ドラパルト 強すぎる。 ポケモン勝手に考察 ⑤ドラパルトの耐久ライン

【剣盾】【疑問】弱点保険ドラパルトやたらみんな真似してるけどアレそんなにいいか?

ドラパルト 強すぎる

ドラパミミッキュが最強? ドラパルト、ミミッキュの性能が頭一つ抜けています。 多くの動画や記事などを見て分かってはいましたが、実際に自分で使ったり、使われたりするとより実感しますね。 ドラパミミッキュに@1という選出がシンプルに強い。 雑に使っても強いので、初心者の方にも良いんじゃないかと思います。 剣盾から登場したドラパルト。 素早さと攻撃が高い尖った種族値に、豊富な技を併せ持つポケモンです。 専用技のドラゴンアローや、シャドーダイブ、はがねのつばさ、とんぼがえりなどの有用な技が勢ぞろい。 Cも低くなく、大文字を覚えるため役割破壊もできます。 更に、竜の舞も習得できます。 3つある特性も強力で、威嚇を無効化できるクリアボディ、相手の壁やみがわりを無視して攻撃できるすりぬけ、夢特性にのろわれボディも持っています。 欠点としては、耐久がそこまで高くないことですが、ダイマックスでカバーできます。 現在は、ダイマックスで体力を確保し、弱点保険を発動させるのが主流。 総じて、対面性能が高く、パワーのあるポケモンという印象です。 ただ、スペック的には何でもできるポテンシャルを持っているので、いずれ起点づくり型とか出そう。 そして相方のミミッキュ。 ミミッキュは第七世代の頃から暴れていたので、ご存じの方も多いかと思います。 特性ばけのかわによる、問答無用の行動保障。 種族値合計こそ控えめなものの、配分は無駄が無く、豊富な技を持っています。 圧倒的な汎用性の高さがミミッキュの売り。 現在では主にエースとしての運用がされていますね。 第八世代になり若干弱体化は受けましたが、実用には殆ど被害なし。 寧ろ、ダイマックスにより苦手な相手の強引な突破が可能になり、強化されているようにさえ感じます。 この二匹のポケモンのスペックがずば抜けているため、現環境はこの二匹を中心にメタが回っています。 ドラパミミッキュをいかに上手く使うか、ということがこれから求められるでしょう。 ドラパミミッキュのメタ ここまでスペックが高いと、必然的にメタれるポケモンの評価が高くなります。 ドラパミミッキュが暴れ、そのメタが暴れ、メタのメタが暴れ、またドラパミミッキュが暴れる。 そういった環境の循環がポケモンでは起こります。 現在は最初のドラパミミッキュが暴れている段階なので、メタポケモンが非常に優位に立ちまわれます。 ただ、そのメタがなかなか難しい。 どちらのポケモンも型が多く、対策するのが大変です。 ドラパのメタはダイマックスにより本当に大変ですね。 フェアリータイプでも、生半可なポケモンだとダイスチルで突破されてしまいますし。 輝石サニーゴやナットレイもちょっと厳しい。 明確にメタれるのはオーロンゲでしょうが、あまり使いたくないです(好きな方ごめんなさい) *追記 悪タイプがドラパルトに相性が良いようです。 詳しくはこちらの記事で。 一方のミミッキュは、メタがある程度考えられます。 有名なのは型破りドリュウズでしょうか。 そんなミミッキュメタの中で、私が個人的に注目しているのはヨクバリスです。 強力な特性に加え、ノーマルタイプなのでダイホロウによる強引な突破を許しません。 種族値もイメージほど低くはなく、割と無駄のない配分をしています。 極端などんそくによるジャイロボールで打点がかなり高い。 研究すれば結構化けるんじゃないかなと思います。 @1に何を入れるか ドラパミミッキュが強いのは伝わったかと思いますが、ここで考えるべきは@1に何を入れるか。 及び、パーティー単位で何を入れるか。 1の候補としては、受け出しが安定する サニーゴや ドヒドイデ、パワーがあり器用な動きもできる ギャラドス、環境に刺さっている ナットレイなどが使いやすいかなと思います。 個人的にはサニーゴが一番使いやすかったかも。 ドラパに炎技が無かったり、ミミッキュで強引にナットレイを突破したくないなら、ナットレイに強いポケモンを出すのも良さそうです。 パーティー単位なら、補完に優れた ウォッシュロトム、ナットレイに対して強い 火トムや ウインディ、ドラパルトに対して強い オーロンゲなどが良いかなと思います。 ブラッキーなども少し気になっています。 ドラパミミッキュの欠点を強いて挙げるのなら、耐久の低さだと思われます。 ドラパルトは並程度にはありますが、決して高くはありません。 ミミッキュも化けの皮で無理やり出すことはできますが、安定した受けとは言い難い。 そういった耐久面の低さを埋められるパーティーづくりが理想ですね。 ドラパミミッキュを基本選出とし、4匹の 1ポケモンでパーティーを埋めていくというのでも良いと思います。 本当にそれくらいドラパミミッキュが強いので。 あとがき 初心者なので甘い部分も多いとは思いますが、ドラパミミッキュについて書いてみました。 少しでも参考になれば良かったのですが。 書いていてもやはり思いますが、ドラパミミッキュは本当に隙が少ない。 明らかにスペックが他のポケモンより高いように感じます。 一応メタることも可能ですが、メタらなきゃいけないという時点で強さを示しているかと。 ただ、まだ剣盾の対戦環境は始まったばかりですし、私の様にやっと育成が終わってマルチに潜れるという方も多いと思います。 ですので、ドラパミミッキュばかりで嫌になるという気持ちも十分に分かりますが、まだ絶望するには早いかと。 今はまだ、単純なスペックの高いポケモンばかりが注目されていますが、これから研究が進んでいけばどんどん新しいメタが生まれるはずです! ホームの開放もありますからね。 自分の楽しめる範囲でゆったり楽しんでいきましょう。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

電磁波残飯ドラパルト

ドラパルト 強すぎる

本作の問題児ポケモン、ドラパルト。 恵まれた種族値とタイプ、技範囲。 ハッキリ言って強すぎます。 今回の記事では自分の勉強のため、そして体験談を交えて ドラパルトの型と対策をまとめてみました。 多いと言っても3回に1回ぐらいは持ち物不明でお亡くなりになるので自信をもっては言えない。 その後ダイスチルでぼうぎょを上げるなどやりたい放題。 この型が一番対策しにくい上に多分最強。 正直ほとんどいない。 長所である技範囲を自ら消すためオススメもしない。 【対策】 -受けポケモン出しておけば終わり。 突然ナットレイやギャラドスが1撃で倒される恐れがある。 しかしバンギラスなら対応可能。 それなりに強いけど特殊攻撃を持っているパターンが少ないため 物理耐久ポケモンで止められる。 しかも自身がゴーストタイプのためかわらわりも効かない。 ちゃっかり入ってるおにびもめちゃくちゃ刺さる。 【対策】 -サイコファング -サニーゴやドヒドイデ など まとめ ハッキリ言って一発ですべての型を対策する方法はないと思います。 一番近いのはバンギラスというポケモン。 物理耐久もかなりあるし、あくタイプなのでゴースト技も通らない。 とくせいのすなおこしにより特殊方面もカバー可能。 壁張り型が存在するのが本当に面倒。 最低でもおにびを入れるという仕事をされるので対策しきれない。 ゲッコウガを対策するよりしんどいです・・.

次の

【剣盾】【疑問】弱点保険ドラパルトやたらみんな真似してるけどアレそんなにいいか?

ドラパルト 強すぎる

なので、 今回はトゲキッスの育成論を書いて行きます。 むかしの害悪トゲキッス 昔はスカーフ型が9割 このトゲキッスというクソ害悪ポケモンは、 「てんのめぐみ」という、追加効果の発生確率を2倍にするというぶっ壊れ特性を持っています。 そして 「エアスラッシュ」というひるませる確率3割の飛行技をスカーフで誰よりも上から打ち込んで6割の確率で行動できなくしてきます。 ヘラヘラすんな 6割の確率で行動できなくするよ!!! この時点でもうあり得ないほどオカシイんです。 トゲキッスのすばやさ種族値は「80」です。 ホルードの回でも書いたように「78」以上なら現在環境にいる中では素早さトップの「ドラパルト」をすばやさ1段階アップの「こだわりスカーフ」で抜くことができます。 つまりすばやさ「81」のスカーフ持ち以外は、全部上から叩けて 6割で行動させなくして叩き潰せるってことですね。 トゲキッスの種族値 種族値 HP 85 攻撃 50 防御 95 特攻 120 特防 115 素早さ 80 合計種族値 545 「とくこう」も、高ければ、「とくぼう」も「ぼうぎょ」もわりかし高めの数字で、HPも結構高いです。 相対的にみて「ドラパルト」より全然守りが硬いですね…こりゃ強いわけだぜ。。 ダイマックスさえしてしまえば、相手のダイマックス一致弱点技もかなり高い確率で耐えてしまいます。 こりゃ。 ドラパルトより多いわけだぜ ヘラヘラすんな トゲキッスのタイプ 「フェアリー」「ひこう」 弱点2倍 こおり でんき どく はがね いわ 耐性2分の1 くさ あく 耐性4分の1 格闘 むし 耐性 無効 じめん ドラゴン 弱点5タイプ 耐性6タイプ 弱点の数は少なくはないですが、 耐性6タイプ、で結構優秀です。 僕の相棒スカーフ持ち「ホルード」はこやつにより何度も屠られました。 努力値 とくこう252 すばやさ252 HP4 俺の育成論は殆どぶっぱなんです。 許してください。 上記の理由により、最速で運用して、あとは火力にガン振りします。 トゲキッスの持ち物 「じゃくてんほけん」 私が環境で確認した限り、ほかに「スカーフ」型「いのちのたま」型「ラムのみ」型「オボンのみ」型などが存在しましたが 私のブログでは「じゃくてんほけん」を題材に上げることが多いので、これで行きます。 実際に環境の5割くらいが「じゃくてんほけん」型でした。 ポケモンも狂ってるし、環境も狂ってますね。 ダイマックス技の「ダイジェット」もぶっ壊れており、追加効果はなくなりますが、威力130必中ですばやさランクが1段階あがります。 異様にとんできやすい弱点技!? つまり1発ダイジェットを打った時点ですばやさは誰よりも早くなり、上に書いたような害悪が可能になります。 ダイマックスしてるときは、この技を連打するだけで相手が吹き飛んでしまうこともあるでしょうし、 もしも、ダイマックスを凌ぎきってしまっても ダイマックスから戻ったトゲキッスに、「エアスラッシュ」で上から叩き潰されてしまうので、ダイマックス中に何とかしようと必死な弱点技がよく飛んできます。 「ひこう」も「フェアリー」も通り辛い「はがね」タイプへの打点。 第4世代から覚えるサブウエポンなので、結構有名で、警戒されることも多いが、やっぱりあったが便利。 他にも「バンギラス」への4倍弱点になるため役割が持てるようになる。 必中効果はダイマックスさえすれば、全部必中なのであんまり役に立つ場面はない。 威力もほのお技のほうが高いし、ゴーストには無効のため、「バンギラス」の為だけに採用することになるが、肝心のバンギラスが砂嵐でとくぼうが1. 5倍のため落とせない。 また奴もバケモノである。 相手はトゲキッスを見たらエアスラ怯みが怖いので、とにかく隙を見せずにぶん殴られることが多いが、有効打がない敵の前では余裕で積むことができる。 「じゃくてんほけん」があるので必須ではない。 なんとこのトゲキッスというポケモン。 古来から伝わる「まひるみ」戦法を自分だけで成立させることができる。 エアスラひるみの6割の効果と合わせて、まひ状態にすれば相手が動けない確率はなんと7割… 「ダイマックス」すればひるみにならないのが、唯一の救いである。 トゲキッス育成してみた結果! また次回! 後ほど、このトゲキッスを育成して、対戦環境に潜った感想を書いてみますので乞うご期待。 育成まで時間かかったらすみません! 他のポケモンの育成論なども沢山書いているので、よろしくお願いします!.

次の