宅建 過去問題。 宅建(宅地建物取引士)の公式過去問+解説

宅建(宅地建物取引士)の公式過去問+解説

宅建 過去問題

全項目チェック ON OFF A. 権利関係 293• 制限行為能力者 6• 意思表示 11• 代理 16• 条件・期間・時効 12• 所有権・占有権・用益物権 28• 担保物権 26• 債権総則 30• 売買契約 19• 賃貸借契約 13• その他の契約 13• 不法行為・事務管理 13• 条文問題・その他 7• 家族法 21• 借地借家法(土地) 19• 借地借家法(建物) 21• 区分所有法 18• 不動産登記法 20 B. 法令上の制限 174• 都市計画法 49• 建築基準法 41• 国土利用計画法 16• 農地法 20• 土地区画整理法 20• 宅地造成等規制法 17• その他の法令 11 C. 税に関する法令 49• 不動産取得税 10• 固定資産税 9• 所得税 11• 印紙税 10• 登録免許税 5• 贈与税 4 D. 不動産価格の評定 20• 地価公示法 11• 不動産鑑定評価基準 9 E. 宅地建物取引業法等 364• 宅地建物取引業・免許 44• 宅地建物取引士 26• 営業保証金 19• 保証協会 18• 業務上の規制 61• 媒介契約 23• 35条書面 42• 37条書面 25• 8種制限 62• 報酬関連 18• 監督処分・罰則 16• 住宅瑕疵担保責任履行法 10 F. 土地と建物及びその需給 100• 住宅金融支援機構法 20• 不当景品類及び不当表示防止法 20• 不動産の需給・統計 20• 土地の形質・地積・地目及び種別 20• 建物の形質・構造及び種別 20 更新履歴 2020. 27 出題中の問題をSNSでシェアするボタンを追加しました。 2020. 2020. 2 権利関係を5分野から17分野に、宅建業法等を8分野から12分野に細分化しました。 2020. 19 宅建業法を含む全ての過去問題について民法改正済となりました。 2020. 20 民法改正部分を除く非推奨問題14問を一部改変し現行法令に合致させました。 改変した問題には問番号の後ろに 改 が付きます。 2020. 2 復習/未回答モードのモードでの出題時に分野指定できるようにしました。 2019. 5 令和元年の試験問題を追加しました。 2019. 9 学習成績をSNSでシェアできる機能を追加しました。 2019. 30 選択肢をランダムに並べ替える機能を追加しました。 2019. 2019. 22 統計問題が出題されないように変更しました。 2019. 23 収録問題数のバランスや市販の参考書の科目分けを考慮し、成績画面のレーダチャートを4分野集計に変更しました。 2019. 31 過去問道場をPWA(Progressive Web Apps)に対応させました。 2019. 12 前回の続きから再開できる機能を加えました。 過去問道場スタート画面でログインしていれば「続きから再開」ボタンが表示されます。 2019. 8 法令改正で古くなった問題が出題されないようにしました。 2018. 18 問題にチェックを付けて、後で復習できる機能を追加しました。 2018. 7 平成30年の試験問題を追加しました。 2018. 12 公開しました。 不具合やご要望等ありましたらお問い合わせフォームから連絡いただければ幸いです。 宅建士過去問アプリ 質問・相談はこちら.

次の

宅建試験 過去問道場🥋 |宅建試験ドットコム

宅建 過去問題

宅建勉強法~問題集でアウトプット :宅建の問題集は、じっくりと正誤を考えない! 宅建問題集の効果的な解き方 宅建問題集の効果的な解き方をまとめておきますので、是非参考にしてみてください。 お手持ちの問題集ですぐに実行できるものばかりなので、試してみて損はないと思います。 Twitter等で宅建の勉強をしている方のコメントを見ていると、間違った勉強だらけです。 年度別の過去問集は、 難問が含まれ重要度もバラバラ です。 2週間前に30点だった過去問を解いたら40点取れたというコメントを見て「それは違う!時間がもったいない!」と叫びたくなります。 過去問は10年分やれば大丈夫かな~というコメントを見て「それは違う!そういう問題じゃない!」と叫びたくなります。 本試験終了後に、 「 過去問は40点以上取れるのに32点だった 」「 過去問が通用しない年だった 」という声が聞こえてきそうです。 間違った勉強をしている方々がここを読んでくれることを願い、宅建問題集の正しい活用方法をご紹介しておきます。 しかし、そこで答えを考える必要はありません。 必死に正解を考えることが当然だと思っている方も多いかと思いますが、それは間違いです。 時間をかけて考えてもダメなものはダメ、時間の無駄となります。 下手な考え休むに似たり、です。 一生懸命正解を考えるよりも、できるだけ多くの宅建試験問題に接してください。 即座に答えが解らない問題は、 すぐに解答を見る ことをおすすめします。 問題文と解説を、繰り返し照らし合わせてください。 基本書を繰り返し読む要領で、問題と解説を読みます。 宅建の問題パターンも見えてくるでしょう。 知識が頭に吸収されやすいだけでなく、「問題を解くコツ」「宅建試験のクセ」が見えてきます。 問題は 「解く」より「読む」 よう意識してください。 ぐるぐるぐるぐる回してください。 本当に大事なのは「 暗記したつもりになったあと 」のアウトプットです。 数多くの問題に目を通して知識を定着させてください。 よく後ろにまとめて解答を載せている宅建問題集を見かけますが、答えを探すだけでイライラします。 すぐに解説を読むことができる宅建問題集をお使いください。 極端なことを言えば、 細かい基本書を理解しようとじっくり読み、じっくり正解を考えて問題を解くくらいなら、何も分からずいきなり過去問から始めて何も考えず問題と解説を読み、基本書は補助的にだけ使用した方がマシ です。 分厚い基本書を買ってきて、1ページ目からじっくり読み込み、それで合格できたら超優秀もしくは努力の天才です。 ザッと過去問と解説に目を通し、意味不明な箇所を基本書で補う方が遥かに効果的です。 時間をかけて基本書を読み、知識ができていない状態からしっかり問題を解くということは、それだけ間違った勉強ということです。 過去問は「解けるか解けないか」ではありません。 正しいか誤りかではなく「 何が問われているのか 」に着目して「読んで」ください(すごく大事)。 各問に理解力に応じた3段階のチェックマークを入れ、効率化を図ります。 「 間違える問題 」を目立つよう抜き出してください。 A=絶対に忘れることがない、自信のある問題 B=時間が経つと忘れる可能性がある問題 C=今は覚えていても、後日必ず忘れるであろう問題 一度Aランクになったものは、もう宅建試験本番前の総復習まで解く必要はありません(仮に忘れていても、一度長期記憶脳に入った記憶はすぐに思い出せます)。 B、Cランクの問題に集中して、基本書の関連部分や問題の解答を繰り返し眺めてください。 また、何度も連続して答えが解らない問題は、排除することも一法です(自分に合わない)。 一問一答式で解いていってください。 Aランクを飛ばしてどんどん解いていくと、より効率的になります。 2番が正しいから3番は誤りかな・・という解答テクニックは練習では無意味ですので、宅建試験本番まで使用しないでください。 年度別過去問を片っ端から90分以内に40点以上で回せるなら話は別ですが、どうしても「この問題の正解は確か3番だ」という記憶で正解してしまう同じ年の数回目の年度別過去問で40点を取ることができても、それは幻です。 宅建試験に合格するには、昔は市販の本を買ってきて地道に頑張るか、多額の受講料を支払って学校や通信講座に申込むしかありませんでした。 しかし、現在はコスパが良く覚えやすい宅建教材 (インプリのような…!) ができ、ネットの普及により、当サイトのように無料で情報が公開され、手軽に宅建合格に必要な知識も得られるようになりました。 一昔前の合格ライン30点の宅建試験は、今なら合格ライン40点になるかもしれません。 宅建受験生のレベルは相当上がっています。 そんなハイレベル受験生のため出題者サイドがここ数年多用してるのが「 宅建業法の個数問題 」です。 正しいもの、誤っているものはいくつあるか。 通常の4択問題ならば4肢中3肢の正誤が分かれば、 75%の知識があれば100%正解できます が、 個数問題で3肢しか分からないと正解率は50%となります。 100%が50%という恐ろしいトリックです。 2肢しか分からない場合、通常の4択問題ならば50%、分かる肢がズバリ正解肢ということもありますので70%くらいは正解できるでしょう。 しかし、個数問題で2肢しか分からなければ・・・悲惨ですね。 宅建試験では、毎年、過去問と全く同じ問題が半分以上出題されます。 過去問から言い回しを変えただけの問題を含めると、9割は過去問の焼き直しです。 過去問だけマスターしておけば宅建試験に合格できますね。 とは言っても、過去の問題をすべてマスターするのも非常に大変です。 また、その必要もありません。 過去問の中でも、繰り返し問われている出題頻度の高い問題というものがあります。 それだけは絶対確実に身に付けてください。 過去問を効率よく活用するポイントは、 基本的な問題を確実に身に付け、余分な知識は詰め込まない ことです。 決して50点満点を目指さないでください。 確実に基本知識を押さえたら、より宅建合格に近づくため、過去に数回だけ出題された問題を参考程度に眺めておいてください。 よって、 必然的に難問も含めて全ての過去問が掲載されている年度別過去問集はひとまずパス してください。 厳選された頻出過去問だけを集めた分野別の宅建過去問集 がおすすめです。 分野別過去問といっても、本当に分野別に掲載しているだけで、分野ごとの過去問 4肢をドンと何年か分だけ載せている過去問集はパス してください。 手抜きです。 受験生のことを想っていません。 その目的は新たな知識の習得というよりも実戦練習にあります。 詳しくは「 」をご参照ください。 繰り返しになりますが、50点を目指さないでください。 どうしても(宅建業法以外でも)完璧を目指してしまう人がいます。 45点も目指さないでください。 なかなか宅建試験に合格できない人は、「 単に勉強不足の人 」または「 全てをやろうとして重要箇所とそれほど重要でもない箇所を同列に勉強する人 」です。

次の

宅建(宅地建物取引士)の公式過去問+解説

宅建 過去問題

2020年度の宅建試験日や申し込みの日程は? 宅建士試験の試験日や申し込み日といった概要は、 原則毎年6月の第1曜日に、 (以下略称の、「RETIO」とする)より発表されます。 そのため現時点では、 2020年度の試験日程や申し込みの日程は確定していません。 ただし、 毎年の原則的なスケジュールは決まっていますので、予想スケジュールを作成してみました。 ほぼこの予想通りのスケジュールとなるかと思いますで、 参考にして確り準備してくださいね。 【結論】過去問10年分を3周すれば合格できる 信託銀行員時代、宅建の合格が必須であったため、毎年新人向けに勉強を教えていましたが、 合格できない人はほぼ間違いなく過去問対策ができていません。 色々 言い訳をして直前まで過去問に取り組まない人もいますが、断言します。 問題集に収録されている過去問10年分を3周すれば合格できます。 合格率なんて気にしなくて大丈夫です。 過去問を制するものは、宅建を制します。 字面だけで、「勉強範囲は宅建業法と〇〇でー、出題形式はマークシートでー」と理解したつもりになっていても、 実際問題を解くと想像と全く違って大混乱なんてことは、大いにあります。 最も最初に過去問を解き試験の全体像を知ることで、効率の良い勉強を余裕を持ってすることができるようになるのです。 ・似た論点の問題が繰り返される 宅建は国家試験だから過去問対策しても意味がない、なんて思っていませんか。 そんなことは全くありませんよ。 私を信じて、過去問を10年分やってみてください。 同じ論点の問題を、文章だけ少し変えて出題していることがわかると思います。 重要な論点というものは、決まっています。 試験なのに毎年問われる知識が全く違うなんてことがあったら逆におかしいですよね。 極論をいうとテキストを使わずに、過去問を解きまくっても、結構良い点数が獲得できるようになると思います。 ・記憶への定着がテキストだけよりも早い テキスト中心にで勉強を行っている多くの人は、重要そうな単語は覚えているのですが、その 単語と試験に出てくる詳細部分を結び付けて覚えられていません。 テキストは文字量も多いので、覚える部分の強弱がつけられず、 何となく覚えたつもりのままになってしまっているんですね。 例えば、テキストは民法で「制限行為能力者」を覚える場合、「未成年者」、「成年被後見人」、「被保佐人」、「被補助人」という単語は覚えてる。 でも問題で、「未成年者は同意を得てやった契約を取り消せる」と出ても答えがわからないなんてことがありがちです。 過去問は重要な部分を抜粋して、出題してくれている最高の教材です。 市販の問題集に収録されている10年分程度の過去問を頭にたたき入れれば、合格に必要な知識は習得できるといっても過言ではありません。 【必見】おすすめの問題集 過去問の問題集は適当に選んでは絶対にいけません。 解きながら知識を付けるために、 解説のわかりやすさが非常に重要になってきます。 おすすめは、 宅建学院の「らくらく宅建塾シリーズ」です。 問題集の「過去問宅建塾」の形式が 見開きで、左1頁に問題1問、右1頁にそれに対する解説となっており、1問毎にすぐに解説の確認ができる点 解説が非常にわかりやすい点 が非常に良いです。 解説は確り読みましょう。 【2周目】: 「過去問宅建塾」分野別3冊を再度一周し、全く理解できない部分を 「らくらく宅建塾」テキストで補強 何となく 解ける問題も出てきていると思います。 解説を読んでも 全く理解できない部分をテキストやネットで確認し、問題集に直接メモしていきましょう。 【3周目】:テキストをさっと一通り読んだのち、 「過去問宅建塾」分野別3冊を解きわからない問題があれば完璧にする この時点でテキストを全範囲目を通してみると、想像以上に理解が深まります。 ただし時間はかけずざっと読み、 あくまで過去問演習を優先しましょう。 この時点で ほとんど解けるようになっているかと思います。 解けなかった問題が仮にあれば、チェックして本番までに完璧にしましょう。 最後にどこか1年分50問の過去問を解いて、本番の感覚を養えば対策はばっちりです。 法改正対応はネットで十分 過去問の重要性をお話しすると、必ず法改正対応ができないので過去問だけでは意味がないという人がいます。 結論からいうと、 重要論点は過去問で習得できます。 それでも、 法改正が多少出題される可能性はありますが、ネットで「2020年 宅建 法改正」とでも検索し確認しておけば、時間がかからず対策することが可能です。 どうしても法改正対応が不安な方は、 2万円弱と非常に金額が低く、予備校に行く手間もかからない 通信講座スタディングがおすすめです。 勉強を進めるにあたって最も重要なのは不安をできるだけなくすことですから、通信講座等で お金を使うことで安心して、勉強もはかどるという方には一つの選択肢です。 ただ、今回お話ししたように、 過去問を信じて10年分を3周することが、宅建に合格する最短の近道なのは変わりありません。 どうしても 通信講座等でないと勉強を進められないという方以外は、さっそく過去問演習を始めてみてください。 簡単に合格できますよ! f987057.

次の