シェービング ジェル おすすめ。 無香料シェービングジェルのおすすめ人気ランキング10選

剃り残しゼロへ!シェービングジェルのおすすめランキング10選

シェービング ジェル おすすめ

電気シェーバーはドライ剃りが一般的ですが、ジェルや泡を使う ウェットシェービングと呼ばれる剃り方をご存知でしょうか?実は、肌の弱い人にとってウェットシェービングは、肌を傷めることなくシェービングできる最良の方法とされています。 シェービングフォーム 泡 やジェルと聞くと、 「T字カミソリで剃るときに使うもの」というイメージがあるかもしれません。 もしくは床屋さんなどで顔剃りをしてもらう際に使うクリームを思い浮かべる人もいるでしょう。 確かに、電気シェーバーでヒゲを剃る場合は「ドライシェービング 何も付けずに剃る 」が一般的です。 せっかく手軽にヒゲを剃れる電気シェーバーを選んだのに、わざわざ石鹸を泡立てたりジェルを使うのは面倒と思われるかもしれません。 ですが、その手間を上回るメリットがウェットシェービングにはあります。 今回はそんな「ウェット剃り」をすぐに試してみたくなるメリットや、『お風呂剃り』対応モデルのシェーバーなどをご紹介します。 多くの人が抱えがちな電気シェーバーによる肌トラブル そもそも、電気シェーバーはT字カミソリとは異なり肌に刃が直接触れない仕組みのため、ダメージはカミソリよりも比較的少ないはず。 では、なぜ肌にやさしいはずの電気シェーバーで肌トラブルが起きてしまうのでしょうか? それは、シェービングの際の 肌とシェーバーの摩擦で肌の角質が剥がれてしまうことに起因します。 剃り残しを気にして何度も往復させた挙句「ヒリヒリと感じた経験」は誰もがあるのではないでしょうか? また、摩擦によるダメージだけでなく古い刃を使い続けてしまうケースも肌トラブルを引き起こしがちです。 切れ味の悪くなった刃はヒゲが引っかかりやすく、肌へのダメージを残してしまいます。 amazon. jp ウェットシェービング最大のメリットは、ジェルや泡が潤滑剤の役割を果たすことで 肌とシェーバーの摩擦が減ること。 肌に優しいシェービングのためには摩擦抵抗を極力少なくすることが重要です。 また、シェービングフォームやジェルによって ヒゲが柔らかくなることも大きなメリットです。 男性のヒゲの硬さはハリガネと同じ硬度と言われており、硬いヒゲが刃に引っかかることでダメージの原因になることがあります。 ヒゲを柔らかくすることでこうしたダメージを軽減することができます。 『ウェット剃り』もしくは『お風呂剃り』対応のシェーバーを使用しましょう 「電気シェーバーでジェルやシェービングフォームなんて使ったら壊れてしまうのでは?」と思われた方もいるかもしれません。 残念ながらその通りで『 ウェット剃り』もしくは『お風呂剃り』対応のモデルの防水シェーバーでなくては、この肌にやさしいシェービングを行うことは出来ません。 メンズグルーミング!かみそりシェーバーの使い方【パナソニック公式】 本来、電気シェーバーといえばドライ剃りが主流でしたが、近年の「シェービングフォームやジェルを使いたい!」といった需要増加に伴い、各メーカーがお風呂剃り ウェット剃り 対応の電気シェーバーを販売しています。 代表的なモデルとしては、『カミソリシェーバー』のキャッチコピーで発売されたパナソニックのが挙げられます。 このラムダッシュシリーズには泡メイキングモードなるものが搭載されており、手のひらで簡単に泡をつくることができたり、外刃フレームが泡を掻き取らずに肌に残しやすい形状になっているなど、まさにお風呂剃りする男性のために設計された電気シェーバーと言えます。 回転式シェーバーの代表メーカー「PHILIPS」からはやといった防水モデルが販売されており、今やウェット剃りはドライ剃りと並ぶ主流のシェービング方法といっても過言ではありません。 ジェルタイプを使用するメリットは? シェービングフォームのような泡タイプではなく、ジェルタイプの製品もウェット剃り対応シェーバーなら使用が可能です。 泡タイプに比べ肌に伸ばしやすく、また半透明なので肌や髭を確認しながら剃ることが出来ます。 水分量が多く乾きにくいため時間をかけてゆっくり剃りたい人にもおすすめです。 ただし、泡タイプに比べると洗い流しにくいため「 洗面所で利用する場合は泡タイプ」、「 お風呂場ではジェルタイプ」といった使い分けをするのも良いでしょう。

次の

【深剃り・剃り残しなし!】メンズシェービングジェル・フォームのおすすめ人気ランキング20選!

シェービング ジェル おすすめ

出典: ヒゲ剃りに慣れていない人や、剃り残しが気になる人におすすめの 「シェービングジェル」。 透明なので、地肌がしっかりと見えて剃りやすいのが魅力です。 とはいえ、「なんとなくコスパで選んでる…」という男性も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 成分にも注目して厳選したおすすめのシェービングジェル10選を人気ランキング形式でご紹介。 サクセスやシック、ジレットなどの定番メーカーが販売するコスパ抜群ジェルはもちろん、ブルドッグやスーキンナチュラルズの自然派シェービングジェルもセレクトしました。 電気シェーバーのウェット剃りに対応したシェービングジェルもご紹介していますので、肌への負担を軽減したい方はぜひ参考にしてください。 出典: まずはじめに、洗顔料ではなくシェービング剤を使うべき理由をご存じでしょうか? シェービング剤には、刃のすべりをなめらかにするだけでなく、 ヒゲを根本からやわらかくして肌への負担を軽減する効果があります。 毎日のヒゲ剃りには欠かせない存在ともいえるシェービング剤には、「シェービングジェル」と「シェービングフォーム」があります。 本記事で紹介しているシェービングジェルは、透明なので 地肌がしっかりと見えて剃りやすいのが魅力。 ヒゲ剃りに慣れていない人や、剃り残しがないか確認しながら手入れしたい人におすすめです。 いっぽうのシェービングフォームは、肌をクッションのような泡で包み込むので、 カミソリによる肌への摩擦を軽減できます。 肌へのやさしさを重視したい人にはシェービングフォームがおすすめです。 また、肌になじませるとジェルから泡状に変化する「シェービングジェルフォーム」と呼ばれるタイプもあり、ヒゲへの密着度が高くよく剃れることから、ヒゲが濃い人や深剃りしたい人におすすめです。 シェービングフォームやジェルフォームも候補に入れて探したい方は、以下の記事もあわせて参考にしてください。 出典: 剃り残しが気になる人におすすめのシェービングジェル。 ついつい値段の安さで選んでしまいがちですが、シェービングジェルを選ぶときは 「保湿成分」と 「メントール配合の有無」を比較することが大切です。 肌が荒れやすい人や乾燥肌の人は、「ヒアルロン酸」や「アロエエキス」などの保湿成分が配合されているかどうかを重点的にチェック。 またスーッと爽快感のある剃り心地が好みの方は、メントール配合の商品がおすすめです。 ですが敏感肌の人にとっては、この メントールが肌荒れの原因になることもあるので注意しましょう。 そして間違えないようにしたいのが、シェービングジェルにはカミソリ用と電気シェーバー用があるということ。 まずは、カミソリ用シェービングジェルのおすすめ人気ランキング7選から発表していきます。 改良された潤滑油が含まれており、 スルスルとなめらかな剃り心地です。 クチコミでも、すべりがよくスムーズに剃れると好評! ヒゲによくなじむ、肌を保護する効果が高いという意見も多く寄せられています。 ただ、洗い流しても多少残る独特な香りには好き嫌いがあるようです。 「香りは二の次でいい」「シェービングジェルとしての実力を重視したい」という人におすすめです。 パッケージの色が目立つので、物が多い洗面台でもパッと取り出せそう。 忙しい朝のヒゲ剃りに便利ですね。 ベルガモット、レモン、ライムの柑橘系の香りが、シダーウッド、マグワート、ベチバー、ゼラニウム、パチョリの上に重なった、8種類のエッセンシャルオイルをブレンドした 男性らしい香り。 こちらは 乾燥肌~普通肌の人におすすめのタイプですが、同じシリーズからも販売されています。 どちらもクチコミ評価が高い人気の商品です。 人工着色料や合成香料、動物由来の成分は一切使っていません。 また、パッケージには二酸化炭素を出さないサトウキビ製プラスチックを採用しています。 ごみの削減にも貢献できるエコなシェービングジェルです。 こちらは、 肌が乾燥気味の人やカミソリ負けしやすい人におすすめなスキンケアタイプ。 メントールは配合されておらず、ワセリンなどの保湿成分が肌にうるおいを与えてくれるので、 ヒリヒリしにくいのがポイント。 カラギーナンなどのすべり成分により、カミソリ負けせずにスルッと気持ちよく剃れます。 クチコミでも 「カミソリ負けしにくい」という意見が多いですよ。 よく肌を傷つけてしまう人や、肌が敏感な人からも「やさしく剃れる!」と評価が高いコスパ抜群シェービングジェルです。 「いつもとは違うシェービングェルを使ってみたい」という人におすすめなのが、オーストラリアで売り上げNo. 1を獲得しているスキンケアブランド「スーキンナチュラルズ」のジェル。 ナチュラル志向の処方で、肌のダメージを最小限にとどめながらスムーズにシェービングできます。 タスマニアペッパーとバオバブエキスが配合されていて、シェービング後の肌コンディションを整えてくれます。 ボトルのデザインもおしゃれ! 置いてあるだけで洗面所周りがサロンのような雰囲気になりそうです。 シトラス系の爽快な香りも気持ち良く、女性のムダ毛処理にも人気です。 肌本来の水分を保ち、しっとりスベスベな状態に導きます。 また、独自の処方で ヒゲを芯までやわらかくしてくれるので、よりスムーズにシェービングできるのも魅力。 クチコミでは 滑りの良さやヒリヒリ感の少なさが好評です。 カミソリ負けしにくいところも嬉しいポイント! 200g入りも売られていますが、おすすめはお買い得な大容量240gです。 ちなみに、同じシリーズのやもあります。 ジェルタイプはヒゲがしっかり見えて剃りやすいので、 剃り残しが気になるにはとくにおすすめです。 【電気シェーバー用】シェービングジェルのおすすめ人気ランキングTOP3 続いては、電気シェーバーのウェット剃りに対応したシェービングジェルのおすすめ人気ランキング3選をご紹介します。 電気シェーバーはドライシェービングが一般的ですが、シェービングジェルを使うことで より滑りがよくなります。 肌に引っかからずにスイスイ気持ちよく剃れるだけでなく、摩擦が減るので 肌への刺激を軽減できるのもメリットです。 ただ、 使っている電気シェーバーがウェット剃りに対応している必要があるので注意しましょう。 またカミソリ用と同じように、ヒアルロン酸などの保湿成分や、スーッとするメントールの有無も確認して選ぶようにするとGood! 第3位|ギャツビー プレシェーブローション メーカー ギャッツビー 内容量 140ml 保湿成分 〇(アロエエキス) メントール 〇 シャキッと爽快!さっぱり系ジェル 「しっとり感よりさっぱり感!」「目が覚めるような爽快感のあるジェルが好き!」という人におすすめなのが、ギャツビーの「プレシェーブローション」。 スーッとする冷感成分のメントールが配合されているので、眠いときや暑いときも シャキッと気持ちいい使用感です! また、肌をサラサラにするスムースパウダーが配合されています。 シェーバーのすべりを良くし、ヒゲを根元から立たせるので、 しっかり深剃りできます。 クチコミでは、使用後さっぱりする点や、ほのかなシトラスの香りが気持ちいいと人気です。 メーカー 花王 内容量 180g 保湿成分 〇(PPG-17) メントール 〇 電気シェーバーでもヒリヒリする人に サクセスから販売されている、電気シェーバーのウェット剃り専用ジェルです。 スプーン一杯程度の量を剃りたい部分に広げると、表面にうるおいの保護膜が作られます。 刃のすべりが良くなり、 最後まで負担をかけずにスイスイ根元から深剃りできます。 また、化粧水成分のPPG-17も配合されています。 クチコミでは、 肌が弱くても使いやすい、安いのにしっかり剃れるという意見が多いことも印象的。 使いやすい手ごろなウェット剃りジェルが欲しい人におすすめです。 ちなみにメントール配合ですが、そこまでスーッと感は強くありません。 香りもひかえめで、誰でも使いやすいシェービングジェルです。 メーカー ギャッツビー 内容量 140ml 保湿成分 〇(ヒアルロン酸) メントール 〇 電気シェーバーでも、剃り残さない! 電気シェーバー対応シェービングジェルの第1位はこれ! 「ギャツビー」のしっとり系ジェルです。 素早く水分が浸透して、 ヒゲを根元から立たせながらやわらかくします。 肌にうるおいを与え、 ヒゲ剃リ後の肌荒れ・カサつきを防ぐヒアルロン酸も配合。 さらにスムースパウダーも配合されていて、シェーバーのすべりをなめらかにしてくれます。 しっとりした使用感が好きな人におすすめです。 ちなみに、同シリーズからも販売されていますので、気になる方はそちらもチェック! さわやかで心地よいアクアシトラスの香りで、気分もリフレッシュできます。

次の

【つるつる!】シェービングジェルのおすすめ人気商品ランキング10選

シェービング ジェル おすすめ

更新日: 2018年12月19日 朝の忙しい時間や出かける前の準備はバタバタしがちです。 男性ですと女性のようにメイクをしたりすることはないですが、ヘアセットをしたりヒゲを剃ったりしますよね。 特に時間がないタイミングでおこなうヒゲ剃りはなぜか剃り残しがあったり、思ったよりも剃れていない事があって出かけてから後悔しがちです。 手持ちの電気シェーバーでささっと剃れるようになったらいいのに、と一度は思ったことがあると思います。 実はそんな悩みを皆さんも一度は目にしたり聞いたことがあるアイテムで解消できるものがあります。 それはドラッグストアや量販店などによく売られている「 シェービングジェル」を使用して電気シェーバーで剃るだけなんです。 そこで今回の記事ではシェービングジェルについて解説していきたいと思います。 ジェルを使うと電気シェーバーで剃りやすくなる 電気シェーバーを使用するときは、多くの男性は電気シェーバーのスイッチを入れていきなり髭剃りを始める方が多いと思います。 最近の電気シェーバーは高機能のものが多いので、電気シェーバーだけのシェービングでもささっと簡単にヒゲ剃りができるようになっていますが、 それでも電気シェーバーで髭剃りをするとたまにヒリヒリしたり剃り残しがでてしまうことがあります。 肌が敏感な方ですと電気シェーバーを使用するごとにヒリヒリしてしまうなんて方もいらっしゃるでしょう。 電気シェーバーでヒゲ剃りをする前にシェービングジェルを塗ることで、肌の摩擦とダメージからシェービングによるダメージを防ぎ、 シェービング後に起こりやすいヒリヒリした感触の原因である角質が剥がれるのを防ぐことができます。 T字カミソリや両刃カミソリを使用してヒゲ剃りをしている方ならばご存知であると思いますが、刃は使用していくといずれは劣化して切れ味が悪くなります。 電気シェーバーも同様に使用していけば刃が劣化していきますので、いくら手軽にヒゲ剃りができる電気シェーバーといえども剃りにくくなったり、 場合によってはうまく剃れずにヒゲが刃に引っかかって肌へダメージを引き起こすことだってあります。 シェービングジェルは水分が多いので肌への密着度が高く、均一に肌へゆき届きますので劣化した電気シェーバーでヒゲ剃りをしてもヒゲが引っかかりにくくなり、 またジェルの成分によりヒゲをやわからくなりますので電気シェーバーでのヒゲ剃りがよりしやすくなるのです。 シェービングジェル・ローションの選び方 シェービングジェルの他にもシェービングローションというものがあり、成分や効能が違います。 ひとえにジェルとローションといってもさまざまな種類のアイテムがありますので解説していきたいと思います。 ジェルタイプかローションタイプか まずシェービングジェルは冒頭でもご説明したように水分が大変多いので肌への密着度が高く、偏りなく肌へ塗ることができます。 シェービングジェルはおよそ半透明の水色や透明の色をしていますので、ヒゲ剃りの際にどこにヒゲが残っているのかや剃りたい箇所の確認をすることができるので、 シェービングジェルで保護して安心安全にヒゲ剃りをすることができるので時短にも繋がるといっていいでしょう。 一方、シェービングローションの主な役割としてはシェービングジェルと同じように電気シェーバーなどの摩擦から肌を守るために使用しますが、 シェービングローションはヒゲ剃りの事前に使用することで寝ている(倒れている)ヒゲを根元から立たせてくれるので、ヒゲ剃りの際にしっかりと根元まで剃ることができます。 また、商品によって異なりますが市販されているようなシェービングローションには肌をサラサラにしてくれる成分が配合されていることが多く、肌をなめらかにしてくれます。 肌をなめらかにすることで電気シェーバーからの摩擦から肌をガードしてしっかりと保護してくれるのです。 配合成分 シェービングローションとシェービングジェルとでは配合成分がやや異なります。 たとえばシェービングローションですとアルコールなどの殺菌作用が強い成分が含まれているので、 肌が弱い人ですと使用すると実はヒリヒリしがちで電気シェーバーでヒリヒリしなくてもローションでヒリヒリしてしまうことがあります。 敏感肌の方であればシェービングローションの使用は避けるか、敏感肌の方でも使用できるタイプのローションを選択するようにしましょう。 シェービングジェルについてはヒアルロン酸やビタミンが配合されている他、アイテムによってはコエンザイムQ10などの肌に嬉しい成分が配合されていることがあります。 敏感肌の方でも比較的使いやすく、肌トラブルにもなりにくいのでシェービングジェルやローションが初めての方はジェルタイプのものを使用するとよいでしょう。 なお、シェービングローションの場合であっても使用されているアルコール量が控えめなものもありますので、気に入ったローションタイプのものがあれば詳しくチェックしてみてください。 価格 シェービングシェルとシェービングローションとで価格の開きはあまりなく、相場としては500円程度で購入することができます。 中には価格が高いものもありますが、より肌へうるおいを与えたり刺激が少なくなるようにボタニカルな成分をふんだんに使用されているシェービングジェルやローションは比較的価格が高い傾向にあるようです。 電気シェーバーにおすすめのジェル・ローション シェービングジェルとシェービングローションが初めての方はどんな商品を選べばよいのか迷ってしまいますよね。 そこで当記事ではオススメの電気シェーバー向けのシェービングジェルとローションをご紹介しますので参考にしてみてください。 電気シェーバーにおすすめのジェル3選 まずはシェービングジェルのおすすめです。 ギャツビー プレシェーブジェルは電気シェーバーのなめらかな刃すべりを実現し、またヒアルロン酸などでシェービング後に起こりやすいヒリヒリ感を軽減することができます。 ギャツビー プレシェーブジェルを塗った後はジェルがヒゲを根元からしっかりと立たせますので、剃り残しも少なく効率的なヒゲ剃りができます。 ギャツビー プレシェーブジェルでは肌に塗ったあとすぐに逸れるように速乾成分が含まれているので忙しい朝の時間などでも使用することができます。 ヒゲ剃りは仕事から帰ってきた夜にお風呂の時に一緒に剃る、といった人に特におすすめできます。 化粧水成分を配合していますので肌にうるおいを与えるほか、ヒゲをやわらかくして根本からヒゲをしっかり立たせますので深剃りもしやすくなります。 本来は5枚刃カミソリ向けに開発されたシェービングジェルなのですが電気シェーバーでもなめらかにヒゲ剃りをすることができます。 カミソリの使用の場合はカミソリ負けをしにくくなりますのでしっかりと肌を守ってくれます。 電気シェーバーでの使用の場合も刃すべりがなめらかで、ヒゲに引っかかることなくスムーズにヒゲ剃りができます。 電気シェーバーにおすすめのローション3選 次はシェービングローションのおすすめをご紹介します。 使いやすく肌にもやさしい成分が含まれていますが、ややアルコールが強めなので少しヒリヒリした感じがあることがあります。 またメントールが配合されていますので、剃ったあとにスースーした感じがしますので爽やかなヒゲ剃りが実現できます。 ギャツビー プレシェーブローションはアロエエキスなどの天然植物エキスが配合されていますのでヒゲ剃り後の起こりやすいヒリヒリ感も軽減できます。 オンバランス水が肌にスピーディに馴染み、シェービングによる摩擦やダメージから肌をしっかり守ります。 シェービングローションはやや粘度のあるものが多いのですが、ウーノ 薬用プレシェーブは粘度も控えめなので不快なベタベタした感じも少ないです。 匂いがやや特有の香りがするので、匂いに敏感な方ですと使用中に気分が悪くなってしまうことがありますので注意が必要です。 LAB SERIES エレクトリック シェーブ ソリューションを塗ったあとは素早く乾き、ヒゲを根元からしっかり立たせ根元からヒゲ剃りができます。 シェービングローションにありがちな強いアルコール臭が抑えられており使用しやすく開発されています。 ひげ剃り後はアフターシェーブローションでスキンケア シェービングローションやジェルを使用した後もヒゲ剃り後にしっかりとケアすることで肌トラブルをより防ぐことができます。 ヒゲ剃りの前にシェービングジェルやローションを塗ると開設しましたが、ヒゲ剃り後に使用するタイプのアフターシェーブローションというものがあります。 ヒゲ剃りはどうしても肌の角質をとってしまうことが多々あり、深剃りをすると炎症を引き起こしやすくなります。 そうなりますとヒリヒリした不快感が続き、場合によっては慢性的な乾燥肌などへと繋がることもあります。 アフターシェーブローションをヒゲ剃り後に使用することで必要以上に取り除いてしまっている弱った肌の保護をし、 乾燥や外部からの雑菌から弱った肌を守ってくれるのです。 アフターシェーブローションはヒゲ剃り前に使用したプレローションやジェルとは違いより高い保湿成分と抗炎症成分が含まれています。 肌ケアを面倒と思ってしまう男性ですとプレローションをヒゲ剃り後に使用して肌ケアしようとする方もいらっしゃいますが 肌ケアできる成分に差がありますので、面倒臭がらずにアフターシェーブローションで肌ケアをするようにしましょう。

次の