一 周忌 法要 香典。 一周忌を欠席する場合も香典は必要?連絡はどうしたらいい?

兄弟の一周忌 香典はいくら包めばいいでしょう

一 周忌 法要 香典

一周忌の準備 日程を決める 祥月命日(亡くなった同月同日)が平日にあたる場合は直前の土日に行われるのが一般的です。 一周忌だけは満1年目におこないますが、それ以降の一年ごとの年忌法要は年数-1年(年数マイナス1年)で行います。 (例:三回忌は満2年) 場所を決める 自宅、お寺、ホテルなどのいずれの場所で行なうのかを決めます。 読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。 おとき(食事)の手配 僧侶による読経のあと食事がふるまわれます。 この食事をおとき(御斎・お斎とも書く)と呼びます。 僧侶や参列者へのお礼の気持ちをこめたお膳であると同時に、一同で故人を偲ぶための行事です。 必要に応じて仕出し料理やお店などの予約をします。 おめでたい伊勢海老や、鯛などの献立は避けた方がよいので、予約の際には「法事で利用します」と、利用目的を告げましょう。 また、食事の席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引き出物と一緒にお渡しします。 お寺への連絡 場所、日時が決まったら、なるべく早く菩提寺に連絡をします。 菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺のことです。 霊園、墓地などを利用している御家庭では、葬儀の際に世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。 案内状の手配 少人数の親族だけで行う場合には電話での連絡でも良いでしょう。 故人の知人など人数が多い場合は、往復ハガキや返信用のハガキを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠確認を行います。 引き出物・引き菓子の手配 当日、出席者にお持ち帰りいただく引き出物を準備します。 予算は~程度で持ち帰りに適した品を用意します。 消耗品で好き嫌いが少ないや、実用品ではなどが人気です。 また、引き出物と一緒にを用意することがあります。 引き菓子とはお膳のお裾分けの意味があり、列席者が帰宅後、家族と分かち合うためのお土産的な意味合いがあります。 法事に参列して頂けなかった方でも、お供えやお香料などを届けてくださった方にもお返しをお渡しするようにします。 お布施・御経料の用意 お布施・御経料の相場は、3万円程度で、お車代は、5千円~1万円くらい、御膳料は、5千円~2万円くらいです。

次の

一周忌の香典の相場や香典袋の書き方について

一 周忌 法要 香典

故人か亡くなってちょうど一回目の命日を一周忌といいます。 一周忌以外にも、節目となる年の命日に合わせて年忌法要を行います。 故人が親族や、親しい人であればその年忌法要に招待されることもあるでしょう。 最近は、核家族化がすすんでしまったことと、法要を簡素化することも多く、 法要などに参加する機会が減っているとも言われています。 法要に参加することが決まると、マナーなど気になることはたくさんありますね。 もう一つ気になるのはお香典の相場ですね。 一周忌だけでなく、これから三回忌、七回忌を節目では法要が行われるので、 ずっと同じ金額でいいのか?も気になりますね。 今回はそんな年忌法要のお香典の相場について調べてみました。 Sponsored Link 一周忌の香典の相場はいくら? 故人が亡くなって故人を供養するための儀式を法要と言います。 初七日から四十九日までの法要を追善法要といい、さらに命日から 一年目、三年目、七年目と節目となる年に法要を行うことを年忌法要といいます。 年忌法要では僧侶を招き、その後会食などが準備されている場合が多くなります。 そんな年忌法要に出席する場合のお香典の相場です。 やはりポイントは故人との関係と、会食に参加するのかによって相場が変わってくるようです。 故人と血縁関係がある場合 会食に参加する場合、一人20000円~30000円を相場と考えます。 夫婦で参加する場合は、30000円~50000円が相場となるようです。 会食に参加しない場合、会食がない場合は、一人10000円が相場となります。 夫婦で参加する場合は、10000円~30000円が相場です。 故人と血縁関係がない場合 故人との血縁関係がなく法要に出席する場合は、故人との関係により少し相場が変わってきます。 故人と一般的なお付き合いで、会食に参加する場合は、10000円~30000円、 会食に参加しない場合は、5000円~10000円が相場となっているようです。 ですが、故人が付合いの長い親友であったり、仲人してもらったなど お世話になったと感じている場合は、少し相場が上がるようです。 こちらの場合は、会食に参加する場合は、20000円~30000円、 参加しない場合は10000円が相場となっています。 故人の孫や、ひ孫が法要に参加する場合 親族同士で話し合って香典をどうするのか、確認しましょう。 会食がある場合は、孫たちの分まで用意されますから、 親族同士で少しずつ金額を出し合って孫一同で香典を出すなどしましょう。 Sponsored Link 三回忌以降のお香典の相場は? 次に一周忌以降の年忌法要です。 一周忌を終えた後は、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、 二十七回忌、三十三回忌まで営むのが一般的だと言われています。 こちらの場合も故人との関係、会食に参加するのかが相場のポイントとなります。 故人と血縁関係がある場合 会食に参加する場合は、20000円~30000円、 夫婦で参加する場合は30000円~50000円が相場となるようです。 会食に参加しない場合は、5000円~20000円、 夫婦で参加する時は、10000円~30000円を用意しましょう。 故人と血縁関係がない場合 こちらも1周忌の時と考え方は変わりません。 故人との関係で香典の相場を決めましょう。 故人と一般的なお付き合いで、会食に参加する場合は、10000円~20000円。 会食に参加しない場合は、3000円~5000円が相場と言われています。 故人と親しくお付き合いをしていたり、特にお世話になっていた場合、 会食に参加するなら10000円~30000円、会食に参加しないのであれば、 5000円~10000円が相場となっているようです。 お供え物は必要? 年忌法要に参加する時は、お香典の相場も気になりますが、 他にお供え物が必要なのかも気になるところだと思います。 基本的に年忌法要に参加する際は、お供え物を必須ではありません。 ただし地域のしきたりや家族のしきたりで、お香典とは別にお供え物が必要になるケースもあります。 いずれもお香典とは別にお供えを用意することが多いようです。 法要の会場が自宅ではなく、お寺などで行われる場合は、 お供えを持ち帰る手間などもありますので、用意する場合は他の親族に相談して決めましょう。 まとめ 年忌法要に参加が決まったら、お香典の金額なども気になることだと思います。 参加するときには故人を偲ぶ気持ち、施主への労いの気持ちを忘れないようにしましょう。 Sponsored Link•

次の

一周忌、三回忌の香典の相場はいくら?七回忌も同じでいいの?

一 周忌 法要 香典

A ベストアンサー 香典というのは葬儀のときだけの言い方です。 それ以降の法要の時は「御仏前」といいます。 葬儀の時の金額と、法要の時の金額は違ってきます。 金額の相場(目安)は神道も仏式も同じです。 さて質問者様は葬儀の時の玉串料はどの位包まれましたか? 実母様がお亡くなりになられたとのでしたら相場は10万円ですがどうでしたか? 一年祭以降の玉串料は、葬儀の時の半額程度の金額を包みます。 相場どおりに出していらっしゃるのでしたら義父さまが5万円と仰ったのは妥当でしょう。 おば様夫婦の金額ですが、実母様の妹ですから葬儀の時は3万~5万円位を包まれたと思います。 その半額程度ですから2万円というのはまあ妥当な金額なのではないでしょうか? このようにつながりが深い人ほど葬儀後の法要でも高額の玉串料が必要になってくるわけですが、7回忌(仏式)位になると法要の規模も段々と縮小されていきますから、御仏前の金額も減額になっていく傾向があります。 うちは先日義父の7回忌をしましたが、葬儀10万、49日~3回忌まで5万、今回の7回忌は3万になりました。 義母が多くは出さなくていいと言って下さいましたので、主人の兄弟内で相談し決めました。 多分次からはずっと3万かな?と思っています。 神道は1年祭の次は5年祭だと思いますので、5年祭あたりから金額が下がることがあるかも知れません。 一般的には以上のような感じです。 しかしながら冠婚葬祭のしきたりというのは地域、家族によっても違いますので、御実家、義実家、御兄弟にお伺いを立ててみるのが一番だと思います。 香典というのは葬儀のときだけの言い方です。 それ以降の法要の時は「御仏前」といいます。 葬儀の時の金額と、法要の時の金額は違ってきます。 金額の相場(目安)は神道も仏式も同じです。 さて質問者様は葬儀の時の玉串料はどの位包まれましたか? 実母様がお亡くなりになられたとのでしたら相場は10万円ですがどうでしたか? 一年祭以降の玉串料は、葬儀の時の半額程度の金額を包みます。 相場どおりに出していらっしゃるのでしたら義父さまが5万円と仰ったのは妥当でしょう。 おば様夫婦の金... Q 知識がないのに突然やってくるのが葬祭ですが、この年になって親戚世代の突然の訃報が増えるようになりました。 お葬式はもちろん知人であればかけつけますが、一周忌などはいったいどの程度のお付き合いの方まで(親戚)出席するものなのでしょうか?正しい答えということより、皆さんだったらどうするかのアドバイス程度で良いのですが、と言うのも夫が最近伯母の一周忌に招かれたのですが、出席の返事を出したあとに連絡をとった夫の兄弟は「姪っ子、甥っ子が出る義理はない!!」「社交辞令で招待してるのに、出席する必要はない」と言う意見なのです。 確かに甥や姪の中で出席するのは夫だけのようです。 夫が特にかわいがってもらったわけでもない普通の伯母、甥の関係です。 今回はすでに出席の返事を出しましたが、今後参考にさせていただきたいので、宜しければご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします A ベストアンサー ご参考までに・・ 今年4月に父親の一周忌がありました。 出席者は私から見て 母親 兄弟姉妹(とその配偶者)、同居している甥、姪(兄の子供) 兄嫁の兄 母親の兄弟姉妹(とその配偶者の一部) 父親の兄弟姉妹(とその配偶者の一部) 同じ父親の兄弟姉妹でも遠くに住んでいる人は出席されませんでした。 法要の案内(連絡)があって、都合がつけば出席すればいいと思います。 私なら時間が取れれば出席すると思います。 或いは、伯母との関係で「やんわりお断り」するかもしれません。 でも「社交辞令」で呼ぶ事はないと思います。 当家としては今後とも「甥、姪」の関係でも付き合っていきたいとの 現れだと思います。 Q もうすぐ義父 舅 の一周忌があります。 夫達兄弟が主催し費用は兄弟で出しあいます。 会場は義父の実家で行い、参加者は兄弟等ごくごく身内だけとの事なので 私の両親は香典だけ送るのですが、 ・娘の嫁ぎ先 ・一周忌 ・香典のみ 花も片付けが大変らしいのでなし ・今までの法事で香典返し等はなし この場合、私の親は今回はいくら包めばいいのでしょうか? というのも、先に私が立て替えておくように言われているのですが、 嫁ぎ先が九州の地域で私の親も勝手が分からないから任せる、とのこと。 夫の親族に聞くわけにもいかず、 冠婚葬祭で検索してみても、 参列・会食や香典返し等を前提とした金額…と書かれています。 葬儀の後こそ電話で「お気遣いありがとうございます」とあったようですが、 初盆の時には既に、 私に「そちらの身内に何かあったらその時にお返しするから特に今回はお返ししないので」とだけ… うちの地域では香典返し等や参列されない方でもお電話等はしていると思うので、 夫の家のやり方がいまいちよく分からず戸惑ってます。 お恥ずかしいのですが、私や夫の通院等で家計が赤字のため、 今回の一周忌の負担も少し厳しい状態です。 家計について他の人には話していません 長々とすみませんが、 上記のような場合、親の名前で一万円は少ないでしょうか? よろしくお願いします。 もうすぐ義父 舅 の一周忌があります。 夫達兄弟が主催し費用は兄弟で出しあいます。 会場は義父の実家で行い、参加者は兄弟等ごくごく身内だけとの事なので 私の両親は香典だけ送るのですが、 ・娘の嫁ぎ先 ・一周忌 ・香典のみ 花も片付けが大変らしいのでなし ・今までの法事で香典返し等はなし この場合、私の親は今回はいくら包めばいいのでしょうか? というのも、先に私が立て替えておくように言われているのですが、 嫁ぎ先が九州の地域で私の親も勝手が分からないから任せる、とのこと。 夫の親族に聞... A ベストアンサー こんにちは。 地方色があると大変なんだよねぇ・・・ 基本的には,法事は施主(喪主)が執り行う言わば接待行事です。 参列していただく方を予め決めて連絡します。 本来は,交通費や遠方から来るのであれば宿泊費も施主が負担するのが基本です。 法要の後にお斎と言うお食事会があり,引き出物と言うお土産を付きます。 呼ばれた人は,お食事と引き出物を合わせた額相当か少し少なめに包みます。 施主の接待行事なので,葬儀のように半返しではありません。 身内だけで行なう場合は,案内状や電話連絡の際に,香典が不要ならば,その旨を書きます。 参列しない方はそもそも香典は不要です。 地方の風習もあることなので,旦那さんの親族に聞くのが一番です。 A ベストアンサー 法事の悔やみ類は、書類として残りますので、法外に高い金額も避けたい物です。 ご仏前はご主人様の名前で出しますか、夫婦連名で出しますか? 普通は一人で行こうが、二人で行こうが子供も連れて四人で行こうが、ご主人一人の名前で出すかと思います。 その場合、こちらで持って行った金額が今後、ご質問主様の所で仏事が有った場合、その金額で返さざるを得なくなります。 そうなった場合を考えれば、一万円か二万円かと思います。 もし、それでは少ないと思うなら、ご主人様、子供さんは出席せずに質問主様一人で出席して、一万円というのが今も、将来的にも問題の起きない付き合いです。 同様に妹さんも出席しなくても一万円をご仏前として出しておけば問題無いです。 A ベストアンサー こればかりは、地方・家・慣習で違うと思います。 因みに当方辺りでは 1の方と違って「一人」「二人」と明確に分かれています。 一人の場合は、一万円とお供え、二人の場合は二万円とお供え。 ごく濃い或いは仏に近い親戚は、当家とは別に「添供養」が習わしです。 ですから、私なら二名で呼ばれた場合、(出席できないのはこちらの都合なので)二万円包みます。 気の利いた相手先なら、「お膳料」が返ってきます。 1の方のように、自分なりの「決め」で実行するのも一つの方法ですし、何が良くて 正しくて 何が悪い 間違っている と言う事はありませんが、先方が一番違和感を感じないやり方がいいとは思います。 義兄と仰有るからには奥さん方のご親戚だと思いますが、尋ねる事が可能ならお尋ねになって、その上で判断されるのがいいと思います。 個人的な考え方ですが、祝儀不祝儀を問わず「包み物」は元々「互助」のようなものだと思います。 因みに当方辺りでは 1の方と違って「一人」「二人」と明確に分かれています。 一人の場合は、一万円とお供え、二人の場合は二万円とお供え。 ごく濃い或いは仏に近い親戚は、当家とは別に「添供養」が習わしです。 ですから、私なら二名で呼ばれた場合、(出席できないのはこちらの都合なので)二万円包みます。 気の利いた相手先なら、「お膳料」が返ってきます。 A ベストアンサー 30代半ば夫婦・中部地区在住です。 法事は施主の家族で主催側、が多いですが… 同じ中部地区でも、地域によって全然違ってきますので、ご了承いただければ幸いです。 私の実家では、1人なら1万、夫婦なら2万です。 今の家 夫の実家 では、1人でも夫婦でも2万です。 私の実家は、食事代のことを考えての金額、 夫の実家は、ご供養・お供えをメインに考えての金額だと私は思っています。 「2人なら引き物代は1つだけど食事は2人分で予算が増えるため」という考え方と、 「食事などは施主側の感謝のもてなしの気持ちで出席者が負担するものではなく、 人数が変わっても同じ家からのご仏前、金額が変わるのはおかしい」という考え方、 の違いなんだろうなと。 どちらも納得がいきますが、多分世の中は前者の考え方の方が主流なんじゃないかな… と思っています。 結婚式出席時のご祝儀の相場が、「料理代と引き出物代を考えると…」 という理屈の上での金額になっており、 お式がないなら少なくてもいい、というご意見をよく目にするので。。 なので、ご主人が言われる金額で、マナー上は失礼はないと思います。 ただ、1万か2万かだと相当違いますよね ^^; うちは、私の父の法事には夫婦で参加、20000円+お供えの菓子箱です。 夫の実家の義祖父母の法事は主催側、頂くご仏前は20000円+菓子箱などでした。 ご仏前を遠慮する家も増えており、うちも今はお断りしているので受け取ってません ご兄弟、またはイトコで他に出席される方はいらっしゃいませんか。 同じ立場で1周忌に出られた方に尋ねれるといいですよね。 施主はどなたでしょうか。 ご両親も招待される側であれば、ご両親に尋ねられるのが一番です。 香典だと血縁の近さや親しさで金額は違ってきますが、 法事であれば、息子 娘 夫婦でも孫でもご仏前の金額は同じでいいと思います。 今後も続き、また他の同じ関係の親族の法事の際も金額を合わせるべきなので、 そのあたりも考えて金額を決められるといいと思います。 夫婦参加と妻のみ参加で包む金額が変わる地域かどうか…が分かれば、 判断しやすいと思います。 変わるなら1万、変わらないなら2万かなと思います 少しでも参考になれば幸いです。 30代半ば夫婦・中部地区在住です。 法事は施主の家族で主催側、が多いですが… 同じ中部地区でも、地域によって全然違ってきますので、ご了承いただければ幸いです。 私の実家では、1人なら1万、夫婦なら2万です。 今の家 夫の実家 では、1人でも夫婦でも2万です。 私の実家は、食事代のことを考えての金額、 夫の実家は、ご供養・お供えをメインに考えての金額だと私は思っています。 「2人なら引き物代は1つだけど食事は2人分で予算が増えるため」という考え方と、 「食事などは施主側の感謝のもてなし... A ベストアンサー お義母さんに聞けないなら 私の判断で答えます。 私は3万円が妥当だと思います。 私の親族のやり方は、その他に 「志」1000円包みます。 これはお坊さんに渡るものです。 もっと大きい金額を主催者が包みますが、 参加者も包みます。 白封筒に、上半分に 志 下に ご主人の名前を書きます。 郵便番号の印刷されていない封筒です。 お菓子は3000円位を持って行く。 果物の方が値段が高くなります。 お菓子でじゅうぶんです。 今後も法事は続くので、他の参加者の お菓子、果物などの相場を見ておく。 新盆にも食事会があるならお金は包みます。 お菓子も持参します。 お墓にお参りするだけならお金は要りません。 親族によっては、箱に入った立派な 線香を持参することもありますが、5000円位で高いです。 それに沢山もらってもそれほど減りません。 線香ばかり余ります。 服は黒の喪服です。

次の