動画 ノイズ 除去。 動画のノイズを除去するフリーソフトをお勧め

動画のノイズを除去するフリーソフトをお勧め

動画 ノイズ 除去

撮影した動画の中に雑音が入ていることは避けないでしょう。 その動画を加工してYouTubeなどの共有サイトに投稿したければ、雑音を削除したほうがいいです。 けれど、どうすればいいでしょうか。 この記事では 動画からノイズを消す方法をご紹介いたします。 まとめて知りたい: 動画からノイズを除去するフリーソフト・アプリ VLC はあらゆる動画や音声フォーマットをサポートしているメディアプレーヤーであり、再生時にリアルタイムでアスペクト比の変更、明るさやコントラストの調整、映像の回転、ノイズ除去など様々な操作を行うことが可能です。 ノイズ除去機能を利用して、簡単に動画の雑音を軽減することができます。 VLCをPCにインストールして立ち上げます。 「メディア」>「ファイルを開く」の順でクリックして、動画を導入します。 「ツール」>「設定」の順で選択して、「オーディオ」を選択します。 「出力モジュール」のドロップダウンメニューで「WaveOutオーディオ出力」を選んで「保存」を押します。 最後に、プレビューしてノイズを消した効果を確認します。 満足しない場合、「出力モジュール」のドロップダウンメニューで「Windowsマルチメディアデバイス出力」或いは「DrectXオーディオ出力」を選択してみてください。 iMovie はAppleユーザーに提供している無料動画編集ソフトです。 トリミングや回転、BGMの追加などの一般的な機能から、PIP、逆再生などの流行っている機能まで、動画編集に関する実用的な機能を全て備えています。 皆さんが分からないかもしれませんが、実はiMovieを利用して動画のノイズを消すことができます。 動画の周りの音を消すことができるiMovieを実行して雑音を消したい動画をインポートします。 それから動画をビデオトラックに載せます。 プレビューウィンドウの上部にある「ノイズリダクションおよびイコライザ」をクリックして「背景ノイズを軽減」にチェックを入れます。 調整バーを右にドラッグすれば、ノイズを軽減できます。 最後に、動画を保存します。 AudioFix は動画のノイズを消すアプリです。 それ以外に動画の音声を拡大したり、音声を強調したり、オーディオを抽出したり、音を消したりすることなどの操作を行うことが可能です。 動画の雑音を除去できますが、課金が必要です。 動画のノイズを消すアプリAudioFixを入手してインストールします。 その後起動します。 カメラロールからノイズを消したい動画を選んで導入します。 「風音除去」、「ヒス音除去」、「オーディオ・フィクス」の中で、ニーズに合わせて選択、画面底部の調整バーを左にドラッグすれば、ビデオのノイズを小さくします。 「比較」を長押しして、雑音を除去前後の動画を比較できます。 最後に、右上隅にある保存アイコンをタップして動画を保存します。 ご注意:課金しない場合、動画を保存できないかもしれません。 まとめ 動画背景の雑音を消す方法、ビデオノイズ除去ソフト・アプリの紹介は以上でした。 MacユーザーならiMovieは一番の選択だと思います。 VLCはWindows、MacOS上でも使用できる無料で動画のノイズを除去するソフトです。 AudioFixはiOSとAndroid両方に対応していて便利ですが、いくつかの機能に制限があります。

次の

動画用画質改善ソフトvRevealの使い方

動画 ノイズ 除去

vReveal は、米MotionDSP社が開発した動画高画質化ソフト。 又、NVIDIA社製 CUDA GPUによるアクセラレーションにも対応している。 更に特記すべきは、画質の修正点をリアルタイムに左右二分割したオリジナルと編集後の映像でプレビュー比較が可能な事だ。 変更を加えた動画を MP4、AVI、WMVフォーマットで保存出来、YoutubeやFacebookでシェアすることも可能。 vRevealは、から vreveal-3-1-3-es-en-fr-de-it-jp-win. exe を入手して、 Windows 10マシン(Core i7-4770K, RAM 16GB, NVIDIA GT640搭載 にインストール。 コーデックを自前で用意すれば、それらにも対応可能。 なお、 フリー版でも現在では機能制限はないようだ。 例えば、読み込む動画の縦方向のサイズが 576ピクセル迄という制限があったが、Full HD動画でも読み込み可能だった。 「オプション」 ・GPUをオンにする.

次の

動画の高性能ノイズ除去ソフト Neat Videoが凄すぎた!|Adobe Premiere Pro

動画 ノイズ 除去

例えば上記の動画の49秒あたりのカット。 意識して見ないと気付かない人もいるかもしれませんが、動きの激しい場面では結構目立ちます。 拡大するとこんな感じ。 映像技術に詳しい人に聞いたところ、それは「インターレース」の問題だと言われました。 インターレースっていったい何?から説明を聞くことになりました。 インターレースとは画像をテレビやディスプレイなどの映像出力機器に表示する走査方式の名称。 カメラの撮影モードを見ると「AVCHD24M(FX)60i」とあります。 60iのiがインターレースの証で、こいつが原因なのだとか。 放送局で働いてましたが、技術的な用語はまったく学んでいなかったため学び直しです。 下記の記事にも同じようなことが書いてあります。 1 詳しい説明ですが、読めば読むほど意味不明です。 症状が解決しさえすればそれでいいのですが、技術に明るい人ほど説明が長くなります。 要は、動画を構成するコマの動きがインターレースという方式のままではずれて見えるということらしく、編集ソフトで解決できることがわかりました。 そこで実際に修正してみました。 [フィールドオプション]ウィンドウで[常にインターレースを解除]を選択し、「OK」をクリックします。 以上です。 続いてDavinch Resolveで検証します。 Davinch Resolveの対応方法 結論から先に言うと「できるけどできない」です。 Davinch Resolveを有料版にアップグレードする必要があるからです。 手順は次の通りです。 Davinch Resolveの場合は該当するカットを選択肢、[デインターレース]という項目にチェックを入れると解除できることになっています。 再生してみるとウォーターマークが表示されました。 ウォーターマークは有料版にしないと消せません。 つまり無料版では解決できないことがわかりました。 この動画はDavinch Resolveでつくってしまいましたが、致命的な問題ではないのでそのまま公開するつもりです。 インターレースは解除すべきか インターレースを解除しないと画面が縞模様になります。 しかし、という人もいます。 インターレース解除機能を持った動画再生ソフトを使うことできれいに見えるというのです。 動画はエンコードする事自体が映像の劣化をさせる行為なのでインターレースも解除すると画質が落ちるといわれます。 要はお好み次第ということがわかりました。 まとめ 簡単にまとめると、エンコード後もなるべく綺麗な映像を保ちたい方は保持。 リサイズして見たり、劣化を全く気にせず気軽に見たい方は解除。 が正解のようです.

次の