射水 市。 射水市の土地価格相場・公示地価・基準地価・坪単価

射水市

射水 市

地理 [ ] 北部は低湿なで水田が多く、南部は・のなだらかな丘陵地が広がり、里山の景観を成す。 河川:、、内川、、、新堀川、新鍛冶川、大坪川• 湖沼:、 隣接している自治体 [ ]• (高岡市と射水市との防災相互応援協定書締結)• 歴史 [ ]• - および、、、が合併して 射水市が発足。 合併の経緯 [ ] 全国的な「」の流れの中、この地域では射水郡の4町村の合併による市への移行、新湊市を含む5市町村の合併、また、、、を含めた広域合併などが検討されたが、住民アンケートや(15年)2月に行われた小杉町の住民投票の結果などを受けて、同年に新湊市を含む5市町村によるが設置された。 合併協議会では新市名の一般公募を行い、その結果「射水市」、「いみず市」、「射水野市」など「射水」を含む市名が多数を占め、最終的には新市名を「射水市」とすることが決定された。 新湊市も、かつては全域が射水郡内に属していた。 当初は合併期日を(平成17年)の予定としていたが、小杉町長のが射水郡4町村のみでの合併を主張して合併協議会からの離脱を表明し、一方で大門町、下村、大島町は5市町村での合併を主張したため、協議は一時休止となった。 しかしその後、(平成16年)に行われた小杉町の5市町村での合併の是非を問う住民投票の結果、賛成多数となったため、当初予定されていた合併期日には遅れることとなったが合併協議は再開され、2005年(平成17年)に「射水市」として合併することで合意、2005年(平成17年)に合併協定に調印し、5市町村との可決を経て、には総務大臣が官報に告示した。 これによって、11月1日に5市町村が合併して射水市が発足することとなった(射水郡は消滅)。 合併に伴い、以下の地名が変更された。 なお、両地区は隣接していて、下村白石を大白石、小杉町白石と小白石と呼んで区別しており、これらも新地名の候補であった。 なお、橋下条は小杉町と合併する前の村名で、小学校、消防団などの名前として残っていた。 市民憲章制定。 2007年 市民の歌「水きららかに街を射して」制定。 - 市の新庁舎が開庁。 より順次移転を開始し、大島庁舎と布目庁舎を除き分庁舎が廃止され、新庁舎へ統合される。 人口 [ ] 射水市と全国の年齢別人口分布(2005年) 射水市の年齢・男女別人口分布(2005年) 旧射水市役所(小杉庁舎・現在は解体されて現存しない)• 職務執行者:田所稔(旧長) -- 2005年11月1日から新市長就任まで。 初代市長:分家静男(旧長) -- 2005年11月27日 - 2009年11月26日• 第2代市長:(元富山県議) -- 2009年11月27日 - (3期目) 初代市長を選ぶ選挙は2005年11月20日に告示、27日に投票が行われ、接戦が予想されたが分家氏が大差をつけて選出された。 この選挙には旧新湊市長、旧小杉町長、旧大島町長が立候補したため、旧市町村の首長の中で立候補しなかった2名のうち旧大門町長が職務執行者に選出された。 市役所は「分庁舎方式」で、合併前の各市町村の役場、およびかつての射水地区広域圏の事務所がそれぞれ分庁舎となっていた。 2016年9月23日まで、新市の事務所は小杉庁舎(旧小杉町役場)に、市議会会議場は新湊庁舎(旧新湊市役所)に置かれていた。 布目庁舎(旧射水地区広域圏事務所)以外の各分庁舎には、各種届の受付などを行う行政センターが設けられていた。 庁舎 住所 業務 小杉庁舎 〒939-0393 射水市戸破1511番地 市長、助役、収入役、企画総務部、会計課、選挙管理委員会 新湊庁舎 〒934-8555 射水市本町二丁目10番30号 市議会、監査委員事務局、福祉保健部、産業経済部、農業委員会事務局ほか 大門庁舎 〒939-0294 射水市二口1081番地 都市整備部ほか 大島庁舎 〒939-0292 射水市小島703番地 市民環境部ほか 下庁舎 〒933-0292 射水市加茂中部893番地 教育委員会ほか 布目庁舎 〒934-0048 射水市布目1番地 教育センター、上下水道部 各分庁舎の老朽化や経費削減、業務効率化のため、合併当初より市庁舎の統合が検討されてきた。 2011年、射水市新開発(旧大島町)の大島中央公園隣接の市有地に統合新庁舎を設置する条例改正案が可決した。 将来の職員数の削減を見越して、統合新庁舎に近く比較的建設年数の浅い大島庁舎は当分の間使用し、本庁の職員数が300人程度となった時点で廃止するとした。 上下水道部が配置されている布目庁舎については、そのまま存続とした。 2016年10月11日、統合新庁舎が開庁し、新庁舎・大島庁舎・布目庁舎の3庁舎体制となった。 新湊庁舎・小杉庁舎・大門庁舎・下庁舎は廃止される。 庁舎 住所 業務 新庁舎 〒939-0294 射水市新開発410番地1 市長、助役、収入役、企画総務部、会計課、選挙管理委員会、市議会、教育委員会、監査委員事務局、福祉保健部、市民環境部ほか 大島庁舎 〒939-0292 射水市小島703番地 産業経済部、農業委員会事務局、都市整備部ほか 布目庁舎 〒934-0048 射水市布目1番地 上下水道部• 県の行政機関 [ ]• (射水市・)• 富山県薬事研究所• 富山県衛生研究所• 富山県木材研究所 立法 [ ] 市政 [ ] 市議会 [ ] 射水市議会の議員定数は、22議席である。 現在の任期は、からまでである。 議長 - 奈田安弘(自民議員会)• 副議長 - 伊勢司(自民議員会) 会派の構成 会派 人数 主な党派 13 市民同志会 3 無会派 6 合計 22 県政 [ ] 射水市から選出される富山の定数は、3議席である。 現在の任期は、4月30日から4月29日までである。 永森直人• 八嶋浩久• 津本二三男 国政 [ ] 衆議院 射水市は、・・・・と構成される・が選挙区となる。 参議院 射水市は、 北陸信越ブロック・(全県区)に属し定数は2議席である。 司法 [ ]• 富山地方裁判所高岡支部(射水市・・・・・)• 富山家庭裁判所高岡支部(射水市・高岡市・氷見市・小矢部市・砺波市・南砺市)• 高岡支部高岡簡易裁判所(射水市・高岡市・氷見市・小矢部市・砺波市・南砺市) 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内 [ ]• 、旧大門町と剣淵町が友好都市提携。 射水市の発足に伴いに改めて姉妹都市提携。 、旧新湊市と旧が姉妹都市提携。 射水市の発足に伴いに改めて姉妹都市提携。 地域 [ ] 地区 [ ] 射水市は合併前の市町村の区域ごとに 「」、 「」、 「」、 「」、 「」の5地区からなる。 射水市の「地域振興会」および「コミュニティセンター」は、これらをさらに細分化し27地区から構成される。 新湊地区() [ ] を地理的な中心とする臨海工業地帯。 新湊市街地はのと富山新港によって旧市域の郊外および旧とは隔てられる形となる。 「 日本のベニス」と称されるやなどが所在しており、射水市内の観光の中枢を担うエリアとなっている。 などに代表される地元意識の強さや、珍姓の宝庫としても有名。 なお新湊市街地(市制施行時の区域(新湊、放生津、庄西の3地区))をまとめて「新湊地区」とする場合がある。 (ほうじょうづ/ほうしょうづ) 射水市のうち、北西部の半となっている新湊市街(万葉線沿線地域)のうち東側で、の通学区域。 新湊地区とともに旧・新湊市の中心部だった地区。 東端のは富山新港に接しており、対岸の堀岡地区とはおよびフェリーでの往来となる。 新湊(しんみなと) 新湊市街地のうち西側の地域での通学区域のうち、庄西地区(庄川以西)をのぞく地域。 新湊地区センターが所在しており、放生津地区とともに旧・新湊市時代の中心部となる。 (しょうせい) 新湊市街地のうち、以西の大字「 庄西町」に相当する地域。 庄川河口と河口に挟まれる形で位置しており、南方の吉久地区のみ陸地で隣接している形となる。 の廃校前は、庄西地区がその通学区域の全域だった。 (つくりみち) に新湊市に編入された作道村だった地域。 の所在する地区。 (ほりおか) 1953年4月1日に新湊市に編入された射水郡堀岡村だった地域。 (えびえ) 1953年4月1日に新湊市に編入された射水郡海老江村だった地域。 が所在。 (ほんごう) 1953年4月1日に新湊市に編入された射水郡本江村だった地域。 以前は 打出本江村という村名だった。 (しちみ) 1953年4月1日に新湊市に編入された射水郡七美村だった地域。 (かたぐち) 1953年4月1日に新湊市に編入された射水郡片口村だった地域。 (つかはら) 1953年に新湊市に編入された射水郡塚原村だった地域。 の所在する地区。 小杉地区() [ ] ゆるやかな丘陵地帯が広がる地域で、小杉市街地と周辺の田園および中山間地域から成る。 南部に日本海側最大級の住宅団地・ を擁しており、人口はここ半世紀で倍増している。 近年は「 鏝絵のまち」として町おこししている。 なお戸破、三ヶ、橋下条、金山、黒河の各地区はそれぞれ、現在太閤山ニュータウンとなっているエリアをのぞく。 戸破(ひばり) 施行当初の射水郡小杉町のうち、概ね東岸などの東側の地域。 射水市役所小杉地区センターが所在しており、旧・小杉町の中心地域。 三ヶ(さんが) 町村制施行当初の小杉町のうち、概ね下条川西岸などの西側の地域。 下村の 三箇と区別するために「 小杉三ヶ」ともいわれる。 戸破とともに小杉地域の中心部を構成する。 あいの風とやま鉄道、が所在する。 太閤山(たいこうやま) 太閤山ニュータウンのうち、大字『太閤山1~10丁目』、『太閤町』など北側の地域。 中太閤山(なかたいこうやま) 太閤山ニュータウンのうち、大字『中太閤山1~19丁目』の地域。 南太閤山(みなみたいこうやま) 太閤山ニュータウンのうち南側に位置する大字『南太閤山1~19丁目』の地域。 (はしげじょう) に小杉町に編入された射水郡橋下条村だった地域。 (かなやま) に小杉町に編入された射水郡金山村だった地域。 (おおごう) 1953年に小杉町に編入された射水郡大江村だった地域。 (くろかわ) に小杉町に編入された射水郡黒河村だった地域。 、が所在。 が多く県内有数のの産地でもある。 池多(いけだ) に分村合併により小杉町とにそれぞれ編入されたのうち小杉町側に編入された地域。 大門地区() [ ] 沿いに広がる地域。 のベッドタウンとして宅地開発が進行し、旧町域北部(大門・二口地区)から大島地区南部にかけて合併前の境界線を跨いで住宅地が連なり、一つの市街地を形成している。 また、企業団地や流通団地が多く立地するため、旧・射水郡の4町村では最も昼間人口比率が高い。 庄川の西岸に飛び地として「枇杷首(びわくび)」があるが、大門大橋により往来は容易。 (ただしラッシュ時は渋滞する傾向にある。 (ふたくち) に大門町と合併した射水郡二口村だった地域。 射水市役所大門地区センターが所在する。 近年は宅地開発が盛んである。 (あさい) 1954年3月1日に大門町と合併した射水郡浅井村だった地域。 (みとだ) 1954年3月1日に大門町と合併した射水郡水戸田村だった地域。 (くした) 1954年3月1日に大門町と合併した射水郡櫛田村だった地域。 地区名としては「 櫛田」表記だが、地区の中心部の住所としては「射水市 串田(読みは同じ)」表記となる。 が所在する。 下地区() [ ]• 下(しも) のどかな田園地帯が広がる地域。 の荘家だったと伝わるが所在し、などで知られる。 大島地区() [ ]• 大島(おおしま) あいの風とやま鉄道、および射水市役所の本庁舎が所在する。 の沿線北側を中心に宅地開発が進む一方、郊外は田園などが広がる。 合併前から「 ヘチマの里」、「 絵本のまち」として町おこししている。 教育 [ ]• 港湾 [ ]• (・)• - 越の潟 - 堀岡 郵便 [ ]• 受持地域:旧新湊市の一部、旧小杉町、大門町、大島町、下村および高岡市の一部• 受持地域:旧新湊市の一部および高岡市の一部 経済 [ ] 本社を置く企業 [ ]• (刃物専門店・日本橋「うぶけや」などに人造砥石を提供) 支社・支店を置く企業 [ ]• 富山支店• 富山主管支店• 富山サービスセンタ 工場・事業所を置く主な企業 [ ]• 富山工場• 新湊工場・射水工場・新湊東工場• 新湊工場・新湊金型工場• 富山製造所• 射水工場• 事業本部・富山工場• 富山工場• 北陸工場• 庄川工場• 富山 株 商業 [ ]• 高岡射水店• 小杉町店• 太閤山ショッピングセンターパスコ• 射水倉庫店(付近に開発された「小杉インターパーク」に2015年8月22日オープン) マスメディア [ ]• 市内には、の取材拠点が所在する。 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] 名所・旧跡・観光スポット [ ]• 太閤山温泉• 県民公園新港の森• (国の)• 鳥取の里• (旧・新湊市博物館)• (旧・大島町絵本館) 祭事・催事 [ ]• 鰤分け神事(1月1日)• 加茂神社鳥追い神事(1月15日)• 新湊のボンボコ祭り(4月)• 加茂神社・牛乗式(5月4日)• 新湊獅子舞祭り(5月15日)• 越中だいもん凧まつり(5月第3土・日曜日)• 加茂神社(6月上卯日)• 小杉みこし祭り(8月上旬)• 富山新港新湊まつり(7月下旬から8月上旬の第1土・日曜)• (8月下旬)• (9月4日)として国のに指定• 二口熊野社火渡り神事 9月8日• 櫛田神社火渡り神事 9月10日• (秋分の日)• の神送祭(9月30日)• (10月1日)• 放生祭(10月2日)• (10月体育の日の前日)• 加茂神社の神迎祭(10月31日)• またてのえびす様渡し(11月)• 射水市農業産業まつり 11月上旬• ツゥインクルナイト 12月〜 下条川のイルミネーション• の総帆展帆(そうはんてんぱん=セイルドリル 年10回程度) 著名な出身者・在住者 [ ]• (落語家、新湊)• (落語家)• (歌手、大島)• (柔道家、小杉)• (柔道家、小杉)• (元プロ野球選手、新湊)• (プロ野球選手 投手 、新湊)• (元大相撲力士、新湊)• (サッカー選手、小杉)• (元、社主、大門)• (元読売新聞社・社長、大門)• (社長、日本テレビ放送網社長、元、新湊)• (漫画家、新湊)• (漫画家)• (東海テレビ放送アナウンサー、下村)• () - 創業者(小杉)。 ・の祖父。 (北日本放送アナウンサー、小杉)• (漫才師、新湊)• (プロレスラー、大島)• (歌手) 歴史上の人物 [ ]• :第10代将軍。 で京を追われていた時、一時期滞在していたことがある。 射水市を舞台にした作品 [ ] 映画 [ ]• 『乱反射』 おばあちゃんの家(旧やなせ洋装品店)とおばあちゃんへの家へのルートで奈呉の浦大橋が出る。 『』 在宅ケア患者の家で新湊の渡辺邸、妻が在宅ケア患者宅に向かう場面で内川の西橋。 『』 主人公の倉島英二とその妻の洋子が豪華絢爛な新湊の曳山と、子どもたちが担ぐ神輿を見ながら楽しむ。 『』 護送車の爆破シーンなど、富山新港公共埠頭を3日全面封鎖して撮影された。 『』 監督・主演() - 10月1日の曳山祭りが中心となった人間ドラマ。 『』 2017年2月公開 新湊内川地区で暮らしている女性が東京から来たカメラマンに恋心を抱く。 アニメーション [ ]• (2008年) - パーク、をモデルとしたとみられる場面が登場する。 (富山県では地上波未放送) テレビ [ ]• 『』放生津町、港町などで撮影された。 郵便番号・電話番号 [ ] 郵便番号 933-XXXX 934-XXXX 939-XXXX 電話番号 0766-XX-XXXX(全市内) その他 [ ]• テレビ番組で紹介された事があるほどマイナーなが多く点在する。 [ ]• 射水市を応援する非公認萌えキャラクター「イミズちゃん」がによって考案され、各種イベントなどに出演している。 脚注 [ ] []• 平成27年11月1日付13面「射水市10年のあゆみ」• (2016年9月22日閲覧)• 北日本新聞 2016年9月22日付16面• 射水市. 2020年3月30日閲覧。 - (2013年11月9日アーカイブ分) KNBニュース 2013年11月07日. 2020年1月11日閲覧• YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2013年11月8日. の2013年11月9日時点におけるアーカイブ。 2013年11月9日閲覧。 - (2014年8月18日アーカイブ分)チューリップテレビニュース 2013年11月07日. 2020年1月11日閲覧• - (2013年12月20日アーカイブ分)北日本新聞 2013年12月20日. 2020年1月11日閲覧• - (2013年12月20日アーカイブ分)KNBニュース 2013年12月20日. 2020年1月11日閲覧• - (2013年12月22日アーカイブ分)BBTスーパーニュース 2013年12月20日. 2020年1月11日閲覧• - (2013年12月21日アーカイブ分)チューリップテレビニュース 2013年12月20日. 2020年1月11日閲覧• 2015年8月19日. 2019年1月25日閲覧。 プレスリリース , ファンタジスタ, 2017年2月3日 , 2019年1月25日閲覧。 OnlineGamer 2018年5月17日. 2019年1月25日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 imizukouhou -• imizushizuku -•

次の

射水市職員採用情報|射水市

射水 市

前年からの変動率は -0. 30%で、変動率の全国順位は549位です。 前年からの変動率は -0. 51%で、変動率の全国順位は634位です。 75倍です。 70倍です。 富山県射水市の土地取引をするには、土地相場を参照し、その物件の需要の強弱、マーケット動向により、土地売買価格が決まります。 土地価格の相場は、国土交通省の公表による公示地価、富山県庁の公表による基準地価、国税庁の発表による路線価、国交省により四半期ごとに発表される不動産取引価格が参考になります。 これらの数値は、現実の不動産物件の取引の際の実勢価格とは多少異なることがありますので、ご注意ください。 当サイト「土地代データ」に掲載している射水市の土地価格相場は、公示地価、基準地価の定点別データに基づいて、当社が独自に平均値を集計し、変動率を計算し、全国の市町村での射水市のランキング、および富山県内での射水市のランキングを導きだしています。 公示地価、基準地価の対象となる地点は、毎年若干の選定代えがある場合があり、選定代え後の地点の過去の遡りのデータを過去の数値として算出しなおすため、毎年、公示地価、基準地価が発表されるたびに、過去の地価データも若干の差異が発生しますので、ご留意ください。 実際に富山県射水市の土地の売却、土地の購入、住宅の購入、住宅ローンによる借り入れ、不動産売買、不動産投資、土地運用をする際には、不動産業者、不動産鑑定士、マンション管理士、土地家屋調査士、行政書士、司法書士、宅地建物取引主任者など専門家の助けを借り、査定・見積りを受けるのが通例です。 土地は、固定資産税の課税対象となり、登記簿によって地方自治体である射水市が管理し、射水市が課税をします。 自己申告による方式であり、申告義務があります。 固定資産税の算出は、課税標準額に税率を乗じるのですが、その税率は、地方自治体が設定します。 課税標準額は、適正な時価として、複雑な計算によりみちびかれますが公示地価の7割が目安です。 相続税・贈与税における土地代は「相続税評価額」と呼ばれ路線価で、公示地価の8割が目安です。 射水市で現実に実行された不動産取引の実価格(国交省)の中で、上物(ビル・家屋など)を含まない土地のみの売買に絞って、平均価格を算出しました。 実際に行われた不動産取引における値段ですので、実勢価格に近い価格帯となります。 90%です。 この平均取引価格は、上記で掲載した公示地価・基準地価の平均に対して、 -25. 99%の差があります。 なお、不動産を購入する場合、不動産業者に払う報酬は成約料金の 3. 15%が相場で、購入価格は個人であれ、法人であれ、減価償却費用、建物維持費、修繕費、ローン支払利子が経費となりますので、射水市の税務署に確定申告します。 個人で賃貸契約で他者に貸した場合、不動産事業所得となり、賃料は収入で、敷金は預かり金扱いになります。 不動産・土地の勘定科目は「棚卸資産」「販売用不動産」「投資その他の資産」「構築物」等です。 登記費用は、射水市登記所の印紙代は一定ですが、司法書士・土地家屋調査士によって手数料は異なります。 51% 射水市の町名は、青井谷、あおば台、赤井、足洗新町、荒町、有磯、池多、一条、市井、稲積、今井、今開発、射水町、犬内、梅木、上野、海老江、海老江七軒、海老江練合、海老江浜開、大江、大島北野、沖、沖塚原、海王町、開口、海竜町、鏡宮、鏡宮弥生、神楽町、片口、片口久々江、片口高場、加茂西部、加茂中部、加茂東部、かもめ台、川口、川口宮袋、北高木、北野、久々湊、草岡町、串田、串田新、倉垣小杉、黒河、黒河新、下条、下条新、小泉、越の潟町、小島、小杉北野、小杉白石、小林、桜町、三ケ、椎土、七美、七美中野、島、下村三箇、下若、宿屋、庄川本町、生源寺、生源寺新、上条、庄西町、浄土寺、白石、新開発、新片町、新堀、摺出寺、善光寺、太閤町、太閤山、大門、大門新、大門本江、高木、高場新町、竹鼻、立町、棚田、中央町、塚越、作道、津幡江、円池、手崎、寺塚原、土合、東明七軒、東明中町、東明西町、東明東町、土代、鳥取、殿村、中老田新、中新湊、中太閤山、中野、中村、奈呉の江、西新湊、西高木、西広上、二の丸町、入会地、布目、布目沢、野手、野村、橋下条、八幡町、八講、浜開新町、坂東、東太閤山、日宮、戸破、平野、広上、枇杷首、藤巻、二口、放生津町、朴木、堀内、堀江千石、堀岡、堀岡古明神、堀岡明神新、堀岡新明神、本開発、本江、本江北、本江三箇、本江利波、本江中、本江中新、本江西、本江後新、本江針山、本江針山新、本江針山開、本江東、本江南、本田、本町、松木、三日曽根、水戸田、緑町、港町、南太閤山、南高木、宮袋、安吉、八塚、山本新、山屋、流通センター水戸田、流通センター、若杉、若林、鷲塚です。

次の

射水市

射水 市

開館のお知らせ 6月2日(火)から通常どおり開館 しています。 中央図書館 新湊図書館 正力図書館 下村図書館 平 日 9:30〜18:30 土日祝 9:30〜17:00 閲覧席について ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、閲覧席を減らしています。 ・閲覧席での学習はご遠慮ください。 ご来館の皆様へのお願い ・発熱や咳などの症状がある方は来館をお控えください。 ・マスクを着用してください。 ・入口に設置の消毒液で手指の消毒をお願いします。 ・長時間の滞在はご遠慮ください。 ・館内では他の来館者と2m程度の距離を保ってください。 図書館行事の中止について 予定していました次の行事は、当面の間、中止いたします。 ・中央図書館 子ども会 ・新湊図書館 ビデオ上映会 絵本・紙芝居の読み語り ・下村図書館 おはなし会 利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。 状況が変われば、その都度、ホームページでお知らせいたします。 中央図書館でマイキー ID登録ができるようになりました。 希望される方は、予め窓口でパスワードを登録してください。 予約の際には、受取館が指定できます。 ただし、休館中の場合の受取は不可となります。 期限までに取りに来ていただけなかった予約資料は、予約を取り消させていただきます。 ご注意ください。 Web 確認の方は、受取り可となってから休館日を除く7日間です。 個人やサークルの方々に市民ギャラリーのスペースを最大 3週間、提供しています。 作品展示等を希望される方は、中央図書館までお問合せください。 延滞資料のある方は、すみやかに ご返却いただくようお願いいたします。 【スマートフォン用ホームページ】 スマートフォンから蔵書の検索や予約、利用状況の確認ができます。 city. imizu. toyama. city. imizu. toyama.

次の