下痢 が 続く 原因。 下痢が続く原因は?大人の慢性下痢が増えている!

子犬の下痢が続く場合の原因と正しい対処法は?下痢した後の食事はどうする?

下痢 が 続く 原因

下痢が続く原因は病気からお腹を壊したなど様々です。 しかし、下痢が長く続くと、肉体的負担や精神的な不安が募ってきます。 どうやったら解決できるか原因を一つづつ一緒に考えて行きましょう。 下痢が続く原因は? まず始めに、下痢になるという事はおなかが弱い(何らかの原因で腸内環境が正常でない)ことが大きな原因です。 下痢が続く原因として、 突然起こる 「急性下痢」と、だらだらと長く下痢が続いたり再発を繰り返す 「慢性下痢」の大きく分けて2つがあります。 詳しくは次の通りです。 急性下痢の特徴 突然の腹痛とともに下痢が起こります。 暴飲暴食、寝冷え、特定の食品に対するアレルギー反応 (例えば牛乳を飲んだら下痢をする、乳製品を食べたら下痢をするなど)、精神的ストレスなどが原因の場合があります。 細菌性、病原性の下痢の場合は腹痛や発熱、吐き気、嘔吐を伴います。 下痢便に血液などが混ざったり、腐ったようなにおいがする場合があります。 o-157、サルモネラ、赤痢、腸チフス、かぜなどの感染が原因で、下痢が続く場合もあります。 下痢、発熱、嘔吐がある場合は速やかに病院で受診してください。 長く下痢が続く慢性下痢の特徴 慢性の下痢は、3週間以上 下痢が続く、再発を繰り返します。 過労や睡眠不足、不規則な食生活、不規則な排便時間、対人関係や仕事上 のストレスが原因になったり、 であるケースも考えられます。 また、、がんやポリープ、肝臓やの病気、の病気、などの原因も考えられます。 抗生物質などの薬も腸内細菌叢のバランスを崩し、長く下痢が続く原因になってきます。 また、冷えが原因でおこる下痢もあります。 つまり、 冷えが招くこともでおこるです。 寝冷えや冷房などで体が冷え、腸の消化機能が低下して、消化が充分にできなくて未消化物を体外に排出しようとすることから下痢になる場合もあります。 ここからはさらに詳しく、10通りの慢性的な下痢の原因と改善策について考えてまいりましょう。 最近生活や仕事で変化はないか、無理をしていないかをご自身で分析してみてください。 もちろん、人間関係や仕事の難しさなど、根本的な解決が難しいものが多いと思いますが、 どういったことが解決に繋がるかという糸口を探すだけでもストレスが解消することはあるのです。 誰しもストレスと戦っています。 それをゼロにすることはできませんが、なんのために現在苦労する必要があるのか、なんのためにがんばるべきなのか、という目標をもう一度見定めることでストレスはぐっと減ります。 目標に近づくほどストレスは「必要なもの」かもしれないのです。 また、ストレスの原因とは別に、自分にとって ストレスのある場所とは別の場所を作ることも大切です。 プライベートを充実させること、しっかりと休むこと、遊ぶこと。 仕事や学校に振り回されない別の場所で、しっかりとストレス発散をしましょう。 過敏性腸症候群の可能性 下痢が数週間も続き、特に腸に疾患がなくとも 下痢や便秘がある場合、と呼ばれる症状に発展している可能性もあります。 ストレスが原因となることが多く、上記で心当たりがあった方は過敏性腸症候群であるかもしれません。 ある程度、お薬の力に頼るのも回復を早めるひとつの方法です。 ただし、 精神的なことが原因である場合、胃腸科で胃腸を見ていただいても、大きな原因が見つからないことが殆どです。 眠れなくなっている、恐怖心が大きくなっている・・・と心配な部分が多い方は、 心療内科を訪れてみましょう。 本来、糖質は消化酵素で分解され、小腸で吸収されます。 ところがFODMAPは小腸で吸収されづらいため、小腸から大腸へとそのまま到達します。 そして大腸で腸内細菌とFODMAPが急速に異常発酵を起こし、過剰な水素ガスが発生し、腸の働きが不調になるのです。 つまり、腸全体が過敏になり、おなかがゴロゴロしたり、痛くなったり、ガスがたまったりします。 食べ物による続く下痢を改善するには 特定の糖質を含む食べ物を避けましょう。 この糖質をエサに、小腸内で菌が異常発酵し下痢の原因になっている場合があります。 3週間ほど下記の食品を食べずに様子を見ましょう。 また、おなかの調子が戻ってきた際には1種類づつ食べ、自分に合っているかどうか、おなかの調子が崩れないか確認していきましょう。 風邪やインフルエンザ、肺炎などの感染病から、偏頭痛なども下痢の原因になることがあります。 下痢以外に何か症状がないかということを考えてみましょう。 最近、10代から30代に増えている病気に、 「」という病気があります。 原因は不明ですが、 食生活との関連性が強いと考えられており、ここ数年の 食生活の欧米化が指摘されています。 クローン病は口から肛門までの消化器官が慢性的な炎症を起こす病気です。 血便はあまり見られず、下痢や腹痛の症状を訴える方が殆どです。 血便がない分気づきにくい病気です。 心当たりがある方は、一度胃腸科がある病院へ受診してみましょう。 胆汁 食後1~2時間前後で下痢になる場合は、胆汁が 下痢の原因の場合もあります。 ではどのような事で下痢の原因となるのか見てみましょう。 これは体に害の無い正常の生理現象です。 胆汁が原因の下痢を改善するには 胆汁による下痢は、一般的な下痢止めの効果がなかなか得られない事が知られています。 まずは生活習慣の工夫で対策をすることが大切です。 家にいるうちにトイレを済ませたり、トイレの無い場所に行く前には食事を控えたりすることで、突然の下痢のリスクを減らすことができます。 これを「消化不良」と言います。 下痢が始まった前後から、体調が悪かったり、 風邪ぎみであったりしていないでしょうか? 体力が落ちているだけで腸の機能は低下してしまいます。 そこで普段と同じ食事をすれば、腸にとっては大きな負担です。 🔷消化不良による下痢になりやすい例 ・風邪を引いた時 ・疲労、体調が悪いとき ・冷たいものをたくさん食べたとき。 ・よく噛まずに食べたとき。 ・早食いをしたとき。 ・寝る直前にたくさん食べたとき。 などなど・・・。 これらは確かに「腸が食べ物を消化しにくい条件」と言えます。 この条件が重なるほど、下痢になりやすいということになってしまいますね。 温かいものや柔らかいものが消化によい理由もわかります。 消化不良による下痢を改善するには コーヒーやアルコールを摂っているのであれば、まずはそれらをやめてみましょう。 やめることがストレスになるのであれば、量を減らすなどして調整します。 胃腸が弱っているときに、これらの飲み物は 下痢の原因になる可能性が高くなります。 食事と一緒に摂っているコーヒーやアルコールが原因になっていないかどうかということを確認してみてください。 また、下痢が続いているときは、冷たい食べ物、飲み物は避け、腸に優しいものを食べるようにしましょう。 冷え 冷えが原因でおこる下痢もあります。 つまり、 冷えが招くこともでおこる消化不良が原因の下痢です。 寝冷えや冷房などで体が冷え、腸の消化機能が低下して、消化が充分にできないず、未消化物を体外に排出しようとすることから下痢になる場合もあります。 冷えが原因で長く続く場合の下痢の改善法 長く下痢が続く場合は、まず上着を羽織ったり、ズボンをはいたり、お腹にカイロなどをして、しっかり温めましょう。 また、体の温まる食べ物を積極的に摂りましょう。 (根の野菜や葛、ショウガ、黒焼き玄米茶など) さらに、腸内環境を整えるサプリメントを摂取するのがお勧めです。 出るものは、我慢せずにトイレに行って出すものを出してしまいましょう。 また、潰瘍性大腸炎の前触れとしても「体が冷える」時に発症することが多いといわれています。 冷えは万病のもと。 体が冷え始めたら、出来るだけおなか周りから温めることを心がけましょう。 前は平気だったものが今は苦手・・・ということがあるように、 体が求める食べ物は年齢によって変わります。 生活していく上で必要なカロリーも加齢によって減っていきますので、 脂っこいものを食べ過ぎていないか、体を冷やすものを飲みすぎていないか、 ご自身の食生活を振り返ってみましょう。 やはり油分は消化しにくく、消化不良による下痢を起こしやすいので、揚げ物を控えるほか、マヨネーズやドレッシングなどの調味料、スナック菓子、インスタントラーメンなども控えてみてください。 食事の量が原因の下痢を改善するには 食事を作る際にはサラダ油を避け、 消化のよいオリーブオイルやごま油を使用してみましょう。 酸化したした油や消化の悪い油は、胃腸に負担をかけ 下痢の原因になる可能性が高くなります。 できるだけ避けましょう。 また、食事の量が多いなと感じたら、食べる量を少し控え様子を見てみましょう。 女性ホルモン 女性の下痢の原因のひとつに月経が 月経が近づいてきたあたりから月経中、下痢になってしまう人もいます。 この場合下痢の原因は月経の時に分泌される「プロスタグランジン」というホルモンのような物質が原因です。 プロスタグランジンは出産時の陣痛を起こす効果もあり、女性にとってとても重要なものなのです。 しかし、子宮だけでなく腸の異常収縮を促すことがあり、下腹部痛を伴う下痢を引き起こしてしまうことがあるのです。 、子宮や腸の血管や神経は収縮し、緊張している状態になります。 女性ホルモンによる下痢を改善するには 対処法としては、子宮や腸周辺の緊張をほぐしてあげるようなことをすることです。 一番簡単なのは、よく暖めてあげることです。 食品添加物 食品添加物が原因の下痢 食品添加物は「発ガン性」「アレルギー性」「遺伝毒性」の3つの毒性があるということが疑われています。 戦後急速にガンやアレルギーが増えていますが、その原因は食品添加物による腸内環境の乱れが大きな要因と言われています。 人間には本来自然治癒力が備わっていますが、腸内環境が悪化すると、免疫力の60~70%は腸内で作られていますので、当然治癒能力も低下し、胃腸の弱い方は下痢が続くなど、様々な病気が蔓延してしまうのです。 よく外食をされる方やコンビニのお弁当を利用される方は、一度食生活を見直してみましょう。 腸内環境 腸内環境の乱れが原因の下痢 腸内環境を悪くする原因として、抗生物質、不規則な食生活、ストレス、食品添加物などが挙げられますが、 下痢が続くと、腸内環境の悪化という負のスパイラルが始まり、自律神経が乱れがちになり、体調が優れないばかりか、気持ちもどんどん沈んでいきます。 また、イライラしたり、不安になったり、気持ちがマイナスに傾きすぎると、腸内環境が悪くなります。 そう、腸と心はそのくらい密接な関わりがあるのです。 腸内環境の乱れによる下痢の改善方法 まずは、悪循環を断ち切るためにも、で腸内環境を整えましょう。 そして、毎日の食生活も栄養バランスも考え、健康管理に十分注意してまいりましょう。 まとめ. 下痢を改善するために どんな原因であれ、食後の下痢が長く続くのは体に支障があります。 病院に行くことが直接的な解決にならない場合もありますが、 病気の可能性を考えれば一度は受診していただくのが一番だと思います。 医師が判断する場合にも、それまでの生活・食生活がどういったものであるかの情報は大変重要なポイントになります。 生活のスケジュールを書き出してみる、食べたものをメモするなどしてみましょう。 自分についての情報を客観的に整理することは、だけでなく ご自身が自分の力で生活を変えるときにも、とても大切なことです。 一日も早くおなかの調子が良くなるといいですね。

次の

下痢:医師が考える原因と対処法|症状辞典

下痢 が 続く 原因

下痢が長く続く原因 冷えや精神的なもの、細菌やアレルギーなど食べ物が原因の下痢は通常1~2週間で治ります。 しかし、2週間以上下痢が続いている場合や、一度治まったのにすぐに下痢を繰り返している場合、以下のような病気の可能性があります。 腸の病気(潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなど)• 胃や膵臓、肝臓の病気• 代謝異常(甲状腺に関する病気、糖尿病など) それぞれについて詳しくみていきましょう。 腸の病気 大腸がん 腫瘍で腸管が塞がれてしまうため健康な便が出なくなり、便秘や下痢を繰り返します。 大腸がん以外でも便秘や下痢を伴う病気は多いですが、• 2週間以上、慢性的に下痢が続いている• 精神的なストレスを感じていなくても、常に便秘・下痢を繰り返している といった症状がある場合、一度専門医に診てもらうことをおすすめします。 潰瘍性大腸炎 頻繁にお腹が痛くなり下痢を起こす病気で、下痢便に粘液や血液が混ざることが多いのが特徴です。 大腸の粘膜に異常な免疫反応が起きることで発病し、原因は遺伝や食生活の乱れと関わりがあると考えられています。 大腸がんなどに比べ比較的若い世代に多い病気で、長く続く下痢の原因が初期症状の場合が多いです。 クローン病 潰瘍性大腸炎と同じで若い世代に発症しやすく、初期症状として下痢が長く続くなどがあります。 クローン病は現在の医学では完治できないため難病と言われていますが、早期発見で適切な治療をすれば症状は抑えることができます。 胃や膵臓、肝臓の病気 慢性膵炎 アルコールの大量摂取や食事で脂肪分を摂り過ぎると、膵臓に消化吸収障害が起きて脂肪性の下痢になります。 慢性膵炎が原因の下痢の場合、長引くだけでなくみぞおちに痛みを感じたりする場合が多いです。 普段からお酒をよく飲む方や肉類中心の食生活の方は、原因不明の下痢が続く場合、慢性膵炎を発症している可能性があります。 スポンサーリンク 代謝異常 バセドウ病 本来、身体を守るはずの免疫システムに異常が生じ、正常な細胞まで攻撃してしまう自己免疫疾患のひとつであるバセドウ病。 甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、身体機能のバランスが崩れ、腸の蠕動運動が活発になりすぎて下痢を引き起こします。 バセドウ病が原因で起こる下痢は、風邪やストレスなどウイルスの排出や環境の変化で症状が改善するものではないため長く続きます。 バセドウ病は、下痢以外にも、• 眼球の突出• 異常なほど汗をかく• 急激な体重減少• 手足の震え などの症状がみられます。 糖尿病 糖尿病が悪化すると、内臓の働きをコントロールしている自律神経が正常に働かなくなります。 そのなると、胃や腸で行われる消化・吸収の作業にも支障をきたすため、消化不良などを起こし下痢になります。 糖尿病が原因の長く続く下痢は、昼間、頻繁にトイレに行きたくなるのではなく、夜中に水溶性の下痢を引き起こすのが特徴です。 長引く下痢を解消するには? 冷えや精神的な原因で下痢が起きている場合、一時的なものなので2週間以上も続くことはありません。 下痢が長引くのは病気の可能性が高いので、とにかく早く専門医に診てもらうことが解消への近道です。 市販の下痢止めなどを飲んでも一時的なものですし、場合によっては下痢止めを飲むと症状が悪化する例もあります。 病院で診てもらうまでは、• 毎日7時間以上を目標に十分な睡眠をとる• ウォーキング・ストレッチといった適度な運動を心がける• 下痢を緩和してくれたり、腸の調子を整える食べ物を食べる といった、最低限できることを実践しておきましょう。 まとめ 通常、1~2週間で治まるはずの下痢が2週間以上も続くのは、重篤な病気である可能性が高いです。 早めに専門医で診てもらうことが、病気の早期発見につながり、無駄なストレスをなくす方法とも言えます。 「いつものことだし、もう少しすると治るだろう…」なんて安易な考え方はNGですよ。 スポンサーリンク.

次の

下痢が3日以上続くのは病気が原因!?長期の下痢を起こす原因について

下痢 が 続く 原因

下痢が続く原因は病気からお腹を壊したなど様々です。 しかし、下痢が長く続くと、肉体的負担や精神的な不安が募ってきます。 どうやったら解決できるか原因を一つづつ一緒に考えて行きましょう。 下痢が続く原因は? まず始めに、下痢になるという事はおなかが弱い(何らかの原因で腸内環境が正常でない)ことが大きな原因です。 下痢が続く原因として、 突然起こる 「急性下痢」と、だらだらと長く下痢が続いたり再発を繰り返す 「慢性下痢」の大きく分けて2つがあります。 詳しくは次の通りです。 急性下痢の特徴 突然の腹痛とともに下痢が起こります。 暴飲暴食、寝冷え、特定の食品に対するアレルギー反応 (例えば牛乳を飲んだら下痢をする、乳製品を食べたら下痢をするなど)、精神的ストレスなどが原因の場合があります。 細菌性、病原性の下痢の場合は腹痛や発熱、吐き気、嘔吐を伴います。 下痢便に血液などが混ざったり、腐ったようなにおいがする場合があります。 o-157、サルモネラ、赤痢、腸チフス、かぜなどの感染が原因で、下痢が続く場合もあります。 下痢、発熱、嘔吐がある場合は速やかに病院で受診してください。 長く下痢が続く慢性下痢の特徴 慢性の下痢は、3週間以上 下痢が続く、再発を繰り返します。 過労や睡眠不足、不規則な食生活、不規則な排便時間、対人関係や仕事上 のストレスが原因になったり、 であるケースも考えられます。 また、、がんやポリープ、肝臓やの病気、の病気、などの原因も考えられます。 抗生物質などの薬も腸内細菌叢のバランスを崩し、長く下痢が続く原因になってきます。 また、冷えが原因でおこる下痢もあります。 つまり、 冷えが招くこともでおこるです。 寝冷えや冷房などで体が冷え、腸の消化機能が低下して、消化が充分にできなくて未消化物を体外に排出しようとすることから下痢になる場合もあります。 ここからはさらに詳しく、10通りの慢性的な下痢の原因と改善策について考えてまいりましょう。 最近生活や仕事で変化はないか、無理をしていないかをご自身で分析してみてください。 もちろん、人間関係や仕事の難しさなど、根本的な解決が難しいものが多いと思いますが、 どういったことが解決に繋がるかという糸口を探すだけでもストレスが解消することはあるのです。 誰しもストレスと戦っています。 それをゼロにすることはできませんが、なんのために現在苦労する必要があるのか、なんのためにがんばるべきなのか、という目標をもう一度見定めることでストレスはぐっと減ります。 目標に近づくほどストレスは「必要なもの」かもしれないのです。 また、ストレスの原因とは別に、自分にとって ストレスのある場所とは別の場所を作ることも大切です。 プライベートを充実させること、しっかりと休むこと、遊ぶこと。 仕事や学校に振り回されない別の場所で、しっかりとストレス発散をしましょう。 過敏性腸症候群の可能性 下痢が数週間も続き、特に腸に疾患がなくとも 下痢や便秘がある場合、と呼ばれる症状に発展している可能性もあります。 ストレスが原因となることが多く、上記で心当たりがあった方は過敏性腸症候群であるかもしれません。 ある程度、お薬の力に頼るのも回復を早めるひとつの方法です。 ただし、 精神的なことが原因である場合、胃腸科で胃腸を見ていただいても、大きな原因が見つからないことが殆どです。 眠れなくなっている、恐怖心が大きくなっている・・・と心配な部分が多い方は、 心療内科を訪れてみましょう。 本来、糖質は消化酵素で分解され、小腸で吸収されます。 ところがFODMAPは小腸で吸収されづらいため、小腸から大腸へとそのまま到達します。 そして大腸で腸内細菌とFODMAPが急速に異常発酵を起こし、過剰な水素ガスが発生し、腸の働きが不調になるのです。 つまり、腸全体が過敏になり、おなかがゴロゴロしたり、痛くなったり、ガスがたまったりします。 食べ物による続く下痢を改善するには 特定の糖質を含む食べ物を避けましょう。 この糖質をエサに、小腸内で菌が異常発酵し下痢の原因になっている場合があります。 3週間ほど下記の食品を食べずに様子を見ましょう。 また、おなかの調子が戻ってきた際には1種類づつ食べ、自分に合っているかどうか、おなかの調子が崩れないか確認していきましょう。 風邪やインフルエンザ、肺炎などの感染病から、偏頭痛なども下痢の原因になることがあります。 下痢以外に何か症状がないかということを考えてみましょう。 最近、10代から30代に増えている病気に、 「」という病気があります。 原因は不明ですが、 食生活との関連性が強いと考えられており、ここ数年の 食生活の欧米化が指摘されています。 クローン病は口から肛門までの消化器官が慢性的な炎症を起こす病気です。 血便はあまり見られず、下痢や腹痛の症状を訴える方が殆どです。 血便がない分気づきにくい病気です。 心当たりがある方は、一度胃腸科がある病院へ受診してみましょう。 胆汁 食後1~2時間前後で下痢になる場合は、胆汁が 下痢の原因の場合もあります。 ではどのような事で下痢の原因となるのか見てみましょう。 これは体に害の無い正常の生理現象です。 胆汁が原因の下痢を改善するには 胆汁による下痢は、一般的な下痢止めの効果がなかなか得られない事が知られています。 まずは生活習慣の工夫で対策をすることが大切です。 家にいるうちにトイレを済ませたり、トイレの無い場所に行く前には食事を控えたりすることで、突然の下痢のリスクを減らすことができます。 これを「消化不良」と言います。 下痢が始まった前後から、体調が悪かったり、 風邪ぎみであったりしていないでしょうか? 体力が落ちているだけで腸の機能は低下してしまいます。 そこで普段と同じ食事をすれば、腸にとっては大きな負担です。 🔷消化不良による下痢になりやすい例 ・風邪を引いた時 ・疲労、体調が悪いとき ・冷たいものをたくさん食べたとき。 ・よく噛まずに食べたとき。 ・早食いをしたとき。 ・寝る直前にたくさん食べたとき。 などなど・・・。 これらは確かに「腸が食べ物を消化しにくい条件」と言えます。 この条件が重なるほど、下痢になりやすいということになってしまいますね。 温かいものや柔らかいものが消化によい理由もわかります。 消化不良による下痢を改善するには コーヒーやアルコールを摂っているのであれば、まずはそれらをやめてみましょう。 やめることがストレスになるのであれば、量を減らすなどして調整します。 胃腸が弱っているときに、これらの飲み物は 下痢の原因になる可能性が高くなります。 食事と一緒に摂っているコーヒーやアルコールが原因になっていないかどうかということを確認してみてください。 また、下痢が続いているときは、冷たい食べ物、飲み物は避け、腸に優しいものを食べるようにしましょう。 冷え 冷えが原因でおこる下痢もあります。 つまり、 冷えが招くこともでおこる消化不良が原因の下痢です。 寝冷えや冷房などで体が冷え、腸の消化機能が低下して、消化が充分にできないず、未消化物を体外に排出しようとすることから下痢になる場合もあります。 冷えが原因で長く続く場合の下痢の改善法 長く下痢が続く場合は、まず上着を羽織ったり、ズボンをはいたり、お腹にカイロなどをして、しっかり温めましょう。 また、体の温まる食べ物を積極的に摂りましょう。 (根の野菜や葛、ショウガ、黒焼き玄米茶など) さらに、腸内環境を整えるサプリメントを摂取するのがお勧めです。 出るものは、我慢せずにトイレに行って出すものを出してしまいましょう。 また、潰瘍性大腸炎の前触れとしても「体が冷える」時に発症することが多いといわれています。 冷えは万病のもと。 体が冷え始めたら、出来るだけおなか周りから温めることを心がけましょう。 前は平気だったものが今は苦手・・・ということがあるように、 体が求める食べ物は年齢によって変わります。 生活していく上で必要なカロリーも加齢によって減っていきますので、 脂っこいものを食べ過ぎていないか、体を冷やすものを飲みすぎていないか、 ご自身の食生活を振り返ってみましょう。 やはり油分は消化しにくく、消化不良による下痢を起こしやすいので、揚げ物を控えるほか、マヨネーズやドレッシングなどの調味料、スナック菓子、インスタントラーメンなども控えてみてください。 食事の量が原因の下痢を改善するには 食事を作る際にはサラダ油を避け、 消化のよいオリーブオイルやごま油を使用してみましょう。 酸化したした油や消化の悪い油は、胃腸に負担をかけ 下痢の原因になる可能性が高くなります。 できるだけ避けましょう。 また、食事の量が多いなと感じたら、食べる量を少し控え様子を見てみましょう。 女性ホルモン 女性の下痢の原因のひとつに月経が 月経が近づいてきたあたりから月経中、下痢になってしまう人もいます。 この場合下痢の原因は月経の時に分泌される「プロスタグランジン」というホルモンのような物質が原因です。 プロスタグランジンは出産時の陣痛を起こす効果もあり、女性にとってとても重要なものなのです。 しかし、子宮だけでなく腸の異常収縮を促すことがあり、下腹部痛を伴う下痢を引き起こしてしまうことがあるのです。 、子宮や腸の血管や神経は収縮し、緊張している状態になります。 女性ホルモンによる下痢を改善するには 対処法としては、子宮や腸周辺の緊張をほぐしてあげるようなことをすることです。 一番簡単なのは、よく暖めてあげることです。 食品添加物 食品添加物が原因の下痢 食品添加物は「発ガン性」「アレルギー性」「遺伝毒性」の3つの毒性があるということが疑われています。 戦後急速にガンやアレルギーが増えていますが、その原因は食品添加物による腸内環境の乱れが大きな要因と言われています。 人間には本来自然治癒力が備わっていますが、腸内環境が悪化すると、免疫力の60~70%は腸内で作られていますので、当然治癒能力も低下し、胃腸の弱い方は下痢が続くなど、様々な病気が蔓延してしまうのです。 よく外食をされる方やコンビニのお弁当を利用される方は、一度食生活を見直してみましょう。 腸内環境 腸内環境の乱れが原因の下痢 腸内環境を悪くする原因として、抗生物質、不規則な食生活、ストレス、食品添加物などが挙げられますが、 下痢が続くと、腸内環境の悪化という負のスパイラルが始まり、自律神経が乱れがちになり、体調が優れないばかりか、気持ちもどんどん沈んでいきます。 また、イライラしたり、不安になったり、気持ちがマイナスに傾きすぎると、腸内環境が悪くなります。 そう、腸と心はそのくらい密接な関わりがあるのです。 腸内環境の乱れによる下痢の改善方法 まずは、悪循環を断ち切るためにも、で腸内環境を整えましょう。 そして、毎日の食生活も栄養バランスも考え、健康管理に十分注意してまいりましょう。 まとめ. 下痢を改善するために どんな原因であれ、食後の下痢が長く続くのは体に支障があります。 病院に行くことが直接的な解決にならない場合もありますが、 病気の可能性を考えれば一度は受診していただくのが一番だと思います。 医師が判断する場合にも、それまでの生活・食生活がどういったものであるかの情報は大変重要なポイントになります。 生活のスケジュールを書き出してみる、食べたものをメモするなどしてみましょう。 自分についての情報を客観的に整理することは、だけでなく ご自身が自分の力で生活を変えるときにも、とても大切なことです。 一日も早くおなかの調子が良くなるといいですね。

次の