アライグマ ar。 北極地方の「ゾンビ火災」に警戒、異例の高温と乾燥続く

Google検索で3Dの動物をARで呼び出せる!上手く表示できない場合の対処法も解説

アライグマ ar

この記事の目次• Googleで動物を検索すると結果をARで呼び出せる Googleで動物を検索すると、その結果をARで呼び出すことができるようになりました。 使い方は簡単で、検索結果のナレッジパネルに表示される「3D表示」をタップします。 3Dモデルを部屋に表示させる場合には、さらに「周囲のスペースに表示する」をタップ。 カメラでまわりの環境を読み込めば、部屋に動物を表示させられます。 6月にロールアウトされ、英語で使うことができていた機能です。 現在は、日本語での検索にも対応しています。 ARで動物の鳴き声や仕草も楽しめる ARで実物大の動物が表示されるだけでなく、鳴き声や仕草も楽しめる点がポイント。 そして、3Dのグラフィックのクオリティも高いので、まるで 部屋に動物がいる気分が味わえます。 ペットを飼うことが難しい大人だけでなく、動物好きの子どもにもたまらない機能と言えるでしょう。 今後、検索結果のAR表示の機能が充実していけば、学習やビジネスなどのさまざまな用途に生かせるでしょう。 よりARが身近なものになったことが実感できる機能です。 【注意】利用できるのはAR対応のデバイスのみ Google検索のAR表示の機能は、AR対応のデバイスのみで使えます。 対応機種以外は利用できないの注意してください。 対応デバイスについては、以下のGoogle Developersのサイトで確認できます。 めっちゃ面白そうだと思って検索してみたのですが、AR対応のデバイス(ARCore、ARKit対応デバイス)でのみ使用可能とのことなので、私は遊べませんでした(汗) — SiozySoul SiozySoul 対応機種なのにGoogle検索で「3D表示」が利用できない場合の対処法 対応機種にも関わらず、検索結果で「3D表示」のボタンが表示されない場合があります。 iPhoneではあまりないようですが、Androidのスマホ場合にはこのようなケースが見られるようです。 というか、私のAndroidのスマホは利用できなかったので、以下に行った対処法を記載します。 対応機種か確認する 上記でも記載しましたが、まずは 対応機種か確認します。 基本ですが、見落としがちです。 すべての対処を行ったにも関わらず、そもそも対応機種ではなかったという結末は悲しいので必ず確認してください。 「Google Play 開発者サービス(AR)」アプリをインストールする Google Playストアから 「Google Play 開発者サービス(AR)」アプリをインストールします。 このアプリをインストールすることで、ARcoreで構築されたARが体験に可能になります。 Google・Google Chromeのアプリをアップデート GoogleとGoogle Chromeのアプリを最新の状態にアップデートします。 私はGoogleのアプリをアップデートした段階で利用できるようになりました。 Google Chromeは関係ないかもしれませんが、念の為どちらもアップデートしましょう。 デバイスを再起動する GoogleとGoogle Chromeのアプリをアップデートした段階で、ARの機能が利用できれば再起動は不要です。 ただ、「Google Play 開発者サービス(AR)」のようなバックグラウンドで走るアプリをインストールすると再起動したくなりませんか?私はなったので再起動しました。 上記の手順を試しても上手くいかない場合には、を利用しましょう。 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 出てくる動物の種類は30種類 2019年10月現在、Google検索でAR表示が確認されている動物は 30種類です。 今後はさらに種類が増えていく可能性は高いでしょう。 どのような動物が表示できるのか気になる方は以下のツイートがとても参考になります。 29種類と言われていますが、少しずつ増えていると考えられます。 猫派の方は、今後のアップデートに期待しましょう。 それぞれの動物がどのように表示されるのか、ぜひご自分の目で確かめてください。

次の

【Google検索】動物名からパンダやトラをAR表示する機能をリリース!

アライグマ ar

いや~知らなんだ、知らなんだ! Google先生で「動物」を検索するとAR表示できるの、知らなんだ~! みなさんは知ってた? もう~誰かもっと早く教えておくれよ~。 だって遅ればせながらその機能を試してみたら、これがもう楽しいのナンノって! しかも個人的な感想を言うと「屋内」でやるのもいいのだが、 「屋外で巨大化」させると楽しさが倍増じゃないか~! もしかしたら、この機能のことについてまだ知らない人もいるかもしれないので、使い方をサラッと説明しよう。 AR機能に対応している iPhone か Android 端末で…… 1. 動物の名前をGoogle検索する 2. 「3D表示」or「周囲のスペースに表示する」をタップ 3. カメラが起動するので、任意の場所にかざす 4. 試しに自宅で 「オオカミ」を検索してみたら、ものの数秒で呼び出すことができたゾ! A post shared by shawnrocketnews on Nov 5, 2019 at 1:10am PST コツとしては少ししゃがむか、低い位置からなるべくスマホを直角に立てること。 1~2メートル先ぐらいを狙うと上手くいくぞ! とっても簡単で楽しい機能だが、Google社の広報によると 呼び出せる動物は以下の29種類に限られているとのことで、どうぞお見知りおきを。 【動物】 トラ、パンダ、ヒョウ、ライオン、チーター、ヤギ、ウマ、クマ、オオカミ、シェトランドポニー、アライグマ、シカ、ハリネズミ、ボールニシキヘビ、ロットワイラー、フレンチブルドッグ、パグ、ゴールデンレトリバー、ポメラニアン、ネコ 【水中および湿地の動物】 マガモ、アメリカアリゲーター、ホオジロザメ、ウミガメ、タコ、Angler Fish(アンコウ目) 【鳥類】 ・コンゴウインコ、コウテイペンギン、イヌワシ ただし、筆者が確認したところ「ヤギ」だけは2019年11月14日現在、何かの不具合で表示できないようである(検証端末:iPhone 11)。 また、AR機能に対応していても、一部の端末では表示されない事象が確認されており、現在Google社が修正に取り組んでいるとのこと。 ・限界まで巨大化させてみた ところで、呼び出した動物は画面上で ピンチイン・ピンチアウトすることで大きさを%(パーセンテージ)で調節することができる。 B級の怪獣映画みたいになった~~~ッ!!!! 「上野」で「巨大生物」といえば……? そう、国立科学博物館の脇にある「シロナガスクジラ」の巨大模型だ。 ・巨大タコ vs. シロナガスクジラ ということで私のお気に入りの 「タコ(AR)」とシロナガスクジラで大きさを競わせることにした。 ……うむ。 ……いや~。 正直、見くびっていましたね。 クジラさんを。 余力を残して勝とうだなんて、甘っちょろい考えでした。 よろしい。 こちらもフルスロットル(全力)でいきましょう……。 1000ッッッパーーセントォ~~~~~~!!!!!!!!!! こ、これは……………………!? ギリ、勝った(体高では) 【完】 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

「Google検索で動物のAR」登場するのは全部で29、その種類をよく見たら

アライグマ ar

街なかの散歩や、子どもと山をハイキングしているとき、目にとまった虫や花、山の名前が気になったり、子どもに聞かれたりすることがある。 ところが、名前すらわからないと、ネットで調べようようにも検索するためのヒントがない。 仕方ないのでスマホで撮影、SNSなどで「これなに?」と尋ねてみるのも手だが、知り合いにその分野のスペシャリストがいるとは限らない。 「形しかわからないもの」って、実は結構調べにくいのだ。 結果、その場で知ることができないことで自分の知的好奇心も、子どもの興味の芽も潰えてしまうことになりがち。 そこでおすすめしたいのが、 スマホをかざしたり撮影したりするだけで、その名前と詳細な情報がわかるアプリ。 こうしたアプリは実際、生活をどんなふうに面白くしてくれるのだろうか。 「この植物の名前はなに?」 すぐにAIが教えてくれる! たとえば植物の名前。 散歩中によく見かける草花も、実はスマホをかざすことで詳細がわかる。 試しにバス停のベンチ脇に白くて可憐な花が咲いていたので、植物好きに向けた「Green Snap」というSNSアプリを使って撮影してみた。 一度認識した生きものは、左の写真のように動物図鑑的にアプリに収録され、右の生きものの「分類ツリー」にも登録される。 キンカジューの場合、「生き物全体>哺乳類>ネコ目>アライグマ科」という枝分かれの先に、キンカジューを示すブルーのドットとして残る。 自分の出合った生き物が記録されるので、自分の出合った動物図鑑をつくることもできる。 なお、ちなみにこのアプリの開発者はダイバー。 自らが海で出合った生きものの名前を知るために生み出したという。 そのため、このアプリの真価は海のなかでこそ発揮される。 海の生きものや魚にはめっぽう強いのだ。 ダイビングをするみなさんは、ぜひ海中で試してみてほしい。 人生をより価値のあるものにしてくれるAIとARの進化 「検索」ということが当たり前になってきた今、文字や声といった言語だけでなく、見ている風景でも検索できる時代がやってきている。 AIやARの進化は、間違いなく私たちの日常を、これまでより価値あるものに変えているのだ。 スマホアプリでは、まだまだ精度が高くないものもあるが、今後5Gの時代になり、スマートグラスなどのデバイスや、AIの機能がさらに進化すれば、見るだけで瞬時に正体がわかるような時代が来るかもしれない。 今まさに、その予感がリアルになりつつある。 技術の進化は明らかにワクワクの度合いも進化させてくれているのである。

次の