池田 エライザ 写真 集。 池田エライザ 写真集 予約特典&お渡し会・握手会イベント情報

池田エライザ ファースト写真集 pinturita

池田 エライザ 写真 集

【池田エライザのプロフィール】• 別名義:池田 依來沙(旧芸名)• 愛称:エライザ、エラちゃん• 生年月日:1996年4月16日• 出身地:福岡県• 血液型:B型• 身長:169 cm• スリーサイズ:85 — 59 — 88 cm• カップサイズ:H• 靴のサイズ:24. 5cm• デビュー:2009年• 事務所:エヴァーグリーン・クリエイティブ• その他:第13回ニコラモデルオーディショングランプリ、『nicola』専属(2009年10月号 — 2013年5月号)、『CanCam』(2013年6月号 — 2018年3月号) 生まれはフィリピン。 お父さんが日本人、お母さんがフィリピン人のハーフです。 エキゾチックな外見はそのためですね。 (詳しくは記事 をどうぞ) 初の写真集にドラマに映画に、と今年はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか? 追記【池田エライザの写真集をタダで見る!】 さて、そんな池田エライザさんの写真集のタイトルが『Pinturita』に決定し、発売されました。 大人気の『Pinturita』を無料で見れる方法があるんです。 しかも、写真集だけでなく、『みんな!エスパーだよ』などかわいいエライザさんの映画やドラマまで見られる方法です。 ズバリ、VOD=ビデオ・オン・デマンドです! VODは現在40社ほどありますが、ドラマや映画だけでなく、雑誌や漫画、書籍も読めるところが多いんですよ。 中でも池田エライザファンにオススメなのは 『U-NEXT』。 写真集『Pinturita』はもちろん、映画『みんな!エスパーだよ』も観られちゃいます。 今、『U-NEXT』で見られるエライザさんの作品はコチラです。 (2020年6月3日現在)• オオカミ少女と黒王子• 左ききのエレン• トリガール• チェリーボーイズ• 『Pinturita』(写真集) 『U-NEXT』は、扱っている作品数が14万本と 業界最多です!(見放題9万本、レンタル5万本)。 月々1990円(税抜き)ですが、ファミリーアカウントを利用して夫婦や家族4人で自由に楽しめるので、ファミリーで見るにはコスパがいいですよ。 さらに、 毎月1200円分のポイントもらえるので、それを利用すれば無料で最新作や放送中のドラマ視聴や雑誌購入ができますから、実質負担は700円ちょっと。 パソコン、スマホ、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機、セットトップボックス・ストリーミングデバイスで見ることができます。 無料視聴期間が31日もありますから、いきなり申し込みではなく、まずは試しに見てから決めた方が良いですよ。 下に公式サイトのリンクを貼っておきますね。

次の

池田エライザの写真集『pinturita』過激画像まとめ!胸の谷間も尻も最高な下着姿&水着画像も!

池田 エライザ 写真 集

女優でモデルの池田エライザが満を持して刊行する待望のファースト写真集。 彼女の「ルーツを辿る旅」をテーマに人生で初めて訪れた情熱の国、スペイン バルセロナ、カタルーニャ地方 でロケを敢行。 女性の憧れであり、男性を虜にする、美ボディを惜しみなく披露! そして想像もつかないほど、お茶目な一面に胸キュン間違いなし!! 妖艶でミステリアスなイメージをいい意味で裏切ってくれる「誰にも見せたことのない顔」が詰まったプレミアムな一冊。 【プロフィール】 池田 エライザ いけだ えらいざ Ikeda Elaiza 1996年4月16日生まれ 福岡県出身 身長169cm 映画『貞子』のヒロイン、蜷川実花監督作品のNetflix オリジナルドラマ『Followers』の公開を控える。 また初監督映画作品も製作しており多方面で活躍中。 まず最初に、買って数ページ見た時点で完全に後悔しました。 サンプル写真が公開されていたらまず買っていなかったものでした。 基本的に採用されている写真はどれも"おしゃれ風"写真で、 被写体は素晴らしいのに被写体の良さを全く活かせてない写真しかありませんでした。 現像の仕方も全て90年代風のものばかりで、どれもわざとざらつかせてコントラストの強いものばかりです。 一番気になったのは焦点の合わせ方で、どれも肩や腕にピントが合っていて、 せめて瞳に焦点を合わせてくれと思わざるを得ませんでした。 酷いものだと本人はボケボケで隣のおっさんにピントが合ってる写真までありました 買ったものなので一応最後まで全部見ましたが、今後見返すことはないと思います。 そしてこのカメラマンが撮影した写真集を今後買うことはないでしょう。 最後になりますが、被写体は素晴らしいです。 良いカメラマンと出会えることを願います。 太陽の国、情熱の国、そしてパエリアの国スペインでの撮影ということで、 大体半分が古城や南欧特有の白い壁の民家といった中世のファンタジーの世界のような場所での撮影、 もう半分が年季の入ったホテル内での撮影のようです。 水着を着たというのが売り文句でしたが、単純に露出多目な派手な衣装と池田さんの相性の良さにさすがモデル兼女優だなと感心しました! 私はホクサイと飯さえあればというドラマで初めて池田さんを知りました! 天真爛漫で笑顔がかわいくて、リア充っぽい美大生がハマってて凄い柔らかいイメージを持ちました。 しかし、トリガールという映画の舞台挨拶で初めて生の池田さんを見たとき、第一印象は「カッコ良い」でした! 脇なので喋る機会も少なかったですが、客席から見て舞台の左端で凛として真っ直ぐ前を見つめる姿は正統派な美人という感じでした。 今であれば寡黙で恐ろしい賭ケグルイの桃喰会長役や、優しく大人びた心理カウンセラーを演じた映画の貞子で秋川茉優役と大活躍中ですが、 この写真集では普段の雑誌のファッションモデルとしての池田さんの実力をいかんなく見せてくれています。 普通なら着なさそうな露出の服を一杯着てくれています。 笑顔は無邪気であどけない少女のようですが、 憂いを帯びた瞳、誘うような問いかけてくるような視線、力の抜けた半開きの口元、 と陰のある色っぽいシチュエーションの写真になると一気に妖艶さが出て素晴らしいですね! 個人的には気に入った写真は一杯あります。 最初は好きなページは~~と書き出そうかと思いましたが、有りすぎてやめました笑 特に後半、ゲームのコスプレのような露出多めな衣装や下着姿は池田さんの顔立ちもあり、 妖精や踊り子が抜け出たような艶かしさと可愛らしさがあり、見せ場の連続といった感じがありますね! 敢えていいます、ややエロいです! あと、あまりこうした写真集は多くは買ってはいないので詳しくは知らないですが、とりあえずこの写真集ではインタビュー的なものはないです。 なので、池田さんの内面だったりこの写真集への意気込み的なものやスペインの感想だったり、 女優業やモデル業の今後の活動とかはこの写真集では分からないですね。 撮影現場では監督と役について積極的に話し合う反面、年の離れた共演者とは打ち解けられず寡黙な印象を持たれる事が多いようです。 ただ、22才の若い女性ならそれも当たり前な感じもありますが。 賭ケグルイの舞台挨拶やとなりの怪物くんの舞台挨拶では結構共演者に突っ込みを入れたり、微妙に毒舌なところもありましたね笑 きっとまだ内面的には大人の女性としてよりも少女な面の方が大きい気がしますが、若さと肉体的な成熟を兼ね備えた池田さんの今しかない写真集ではあると思います。 服の紹介がメインになるファッション誌のモデルの時とは全然違いますので、興味もたれたかたは是非手に取ってほしいです。

次の

池田エライザ ファースト写真集 pinturita

池田 エライザ 写真 集

女優・ 池田エライザ(23)が2019年12月4日付のツイッターで、現在の自身の写真と、1990年代半ばの頃とみられる お母様の写真を並べている。 ネット上では「 お二人ともお美しい…」、「 いやぁ遺伝ってすごい」、「 どっちママ?」などと、絶賛や驚きの声が挙がっている。 池田が「 これ昔のママそっくり」と言うとおり、よく似た美人親子であることがうかがえます。 ちなみに上記の池田の写真は、池田がデジタルマガジン「」の企画で、80年代ファッションに挑戦した際のオフショットのようだ。 ツイッターでは「 お母様もスゴい美人だな~!」、「 ここまで似るってすごい」、「 生き写しだ」などと、驚きの声が出ていた。 ちなみに池田は2013年9月25日付のツイッターでも、モデル時代の母親の写真を披露したことがある。 コネなんて言われるのがいやで あまり公表していないけど 私のお母さんは元モデル すごく天然でうるさいけど、 愛をもってひとに接して、 みんなに好かれる素敵な人 仕事にたいしては誰よりも ストイックでかっこいいんだ。 憧れの存在。 でも、あとは自分でしっかりやりなさい。 って母でいてくれる。 弱音を吐くと聞いてくれるけどしかってくれる。 そんな人。 そんな 池田エライザといえば、フィリピン生まれの福岡県育ちで、父が日本人、母がスペイン系フィリピン人のハーフとして知られる。 池田は、2009年にティーン向けファッション誌「nicola(ニコラ)」の「第13回ニコラモデルオーディション」でグランプリを受賞したことをきっかけに芸能界入りし、「 ニコラ」の専属モデル(2009年10月号~2013年5月号)や、女性ファッション誌「 CanCam」の専属モデル(2013年6月号~2018年3月号)を務めてきた。 近年は女優としての活躍も著しく、現在は主演ドラマ「 左ききのエレン」(TBS系、2019年10月期、神尾楓珠とのW主演)に出演中であるほか、今後も配信ドラマ「 Followers」(Netflixにて全世界配190か国へ独占配信、2020年2月27日配信予定)や、映画「 一度死んでみた」(2020年3月20日公開予定)、自身が初監督を務める映画「 夏、至るころ」(2020年夏公開予定)が待機するなど、意欲作が目立っている。 また今年はファースト写真集「 pinturita」(2019年5月31日発売)をリリースしたほか、雑誌「 ケトル」で連載がスタートするなど(2019年10月16日発売のVOL. 50以降)、表現の場を選ばないようだ。 エライザさんが現在の仕事に就いたきっかけは、お母様への「憧れ」だったのかもしれないが、現在はお母様の姿勢をお手本にしながらも、様々なことに挑戦する中で彼女らしい輝きを放ちつつあるようだ。 Source: 芸能7days 芸能7days.

次の