エポス ゴールド カード。 エポスゴールドカードの審査基準(2020年版)。どのくらいエポスカードを使えば、エポスゴールドカードのインビテーションが届く?

エポスゴールドカードが最強!メリット・デメリット・入手方法まとめ【年会費永久無料】

エポス ゴールド カード

エポスゴールドカードのスペック一覧 まずはエポスゴールドカードのスペックについて簡単にまとめます。 年会費 通常申込みの場合5,000円 年間50万円以上利用で翌年度より永久無料 もしくは通常のエポスカード利用時にインビテーションを受けることで年会費は永久無料になります。 ポイント還元率 0. 年会費が永久無料• 利用学に応じたボーナスポイント• 充実の海外旅行傷害保険• ポイント有効期限が無期限• 選べるポイントアップショップで還元率が1. 国内外の空港ラウンジが利用可能• 家族カードがゴールドカード 年会費が永久無料! エポスゴールドカードの 最大のメリットは年会費が永久無料であることです! 他にもさまざまなゴールドカードがありますが、年会費が永久無料のゴールドはほとんどありません!(イオンゴールドカードもありますが、入手が困難です) なので、年会費は払いたくないけどそれなりのステータスカードが欲しい!って方には、エポスゴールドカードは最適です! 利用額に応じたボーナスポイント エポスゴールドカードは、通常のエポスカードとは違い年間の利用額に応じてボーナスポイントが付与されます。 年間利用額 ボーナスポイント 50万円 2,500ポイント(0. 5%) 100万円 10,000ポイント(1. 0%) エポスゴールドカードを通常利用してもポイント還元率は0. 5%(200円で1ポイント)ですが、ボーナスポイントを含めるとポイント還元率は最大1. 5%まで爆上げです! 100万円利用時、通常利用のポイントが5,000ポイント。 ボーナスポイントが1万ポイントなので、合計15,000ポイント。 という計算です。 また、エポスゴールドカードには「選べるポイントアップショップ」という制度もあり、選んだショップでエポスカードを使えばポイントが3倍になります。 (のちほど詳しいことは書いています) この制度を利用すれば、ボーナスポイントと通常ポイントに加えさらにポイントを獲得できますよ! 充実の海外旅行傷害保険! 年会費無料のエポスゴールドカードは、海外旅行傷害保険もかなり充実しています! 保険の種類 エポスカード エポスゴールドカード 傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高1,000万円 傷害治療費用(1事故の限度額) 200万円 300万円 疾病治療費用(1疾病の限度額) 270万円 300万円 賠償責任(免責なし) 2,000万円 2,000万円 救援者費用 100万円 100万円 携行品損害 20万円 20万円 海外旅行傷害保険目当てで通常のエポスカードを持っている方も多いですが、同じ年会費無料ならエポスゴールドの方が圧倒的に優れています! ポイント有効期限が無期限 エポスゴールドカードのポイント有効期限は、なんと無期限です!(通常のエポスカードは2年です) ポイントが溜まりやすいけど、有効期限が短いと使いづらいですが、その点エポスゴールドカードは有効期限を気にしなくていいので安心ですよ! 選べるポイントアップショップで還元率1. 5% エポスゴールド、エポスプラチナカードには、『選べるポイントアップショップ』という制度があります。 この「選べるポイントアップショップ」は、対象のショップ・お店を利用した際に獲得できるポイントが3倍になるという特典です。 下記のような 対象のショップ・お店が対象です。 スーパー/ドラッグストア:イオン、成城石井、スギ薬局など• 家電量販店/ホームセンター:ニトリ、ビックカメラ、ヤマダ電機など• ファッション/ブランド:H&M、ABCマート、ユニクロなど• 本/雑貨/コスメなど:Appleストア、紀伊国屋書店、東急ハンズ• 公共料金:新聞・電力・ガス各社• 電話/インターネット料金/自動車関連(保険など)• 交通系:ANA、JAL、エアアジアなど• 旅行代理店/ホテル・宿泊店/レジャー・チケットなど インフラ関係から食品・生活雑貨まで非常に幅広いショップ・お店が選択できるので、よく利用するショップを選べば、それだけ獲得できるポイントも増えますよ! 国内外の空港ラウンジが利用可能 エポスゴールドカードを持っていれば、国内外22の空港ラウンジが利用可能です。 羽田空港• 成田国際空港• 新千歳空港• 函館空港• 仙台国際空港• 小松空港• 中部国際空港(セントレア)• 大阪国際(伊丹)空港• 関西国際空港• 神戸空港• 広島空港• 松山空港• 福岡空港• 北九州空港• 長崎空港• 阿蘇くまもと空港• 大分空港• 鹿児島空港• 那覇空港• ホノルル空港ロビーラウンジ(ハワイ)• ホノルルラウンジ (ハワイ)• 仁川空港(韓国) と、エポスゴールドカードでは国内19か所、海外3か所のラウンジが利用可能です ただ、エポスゴールドカードの場合は同伴の方には別途利用料金が必要なので、その点はお気を付け下さい。 もし、同伴者の方も無料がいい!ということであれば、エポスプラチナをゲットしましょう!• 通常のポイント還元率が低い• 国内旅行傷害保険や航空便遅延補償がない 通常のポイント還元率が低い エポスカード全体に言えることですが、 通常利用して獲得できるポイント数(ポイント還元率)が少ない点はデメリットです。 100円=1ポイント(ポイント還元率1%)のクレジットカードが多い中で、エポスカード(ゴールド、プラチナ含む)は200円(税込)=1ポイント(ポイント還元率0. 5%)と低いです。 ただ、エポスゴールドカードには、選べるポイントアップショップや年間利用額に応じたボーナスポイントという特典があります。 この特典を利用すれば、年間で獲得できるポイントはかなり多くなり、ポイント還元率は最低でも1. 5%に跳ね上がります! 通常利用して獲得できるポイントが低いことは確かにデメリットですが、利用方法を工夫したり、年間利用額をうまく調整すれば、通常のポイント還元率はあまり気になりませんよ。 国内旅行傷害保険や航空便遅延補償がない エポスゴールドカードには海外旅行傷害保険はありますが、国内旅行傷害保険や航空便遅延補償などはありません。 もちろん、年会費無料(条件によっては)なので国内旅行や航空便にまで保険や補償が付くなんて思っていません。 でも、かりにもゴールドと名がつくカードなので、せめてもう少し旅行関係で充実させてほしいなというのが本音です。 もし、国内旅行や航空便、買い物などに対して保険や補償が充実するなら、年会費を払ってもいいかな?って思ったりしています。 そのくらいエポスカード系には旅行関係の保険や補償を期待しています! エポスゴールドカードはこんな人におすすめです! ここまでエポスゴールドカードのメリット・デメリットについてまとめてきました。 では、実際どんな人がエポスゴールドカードを持つべきなのか?というと、こんな感じです。 マルイ(OIOI ユーザーの方• 年会費無料でゴールドカードを持ちたい人• 海外旅行によく行く人(最低年一回)• レジャーやカラオケに良く行く人• ファミレス・居酒屋に良くいく人 一つでも当てはまるなら、エポスゴールドカードを所有してもなんら損はありません! エポスゴールドカードの入手方法 最後にエポスゴールドカードを入手する方法を紹介します。 方法とはしては下記の2つです。 申し込み(年会費5,000円)• インビテーション(年会費永久無料) ただ、申込みでの入手はおすすめしません! エポスゴールドカードを持つなら、絶対にインビテーション(招待)を待つべきです! 申し込みは絶対ダメ!おすすめしません エポスゴールドカードは、申込みをして手に入れることが可能です。 ) ただ、 正面突破の申込みはおすすめしません。 というのも、年会費が5,000円必要だからです。 この次に紹介する「インビテーション(招待)」で入手すれば、5,000円は払う必要がなく、かつ年会費は永久無料になります。 なので、無駄に年会費なんて払う必要なんてありません! もちろん、「すぐにでもゴールドカードがほしい!」という方もいるかと思います。 そういった方を無理には止めませんが、もし少しでも待てるなら通常の「」で利用実績を作って、インビテーションを待ちましょう! \エポスゴールドへはまずエポスカードから!/ 遠回りだけどインビテーションで手に入れるのがおすすめ! エポスゴールドカードは、インビテーションを受ければ年会費が永久無料で持つことができます! 通常のエポスカードからゴールドカードへのインビテーションの条件については、エポスカードから正式には出ていませんが、調べていると下記のような条件が挙げられています。 年間50万円以上利用• 利用期間6ヶ月以上• エポスカードにとって有益な利用者である• 上限までキャッシングやローンを利用していない• 支払いの遅延がない(あってもすぐに支払っている) 僕もエポスゴールドカードのインビテーションを受けたときは、上記の条件は全て満たしていました。 (ちなみに僕はインビテーションを受けた時、無職でしたwww) 僕がインビテーションを受けた時の条件を見てもわかりますが、職業や雇用形態等は特に問わないようです。 つまり、正社員ではなくても良いということです。 なので、「私は専業主婦(主夫)だから…」とか「僕はフリーターだから…」とか消極的に考えず、利用実績を作るようにすればよいと思いますよ! さいごに:エポスゴールドカードを目指すならまずは通常エポスカードから! 本記事では、「エポスゴールドカードが最強!メリット・デメリット・入手方法まとめ【年会費永久無料】」についてまとめました。 エポスゴールドカードの最大の魅力は、 条件次第で年会費が永久無料になる点です。

次の

エポスゴールドカードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

エポス ゴールド カード

目安として年50万円以上の利用で招待が届く可能性が高いから、最初から年会費無料でゴールドを作りたいなら、に入会し招待を待てばいいかもしれないね。 一般エポスカード会員の方がインビテーションを受ければ入会当初から無料 また、エポスゴールドカードは自分で申し込み可能なカードですが、もともと一般のエポスカードの既存会員となっている場合には、利用状況によってインビテーションを受けられることもあります。 そのインビテーションを受けてエポスゴールドカードに入会した場合には、年会費は入会当初から永年無料となるのです。 インビテーションの条件は公式では明らかにされてませんが、目安としては以下の条件を満たしている方になります。 などがない• 年間50万円以上の利用している• エポスカード入会後1年以上 一般的にクレジットカードの上位カードへのインビテーションにはある程度のまとまった利用額が必要になってきます。 いずれはエポスゴールドカードを持ちたいと考えているのであれば、手持ちのエポスカードをなるべく積極的に利用することを心がけましょう。 また、延滞などのトラブルを起こさないことも大切です。 スタンダードのエポスカードは年会費も無料ですし、レストランやレジャー施設などを割引価格で楽しめる10,000店舗以上の優待が利用できる大変お得なクレジットカードです。 最短発行にも対応してますのでお急ぎの方にもおすすめですし、充実した海外旅行保険が自動付帯しますので、補償強化のサブカードとしてもおすすめの1枚ですよ。 最初から年会費を一切かけたくない方は、スタンダードのエポスカードから利用して招待を狙ってもいいですね。 エポスゴールドカードはポイント有効期限が無期限!エポスポイントの活用法 クレジットカードと言えば、気になるのがポイントシステムですよね。 エポスゴールドカードのポイントシステムは、基本的には一般カードと同様のエポスポイントを採用していますが。 1つだけ大きな違いがあります。 通常ポイント有効期限2年のところ、エポスゴールドカードでは有効期限無期限で貯め続けることができるのです。 ポイントは1回のカード利用につき200円ごとに1ポイントのペースで貯まっていき、1ポイント最大1円相当で様々な使い道に利用することができます。 つまり、還元率は0. 5%です。 また、エポスポイントには通常よりも多くポイントを獲得できるチャンスが多数用意されており、カードの使い方次第では非常に効率よくポイントを貯めていくことができますよ。 最大10000ポイント!年間利用額に応じてボーナスプレゼント エポスカードでは年間のショッピング利用額に応じて、ボーナスポイントがもらえるシステムになっています。 利用額ごとのポイント付与数は以下のように設定されています。 年間利用額 ボーナスポイント 50万円以上 2,500ポイント 100万円以上 10,000ポイント 上でもお伝えした通り、1ポイント=1円相当ですから、最大10,000円相当ものボーナスポイントを獲得することができるのです。 仮に年間100万円利用した場合、通常のカード利用で獲得できるのは5,000ポイントですから、その2倍ものポイントをボーナスで一度に得られるというのは、非常にお得感がありますよね。 入会翌月から3か月間限定!マンスリーボーナスキャンペーン エポスゴールドカード入会の翌月から3か月間の期間限定ポイント特典として用意されているのが、マンスリーボーナスキャンペーンです。 この期間中は、月10回以上カードを利用するだけで、毎月200ポイントのボーナスポイントプレゼントが受けられます。 つまり、最大で600ポイントのボーナスを獲得することが可能になっているのです。 この場合のカード利用は、利用額や利用場所に関わらず1回とカウントされます。 したがって、例えば1,000円にも満たないような少額利用も、公共料金などの定期的な支払いも対象となりますよ。 マルイ・モディ利用でポイント2倍 エポスゴールドカードを含め、エポスカードは、いわゆるマルイのカードです。 したがって、全国のマルイやモディで利用すると通常より多くポイントを獲得することができます。 この場合、支払い方法によってポイント倍率が以下のように変わります。 支払い方法 ポイント倍率 1回払い・一括払い 2倍 ・ ・(3回以上) 3倍 また、それ以外のVisa加盟店での利用の際にも、リボ払い・分割払い(3回以上)の場合には、ポイントが2倍になるのです。 ポイントをよりスピーディに貯めていきたいという方は、リボ払いも上手に活用していくとよいでしょう。 いつでもポイント3倍!3つまで選べるポイントアップショップ もう1つ、通常よりも多くポイントを獲得できるサービスとして、ポイントアップショップという仕組みがあります。 ポイントアップショップは対象ショップの中から自分で選択することができ、登録しておくといつでも支払い方法に関わらずポイントが3倍になるのです。 ポイントアップショップの対象店舗は300以上あり、登録できるのは最大で3つまでとなっています。 対象ショップにはスーパー、コンビニや各種小売店、さらには電気・ガスなどの公共料金、鉄道会社などの交通関連まで幅広いラインナップが取り揃えられており、ライフスタイルに合わせて確実に利用するものを選ぶことができます。 利用頻度と利用額を考慮して、より多くポイントが貯められるところを選びましょう。 ポイント最大30倍!ネットショッピングは『たまるマーケット』 実店舗だけでなく、ネットショッピングでもボーナスポイント獲得のチャンスは用意されています。 それが、エポスカード会員専用ポイントアップサイト『たまるマーケット』です。 『たまるマーケット』は、400店舗以上のネットショップとつながっており、サイトを経由して各ショップにアクセスし、カードを利用してショッピングをすることで、最大で30倍ものポイントを獲得することができます。 主要なショップのポイント倍率を抜粋してみましょう。 ショップ ポイント倍率 Amazon 2倍 楽天市場 2倍 じゃらんnet 3倍 旅行予約のエクスペディア 6倍 ワタシプラス資生堂 3倍 キッコーマン健康こだわり便 13倍 トレンドマイクロ・オンラインショップ 18倍 製薬会社のスキンケアミオオンライン 30倍 ビスタプリント 30倍 ここでご紹介しているのはベースの倍率ですが、サイト内では頻繁にポイントアップキャンペーンを行っていますよ。 ネットショッピングを利用する際は、是非活用してくださいね。 使い道いろいろ!おすすめはエポスVisaプリペイドカード 貯まったエポスポイントは、基本1ポイント=1円、すなわち還元率0. 5%として、以下のような用途で利用することができます。 マルイの店舗・通販でのショッピング割引• ネットショッピング利用分を割引• エポスVisaプリペイドカードに移行• 他社ポイントに移行• 商品券・ギフト券に交換• グッズ交換• このエポスVisaプリペイドカードへのポイント移行して利用すれば、利用時に0. 5%キャッシュバックが受けられて還元率もアップしますよ。 1ポイントから1ポイント単位で移行できる• ポイントの即時移行が可能• 利用時0. 5%のキャッシュバックが受けられる• 国内外約3,800万店のVisa加盟店で利用できる 最後の1ポイントまでポイントを無駄にしない、なおかつお得で便利な使い道としても、エポスVisaプリペイドカードは非常に有効なのです。 エポスVisaプリペイドカードは発行手数料・年会費無料で1週間程度で発行可能となっているので、エポスゴールドカードを発行する際にあわせてつくっておくことをおすすめします。 なお、ポイントの使い道によっては、一部還元率が0. 5%とは異なる場合もあります。 必ずよく確認してから利用するようにしてください。 ポイントはエポスVisaプリペイドカードへチャージすれば、VISAが利用できる加盟店で使えるから利用の幅が広がるよ。 使い道に困ったらプリペイドカードへのチャージがおすすめだね。 ゴールドだけの特典!海外旅行で使えるトラベルサービスが多数付帯 エポスゴールドカードには、海外旅行の際に非常に役立つトラベルサービスが多数付帯しています。 いずれも一般のエポスカードにはない、ゴールドだけの特典ばかりです。 それぞれのサービスについて、以下に詳しくご紹介しましょう。 待ち時間を快適に…国内19ヵ所、海外3ヵ所の空港ラウンジが無料 エポスゴールドカードの会員の方は、国内19ヵ所、海外3ヵ所の計22ヵ所の空港ラウンジを、無料で利用することができます。 空港の規模によっては、複数のラウンジがあるところもありますが、その場合も原則すべて無料利用が可能です。 ただし同伴者の方に関しては、無料利用の対象とならず、1,000円~1,500円程度の利用料がかかります。 空港での待ち時間を快適に過ごすために、ぜひ活用しましょう。 空港宅配にWi-Fiレンタル…便利な空港サービス優待も! エポスゴールドカードには、空港ラウンジの他にも便利な空港サービスの優待特典が複数付帯しています。 そちらもまとめてご紹介しておきましょう。 通常料金だとなかなか気兼ねなく利用できないかもしれませんが、割引優待が受けられることでグッと使いやすくなるでしょう。 海外旅行時の困りごとをサポート!エポスカード海外サポートデスク 言葉や文化が全く異なる海外では、旅行中にレストランの予約などのちょっとしたことで困ってしまったり、思わぬトラブルに見舞われたりすることもありますよね。 そんな時に頼れるのがエポスカード海外サポートデスクです。 エポスカード海外サポートデスクは、欧米やアジア、オセアニアを中心に世界の主要都市38ヵ所に設置されたエポスカード会員の方専用の完全日本語対応窓口で、実際に訪れる他、電話でも様々なサポートサービスを受けることができます。 中には、ドリンクサービスや雑誌・情報誌などを利用できるところもあり、ちょっとした休憩にもおすすめです。 そんなエポスカード海外サポートデスクでは、主に以下のようなサービスが受けられます。 サービス内容 詳細 インフォメーションサービス ・都市情報の案内 ・空港案内、出入国案内 ・ホテル、レストラン等の情報提供 ・オプショナルツアーの案内 ・各種交通機関、航空会社、フライト等の案内 ・ショッピング、スポーツ、イベント等の案内 リザベーションサービス ・ホテル、レストラン、航空券、鉄道、オプショナルツアー、観光ガイド等の予約 ・リコンファーム代行 ・ミュージカル、オペラなどのコンサート、イベントチケット手配 ・スポーツ観戦チケットの手配 ・ゴルフ場の手配 エマージェンシーサービス ・事故、トラブル時の各種手配&アドバイス ・カード、パスポートなどの紛失・盗難時の手続きの案内 ・日本語対応の医師、医療施設の案内 ・現地警察、保険会社などの案内 非常に幅広い困りごとやトラブルに対応しています。 現地で困った時、悩んだときはここを頼れば間違いないといっても過言ではないでしょう。 なお、現地のエポスカード海外サポートデスクの営業時間外に事故やトラブルが発生した場合には、東京の海外緊急デスクで対応が受けられます。 海外旅行時には、渡航先のエポスカード海外サポートデスクの有無や連絡先、海外緊急デスクの連絡先は必ず控えておくようにしましょう。 万が一のトラブル発生時にも安心!海外旅行傷害保険が自動付帯 エポスゴールドカードの魅力の1つが、一般のエポスカードよりも手厚いが自動付帯となっているという点です。 エポスゴールドカードの海外旅行傷害保険の補償内容は、以下のようになっています。 一部ゴールド限定特典あり!優待サイト『エポトクプラザ』 他にも、エポスゴールドカードにはお得な優待特典が多数付帯しています。 そちらもしっかりとチェックしておきましょう。 エポスゴールドカードを含め、エポスカードの優待特典の軸となっているのは、優待サイト『エポトクプラザ』です。 『エポトクプラザ』には、飲食店やレジャー施設、宿泊施設、イベントや舞台のチケットなどのお出かけの際に使える優待から、普段の生活に役立つ各種レンタルサービスや生活サービスまで、幅広いジャンルが取り揃えられています。 優待対象店舗が10,000店舗以上ある為、ここでは一部の内容をご紹介しておきましょう。 楽蔵・湊一や・ウメ子の家:10%OFF• 日本料理なかの:10%OFF• 日本料理弁慶(ホテル日航大阪):10%OFF• イオンシネマ:500円OFF• ハウステンボス1DAYパスポート:5%OFF• よみうりランド:入場料500円OFF• 横浜・八景島シーパラダイス:大人650円OFF 中には、厳選されたホテル、温泉宿などの宿泊施設やレストランといったゴールド会員限定特典もあります。 様々なシーンで活用することができるので、お出かけの際や新しく何らかのサービスを利用しようと検討している時など、こまめにチェックしてみましょう。 期間中何度でも10%オフ!マルイのカード会員限定セールも魅力 マルイで定期的に開催されるエポスカード会員限定のセールも、エポスゴールドカードの見逃せないメリットの1つです。

次の

エポスゴールドカードは最強のクレジットカード!年会費を無料にする方法も紹介

エポス ゴールド カード

直接申込でも年会費永年無料にできる 直接申込で取得した場合であってもエポスゴールドカードで 年間50万円以上利用すれば、 翌年以降の年会費が永年無料になります。 直接申込とインビテーション経由の申込を比較すると、インビテーション経由の申込の方が圧倒的にお得です。 そのためエポスカードで着実に利用実績を積みインビテーションの取得を目指しましょう。 インビテーションの種類 インビテーションは以下の3つのいずれかの方法で届きます。 アプリ(スマホ) PCまたはアプリ(スマホ)は、郵送より一足早く確認できます。 ただし、インビテーションが届いたとしてもメールなどで通知があるわけではないので、自分で普段からPCまたはアプリをチェックしておく必要があります。 PCのインビテーション PCのインビテーションは、会員サイトの「エポスNet」にログインすると「〇〇様へ ゴールドカード特別ご招待」と書かれたページが表示されます。 「今すぐ年会費無料でお申し込み」ボタンを押すと申込み手続き画面に遷移できます。 アプリのインビテーション アプリのインビテーションは、左上の「年会費永年無料ゴールドカードへご招待」と書かれたゴールドカードのアイコンが表示されます。 アイコンを押すと申込み手続き画面に遷移できます。 インビテーションの発行条件 エポスゴールドカードのインビテーションの発行条件は、 公表されていないため不明です。 そのため、ここでは私の実体験をもとに推測します。 まず、一般的にいわれているのが以下の条件です。 エポスカード作成後 6ヶ月(半年)以上経過 していること• エポスカードで 50万円以上利用 していること• 毎月の支払いを 遅延せず支払っていること 結論からいうと上記の条件で、ほぼ間違いないかと思います。 ただ、私の経験からいえば、支払額の部分が少し違います。 実際に私がインビテーションを受け取った時の支払い総額は 279,117円でした。 引落し履歴の詳細は以下の通りです。 私が最短であろう6ヶ月でインビテーションを受け取った時の発行条件をまとめると以下の通りになります。 エポスカード作成後(手元に届いてから) 6ヶ月10日• エポスカードで 279,117円の利用• 毎月の支払い 遅延なし については、以下の記事でまとめています。 あくまでも条件は非公開なので予想です。 ネット上の口コミでは、以下のような人もいますが、エポスカード側がチェックするタイミングによっては十分可能性としてはありえます。 20万円の利用でインビテーションが届いたという人• 5ヶ月でインビテーションが届いたという人 逆に1年以上利用&100万円以上利用しているのにインビテーションが届かないといった人もいるようです。 また真偽のほどは不明ですが、条件を満たした人の中からランダムでインビテーションを発行する人を抽出しているという噂もあります。 これが本当だとすれば条件を満たした場合であってもインビテーションが送付されないことになります。 マルイで利用した方がインビテーションが届きやすいか? 私はマルイで1回も利用していません。 マルイで利用したからといって特に有利になるわけではないかと思います。 利用しなくてもインビテーションは届きます。 公共料金の支払いに利用した方がインビテーションが届きやすいか? 私は公共料金の支払いにカードを1回も利用していません。 公共料金の支払いにカードを利用したからといって特に有利になるわけではないかと思います。 利用しなくてもインビテーションは届きます。 利用回数は多い方がインビテーションが届きやすいか? 私は月に1~3回程度しかエポスカードを利用していませんでした。 利用回数もあまり重要でない気はします。 ただし、極端な例ですが初月に30万円利用して以後半年間カードを利用しない場合、インビテーションが届くのか微妙な気はします。 もしかしたら、発行条件に 毎月(6ヶ月間)定期的に利用していることという条件があるかもしれません(ないかもしれません・・・)。 インビテーションの発行時期 インビテーションがPCまたはアプリに届くのは、ネット上の口コミ・私の経験から予想するとおそらく 毎月10日~15日頃だと思います。 私がインビテーションに気が付いたのは6月13日で、申込期限は7月31日でした。 インビテーションの発行時期についてはまとめると以下の通りになります。 PCまたはアプリにインビテーションが届くのは 毎月10日~15日頃• 申込み期限は 翌月末日まで インビテーションが届かない(来ない)パターン インビテーションが届かない場合、 20歳未満というのが原因かもしれません。 なぜならエポスカードとエポスゴールドカードの発行条件は以下の通りになっているからです。 エポスカード: 満18歳以上の方(高校生を除く)• エポスゴールドカード: 原則として20歳以上で、本人に安定継続収入のある方(学生を除く) エポスゴールドカードには「 原則として」という文字があるため、例外的に20歳未満でもエポスゴールドカードが発行される可能性はあります。 例外のパターン プラチナ・ゴールド会員の家族からの紹介でエポスファミリーゴールドを申し込む場合は、二親等以内で18歳以上(高校生を除く)であればOK しかし、あくまでも原則として20歳未満は発行対象外なので、18~19歳時点でインビテーションの発行条件を満たしていたとしても、エポスゴールドカードの発行条件を満たしていないため発行されない可能性があります。 エポスゴールドカードの申込み~到着までの流れ 申込み手順 エポスゴールドカードの申込みは、インビテーションが届いてからでなければ行えません(直接申込は除く)。 それでは実際の申込み手順を見ていきます。 1.エポスNetにログインしたら、「ゴールドカード特別ご招待」画面が表示されるので、「今すぐ年会費無料でお申し込み」ボタンを押します。 2.ゴールドカードお申し込み(年会費永年無料)画面に遷移するので、エポスカード規約を読み「同意してお申し込み」ボタンを押します。 3.画面に従って必要事項を入力していきます。 カードの受取方法に「 店舗・施設で受取」を選択すれば、最短即日で受取ります。 「 配達で受取」の場合は、1週間程度で受取れます。 4.入力した内容を確認して「お申し込み」ボタンを押します。 5.ゴールドカード受付手続き完了画面が表示されます。 これで申込完了です。 このあとは、以下のメールが送信されてくるだけで、何もすることはありません。 1通目のメール• 件名:エポスカードからのお知らせ• 内容:カード発送準備のお知らせ 2通目のメール• 件名:エポスカードのお申し込みについてのお知らせ• 内容:カード発送手続きに入った旨のお知らせ 3通目のメール• 件名:エポスカード発送のお知らせ• 内容:カード発送のお知らせ エポスゴールドカードが到着 申込んでから7日後(1週間後)の6月20日に簡易郵便で封筒が届きました。 封筒をあけてみると、「エポスゴールドカード」や「エポスゴールドカードのご利用ガイド」などの書類が入っていました。 カード申込日は2019年6月13日で、カードのご案内は2019年6月14日現在となっているので、一瞬でカード発行処理を行っていることが分かります。 おそらく審査なしです。 「エポスゴールドカードのご利用ガイド」と「エポスカード規約」 エポスゴールドカードのご利用ガイドには、エポスカードとの比較やエポスゴールドカードの特典内容が記載されています。 他には、エポスカードからエポスゴールドカードになるとカード番号が変更になるため「カード情報変更手続きのお願い」の紙も同封されています。 また、エポスゴールドカードの案内も入っています。 案内状には、年会費が永年無料になることや、今まで使っていたエポスカードを破棄する方法などが記載されています。 これはインビテーション専用の案内ではなく、直接申込との共通案内です。 エポスゴールドカードが届くまでの期間(2019年) 年月日 手続き内容 6月13日 22:58 エポスゴールドカードに申込み 6月13日 22:58 「エポスカードのお申し込みについてのお知らせ」メールが届く 6月15日 14:00 「エポスカードからのお知らせ」メールが届く 6月18日 22:00 カード発送(銀座郵便局 より) 6月19日 11:10 「エポスカード発送のお知らせ」メールが届く 6月20日 12:11 エポスゴールドカード到着 エポスゴールドカードを受け取るまでにかかった日数は 7日間(1週間)でした。 審査について ゴールドカードお申し込み(年会費永年無料)ページの「お申し込みにあたってのご注意」にお申込み条件として以下のように記載されています。 未成年・学生の方はお申し込みいただけません。 公式的には、入会できない可能性がある旨が記載されているため場合によっては、ゴールドカードが発行されない可能性はあるようです。 ただし、形式的な簡易審査はあるかもしれませんが、インビテーションが届いて落とされるということはないでしょう。 もし審査に落とすようなら、発行条件を達成してもインビテーションを送ってこないと思います。 まとめ インビテーションが届いたら、ぜひエポスゴールドカードに切り替えましょう。 切り替えない理由はありません。 通常のエポスゴールドカードよりエポスゴールドカードの方が絶対的にお得です。 いきなりエポスゴールドカードに申し込むのも良いかもしれませんが、最低でも年会費5,000円の支払いが発生してしまいます。 どうせならエポスカードを半年間で25万円以上利用して、エポスゴールドカードのインビテーションを取得し、インビテーション経由でエポスゴールドカードをGETした方がお得です。 年会費も永年無料です。 インビテーションの発行条件は比較的簡単なので、ぜひインビテーション経由でのエポスゴールドカードの発行を目指してください。

次の