和歌山県出身。 「和歌山県」出身の有名人まとめ(タレント・芸能人・歌手・スポーツ選手など)

【都道府県駅伝男子駅伝2020】和歌山県のメンバー!大学/高校/中学生の実績や出身市町村は?

和歌山県出身

ハマの大砲・筒香嘉智選手 和歌山県橋本市出身の筒香嘉智選手。 中学時代からその打撃センスによりホームランを量産。 世界大会にも出場した。 横浜高校に進学し、1年生から4番に座り、長打力でチームを引っ張っていく。 2009年のドラフト会議では、横浜ベイスターズから1位指名となり入団。 2014年シーズンからホームランも出るようになり、この年は22本塁打を記録。 2015年シーズンも24本と、その長打力を発揮し始めていく。 2016年にはWBCの日本代表に選出されたほか、ホームラン40本、100打点をたたき出し、自身初となる本塁打王と打点王を獲得。 2017年のWBC本番では日本代表の4番バッターとしてその長打力を発揮した。 開花したその才能が、今後どこまで伸びていくのか楽しみな選手だ。 甘いマスクで人気・西川遥輝選手 和歌山県紀ノ川市出身の西川遥輝選手。 中学2年時には全国大会優勝を経験。 智弁和歌山高校へ進学後も、その打撃センスから1番でレギュラーの座を獲得。 甲子園も経験している。 2010年のドラフト会議で日本ハムファイターズから2位指名を受けて入団。 2012年は開幕から1軍でスタートし、その後もコンスタントに試合に出るようになる。 2014年には自己最多の143試合に出場し、盗塁王のタイトルを獲得するなど一気に才能を華開かせる。 2016年はレフトのレギュラーの座を完全に自分のものにし、2015年以上の成績を残す活躍。 パリーグのベストナインにも選出された。 スピードスターとして相手を翻弄するその俊足は、まさに脅威といえる。

次の

和歌山県知事仁坂吉伸の評判やプロフィール!SNSの反応まとめ!

和歌山県出身

>和歌山県出身の有名人 このサイトに登録されている実業家で有名人の数:9,295人 このサイトに登録されている「和歌山県」出身の有名人実業家の数:61:人 スポンサーリンク 1 SIGE SIGE(シゲ6月29日 - )は、日本の芸能プロダクション社長。 2006年まではタレント活動も行っていた。 あき、1972年6月7日 - )は日本の実業家、タレント、グラビアモデル。 生まれは和歌山県で、育ちは千葉県。 1972年6月7日生まれ 3 上野真歳 上野 真歳(うえの まさとし、1970年 - )は、和歌山県有田郡出身の日本の実業家、コンサルタントである。 株式会社とち亀物産代表取締役社長、株式会社BUNZA代表取締役社長を務める。 1970年生まれ 4 平藤真治 平藤 真治(ひらとう しんじ、1968年3月30日 - )は日本の実業家。 和歌山県岩出市出身。 1968年3月30日生まれ 5 谷本龍哉 谷本 龍哉(たにもと たつや、1966年10月26日 - )は、日本の元政治家。 衆議院議員(3期)を務めた。 東京大学出身 1966年10月26日生まれ 6 門博文 門 博文(かど ひろふみ、1965年8月18日 - )は、日本の政治家。 自由民主党所属の衆議院議員(2期)。 和歌山大学出身 1965年8月18日生まれ 7 泉清 泉 清(いずみ きよし、1963年5月11日 - )は、日本の実業家。 FM TANABE株式会社の代表取締役。 田辺市商店街振興組合連合会理事長(2012年5月-2017年3月)。 和歌山県田辺市で毎年10月に行われる「弁慶まつり」の第8代目武蔵坊弁慶役。 身長183cm。 体重は約100kg 1963年5月11日生まれ 8 木村竹志 木村 竹志(きむら たけし、1961年7月10日 - )は、和歌山県有田市出身の元プロ野球選手(投手)、監督、実業家。 旧名:石井 毅(いしい たけし)。 1961年7月10日生まれ 9 福西拓也 福西 拓也(ふくにし たくや、1955年8月2日 - )は、日本の実業家。 前オークワ代表取締役社長。 和歌山県出身。 1955年8月2日生まれ 10 谷澤寿一 谷澤 寿一(たにざわ としかず、1955年11月18日 - )は、日本の実業家。 CDCGSクラスター株式会社代表取締役社長【現任】、応用技術株式会社(ジャスダック上場)代表取締役社長、トランスコスモス株式会社取締役副会長。 近畿大学出身 1955年11月18日生まれ 11 遠北光彦 遠北 光彦(あちきた てるひこ、1954年(昭和29年)9月9日 - )は、日本の実業家。 南海電気鉄道代表取締役社長兼CEO。 堺商工会議所常議員、とくしまCITY取締役社長。 慶應義塾大学出身 1954年9月9日生まれ 12 志賀俊之 志賀 俊之(しが としゆき、1953年9月16日 - )は、日本の実業家。 産業革新機構代表取締役会長CEO。 日産自動車取締役副会長。 大阪府立大学出身 1953年9月16日生まれ 13 田村政雄 田村 政雄(たむら まさお、1953年5月3日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)・コーチ。 1953年5月3日生まれ 14 上野山実 上野山 実(うえのやま みのる、1952年 - )は、日本の経営者。 元パナソニック 常務取締役CFO 最高財務責任者 、綜合警備保障常勤監査役。 和歌山県出身、和歌山大学経済学部卒業。 東洋大学教授、慶應義塾大学名誉教授、東京財団理事長、参議院議員(1期)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、内閣府特命担当大臣(金融)、総務大臣(第6代)、郵政民営化担当大臣等を歴任。 一橋大学出身 1951年3月3日生まれ 16 竹中宣雄 竹中 宣雄(たけなか のぶお、1948年(昭和23年)7月16日-)は日本の実業家。 ミサワホーム代表取締役社長。 法政大学出身 1948年7月16日生まれ 17 福嶋久晃 福嶋 久晃(ふくしま ひさあき、1947年4月10日 - )は、和歌山県東牟婁郡太地町出身の元プロ野球選手(捕手・内野手)・コーチ・解説者。 旧名は福嶋 久。 1947年4月10日生まれ 18 菅下清廣 菅下 清廣(すがした きよひろ、1946年 - )は、日本の実業家、経済評論家。 スガシタパートナーズ株式会社代表取締役社長、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。 立命館大学出身 1946年生まれ 19 東力 東 力(ひがし ちから、1941年11月21日 - )は、日本の政治家。 元衆議院議員(通算3期)。 企業家、ヒューロン国際大学ロンドン校総長。 東京大学出身 1941年11月21日生まれ スポンサーリンク 20 森田勝治 森田 勝治(もりた かつじ、1941年(昭和16年)1月13日-2006年(平成18年)3月20日)は日本の実業家。 テレビ和歌山社長。 1941年1月13日生まれ 21 藤本勝巳 藤本 勝巳(ふじもと かつみ、1937年8月8日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手(内野手)。 1937年8月8日生まれ 22 島正博 島 正博(しま まさひろ、1937年3月10日 - )は、日本の実業家・発明家。 島精機製作所代表取締役社長。 血液型はA型。 妻は和島興産社長の島和代。 1937年3月10日生まれ 23 吉田倬也 吉田倬也(よしだ たくや、1933年 - )は、日本の経営者。 元伊藤忠商事 副社長 元 JSAT 日本サテライトシテムズ 代表取締役社長 和歌山県出身。 和歌山大学 経済学部卒業 和歌山大学出身 1933年生まれ 24 黒沢良 黒沢 良(くろさわ りょう、1930年10月21日 - 2011年11月9日)は、日本の俳優、声優、ナレーター、歌手。 黒沢良事務所代表。 和歌山県和歌山市出身。 本名は池田 弘典(いけだ ひろのり)。 関西大学出身 1930年10月21日生まれ 25 宮路年雄 宮路 年雄(みやじ としお、1928年(昭和3年)8月20日 - 1998年(平成10年)5月9日)は、日本の実業家。 1928年8月20日生まれ 26 藤岡豊 藤岡 豊(ふじおか ゆたか、1927年6月19日 - 1996年3月30日)は、日本の男性アニメーションプロデューサー、実業家である。 元東京ムービー新社社長。 和歌山県出身。 京都大学農学部中退。 1927年6月19日生まれ 27 原田裕 原田 裕(はらだ ゆたか、1924年 - )は、日本の編集者、出版社経営者。 早稲田大学出身 1924年生まれ 28 濱口浩三 濱口 浩三(はまぐち こうぞう、1922年11月28日 - 2014年6月17日)は日本の実業家。 TBS[2]社長などを歴任した。 趣味はゴルフ・料理。 上智大学出身 1922年11月28日生まれ 29 吉村茂夫 吉村 茂夫(よしむら しげお、1918年 - 2009年12月9日)は、日本の実業家。 南海電気鉄道(南海電鉄)元社長・会長。 大阪市立大学出身 1918年生まれ 30 池浦喜三郎 池浦 喜三郎(いけうら きさぶろう、1916年(大正5年) - 1998年(平成10年)11月9日)は、日本の銀行家。 日本興業銀行(現:みずほフィナンシャルグループ)頭取、同会長を歴任し、中山素平後の興銀で一時代を築いた。 東京大学出身 1916年生まれ 31 西本貫一 西本 貫一(にしもと かんいち、1915年6月29日 - 2005年8月27日)は、日本の実業家・発明家。 元ノーリツ鋼機代表取締役社長。 1915年6月29日生まれ 32 大堀弘 大堀 弘(おおほり ひろむ、1913年5月3日 - 1985年5月12日)は、日本の商工官僚。 東京大学出身 1913年5月3日生まれ 33 谷水信夫 谷水 信夫(たにみず のぶお、1912年 - 1971年11月8日)は、日本の実業家。 関西でゴルフ場を運営するタニミズ企画株式会社の創業者。 サラブレッド競走馬のオーナーブリーダー(生産馬主)としても著名であり、北海道にカントリー牧場を創業してタニノムーティエなど数々の活躍馬を輩出した。 1912年生まれ 34 北裏喜一郎 北裏 喜一郎(きたうら きいちろう、1911年3月14日 - 1985年10月30日)は、日本の実業家、野村證券元社長・会長。 野村證券の国際化戦略の立役者。 1911年3月14日生まれ 35 河本春男 河本 春男(かわもと はるお、1910年3月28日 - 2004年1月27日)は、愛知県出身の実業家、サッカー選手・指導者。 筑波大学出身 1910年3月28日生まれ 36 玉置敬三 玉置 敬三(たまき けいぞう、1907年3月2日 - 1996年7月8日)は、日本の官僚。 通産事務次官、東京芝浦電気会長。 東京大学出身 1907年3月2日生まれ 37 青木湯之助 青木 湯之助(あおき ゆのすけ、明治39年(1906年) - 昭和54年(1979年)12月27日)は、日本の実業家、俳優、タップダンサー。 芸名は、郷宏之(ごう ひろゆき)。 和歌山県出身。 レストランチェーン紅花(BENIHANA)創業者。 現在の日本の紅花は四男の青木四郎が取締役である。 青木廣彰(ロッキー青木)は長男。 1906年生まれ 38 大谷貴義 大谷 貴義(おおたに たかよし、1905年5月31日 - 1991年5月17日)は、和歌山県出身の実業家。 日美創業者。 1905年5月31日生まれ 39 栗本順三 栗本 順三(くりもと じゅんぞう、1901年12月16日 - 1979年4月28日)は、昭和時代の経営者。 京都大学出身 1901年12月16日生まれ スポンサーリンク 40 田嶋一雄 田嶋 一雄(たしま かずお、1899年11月20日 - 1985年11月19日)は、日本の実業家。 ミノルタカメラ(現:コニカミノルタホールディングス)創業者。 和歌山県海南市出身。 1899年11月20日生まれ 41 松下幸之助 松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 - 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家、発明家、著述家。 1894年11月27日生まれ 42 前田善治 前田 善治(まえだ ぜんじ、1893年(明治26年)5月 - 1970年(昭和45年)6月2日)は、日本の農業経営者、実業家、政治家。 衆議院議員。 慶應義塾大学出身 1893年生まれ 43 柿本権一郎 柿本 権一郎(かきもと ごんいちろう、1891年3月18日 - 1977年2月28日)は、日本の海軍軍人。 最終階級は海軍少将。 1891年3月18日生まれ 44 上山市郎兵衛 上山 市郎兵衛(うえやま いちろうべえ、1890年(明治23年)11月13日 - 没年不明)は、日本の実業家。 農業[2]。 元内外除虫菊会長[3]。 上山殖産代表取締役[4]。 和歌山県多額納税者。 前名は市三郎。 大日本除虫菊の創業者上山英一郎は養叔母ゆきの夫。 1890年11月13日生まれ 45 上山勘太郎 15代 15代上山 勘太郎(うえやま かんたろう、1889年 - 1942年)は、日本の実業家。 元・大日本除虫菊社長。 前名・英之助。 大日本除虫菊の創業者上山英一郎の長男。 1889年生まれ 46 北山清太郎 北山 清太郎(きたやま せいたろう、1888年3月3日 - 1945年2月13日)は、下川凹天、幸内純一と並び称せられる「日本初のアニメーション作家」のひとりである。 水彩画家、雑誌編集者、そして同時代の若い画家たちを支援た人物でもあった[2][3][4]。 日本水彩画会大阪支部代表、日本洋画協会を設立し美術雑誌を発刊、展覧会開催を行った。 美術の世界を離れたあと、アニメの世界に転向、北山映画製作所を設立した。 1888年3月3日生まれ 47 松山常次郎 松山 常次郎(まつやま つねじろう、1884年(明治17年)3月22日 - 1961年(昭和36年)6月15日)は、日本の実業家、政治家、衆議院議員。 東京大学出身 1884年3月22日生まれ 48 中松真卿 中松 真卿(なかまつ しんけい、1883年(明治16年)10月26日 — 1952年(昭和27年)10月4日[2])は、日本の商工官僚、特許局長官。 日本製鉄株式会社社長。 東京大学出身 1883年10月26日生まれ 49 寺島健 寺島 健(てらじま けん、1882年(明治15年)9月23日 - 1972年(昭和47年)10月30日)は、日本の海軍軍人、政治家。 海軍中将で予備役となったのち、東條内閣で逓信大臣、鉄道大臣を務めた。 1882年9月23日生まれ 50 恩賀徳之助 恩賀 徳之助(おんが とくのすけ、1877年(明治10年)1月21日 - 1963年(昭和38年)1月16日[2])は、日本の実業家、政治家。 衆議院議員。 1877年1月21日生まれ 51 野村吉三郎 野村 吉三郎(のむら きちさぶろう、1877年(明治10年)12月16日 - 1964年(昭和39年)5月8日)は、昭和初期に活躍した日本の海軍軍人、外交官、政治家。 和歌山県和歌山市出身。 位階勲功等は海軍大将従二位勲一等功二級。 1877年12月16日生まれ 52 杉山金太郎 杉山 金太郎(すぎやま きんたろう、明治8年(1875年)9月19日 - 昭和48年(1973年)3月10日)は、日本の実業家。 豊年製油(現J-オイルミルズ)会長。 1875年9月19日生まれ 53 山口恒太郎 山口 恒太郎(やまぐち つねたろう、1873年(明治6年)2月10日 - 1941年(昭和16年)4月6日)は、明治末期から昭和初期にかけて活動した日本の実業家、政治家。 和歌山県出身。 1873年2月10日生まれ 54 陸奥廣吉 陸奥 廣吉(むつ ひろきち、1869年4月16日〈明治2年3月5日〉 - 1942年〈昭和17年〉11月19日)は、日本の華族、外交官、教育者。 爵位は伯爵。 駐ベルギー特命全権公使、鎌倉女学院校長。 陸奥宗光の長男であり、次男・陸奥潤吉(後に古河潤吉、古河市兵衛の養子)、長女・陸奥清子の兄に当たる。 妻は陸奥イソ(en:Iso Mutsu)。 ケンブリッジ大学出身 1869年4月16日生まれ 55 湯川寛吉 湯川 寛吉(ゆかわ かんきち、慶応4年5月24日(1868年7月13日) - 昭和6年(1931年)8月23日)は、第5代住友総理事である。 1868年5月24日生まれ 56 中村啓次郎 中村 啓次郎(なかむら けいじろう、1867年11月10日(慶応3年10月15日) - 1937年(昭和12年)5月22日)は、日本の政治家、弁護士、実業家。 衆議院議員、衆議院議長。 銀行家巽孝之丞の実弟。 また、小泉信三の祖父小泉文庫はいとこにあたる[2]。 中央大学出身 1867年11月10日生まれ 57 山口熊野 山口 熊野(やまぐち ゆや、元治元年11月11日(1864年12月9日) - 昭和25年(1950年)6月24日)は、日本の実業家、政治家。 紀勢本線敷設の功労者。 1864年11月11日生まれ 58 森下岩楠 森下 岩楠(もりした いわくす、1852年2月19日(嘉永5年1月30日) - 1917年(大正6年)3月28日)は、明治期の官僚、教育者、実業家、ジャーナリスト。 1852年2月19日生まれ 59 山葉寅楠 山葉 寅楠(やまは とらくす)(改名前は山羽(やまば)日本楽器以前の一部の楽器に「山羽楽器」の記載あり)嘉永4年4月20日(1851年5月20日) - 大正5年(1916年)8月8日)は、日本楽器製造株式会社(現在のヤマハ株式会社)の創業者。 日本における初期のオルガン(リード・オルガン)製造者の一人であり、日本のピアノ製造業の創始者の一人でもある。 1851年生まれ スポンサーリンク 60 石橋利哉 石橋 利哉(いしばし としや)は、日本の経営者。 エスエス製薬代表取締役社長。 国際大学出身 61 貴志元則 貴志 元則(きし もとのり)は、日本の漫画家、実業家。 和歌山県出身。 季志もとのり、貴志真典、キシ・モトノリ、きしもとのりなど、様々なペンネームで漫画を描く。 出版社の松文館の社長。 関連会社に、株式会社道出版、有限会社Group zero、ARTUNION(アートユニオン)がある。 漫画家で彫刻家の貴志カスケ(キシ カスケ)は弟。

次の

和歌山県出身の現役プロ野球選手といえば彼ら!|【SPAIA】スパイア

和歌山県出身

和歌山県知事仁坂吉伸の年齢や出身地は? まずは和歌山県知事仁坂吉伸さんの年齢や出身地について調べました。 生年月日:昭和25年10月2日 出身地:和歌山県和歌山市 昭和25年生まれなので、令和2年時点では70歳になれれる仁坂吉伸和歌山県知事です。 さすが和歌山の県知事ということで、ご出身は和歌山県でした。 和歌山県知事仁坂吉伸の学歴 ・和歌山大学教育学部附属小学校卒業 ・和歌山大学教育学部附属中学校卒業 ・桐蔭高等学校卒業 ・東京大学経済学部経済学科卒業 高校までは地元の学校に通われ、大学は東京大学を卒業されています。 もちろん大事なのは学歴だけではないですが、さすが知事になる方だけあって、学歴はとても立派ですね。 和歌山県知事仁坂吉伸の経歴 仁坂吉伸和歌山県知事の知事になるまでの経歴についてもご紹介します。 東大を卒業した昭和49年の春に通商産業省に入省します。 通商産業省では平成10年に生活産業局総務課長に就任してから、経済企画庁長官官房企画課長、経済産業省大臣官房審議官、経済産業省製造産業局次長など様々な役職を歴任しています。 そして平成15年にはブルネイ国の大使に就任もしています。 和歌山県知事になったのは、平成18年12月からです。 平成22年12月に2期目、平成26年12月に3期目、平成30年12月から4期目となり、もうすでに和歌山県知事を10年以上されているベテランです。 スポンサーリンク 和歌山県知事仁坂吉伸の評判は? 今、仁坂吉伸和歌山県知事が話題になっているのは、コロナウイルス対策で政府が打ち出した基本方針に反したことです。 政府の基本方針は完結言うと、初期症状や軽症の場合は受診をせず様子を見ましょう、とのことでしたが、和歌山県知事は… 「早期発見し重症化させないことが大事。 医者にかかるなというのはおかしい。 従わない」 としています。 この方針については様々な評判があります。 具体的な世間の反応については次でご紹介します。 和歌山県知事仁坂吉伸のSNSの反応は? 和歌山県知事に対する評判はどうなのでしょうか?SNSの反応を見てみたいと思います。 こういう上司の下で働けたら、かなりモチベーション上がるわ。 奈良のアレは…(以下自粛) — 一介の勤め人 Mnr4x SNS上では和歌山県知事を支持する声や、人柄がよさそう!といった声が多くありました。 一方で、検査をしていきたいという知事の意見に対し 和歌山県知事は、全てのクリニックの職員に防護服を配布し続ける能力がおありですか? 院内感染確実。 クリニックで感染する高齢者続出。 和歌山県知事仁坂吉伸の評判やプロフィール!SNSの反応まとめ! 以上、和歌山県知事の仁坂吉伸さんの評判やプロフィール、SNSでの反応をまとめました。 政府の方針に反したのが良いか悪いかは別として、今コロナウイルスに不安になっている方が多い中で、仁坂さんの説明は分かりやすく、和歌山県民の気持ちによりそってくれるものだったので、肯定的な意見がSNSでもおおくみられました。 これからさっらに県知事としての手腕がとわれますね! スポンサーリンク.

次の