トイプードル ホワイト。 プードル

トイプードルのホワイトの子犬を探す|ブリーダーナビ

トイプードル ホワイト

トイプードルに共通している基本的な6つの性格 プードルは、古くヨーロッパで 鴨猟の回収犬として活躍していた犬種です。 もともとトイプードルは存在していませんでしたが、次第にプードルの小型化が行われるようになってトイプードルが誕生したと言われています。 ちなみにプードルは、当時フランスの上流階級の人たちの間で大人気の犬種だったそう!どこか気品ある雰囲気を持っていのは、その名残があるからなのかもしれませんね。 IQの高さは全犬種で第2位!とにかく賢い! トイプードルは 非常に知能が高くて賢い犬種です。 頭の良さから物覚えもかなり良く、学習能力が高いのでしつけがしやすいと言われています。 ただし、 賢い犬ほど主従関係をすごく大事にします。 一度しつけに失敗してしまうと、飼い主さんの言うことを全く聞かなくなってしまうので気をつけましょう。 と~っても温厚で人懐っこい トイプードルはとにかく人懐っこいです!しかも 温厚な性格なので、人を威嚇したり無駄吠えするといったことも滅多にありません。 もちろんしつけ次第ですが、ちゃんとしつけることができれば落ち着きのある温厚なトイプードルに育ってくれますよ。 ちょっと神経質で繊細な一面も… 温厚で賢いが故に、どこか神経質で繊細な一面もあるのが特徴です。 そのためむやみに厳しく叱ってばかりいると、飼い主さんを 恐怖な存在としか見れなくなってしまいます。 とは言え、 甘やかし過ぎはワガママな性格にしてしまうのでNGです。 ちゃんとメリハリをつけて、時にはオーバーなくらい褒めてあげましょう。 活発で運動が大好き! トイプードルは、 とにかく活発で運動が大好きです!毎日欠かさず散歩をしてあげないと、すぐにストレスが溜まって欲求不満になるので注意しましょう。 雨の日は家の中で運動させるようにし、飼い主さんの不在が多い時は前後にたっぷりの散歩をさせましょう。 ボールを使った遊びもおすすめですよ! いくら運動が大好きなトイプードルでも、高い所からの飛び降りには要注意。 トイプードルは足が細くて脆いので、高い所から飛び降りただけでも 脱臼しやすい犬種です。 誰かに寄り添っていたい甘えん坊さん トイプードルは 甘えん坊な性格の子も多いです。 とくに白のトイプードルは、他の毛色よりも甘えん坊だと言われています。 しかし、構い過ぎはトイプードルをワガママにさせるのでほどほどにして下さいね。 主従関係がめちゃくちゃになり、なんでも有りの性格になってしまいます。 社交的で協調性がある トイプードルは 社交的な性格なので、知らない人にでも尻尾を振って近づいていく傾向があります。 もちろん個体差はありますが、比較的愛想のいいトイプードルが多いですね。 そのため、散歩をしていても通行人に吠えるといったことはあまりしません。 他の犬に吠えることはたまにありますが、きちんとしつけられている子はそう簡単に吠えないです。 トイプードルは協調性もあるので、できるだけ外でいろんな人や犬と触れ合う機会も増やしてあげましょう!それがトイプードルにとっての楽しみでもあり、 ストレス解消にもなります。 トイプードルはオスとメスで性格にどんな違いや特徴があるの? オスはやんちゃで甘えん坊! トイプードルのオスは、 メスよりも活発でやんちゃな性格の子が多いです。 飼い主が帰ってきた時に大喜びをするのは、比較的オスの方が多いと言われています。 よく言えば人懐っこすぎるくらいの甘えん坊さんで、悪く言えば飼い主に依存しやすい性格といった感じ。 やんちゃさが故に落ち着きがない部分もあるので、 しつけの際は根気が必要になってくることもあります。 メスは穏やかでオスよりも早く成熟する! 実は、メスのトイプードルはオスより早く成熟します。 つまり子犬時代がオスよりも短いということ。 そのため、 メスの方がオスよりも落ち着きがあり、自立心が強い傾向にあります。 とは言え、メスも飼い主さんのことは大好きなので一緒にいる時はと~っても甘えん坊さん!しかし一度ヘソを曲げると、飼い主さんの言うことを聞いてくれない頑固な一面もあります。 メスは我慢強い子が多いですから、 留守番が多い家庭に向いていると言えます。 トイプードルは毛色によって性格や特徴が変わる!? トイプードルは毛色によって性格や特徴が変わります。 しかし個体差や飼育環境にもよっても変わるので、 同じ毛色同士でも性格が全く異なることはよくある話です。 ちなみに、トイプードルは全部で何色の毛色があるかご存じですか? 実は約14色もの毛色があり、 現在JKC(ジャパンケンネルクラブ)で認められているのは11種の毛色になります。 その中でもとくに人気の毛色はこちらです。 必ずブリーダーさんに、引き取りたい子の性格や特徴を確認するようにして下さい。 ホワイト 飼いやすさ 5. 0 ホワイトのトイプードルは 社交的で友好性が高く、どんな人や犬とでも仲良くなれる傾向にあります。 飼い主さんに従順で、おっとりとマイペースな性格の子が多いですね。 ただし色がホワイトなだけに汚れが目立ちやすいので、 定期的なシャンプーやお手入れは欠かせません。 毛量は他の毛色よりもやや少なめです。 ブラック 飼いやすさ 5. 0 ブラックのトイプードルは、ホワイトと同じくらい安定した性格の子が多いです。 他の毛色よりも賢さがあるため、比較的しつけをしやすいと言われています。 毛量は比較的多めで、丈夫で硬めな被毛が特徴。 それとブラックは運動能力が高い子が多いので、 日頃からたっぷりと運動させる必要があります。 ブラウン 飼いやすさ 4. 0 ブラウンのトイプードルは、 穏やかな性格で飼い主さんに依存し過ぎない子が多いです。 独立心も強い傾向にあるため、しつけがもっとも重要な毛色とも言われています。 ブラック同様、運動能力が高くて骨密度がしっかりとしています。 よくレッドのトイプードルと間違われやすいのですが、 ブラウンは黒に近いハッキリとした毛色(こげ茶)が特徴です。 レッド 飼いやすさ 5. 0 レッドのトイプードルは「明るく元気な子」という言葉がピッタリ! 他の毛色よりも甘えん坊で人懐っこい性格の子が多いです。 ちなみに、 日本でもっとも飼育頭数が多いトイプードルがレッドです。 毛色が茶色なのでブラウンと間違えられることが多いのですが、レッドは赤毛寄りの茶色が特徴です。 シルバー 飼いやすさ 4. 0 日本ではあまり見かけないシルバーのトイプードル。 性格はかなり落ち着いていて、 どこか大人びた品のある雰囲気が特徴です。 そしてシルバーは、 他の毛色よりも主従関係をものすごく大事にします。 なので、おとなしめで誠実なトイプードルが欲しいという人にはピッタリの毛色と言えるかもしれません。 クリーム 飼いやすさ 4. 0 クリームのトイプードルは、 柴犬並みの忠誠心を持っている子が多いです。 さらに、両親がクリームなら風変わりなマイペース、どちらかがホワイトなら気難しさを兼ね備えたマイペースな性格を併せ持っています。 子犬の時はクリーム色でも、成長するにつれてホワイトに近づいていくのが特徴です。 もちろん個体差はありますが、比較的この傾向が多いかもしれません。 アプリコット 飼いやすさ 4. 0 アプリコットのトイプードルは、 レッドの性格とよく似ているのが特徴です。 敢えて言うならば、ちょっと神経質で臆病な面があることですね。 なので ちゃんとしつけておかないと散歩中や留守中によく吠える犬になってしまいます。 飼う前に知っておきたい!トイプードルの身体的特徴 トイプードルの性格を知ったところで、今度は身体的特徴もしっかり把握しておきましょう! 反抗期がある トイプードルは、 生後5ヶ月を過ぎた頃から反抗期が始まります。 これは個体差にもよりますが、ホルモンバランスの変化によって精神的に落ち着かなくなる子が多いようです。 反抗期が始まるとどうなるの? 反抗期が始まると、今まで以上に警戒心が強くなる傾向にあります。 これまで仲良く戯れていても、飼い主さんに噛みついたり威嚇するといった攻撃的な態度を見せることもあるでしょう。 ちゃんとしつけをしていても、全く言うことを聞いてくれないこともあります。 この反抗期を無事乗り越えるためには、 できるだけ早いうちに基本的なしつけを済ませることです。 そして社会の秩序、家のルール、上下関係をしっかり身につけさせておきましょう。 無駄吠えが少ない チワワやダックスフンドといった他の小型犬に比べると、 トイプードルは無駄吠えが少ない犬種です。 そのため、アパートで飼うのにも向いていると言われています。 もし酷く吠えるようでしたら、それはちゃんとしつけができていなくてワガママになっているか、ストレスが溜まっているかのどちらかになるでしょう。 人間の言葉を理解する頭脳 トイプードルは人間の言葉を理解する犬種と言われています。 その言語数はなんと40~50語だそう!知能が高いだけに、人間の言葉も学習する能力があるんですね。 そのため、 しつけの際は必ず決まった言葉を何度も声に出すことが大事です。 「マテ」なら「マテ」と何度も言い聞かせましょう。 この時、家族によって言い方が変わってしまうとトイプードルは混乱してしまいます。 必ず同じ言葉で指示を出すことを徹底して下さい。 垂れ耳 トイプードルは垂れ耳が特徴です。 垂れ耳ということは、つまり通気性が悪く 耳の中が蒸れやすいというデメリットを持ちます。 そのため、 定期的な耳掃除は絶対に欠かせません。 サボると、外耳炎などの耳の病気を引き起こすので気をつけましょう。 トイプードルの無邪気さに構ってあげられる人。 室内で犬を飼うことができる人。 たっぷり愛情表現ができる人(温厚な人)。 トリミングやシャンプーにお金をかけられる人。 きちんとしつけができる人。 何度も申し上げますが、トイプードルは人懐っこくて甘えん坊です。 なので、 その性格に応えられない人、短気な人、冷めてる人はトイプードルを飼うのにあまり向いてないと言えます。 また、被毛のお手入れは絶対に欠かせない犬種ので、 定期的にトリミングサロンへ連れて行けない人も向いていません。 トイプードルの飼いやすさは全犬種の中でもNo. 1 トイプードルは初めて犬を飼う人でも飼いやすいということもあり、 飼いやすさは他の犬種と比較してもNo. 1と言えるでしょう。 しかし、飼いやすいからといって甘やかしてばかりいるとワガママ犬になるので要注意です。 ちゃんと愛情をもってしつければ、飼い主に従順な良い子に育ってくれるでしょう。 ちなみに、トイプードルの飼い方のコツは以下のとおりです。

次の

トイプードル ホワイト 白 ブリーダー 大阪 ピュアドッグ

トイプードル ホワイト

白のトイ・プードルの先祖にはマルチーズが交配されていると言われている。 なので、白のトイの毛は伸ばしやすい。 また、爪や肉球が真っ黒(黒豆とも言う)なことも、色素が濃い白いプードルの証。 その他にも、濃い目の色、目ぶち、リップライン、鼻が黒いことも「ブラックポイント」という、白いプードルの大きな魅力。 シニアになるとホルモンバランスが崩れるので、尾の毛は少なくなり、色は赤っぽくなる。 15歳位になると尾は芯だけになることもある。 ホワイトプードルの魅力 プードルカットの王道 スタンダードプードルのコンチネンタル・クリップ。 間近で見るとその美しさ、力強さ、優雅さに圧倒される。 あどけないパピーにも既に漂う気品 ショードッグは生後15ヶ月までパピークリップを施す。 ホイップみたいなモヒカン! レッドやアプリコットによく見かけるスタイルだが、ホワイトのモヒカンもなかなか似合う。 赤いリボンはホワイトがダントツでお似合い! もこもこのテディカットも似合うのがこのホワイトプードル。 トップを長めにしてクラシカルな赤いリボンをつけたら「微笑むぬいぐるみさん」の出来上がり。 テディが流行る前はケネルクリップが主流 頭蓋と口吻の割合は1対1が理想バランスとされるプードル。 テディベアカットはこのケネルクリップが似合わない口吻が短い子向けに開発されたという説も。 日本のホワイトプードルの評価はすごく高い プードルのホワイトはブリーディングの基礎色とも言われている。 ドッグショーに出るプードルの8割がホワイト。 骨格も良く、キャラクターが良いので、ブリーディングの基礎の犬とされている。 今や日本のホワイトプードルの評価は高く、海外から手元に置いておきたいと、迎えに来る専門家もいるほど。 ちなみに、ホワイトのブリーディングは、 同じ色同士を交配させるのが基本。 先祖に他の色の犬がいても、この組み合わせだとほとんどの場合でホワイトかクリームが生まれる。 もちろん先祖に何色の犬がいるか、血統の健康的な問題や気質などは十分に考察して交配は行われる。 ただし、 代々白いプードルだけで交配を続けると色素が薄くなる(退色する)ので、数代に1度、黒いプードルを交配に入れていくそう。 こうしてホワイトプードルの魅力の一つでもある「 ブラックポイント」(目の色、目ぶち、鼻鏡、肉球、爪など、黒く出るべき部分がしっかりと黒いこと)を守っていくのである。 ところで、ホワイトは他の毛色のプードルに比べてどのような違いがあるのだろう。 全体的に見ると、 ホワイトは落ち着いている性格の犬が多い。 しかし、20~30年前はもっと落ち着きがあり、最近のホワイトは明るく活発な犬が増えてきた印象がある。 また、 写真映りの良さはすべての毛色の中で抜群にいい。 目の表情がとにかくよくわかるからだ。 犬質、性格、フォトジェニックな容姿といい、文句なしと言いたいところだが、毛色が白なだけに、ちょっとしたことでも 汚れがつき目立つので管理には気を使わなければいけない。 ホワイトプードルは病気も見つけやすい!? ホワイトプードルをはじめ、スピッツ、マルチーズ、白柴などの人気を博した白い犬を見ると、日本人は白いふわふわした犬が好きなのかも。 ただ、前述したように 白い犬は汚れが目立つ。 特に汚れやすい部分について、 目や口のまわり、メスは 陰部周辺、オスは お腹まわり、また 足先を舐めてしまう犬はそこが唾液と雑菌によって赤くなったり、 耳の疾患があると分泌物が出て汚れたりする。 皮膚が炎症を起こすとホワイトは毛が赤茶けてくるのですぐに分かる。 こう書くと、汚れやシミなどが目立ってちょっと大変と思うかもしれないが、考え方を変えれば、白い毛だと愛犬の体に何らかの異変が生じたら、すぐに目で確認できるわけだ。 街で長生きなホワイトのプードルをよく見かけるのは、飼い主の目がすぐに行き届くということもあるのかもしれない。 さて、ホワイトの中にも、 アイスホワイトといくらかクリームがかったホワイトがいるのをご存知だろうか(この記事では上の写真)。 絹糸のような白さと光沢がある被毛が見事だ。 一般的なホワイトは生まれた時に茶色がかった色をしている場合があるが、アイスホワイトの子犬は生まれた時からほぼ純白だそう。 なお、若い頃クリーム色だったのが、どんどん白くなり3歳くらいで真っ白になった場合は、血統書をホワイトに変更することもあるそうだ。 ホワイトプードルのおしゃれ 使用するグッズ ・クッション(犬がアゴをのせる) ・わけグシ(人間用) ・モビロンゴム (柔らかくよく伸び、毛に絡みにくい) ・スリッカー ・パチンと止めるタイプのリボン 1. 毛はある程度伸ばす トップの毛を5cm以上伸ばす。 いつもテディカットなら、半年位伸ばすとこの長さになる。 犬が楽な姿勢をキープ 枕にあごを乗せてもらうと、犬も姿勢が楽だし、頭が固定できるのでスタイリングしやすい。 毛の束を取る わけグシを使って、左右均等になるように毛の束を取る。 飼い主は犬の顔の正面から行うと良い。 モビロンゴムで結ぶ 3の毛束をモビロンゴムで結ぶ。 ちなみにゴムを外す時は、ゴムはハサミで切る。 毛束をゆるめる 強く結びすぎると、皮膚を痛めるので、結んだ後に毛をたわませてゆとりを持たせる。 毛束をひねる このままリボンをつけると毛束が前に倒れるので、毛束の真ん中に穴を開ける。 穴の真ん中に、毛束の先を入れ込み、くるんと1回転させて毛束を穴に通す。 通す時は前から後ろに向かって。 これでリボンをつける土台ができる。 ピンで留める 毛よりもアクセサリーが重い場合は、この方法を用いるときれいに仕上がる。 白いプードルはリボンなどがよく似合うが、アクセサリーをつける時に注意したいのは 毛を縛った場所の管理。 毛束をゴムで縛る時は 3日に1回は結び直し、毛の中に空気を入れたり、きつめに縛らないことが大切。 そうしないと蒸れたり、皮膚が赤くただれたり、血流障害が起きる。 毛を結ぶ所は毎回同じ場所ではなく、毛束の量を多くしたり、少なくしたり、毛を取る場所を変えたりするといい。 他の毛色の犬も涙やけするが、ホワイトほど目立たない。 親犬が涙やけをする体質だったり、良質のフードを食べず、 脂っぽいものやジャーキーばかりを食べたり、 ドライアイの疾患によっても涙やけは見られる。 涙が目頭にたまって涙が出て濡れているのを見たら、やさしいタッチでとにかくこまめに拭き取り、涙で濡れないよう清潔を保つことが大切だ。 また、涙やけのお手入れ時に用意しておきたいのは、犬用のお手入れ水や精製水とコットン。 口周りの毛も赤くなるので、目の周りとともに毎食後の口まわりもこまめに拭こう。 またシニア犬などは行きつけのトリマーと相談し、シミやイボが目立たないカットスタイルにしてもらうと良い。 夏は飼い主だけでなく、愛犬の日焼け対策も万全に行いたい。 人気のキーワード: プードルスタイル vol.

次の

トイプードルのホワイトの性格は?ホワイトがカットするとかわいい?特徴も

トイプードル ホワイト

都道府県 :• 全国の犬• 142• 150• 11 ジャンル :• 433• 1,488• 139• 188• 713• 265• 887• 241• トイプードル 1,060• 119• 7,890 投稿者 :• トイプードルの全て• 全国以外の都道府県から探す :• 全国の犬• 142• 150•

次の