デカフェ コーヒー。 コンビニのデカフェ・カフェインレスコーヒー6選!どこで買える?紅茶系も!

【徹底比較】カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキング10選

デカフェ コーヒー

有機溶媒抽出• ウォータープロセス式• 超臨界二酸化炭素抽出 1. 有機溶媒抽出 ドイツで開発された、世界最初の脱カフェイン法です。 薬品(ジクロロメタン)を使うのですが、このカフェイン除去方法は日本で禁止されています。 輸入も禁止されているので、日本で目にすることはないでしょう。 ウォータープロセス式 その名の通り、水を使って脱カフェインする方法です。 カフェイン以外の成分も流れやすく、風味がやや落ちるのが欠点。 日本では多くのデカフェ商品で見かけるポピュラーな方法です。 超臨界二酸化炭素抽出 二酸化炭素を豆に浸透させてカフェイン除去する方法です。 豆に負担をかけずに、コーヒーの成分も残りやすいため、3つの中では最も安全で優れた方法と言われています。 かなり美味しいデカフェコーヒー 今や日本で購入できるデカフェコーヒーの種類は数えきれないほど豊富です。 コーヒー専門店のものから、スーパーでも買える大手メーカのものまで広くご紹介します。 既にミルク、砂糖が入っているタイプです。 こういったものでも、デカフェがあると知り購入してみました。 スーパーでよく見かけるので、比較的手に入りやすいのもいいですね。 美味しいコーヒーという、本格派からはちょっと外れますが、甘いのが飲みたいときは手軽でおすすめです。 おいしいノンカフェイン(デカフェ)コーヒまとめでした! デカフェコーヒーはまだまだ紹介できないほどたくさんあります。 わたし自身も、試したことのない商品が沢山あるので、新しいコーヒーを試したら順次追加していく予定です。 まとめてみて、気づいたのはデカフェでもそれぞれ個性が異なり、まったく違った味わいで、奥が深い!ということ。 ぜひ、あなた好みのデカフェコーヒーを見つけて、楽しいコーヒーライフをお過ごしください。

次の

コンビニのデカフェ・カフェインレスコーヒー6選!どこで買える?紅茶系も!

デカフェ コーヒー

「デカフェ…って最近よく聞くけど、じっさいなんのことなの?」 と思っているかたのために、記事を書きました。 最近では、デカフェと呼ばれる、 カフェインが取り除かれたコーヒーや紅茶、お茶が増えています。 そのためカフェインを気にすることなく、ティータイムを楽しむことができるようになりました。 この記事ではそんなデカフェについて、• そもそもカフェインって何?• 最近よく耳にする「デカフェ」とは?• デカフェのメリット・デメリット• カフェインレス・ノンカフェインとは?• カフェインをとりのぞく3つの方法 という順に紹介していきます。 デカフェやカフェインについてざっくりと知るだけでも、ふだんのコーヒータイム・ティータイムがグッと楽しくなりますよ。 概要を知るだけならハードルはそこまで高くありません。 まずはこの記事で大まかにデカフェを理解していきましょう! 目次• カフェインってそもそもなに? カフェインについて 「飲むと目が覚めるよね!」 「飲みすぎるとトイレが近くなる…」 といったイメージを抱いているかたは多いでしょう。 ただ、カフェインの作用はそれだけではありません。 身体の脂肪を燃やす• 運動の能力が上げる など、様々な効果があります。 ときには、薬の成分として使われることも。 詳しくは「」をご一読ください! 最近よく聞く「デカフェ」って何? デカフェ(decafe)の「デ(de)」は、フランス語で「抜く・除く」という意味です。 そのためデカフェとは、コーヒーや紅茶のように もともとカフェインがあるものからカフェインを取り除くことを言います。 さらに、通常はカフェインを添加するコーラやエナジードリンクのような飲食物に カフェインを加えないことも意味しています。 なんとなく「デカフェ=カフェインを取り除いたもの」と思っていたかたもいるのではないでしょうか? それだけではなく、「カフェインを加えないこと」もデカフェなんですね。 デカフェのメリット3つ ここからは、デカフェを利用するメリットを• カフェイン中毒・依存症になりにくい• 胃腸にやさしい• 覚醒作用がない の順に3つ紹介します。 カフェイン中毒・依存症になりにくい カフェインは、取りすぎると中毒や依存症になることがある物質です。 確かに、目を覚ましてくれたり、脂肪の燃焼を促してくれるメリットもカフェインにはあります。 ただ、使いすぎによるデメリットがあることも忘れないでくださいね。 飲食物からカフェインをとりのぞくと、中毒や依存症になることを防ぐことができます。 胃腸にやさしい カフェインには胃液をたくさん出してくれる効果があります。 これは、食後など胃に食べものが入っている状態ではよい影響がありますが、空腹時には胃が荒れるリスクがあるのです。 その点、デカフェでカフェインが限りなくゼロに近い飲食物であれば、胃にも優しく楽しむことができますね。 覚醒作用がない カフェインによる影響は、人によってその強さがさまざまです。 夜にコーヒーを飲んでもぐっすり眠れるかたがいれば、一晩中おきてしまうかたもいます。 たとえカフェインの覚醒作用が強く出るかたであっても、デカフェのコーヒーであれば問題ありません。 夜にまったりコーヒータイムを楽しんで、かつカフェインで覚醒することがないのはデカフェのメリットですね。 デカフェのデメリット さまざまなメリットがあるデカフェ。 ですが、当然デメリットもあります。 ここでは、デカフェの• 味がもの足りない• 取り扱いがないお店が多い• 取りあつかっているお店が少ない という3つのデメリットを紹介します。 値段が高くなりがち デカフェの飲食物は「カフェインをとりのぞく」という作業が必要なため、値段が高くなりがちです。 たとえば、ふつうのネスカフェ ゴールドブレンドであれば135gで1,011円ですが、これがデカフェになると100gで1,700円に。 このように、同じメーカーのインスタントコーヒーで比較しても、値段が高くなってしまうのはデカフェのデメリットですね。 味がもの足りない デカフェはしばしば「味がもの足りない」と言われます。 カフェインをとりのぞいているからなのか、それともカフェインをとりのぞくときに味が落ちてしまうのか。 理由はともかく、どこかマイルド、もしくは香りが少ない飲食物になってしまうのは、デカフェのデメリットです。 取りあつかっているお店が少ない まだまだメジャーではないのも、デカフェのデメリットですね。 というのも、カフェやスーパーなどでデカフェのものを探しても、取りあつかっていないところが多いんです。 Amazonや楽天などで探せばたくさんあるので、さほど問題ではないかもしれません。 ただ、外出先でどうしてもデカフェが飲みたいと思っても苦労するのはデメリットと言えます。 メリット・デメリットを軽くまとめておくと、 【デカフェのメリット】• カフェイン中毒・依存症になりにくい• 胃腸にやさしい• 覚醒作用がない 【デカフェのデメリット】• 味がもの足りない• 取り扱いがないお店が多い• 取りあつかっているお店が少ない というものがありましたね。 次はカフェインレス・ノンカフェインと、デカフェがどのように違うのかをお伝えします。 カフェインレス・ノンカフェインとの違い よく混同してしまうのが、「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」の違いです。 実際のところ、その違いがはっきりわかるかたは少ないのではないでしょうか。 ここからは、デカフェとカフェインレス、ノンカフェインの違いを紹介していきます。 カフェインレスとは カフェインレスは、その名の通り カフェインが少ないものを指しています。 具体的には、 カフェインがゼロではないものの、ほぼゼロと言ってよいくらいカフェイン含有量が少ないものがカフェインレスなのです。 欧米では「0. 1%以下のカフェイン含有率になったものがカフェインレス」という明確な基準があります。 ノンカフェインとは ノンカフェインはカンタンで、 カフェインが全く入っていないものを指します。 ゼロカフェインと呼ばれるときもありますね。 デカフェのようにカフェインを取り除いたもの以外にも、麦茶やルイボスティーなど、元からカフェインが入っていないものもノンカフェインです。 デカフェの中に、カフェイン含有量の基準をもったカフェインレスがあり、それよりもカフェインが少ない(ゼロな)のがノンカフェインです。 デカフェ・カフェインレス・ノンカフェインの違いがお分かりいただけたかと思います。 カフェインを取り除く方法 ここからは、コーヒーや紅茶などからカフェインを取り除く方法について紹介していきます。 実は、ただカフェインを取り除くと言っても、その方法には3通りのものがあるのです。 有機溶媒抽出 有機溶媒という化学物質を使うのがこちらの方法。 世界初の脱カフェイン法です。 安価にカフェインのとりのぞける方法のようですが、カフェイン以外の成分もとってしまうので、味・風味が落ちるのも事実。 また、脱カフェイン時に使った化学物質が残るリスクから、日本では有機溶媒抽出でのデカフェ製品は販売が禁じられています。 水抽出(スイスウォーターメゾッド) 水を使った2段階の方法でカフェインを抽出するのが、こちらの方法になります。 具体的な方法としては以下の通りです。 コーヒー豆の成分を水で抽出する• 有機溶媒を使って、成分を含んだ水からカフェインを除去する• 水に残った有機溶媒をとりのぞく• カフェインが除かれた水にコーヒー豆をもどす 水抽出のメリットは、なんといっても安全性。 有機溶媒が豆に触れることがなく、安全な脱カフェインを実現しています。 製法の書かれていないデカフェ製品は、この水抽出法が使われていることが多いようです。 超臨界二酸化炭素抽出 現在、「最も優れた脱カフェイン方法」と呼ばれているのが、こちらの超臨界二酸化炭素抽出法です。 味や風味を損なうことなく、かつ安全性も高い方法として、いま主流の方法ですね。 具体的には、二酸化炭素を超臨界流体(気体・液体の性質をあわせもった状態)にすることで、カフェインをとりのぞきます。 ただし、そのコストの高さから、できあがった製品の値段も高めになるのが気になる点ですね。 まとめると、カフェインをとりのぞく方法として• ダイレクトに薬品を使う。 日本では販売がダメな「有機溶媒抽出」• 水を使った2段階の方法でカフェインを出す「水抽出(スイスウォーターメゾッド)」• コストはかかるが最も優れた方法の「超臨界二酸化炭素抽出」 の3つを紹介しました。 デカフェが危険と言われるワケ ところで、「デカフェは危険だ!」という話を聞いたことはありませんか? これは、薬品を使用したデカフェに限った話なのです。 先ほど紹介したように、薬品を使わない方法で脱カフェインを行えば、安全にデカフェを楽しむことができます。 なお、日本では薬品を使ったデカフェは禁止されているので、日本メーカーのものであればどれでも安心と言えます。 デカフェをとり入れて、カフェインとうまく付き合おう 「そもそもカフェインとは?」というところから、デカフェについて詳しく紹介しました。 今までなんとなく知っていたデカフェという言葉が、より身近になってもらえたら嬉しいです。 本メディア「デカフェ生活。 」では、デカフェやカフェインレス、ノンカフェインについて、さまざまな情報を紹介しています。 カフェインとうまく付き合う生活を送るためにも、デカフェ生活。 を参考にしてみてくださいね。

次の

デカフェのメリットとデメリット、危険性について

デカフェ コーヒー

コーヒーは好きだけど、 カフェインを大量に摂ると調子が悪くなるという方にオススメなのが「 デカフェコーヒー」です。 コーヒーアレルギーやの人でも、コーヒーの味は好きだから飲みたい…なんて人もいますよね。 「デカフェと普通のコーヒーって何か効果が違うんだろうか?」 「カフェインのメリットもうまく活用できないだろうか?」 筆者はカフェイン耐性があまり強くないので、デカフェコーヒーも併せて飲むようにしています。 そこで、ふと上記のような疑問が思い浮かびました。 カフェインが苦手でも、「気分を切り替えたい」「集中したい」といった時にはどうしてもコーヒーが恋しくなりますよね。 こちらの記事では、 デカフェコーヒーの効果を確認しつつ、どう普通のコーヒーと使い分ければいいのかをまとめてみました。 デカフェコーヒーは美容や健康に効果的! デカフェコーヒーはカフェインの含有量は大きく抑えられていますが、コーヒーに多く含まれている 「」は除去されずに残っています。 ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸によって、期待できる効果は以下のものがあげられます。 アンチエイジング(老化予防)• ダイエット効果• 糖尿病の予防 アンチエイジング コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸には「 抗酸化作用」があります。 体の酸化を防ぎ、シミ、シワといった老化の予防に効果的です。 ダイエット クロロゲン酸には、脂肪の燃焼を促進する作用があるため、ダイエットに効果的です。 特に肝臓の脂肪代謝には効果的で、「脂肪肝」の予防にもなります。 関連記事: 糖尿病の予防 クロロゲン酸には、糖の吸収を穏やかにする効果がありますので、 糖尿病の予防に効果的です。 特に食後に飲むようにすると、血糖値の上昇を抑えることができます。 香りによるリラックス効果 こちらはクロロゲン酸ではないのですが、コーヒーの香りには「 精神を落ち着かせる効果」が確認されております。 デカフェコーヒーでもコーヒーの香りはきちんと残っていますので、ほっと一息つきたい時に効果的です。 デカフェは「浅煎り」がおすすめ 美容から健康まで、多くの効果を期待できるクロロゲン酸は熱に弱くなっております。 よって、豆を加熱する時間が短い「浅煎り」のデカフェの方がクロロゲン酸の効果を得やすくなっています。 関連記事: 空腹時には飲まない方がよい メリットと合わせて、クロロゲン酸のデメリットの方も確認しておきましょう。 クロロゲン酸は胃酸の分泌を促進する作用がありますので、 空腹時に飲むと腹痛を起こす可能性があります。 胃袋が空っぽの時にはあまり飲まないように気をつけましょう。 関連記事: デカフェコーヒーと通常のコーヒー(カフェイン)をうまく活用しよう! コーヒーに含まれるカフェインを、 より効果的に活用できるタイミングがあります。 こちらでは、通常のコーヒーとデカフェコーヒーをうまく使い分けられるように、カフェインをとった方が良いタイミングをまずは確認していきましょう。 通常のコーヒー(カフェイン)を有効活用できるタイミング カフェインの摂取が特に有効なのは、以下のタイミングがあげられます。 朝の目覚めの一杯• 集中力を高めたい時• 運動の前後 朝の目覚めの一杯! カフェインには「覚醒作用」がありますので、寝ぼけた頭をすっきりさせたい時にコーヒーは効果的です。 確かに、寝起きにコーヒーを飲むと、頭がシャキッとする感じがありますよね。 カフェインは集中力を高める! カフェインによって集中力が高まり、生産性が向上することを実証したがあります。 62名の大学生を対象として、「コーヒーを飲んだグループ」「ミネラルウォーターを飲んだグループ」とに分けて課題(簡単な計算)を行わせました。 「集中したい時」にコーヒーを飲むのは、とても効果的なのです。 カフェインによってトレーニングの効果がアップ! コーヒーのカフェインで脳を刺激することにより 「筋の最大出力量」アップを期待できます。 加えて「集中力」も上がりますので、トレーニングの効果をよりあげることができます。 コーヒーに含まれるクロロゲン酸、カフェインはともに 「脂肪燃焼の促進」効果がありますので、ダイエットにも最適です。 関連記事: カフェインを摂取して、実際に効果を発揮してくるのは30分から1時間後と言われています。 よって、トレーニングの1時間前あたりにコーヒーでカフェインを摂取しておくと良いでしょう。 また、カフェインには血流を促進する効果もありますので、 トレーニング後の疲労回復にも効果的です。 14時を過ぎたらデカフェに切り替えよう! カフェインのメリットはありますが、通常のコーヒーは午前中かもしくは昼過ぎ(14時あたり)までにしておき、それ以降にコーヒーを飲みたい場合はデカフェにすることをお勧めします。 コーヒーによって摂取されたカフェインが、睡眠に害を及ぼさない程度に分解されるのには、約8時間ほどかかってしまうからです。 昼食後までなら大丈夫ですが、夕食後の一杯はデカフェにしたほうが良いということですね。 「19時までならコーヒーは大丈夫」という記述もたまに見られますが、それでは寝るまでに十分カフェインは分解されないのです。 夕方以降であっても作業で疲れた時、ほっと一息コーヒータイムを入れたい時もありますよね。 確かにカフェインには「集中力アップ」の効果もありますが、遅い時間にコーヒーを飲むと睡眠に影響が出ます。 デカフェの香りには「リラックス効果」もありますので、集中力の切れた頭のリフレッシュには十分効果を発揮できると考えられますよ。 デカフェが飲めるカフェやコンビニを紹介! 「コーヒーを飲みたいけどもう遅い時間だから、夜に寝れなくなるな…」 コーヒー好きであれば、このようなシーンはよくありますよね。 夕方以降の作業時にコーヒーが飲みたくなることもよくあります。 こちらでは遅い時間でも安心して飲める デカフェ(カフェインレス)を販売しているカフェ、コンビニを紹介していきます。 スターバックス• タリーズコーヒー• ドトールコーヒー• コメダ珈琲• 星乃珈琲• ミスタードーナッツ• 無印良品• ローソン スターバックス スターバックスでは注文の際、店員にお願いすれば、 プラス50円で通常メニューをデカフェにすることができます。 タリーズコーヒー 一部店舗ではありますが、 プラス60円でエスプレッソドリンクをカフェインレスに変更できます。 ただ、タリーズでデカフェを飲む場合はホットのみになりますのでご注意ください。 ドトールコーヒー ドトールコーヒーでは、 カフェンレスコーヒーを使用したメニューを多数取り扱っています。 値段も220円〜350円(S,Mサイズ)とお手軽です。 カフェンレス コーヒー(ホット、アイス)• カフェインレス カフェラテ(ホット、アイス)• カフェインレス 豆乳ラテ(ホット、アイス)• カフェインレス アイスハニーカフェ・オレ このようにメニューが豊富です。 コメダ珈琲 コメダ珈琲では 480円〜580円でカフェインレスコーヒーを飲むことができます。 ホット、アイス両方あります。 星乃珈琲 星乃珈琲では 450円でカフェンレスコーヒーを飲むことができます。 カフェインレスであっても、通常のコーヒーと遜色なく、美味しくいただけると評判です。 ミスタードーナッツ ミスドにもメニューにカフェインレスコーヒーがあります。 「カフェインレスコーヒー(ホット、アイス)」「カフェインレス カフェオレ(ホット、アイス)」が300円〜350円で販売されています。 ローソン コンビニではローソンの「MACHI cafe」でカフェインレスコーヒーを販売しています。 値段も150円〜200円と、カフェと比較するとお手軽にデカフェを飲むことができます。 カフェインレスコーヒー(ホット):Sサイズ150円• カフェインレスアイスコーヒー:Mサイズ200円• カフェインレス カフェラテ:Mサイズ200円.

次の