでの使用可能の確定情報は見つけられませんでした。 こんにちは、LINE Pay公式アカウントです。 UBERではご利用いただけます。 LINE Pay カードが使える代表的なお店はこちらです。 LINE Pay カードの作り方 LINE Pay カード申込み方法 こちらのリンクから申し込みすると実物のカードが届きローソンやセブン銀行ATMでチャージできます。 銀行口座からのオートチャージも可能です。 名前はほぼ同じですがQRコード決済が便利なLINE Payのは別物と考えた方がわかりやすいです。 ウーバーイーツの支払いでLINE Payもあります LINE Payの方も2019年12月から使用できるようになりました。 LINE Payはスマホで簡単に支払えるサービスで銀行口座やセブン銀行やFamiポートなどからチャージできる便利な決済方法です。 カードもいらないのでより手軽ですね。 ウーバーイーツの支払いでApple Payも対応してます Apple Payはすでに持っているクレジットカードなどをiPhoneやMacで簡単に使える仕組みです。 対応アプリ内では素早くシンプルに支払い完了します。 ウーバーイーツの支払いでPayPayもあります 2020年5月からはPayPayも開始です。 こちらの記事に詳しく書きました。 というわけで今回は以上です。 支払い方法が時代に沿って進化しているおかげで便利なサービスが次々と生まれていると感じます。 人気記事 関連記事 -,.

次の