エヴァ 破 アスカ 死亡。 エヴァンゲリオン破ネタバレあらすじ!アスカ死亡でサードインパクト?

エヴァンゲリオン破ネタバレあらすじ!アスカ死亡でサードインパクト?

エヴァ 破 アスカ 死亡

ネタバレありです。 さて、ようやく待望のエヴァンゲリオン破のBDが発売されました。 私の当時の劇場版を見ての感想は。 結局私は劇場版は1回しか観に行かなかったことを後悔してますw BD版はバージョン2. 22として劇場版と比べて修正点が結構あります。 細かい部分や大きな部分がありますが、期待し過ぎたのか自分としてはこの修正、調整には残念でした。 例えば残念なところはBGM音量が絞られ、音声が聞き取りやすくなっているのですが、落下使途(サハクイエル)戦が特にそうだけど、劇場版を見たときと比べると迫力がなくなっている(気がします)。 でもそれは家庭用テレビと劇場の音響効果の違いかな?w まあ、劇場版は初めての視聴でそりゃインパクトがあるのは当然、しかも映画館ならではの大画面、音響効果なので家庭用の環境では見劣りするのも仕方ないかもしれません。 まして、その劇場版を1度しか見てないし、時間も経っているので脳内美化されていると思いますが。 また、個人的には 修正なしのバージョン2. 0(劇場版)を見たかったところです。 とは言え、何度もそのBD版を見ていると、それが自分の中で標準になっていくので結局は気にならなくなっていくものですがw なので、BD版視聴第1回目は、「こんなのだったっけなぁ…?」と残念な感じでしたが、何回か見ている今は、さほど気にならなくなっています。 次はBD版での自分が気付いた修正点や、改めて見て気付いた点、部分的な感想や予想などを画像付きで挙げてみます。 よく聞くとアスカの声なんですよね。 劇場では気付かなかったです。 序盤、弐号機登場後、シンジと加持のやりとりの追加 これ見ると、加持はこんな重要なモノをひとりで手に持ってきたことが分かります。 いくらバッグに手錠つけてるにも、無防備すぎないですかね?w 微妙と言われてる作画w ヤマシタBGM時、マヤの隣にいた樋口真嗣氏と思われる人物がいなくなっています これは自分では気付かなかったけど、ネットで違いを調べてたら挙げられてました。 任務失敗が99%な作戦なワリに、そして他の声優と比べてどうも必死さが伝わってこないんですよねw 一人浮いた感じを受けました。 セカンドインパクト回想シーン いわずもがな、ウルトラ兄弟w 左からゾフィー、マン、新マン、セブンですね、わかります。 監督自体、特撮が好きでこういうお遊び入れてるんだろなぁ。 ミサトの携帯の着信音(ウルトラマンの無線、キングギドラの泣き声)や冒頭でのスタジオカラーのテロップの効果音がウルトラマン変身のものとか。 破の作風として、昭和テイストな要素を盛り込んでますよね。 歌謡曲やギャグのノリや中盤でのお食事会もそう。 ギャグのノリは、例えばアスカの裸シーンでシンジを蹴るところなどが昭和からの典型的なお約束パターン。 表情の変化や顔を赤らめるのは昔からのベタな演出(しかもそれが従来のエヴァのシンジのシーンのパロディだからなお面白い)。 顔を赤らめる演出は全般的に多いですよね。 お食事会でも女子が好きな男子へ料理をもって好意をもたせるのは、いかにもな昭和なテイストです。 そういったこともあって視聴者の世代が広いエヴァでは、より30代以降の人は懐かしい感じとして楽しめるのではないかと思います。 このシーンを見直して、新ヱヴァのラストはゲンドウがシンジを身を呈して助けるんじゃないかと思ったり。 SDATの数字が27に マリとシンジの接触から、SDATの数字が27になることマリの登場がエヴァを破壊するとのことで、今まで繰り返していた25、26がついに未踏の27になります。 (数字はテレビ版での話数を表しているとのこと) ペンペンが一緒に避難している これも修正らしいです。 確かに前作だとペンペンがどうなったかあやふやになってましたからね。 ビーストモード発動時の演出 こんなにあっさりしてたっけ?自分の記憶だと、窓に赤の文字、紋様がずらっと並んだ気もするんだけどなぁ。 ゼルエル戦でのシンジの顔の修正 今までは狂気の笑みでしたが、今作のシンジは自分の意志で行動している、のが大きく現れていますから。 月での物体の正体 新ヱヴァは前劇場版の続きではないか、という仮説がありますが、やはり間違いないでしょう。 Mark. 06(エヴァ6号機)の中の人は前作のリリスのようですね。 地球のセカンドインパクト(前作のサードインパクト?)地点に前作劇場版のラストの十字架が見える カヲルの意味深な言葉 新劇場版が前作(テレビや旧劇場版)の続きというような伏線がこちらでも張られていますよね。 確かに旧劇場版では皆は幸せになりませんでした。 劇場公開視聴の私の感想でも書きましたが、今回の新ヱヴァでは皆が幸せになれる作品になると思っています。 それは今作がこれまでと比べ、角もとれて、エンターテインメント性、娯楽性が高い作品になっていますから。 ちなみに破の作中で綾波レイがアスカに 「あなたにはエヴァに乗らない幸せがある」とか 「碇君がもうエヴァに乗らなくていいようにする」といった発言があります。 今作のヱヴァがラストで幸せになるとしたら、エヴァに乗らない幸せ、つまりテレビ版のラストの学園生活になったりして?w まあ、それはやりすぎかもしれませんが、その辺を色々考えてみるのも楽しいものですw 次は予告です。 この構図、前作の弐号機がロンギヌスの槍でやられることのオマージュですかね。 弐号機は逆に身体を反らせてるけど。 これも構図としてテレビ版24話「最後のシト」のオマージュになるのかなぁ? ドグマへ降りるテレビ版の弐号機=Qでの6号機、似てます。 カヲルがいるのは両方同じだし。 それと6号機はカタチが初号機っぽいのも意味があるのかも…? エヴァ8号機って、あれ、7号機はどうなってんの?w それとパイロットって誰なのか気になるなぁ。 服装からして、二枚目画像の手前にいるのはカヲルと分かります。 影になってる4人はシンジ、レイ、アスカ、マリと考えるのが妥当なところだけど…? 個人的な予想で、加持はテレビ版の死亡フラグを回避するんじゃないかと思ったりしてますw このシーンが全くもって意味不明ですw なんでレイがこの制服を着てるのかが不明。 この制服着てたのはテレビ版最終回だけだった気がするけど? 前のレイの画像と背景が一緒ですな。 名前が消されているのが気になる。 某掲示板でカイジ化と言われているアスカw 作画が修正されて、アゴが尖っている模様ですw まあ、左目の眼帯はTHE END OF EVANGELIONのキズ以外に考えられないですよね。 ちなみにQuickeningとは胎動との意味。 劇場未公開のボツシーンが4つ見られます。 こういうシーンで声優が声をあてていくわけですね。 私が当たったフィルム。 シンクロテスト後、修復作業の初号機。 まったく面白味がないシーンw 他、細かいことなど。 ・マリの存在意義が個人的には「?」 商業的、話題的な意味合いが強いと思いますが。 どっかで鶴巻氏がデザインしたとか見たような気がするけど、そうだったとしたら確かに氏のデザインっぽいし、楽観的なキャラで、従来のエヴァには似つかわしくないキャラな感じがします。 だからこそ、エヴァを破壊するキャラなんだろうけど。 それにしてもビーストモード、あんなシーンだったっけ?思いっきりかませ犬すぎですねw ・水族館でのシーン 思いっきり滅菌処理してたけど、アスカが携帯ゲーム機、ケンスケがビデオカメラを持ち込んでたけどどうやって滅菌処理したの?w 単に持ち込み物は処理しなくていいだけ?w ・アスカの縞パンが見られるのはエヴァンゲリオン破だけ! ・ゼルエル戦、弐号機に誰が乗ってるか分からなく、勝手に動いてるのに、ネルフの人間はあまり驚いてない様子。 …いいの?w ・ラストでの(テレビ版で言うなら男の戦い)でのシンジがもう一度エヴァに乗ると決意するシーン 前作では加持に説得されてですが、今作は自分の意志で乗るところが改めて見て良かったです。 ・ゼルエルの綾波レイを吸収してからの胸の乳首の表現 誰得www ・サードインパクト発動時の「翼をください」のラスト付近のBGM、ヴァイオリンなどの使用が前作のサードインパクト、「甘き死よ来たれ」のBGMのテイストになんとなく似てますよね。 ・映像特典での林原めぐみさんの「19番、今日の日はさようなら、歌います!よろしくお願いします!」の喋り方に吹いたw さて、なんだかんだでBD版は購入して良かったです。 次のQの公開も楽しみです。

次の

エヴァンゲリオン破ネタバレあらすじ!アスカ死亡でサードインパクト?

エヴァ 破 アスカ 死亡

エヴァは第一使徒アダムもしくは第二使徒リリスをもとにして作られた兵器です。 兵器ですがロボットではなく、巨人を拘束具かつ、装甲板である防具で覆ったものです。 人造人間ということになっています。 (ちなみにTVアニメシリーズの設定では、第一使徒アダムからは第3使徒から第17使徒が生まれ、第二使徒リリスからは第18使徒リリンである人間が生まれたということになっています。 ) 新劇場版:破では アスカが試験中のエヴァ5号機に乗った際、第9使徒が5号機に寄生していたことが判明。 (漫画版、TVアニメ版ではこの5号機に乗るのはシンジの親友トウジです。 こちらでも、トウジもろとも寄生型の菌のような使徒に浸食されてしまいます。 ) ゲンドウはもはやアスカを5号機から救い出すのは不可能と考え、使徒に寄生された5号機を名目上第9使徒として処理することにしたのです。 アスカは奇跡的に死んではいません。 (漫画版、TVアニメ版ではシンジの乗った初号機にトウジの乗ったエントリープラグが握りつぶされ、トウジは絶命します。 ) なぜ、アスカは助かったのか…は制作者側も奇跡的に助かったとしか設定を考えていないと思います(笑)だって、ものすごい災害に見舞われたり、車がぺしゃんこになるような事故にあっても奇跡的に助かる人はいるでしょ…それをなぜなんだと言っても仕方ないじゃないですか、と庵野監督はおっしゃられるのではないでしょうか(笑) これは推測ですがプラグスーツという生命維持器具のついた生命防護服を着ていたということとL. Lが衝撃に対しての緩衝液になったのではないか、また致命的な急所の損傷はたまたま逃れられたために、生き残ったのではないでしょうか… もしくはもはやアスカはリリンではないから…? そして、なぜ、エヴァは暴走するのかということですが、これはTVアニメと漫画版の設定を新劇場版が引き継いでいるものとして説明します。 そして壮大なネタバレになるので新劇場版Qを見ていない場合は注意してください。 エヴァには使徒と同じようにコアとよばれる部分があります。 これが壊れてしまうとエヴァは死んでしまいます。 シンジの乗っている初号機のコアにはシンジの母親であるユイの魂が制御システムとして取り込まれており、 アスカの乗っている弐号機のコアにはアスカの母親であるキョウコ・ツェッペリンの魂が取り込まれています。 レイの乗っている零号機やその他のエヴァのコアについては制作側は何も言及していません。 初号機はとくに暴走が多いです。 これはエヴァのコアにユイの魂が入っており、シンジが危険に陥ったり、シンジの強い思いに呼応して、ユイがシンジを守ろうとしたり、シンジの意思に答えるために、ユイが初号機を暴走させているからです。 なので、電源が無くなっても、エヴァの制御システムであるユイが動かせばエヴァは動くということだと思います。 零号機の暴走については制作者側の言及がありません。 が、ともかく暴走はエヴァの故障で起こるものではありません。 コアになんらかの異常(コアに取り込まれているチルドレンの母親の魂が反応したり…)が生じて搭乗者の意思に関係なく、エヴァが勝手に動くことを暴走というわけです。 長文失礼しました。 2号機は、3号機到着と共に封印され バチカン条約で、一国のエヴァ保有数は3機までと決められている為 、第10使徒襲来の際にマリが搭乗しています。 3号機は使徒に寄生された為、第9使徒と化しました。 しかし、シンジが戦闘を拒否した為、ダミーシステムという、パイロット無しでエヴァを動かすシステムが起動し、初号機は3号機を殲滅したのです。 エヴァは使徒と戦う為の兵器ですが、エヴァ自体が使徒をコピーして作られた「人造使徒」です。 使徒はATフィールドというバリアを展開する為、通常兵器が役に立ちませんが、エヴァもATフィールドを展開出来る為、フィールドを中和しての攻撃が可能となります。 だから、使徒と戦えるのはエヴァだけであり、使徒と同じ力を持つ=使徒に由来した力という訳です。 ですから、ある意味人類にとっては「両刃の剣」と言えます。 ネタバレあり 初号機の暴走は、シンジを守ろうとする、母親としての防衛本能です。 エヴァ初号機には、シンジの母・碇ユイの魂が宿っています。 だから、シンジは訓練無しで初号機とシンクロ出来たのです。 また、暴走に似てはいますが、「覚醒」という状態があります。 これは、エヴァの意識が目覚めた状態です。 先に書いたように、エヴァはロボットではありません。 ロボットっぽい外装の下には、生身の素体があります。 ですから故障などではなく、本来の意識が目覚めた状態です。 エントリープラグはかみ砕かれましたが、運良くアスカのいた箇所を外れたという事でしょう。 ちなみに、使徒に侵食された影響で、アスカの眼帯の下には、使徒の細胞組織が残留しているようです。 アスカの乗ったヱヴァ(試作機)は、使徒となってしまい、ゲンドウがシンジに「使徒を殲(せん)滅しろ。 」と命令し、シンジはアスカの乗っているヱヴァだとは知らされず、出動すると、そこにはヱヴァがいたのです。 もちろんシンジは、アスカの乗っているヱヴァに攻撃はせず、自分の身を守っていましたが、使徒のほうが強く、シンジは戦わないし、このままではシンジはやられてしまうので、ゲンドウはダミーシステム(自動で戦ってくれて、人が操作して戦うより強い)を作動さして、アスカのヱヴァの腕などを食いちぎり、最後には、エントリープラグを食いつぶしてしまうという残酷なこととなってしまったのです。 おそらくですが、アスカはギリギリのところで生きていたのではないでしょうか? なぜヱヴァが使徒になるのかは、ヱヴァが使徒に近い存在だからじゃないですかね? 分かりにくい答え方ですいません!!.

次の

渚カヲル (なぎさかをる)とは【ピクシブ百科事典】

エヴァ 破 アスカ 死亡

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する葛城ミサトとは? 葛城ミサトのプロフィール 葛城ミサトは 『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物の1人。 生年月日は1986年12月8日、年齢は29歳、血液型はA型、身長は163㎝、体重は47㎏です。 テレビ版では NERV(ネルフ)の戦術作戦部作戦局第一課課長、 新劇場版ではNERVの戦術作戦部作戦局第一課課長からWILLE(ヴィレ)の指揮艦長となっています。 葛城ミサトは 碇シンジと惣流・アスカ・ラングレーの保護者であり、上司でもあります。 エヴァンゲリオンの戦闘指揮官も務めており、シンジやアスカがエヴァンゲリオンに乗る際には指示を出しています。 指揮官として優秀な一方で、 私生活はずぼらでだらしがありません。 家事もシンジに任せており、レトルトカレーを作った際にもまずくなるというかなり料理下手です。 関連記事をご紹介! 葛城ミサトの過去 【セカンドインパクト】15年前、人類の半数を死に至らしめた地球規模の大災害。 その被害の爪痕は各所に残っている。 — アンク@金曜ロードSHOW! セカンドインパクトに遭遇した者の中では葛城ミサトが 唯一の生存者であり、その際に 大きな精神的外傷を受け失声症を患っている時期がありました。 また、胸部から腹部にかけて傷痕が残っています。 家族よりも、研究を優先して没頭する父にあまりいい想いを抱いていませんでしたが、セカンドインパクトが起きた際に命と引き換えにミサトを救い、それ以来ミサトは 使徒に対して復讐心を抱くようになります。 それでは、葛城ミサトの最後とその真相についてご紹介していきます。 『葛城ミサトの死』はTV版と劇場版で結末が違う! 平成最後の8月後半は、ふと思い立って、夜な夜なエヴァンゲリオンのテレビ版全話と旧劇場版を見直してしまった。 90年代に引き戻されて映画館で打ちのめされた精神破壊まで思い出したけど、最後のシーンが「救い」だと感じるくらいには大人になれてた。 つまり、葛城ミサトの最後もテレビ版と旧劇場版では違うということです。 葛城ミサトの最後を紹介する前に、テレビ版と旧劇場版の結末について簡潔にご紹介します。 テレビ版は人類補完計画が発動し、シンジの精神世界が描写されます。 エヴァンゲリオンも使徒も存在しない世界を見て、自分がここにいてもいいということに気付きます。 最後に登場人物たちに「おめでとう」と言われ、シンジは「ありがとう」と言って微笑んで終わります。 旧劇場版は全ての使徒を倒し終わり、ゼーレの戦略自衛隊との戦いが始まります。 シンジの絶望からサードインパクトが始まり、全人類の肉体が液化します。 EVA初号機は第2使徒リリスに取り込まれ、 シンジが全人類が1つになること望まなかったことでリリスを倒します。 葛城ミサトの死因は戦略自衛隊による爆破! 久々に好きな旧劇見てたら目線誘導がちゃんとなってて驚いた。 戦略自衛隊が構える銃の先に目が行くよう壁の線があったり、別画面でも同じように火炎放射の先にラインがある。 エヴァは画面レイアウトすげーな — OA omnifactory 葛城ミサトが死ぬことになるのは旧劇場版の方です。 全ての使徒を倒したNERVに対してゼーレは戦略自衛隊を用いて武力的占拠を開始します。 NERVの施設がどんどん破壊されていく中、 シンジが生きる気力を失ったまま戦略自衛隊に殺されそうになっているところをミサトによって救出されます。 ミサトとシンジはEVA初号機のケージへと向かいますが、その途中でミサトは 戦略自衛隊から銃撃を受けて負傷します。 その後のミサトとシンジの会話は非常に印象的で2人の人間性がよく表れています。 シンジをEVA初号機の元へと送り届けた後、ミサトは倒れます。 戦略自衛隊から受けた負傷は致命傷ではありましたが、 最後は戦略自衛隊による区画爆破によって命を落とします。 漫画版の葛城ミサトは戦略自衛隊を道連れに自爆して死亡 漫画版のここのミサトさんがさいこうにセクシーでかっこいいからみんなエヴァ買お? ? — 🤖アヤ🚀 kawakilla 漫画版では若干ですが葛城ミサトの最後が違います。 旧劇場版では戦略自衛隊による区画爆破によって死亡しましたが、漫画版では 手榴弾で戦略自衛隊の隊員を道連れにして自爆します。 旧劇場版でも漫画版でも死亡してしまうことには変わりありませんが、どちらにしてもシンジを守って死亡していることから、 保護者としても上官としても使命を全うしていることがわかります。 人類補完計画が発動。 葛城ミサトを含む全人間はL. Lへ! あーそっか、こいつらもテレワークだったのか。 Lという液体と化します。 Lとは エヴァンゲリオンのエントリープラグ内に満たされるオレンジっぽい色の液体のことで、液体でありながらも肺に取り入れることで直接酸素を供給させることができます。 また、L. Lは 血液のような臭いがします。 生命のスープとも言われていることから重要なものであることがわかります。 戦略自衛隊による区画爆破で死亡した葛城ミサトですが、彼女もまた人類補完計画の発動と共にL. Lに還りました。 肉体がL. Lとなった後、 魂は「黒き月」に集められ、全人類が単体の生命になりかけます。 しかし、シンジがそれを望まなかったことで元の世界に戻り、シンジとアスカだけしかいない世界になります。 Lに還った全人類と葛城ミサト。 しかし、L. Lに還ったということは死んだということなのでしょうか。 その真相はいかに。 葛城ミサトは生き返ることは可能なのか? エヴァ。 テレビ版だと、ここなのか? 「おめでとう」 個人的には「笑えばいいと思うよ」 「笑えばいいと思うよ」は、テレビ版がイチオシ。 — 椿らい堂 raidotsubaki そもそも人類補完計画とは、 全人類をL. Lに還元して1つの生命となることが目的でした。 自分と他人の間には壁または境界線があり、これが ATフィールドです。 このATフィールドがなくなることで人類は1つになります。 シンジは他人と1つになることに葛藤し、最終的にはそれを拒みます。 これによって L. Lに還元された状態を再び他人との境界線がある状態にし、人間の姿に戻ります。 これを サルベージと言います。 Lから人間の姿に戻れるということは、 葛城ミサトや他のL. Lになってしまった全人類も生き返れる可能性があるということです。 なかなか難しい話ではあったかと思いますが、ATフィールドとサルベージが人間と大きく関係していることは確かです。 葛城ミサトはもう1人の主人公的な要素もあるキャラクター! 葛城ミサトの死亡フラグ ほんとにかっこいい😭 — ガンダムマイスターしゅん kawashun05 いかがでしたでしょうか。 葛城ミサトの最後とその真相について少しでも知ることができましたでしょうか。 葛城ミサトは旧劇場版にてシンジを庇って死亡し、サルベージによって生き返ることができる可能性があるということでした。 少々難しい内容ではありましたが、詳細は是非とも『新世紀エヴァンゲリオン』をご覧になって確認してみてください。 いろいろな解釈があるからこそ面白いかと思います。 関連記事をご紹介!.

次の