眠気 貧血。 どんな症状が出たら貧血を疑うべき?危険度の高い鉄欠乏性貧血とその他の貧血の種類

こんなに眠いのって何かの病気?女性が悩む強い眠気の正体とは

眠気 貧血

貧血の症状といえば、一般的にはめまいや立ちくらみを連想しがちです。 しかし、現れる症状は多岐に渡るため、気付かずに日常生活を送っている人も少なくなりません。 疑われる症状がある場合は専門医を受診する必要があります。 貧血の原因は様々あるため、まずは内科を受診することをお勧めします。 貧血の症状というと「立ちくらみ」を連想する方がたくさんいますが、立ちくらみはと呼ばれ、貧血とは関係ありません。 貧血が急激に起こる事はなく、徐々に進行してきます。 そのため症状もはっきりしたものがなく、なんとなく頭が痛かったり、肩がこったり、疲れやすかったり、顔色が悪かったりします。 つまり、日常起こり得そうな体調不良の症状が多く、体調の悪さを自分の体質や疲労の蓄積と諦めてしまい、貧血と気づかずに生活している人が多いのが現状です。 は様々ありますが、血液中の赤血球が不足することで全身に運ぶ酸素量が少なくなり、体が酸素欠乏して症状が現れることは共通しています。 つまり、貧血は全身の酸欠によって起こるため、症状は全身に現れます。 貧血症状のイメージといえば「だるい」「めまいがする」などを連想しますが、意外な症状もたくさんあり、多岐に渡ります。 以下に症状の具体例を示します。 自分に当てはまるものはありますか? 体調に関する症状 疲れやすい だるい めまいがする 動悸や息切れがする 眠気 吐き気 胃痛 頭痛や肩こりに関する症状 頭痛 肩こりがある 頭が重い 顔色が悪い 食事に関する症状 食べ物が飲み込みづらい 口の端が切れる 舌の表面がツルツル 煎餅など硬いものを大量に食べたくなる 酸味がしみる 肌・髪・爪に関する症状 爪がスプーン状になる 爪が割れやすい 枝毛・抜け毛が増える 肌がカサカサする 思い当たるものはありましたか?貧血といえば「めまい」や「だるさ」くらいに考えられがちですが、実際にはこれだけの症状があります。 貧血は血液の病気ですので、全身を駆けめぐる血液の調子が悪いと、体のあちこちに障害が出てもおかしくありません。 生理で定期的に鉄分を失う女性と違い、男性は出血しない限り体内から鉄分を失うことはなく、血液を活発につくろうとする男性ホルモンの働きもあり、男性が貧血になる事は通常ありません。 つまり、男性に貧血の症状が現れるという事は、体内のどこかで慢性的に出血しているということになります。 男性に症状が現れた場合、以下のような病気の可能性が高い確率で考えられます。 胃・十二指腸潰瘍 胃がん 大腸がん 大腸ポリープ 痔 このような消化器系疾患による出血がある場合、便の色が「黒色のタール便」や「赤褐色から鮮紅色の便」になります。 この便の色の違いは出血箇所によって異なります。 胃や十二指腸で出血している場合は血液が胃酸や消化酵素と反応することで黒くなり、それが便に混ざることでタールのような黒色になります。 一方、大腸や肛門付近の痔から出血した場合は、血液の色が変わることなく便に混ざるため、赤褐色から鮮紅色の便が出るようになります。 消化管からの出血に気付かずに大腸がんが進行してしまったり、重度の貧血で倒れてから病院に搬送されることも少なくありません。 健康診断で便潜血検査を受けるのはもちろんのこと、日ごろから排便後に便の色を観察する習慣をつけることが病気の早期発見につながります。 急に立ち上がったり起き上がったりすると、目の前が暗くなったり、目がチカチカすることがあります。 このような症状は「貧血によるもの」と思われがちですが、それは間違いです。 急に立ち上がったりすることで一時的に血圧が下がり、脳に十分な血流が行かなくなることで、目の前が暗くなったり、目がチカチカする症状が現れるもので、これを脳貧血または起立性低血圧と言います。 脳貧血は起立性低血圧や血管迷走神経失神が原因であるため、まったく異なります。 貧血は鉄分不足や造血機能の低下で赤血球が減少することによって発症しますが、脳貧血は血液を調べても異常はありません。 症状の現れ方には個人差があり、まったく症状が出ない人もいれば、強めに症状が出る人もいます。 しかし、必ずしも症状の強さが病気の重さと比例しているわけではありません。 こうした自覚症状はあっても「大した事ではない」と自己診断してしまうのは危険な事です。 倦怠感や息切れなどの症状が出る病気はほかにもたくさんあり、命にかかわる重篤な病気を見逃してしまうことにもなります。 これらの症状がある時は一度きちんと病院で調べてもらい、を明らかにしておくことが大切です。 検査は簡単に行う事ができ、原因がはっきりしやすいのも貧血の特徴です。

次の

貧血の眠気から解放される5つの方法

眠気 貧血

スポンサーリンク 貧血の時の症状の中に、眠気、だるい、という症状があります。 なぜ貧血で眠気やだるさが現れるのでしょうか。 その様な時の対策はどうしたら良いのかを詳しくまとめていきます。 貧血の時に現れる眠気とだるさの理由! 貧血とは、赤血球が足りないという事です。 赤血球が足りていないと、脳が酸素不足に陥ります。 脳が酸素不足の状態になると、眠気が現れます。 また、だるいという症状も脳の酸素不足が原因です。 貧血が治れば、赤血球の数も戻るので、それらの症状も緩和されます。 慢性の貧血では、一日中眠くてウトウトしてしまい、 夕方からシャキッと目がさめる!という人が多いのも特徴です。 女性は、ホルモンに周期があるので、 貧血症状もホルモンのサイクルによって波があります。 眠い、だるいというのは酸素不足の他にも身体を休めなさい! という脳からのサインという事も考えられます。 そんな時は無理をせず、ゆっくりと休む時間を作ってください。 貧血での眠気とだるさの対策とは! 貧血で、眠気とだるさの症状が現れた時、 有効な対策とは、やはり食生活の見直しです。 スポンサーリンク 貧血と食生活は直接的な関わりがあるので、 まずは食事からアプローチしてみて下さい。 赤血球の数を増やすには、鉄とタンパク質が絶対的に必要です。 動物性の物を多く摂るようにし、 レバーや赤身の肉を食べてください。 「」でも紹介しましたが、 食事の他にも、ヘム鉄のサプリメントで補給する方法もあります。 ヘム鉄のサプリメントを摂取する際に、プロテインを同時に摂取する事で、 ヘム鉄とタンパク質を補給出来ます。 まとめ 貧血での眠気やだるさの対策は、すぐに補給出来るものとしてサプリメントを摂取する。 日々の食生活の見直しとして、食事を貧血に良い食材をふんだんに使用したレシピにする。 この二点で解決していくのが望ましいです。 食生活の見直しは、即効性のあるものではありませんが、 必ず効果が付いてくるものです。 根気よく続けて、貧血の根本的な改善を目指していく事をおすすめします。 スポンサーリンク.

次の

「鉄分」が不足すると眠くなるのは本当? 鉄分入り食品は眠気覚ましに?

眠気 貧血

普通の診療は、比較的穏やかなもの。 しかし、そんな中でも、医師が、ぴくりと反応するフレーズがあるのです 私は現在、患者さんのご自宅や施設へ出向く訪問診療と、街のクリニックでの外来診療を行っています。 大学病院や公立病院で外科医として勤務していた時と比べると、比較的高齢の患者さんが多く、また、病状も安定している方がほとんどです。 「先生の顔を見ると、元気が出ます」という、医者冥利に尽きるような一言を聞くことは、医師を志した私の原点に響くことでもあり、外科医時代とはまた違った喜びがあります。 薬の内容も、それほど特殊なものは多くなく、ちょっとした世間話をして、体調をお尋ねし、血圧測定や聴診を行います。 そして、前回の処方をチェックして、お薬を新しく処方するという、比較的穏やかな診療風景です。 しかし、そんな穏やかな診療の中でも、「あれ?」と思うことがあります。 詳しく調べてみて、がんが発見されたもあります。 つまり、特別専門的な検査をしなくても、「がんでは?」と思う症状があるのです。 今回は、医師である私たちが、どんな点を日常的にチェックしているのかを、お話ししましょう。 <目次>• がんの初期症状1 体重減少 特にダイエットをしたわけでも、運動量を増やしたわけでもないのに、急激な体重減少がある場合には要注意です がんを疑わせる症状の代表である、体重減少。 もちろん、「最近、食事には気をつけています」「がんばって運動しているんです」「ダイエット中です」という場合は別です。 いつもと変わらない生活をしているのに体重が減っていく場合は、がんの可能性を考えたときに、少し気になる現象です。 特に、1~2ヶ月で10~15%以上の体重減少(60kgの方の場合、6~9kg)が見られる場合は、やはり注意が必要です。 洋服のサイズが合わなくなったり、ズボンやスカートがぶかぶかになるなどの自覚があり、周囲の方も気づくような状態になります。 がんが体の中にあると、エネルギー消費の増加に加え、がんのできた部位によっては、食欲が低下することもあり、いつも通りの生活をしているつもりでも、体重が減少してしまうのです。 がんの初期症状2 便の異常 日本では、消化器のがん、すなわち、胃がんや大腸がんが多いですが、これらのがんの症状の多くは、便の異常となって表れます。 長引く症状がある場合には、要注意です これは、がんからの出血によるものですが、胃や十二指腸のがんでは、便は黒色に、大腸のがんでは、暗赤色から暗紫色になってきます。 肛門に近い直腸のがんでは、鮮血色の下血が見られる子ともありますが、これらは痔の症状として、見過ごされることもあります。 もちろん、頻度としては痔が多いのですが、前述の体重減少の傾向がある場合は、詳しく調べる必要があります。 もちろん、下痢や便秘も、一般的な症状です。 しかし、通常の下痢止めや便秘薬が効かない、もしくは、下痢や便秘を繰り返す、といった症状の場合には、やはり、注意が必要です。 がんの初期症状3 進行する貧血 何となくからだがだるい、息切れがする、めまい・ふらつきがある、といった症状は、通常の肉体疲労や、がん以外の疾患でも見られる症状です。 貧血の症状としても多いです。 ただし女性の場合は、多かれ少なかれ、貧血があることがほとんどなので、一回だけの血液検査や健康診断の結果だけで判断することはできません。 重要なのは、進行する貧血です。 出血の原因は、消化器系(胃がんや大腸がん)のこともあれば、泌尿器系(腎がんや膀胱がん)、婦人科系(子宮がんや卵巣がん)のこともあります。 進行する貧血は、自覚症状のみではわかりづらいので、医療機関での血液検査が必要です。 もし、貧血かな?と思っても自己判断せず、やはり採血して調べておくのがよいでしょう。 がんの可能性をなんとなく感じたら、健康診断・人間ドックを 最後に紹介するのは少し非科学的な内容になってしまうのですが、虫の知らせを大切にしている医師も多いと思います。 「何となく気になる……」というケースで、調べてみたら早期のがんが見つかったというケースは、医師の多くが経験していることではないかと思います。 これは患者さんも同じ。 今回、ご説明したような症状に加え、ちょっと、心配だなぁと思われたときには、会社や自治体の健康診断をきちんと受ける、また、場合によっては、人間ドックを受けてみるといった行動を起こすことも大切です。 自己判断での心配しすぎもよくありませんが、何か気になることがあれば、まずは、お近くの内科の先生の診察をお受けになってみて下さいね。 【関連記事】•

次の